心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
顔に帯状疱疹!
庭の花
DSC_0949201706.jpg DSC_0950201706.jpg
今年は、ナデシコもラベンダーもしっかり根付いて、たくさん咲いています。

帯状疱疹!
5月下旬からうたた寝が増え、なんとなく疲れを感じていたのですが、とうとう帯状疱疹になってしまいました。しかも、顔面!

6月6日(水)頃から右目がチクチクゴロゴロ。まつ毛や猫の毛がよく目に入るので、今回もそれかと思って洗眼するものの、スッキリしません。眼科に行った方がいいかなと思っていたら、その内、顔の右側がヒリヒリチクチクし、洗顔で触れると痛くなってきました。

8日(木)から11日(日)まではだいぶ前から約束していた予定が詰まっていて、なかなか病院に行く時間が取れませんでしたが、赤い発疹と水疱にさすがに慌て金曜日の夜、皮膚科に行きました。

顔を見るなり、「顔右側の帯状疱疹」とすぐに診断が出ました。疲れて免疫力が落ちていると、発症するそうです。1週間は増え続けるだろうからと、5時間おきに飲む薬と軟膏をもらい、さらに、3日後にいらっしゃいとのこと。

11日(日)の用件が済んでから、ネットで「顔面の帯状疱疹」を検索したところ、目・耳・脳が近いので気をつけること、となにやら怖い後遺症のことが書いてあり、改めてこりゃ大変だ!と治療に専念することにしました。

12日の蛍狩句会、14日の万葉の会、15日のボランティア、16日の歌う会、家訪問、18日の句会など、すべてキャンセルし、ひたすら眠る日々。こんなに眠れる?と自分でも驚くほど眠り(その間、猫がずっと添い寝してくれました!)、3回目の受診の20日、やっと顔のかさぶたがすべて取れました。

つい熱中してしまう癖があり、疲れを無視していたようです。今回のことで、気持ちと体力の乖離に気づかされました。
講演会の途中でうたた寝なんて、今までほとんどなかったのですが、そういえば最近の講演会では二回とも眠ってしまったし、テレビを見ながらも眠っていました。こういうちょっとしたことが、心身の疲れの前兆なんですね。気をつけようと思います。

家族や友人・知人に心配をかけてしまいましたが、みんなの優しい言葉が、とてもありがたく、早く治したいという力になりました。感謝しています。
今月いっぱいは、おとなしくしておきなさいよと、性格を見破ったお医者さんに言われました。今も服薬中ですので、すぐに調子に乗らず自制していきたと思います。


読んでおきたい本
 DSC_0929201706.jpg  
 ジューン・ベリー(赤い実は特においしくはないので、ちょっと食べれば満足です。)
 ペパーミント(庭に繁殖しています。時々、葉を水に入れて気分転換に飲みます。)
 

 DSC_0928201706.jpg   DSC_0927201706.jpg
 ジューン・ベリーの木が大きくなって、赤い実をたくさんつけてきれいです。
 葉の形も丸みがあって、やさしい雰囲気です。(うまく撮れていませんが…)

      DSC_0921201706.jpg
      どちらもすぐ読めて、心の役に立つ(ちょっと変な表現ですが…)いい本でした。

田中慎弥著『孤独論 逃げよ 生きよ』(徳間書店・2017年・1080円)
   芥川賞を受賞したときの暗い印象があって、この著者は避けていたのですが、
   この本は、とても誠実で共感を覚えるものでした。おすすめ。

田中圭一作『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(マンガ・角川書店・2017年・1080円)
   忙し過ぎる生活を見直すこと。自分が必要とされる場を作ること。
   著名な人たちもたくさん、うつを経験。うつの最中にはちょっと読めないかもしれない。
   でも、この本があることを知っておくことは、大事だと思いました。おすすめ。


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

西宮市立北山緑化植物園
 新たなお気に入り-西宮市立北山緑化植物園
5月の句会の吟行にどうかな?と思って下見に出かけ、すっかり好きになりました。

DSC_0821201705.jpg
入場料無料です。入ってすぐ、緑に覆われた事務所とガーデニングに目を奪われました。

DSC_0809201705.jpg
自分の庭もこんなふうだったら・・・と憧れます。(↑も↓も)

DSC_0811201705.jpg
以上3枚は、5月上旬の様子。他にも見所はいっぱい。お茶室や、大阪湾が見渡せるところも!

 5月下旬になると、バラが見頃で、また違った美しさでした。
 DSC_0912201705.jpg    DSC_0911201705.jpg

 DSC_0913201705.jpg    DSC_0915201705.jpg
 ↑マチルダ-子どものバレリーナみたいに可愛い。 ↑プリンセス・モナコ-気品ある美しさ。

 句会は、池のほとりの四阿(あずまや)で。お弁当を食べながらのおしゃべりも楽しかった。


二匹の関係
 赤ちゃんの時にやってきた先住猫のハオ(雌)と、冬に外でうろついているところを助けられてやってきたミュー(雄)には、微妙な力関係があります。

後からやってきた自分をきれいに舐めて受け入れてくれたハオが、ミューにとってはお母さんみたいな存在なので、甘えたい。
一方、独り占めしていた人間の愛情を分散されてしまったハオとしては、ちょっとむかつくし、ベタベタ甘えてくるのも鬱陶しい。
というわけで、二匹の力関係がよく出た写真を三枚、アップします。

DSC_0663201705.jpg
ハオ(毛布の上)とミュー(毛布の下)のまなざしの違いにご注目。
もともとハオが寝ていた所にやってきたので、嫌がられているのですが、傍にいたい。

          DSC_0877201705.jpg
          いつも、デッキのテーブルの上はハオ、下はミュー。

DSC_0898201705.jpg
飛び乗ったりしてハオのいた場所をいつも奪うので、今回も近寄るなとハオに怒られていたのですが、何とか許してもらいくっつくことができました。
毎回、最初からこのように仲良くできたら安心なのですが、なかなか学びません・・・。
人間相手ならすぐに受け入れてもらえるので、前々回のような甘えん坊の写真になります。

ハオはマイペース
 雄のミューは、領域を守ることに義務感を覚えるようで、常に闘いモードですが、
雌のハオは、いたってマイペース。怖いものには近寄らない!と決めているようです。

DSC_0591201705.jpg
お気に入りのデッキのテーブルで、人目も気にせず、リラ~ックス。

DSC_0742201705.jpg
布が好きで、洗濯して畳み始めたり、新しく掛けたりすると、燃えます!猫キック中。

DSC_0843201705.jpg
仕舞おうと置いていた夫の服に入り込んで幸せ・・・だったのですが、
ハオの居場所を次々狙うミューに、ここも奪われてしまいました。
一応は、怖い顔をして怒るのですが、結局譲る、姉貴分のハオです。

DSC_0881201705.jpg
テレビの魚を捕まえようと必死のハオを、訳が分からない・・・???と固まっているミューです。

           DSC_0890201705.jpg
           デジタル派のミューは、パソコンをする私を邪魔し、
           アナログ派のハオは、新聞を読む私を邪魔する。
           邪魔されても喜んでいるのは、わ・た・し。




プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード