FC2ブログ
心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
秋の吟行
 地元の俳句仲間六人で出かける吟行が、俳句や短歌を作るのにとても役立っています。

9月の吟行は、三田市にある「人と自然の博物館」

DSC_0030201310.jpg

ガラス張りの建物も美しく、館内もゆったりとして、大変魅力的なところでした。

DSC_0021201809.jpg

10月の吟行は、わが庭のように地図無しで歩ける奈良。

           DSC_0016201810.jpg

           奈良公園は大木が多く、その偉大さにうっとりします。

DSC_0017201310.jpg

人の少ない道を行くと、鹿たちの自然な姿に出会えます。

DSC_0009201810.jpg

大好きな鷺池の浮見堂。反対側には、奈良ホテルも見えます。

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

芸術の秋・音楽の秋
DSC_003920181002月下美人

ご近所の方にいただいた月下美人が、10月1日から3日間一つずつ咲きました。
夜11時頃きれいな香りが漂い、大きな花がゆっくり開きました。
前からだけでなく横からも美しい花で、うっとり眺めました。

芸術の秋、音楽の秋ですね。この週末は、私も長男も音楽三昧です。

10月13日(土)第3回「い~な!いながわ合唱祭」に出演します。 
イナホール大/開場13時・開演 13時半/入場無料
  プーランク・ポッパーズは2番目。洋楽ポップスを4曲歌います。

DSC_00372018月下美人

10月14日(日)第1回大阪フリンジフェスティバル【2018年9月20日~10月21日】
https://osakafringe.com/
青木拓人が10月14日(日)14:00からHOOP前ステージで歌います。
HOOP前ステージ(Hoop 1F オープンエアプラザ)は、天王寺駅からすぐ。
詳しくは右リンク先の青木拓人website(新)まで。

201810DSC_0105akebi.jpg

兄が持ってきてくれたアケビ。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

万葉集全10巻
 嵐の前の静けさから暴風雨、そして、台風一過の青空。
 まさに、このことば通り、今日は青空が広がっています。
 被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。

 DSC_0021181001.jpg
 この夏の暑さで葉が枯れて心配していた木々に、新しい葉が出ていました!
 金木犀も香り、すっかり秋本番です。散歩が気持ちいい季節になりましたね。
 沖縄知事選で、翁長雄志氏の遺志を継いだ玉城デニー氏が当選したことも、
 秋の爽やかさに快さを加えてくれました。

 DSC_0023181001.jpg
 土屋文明著『萬葉集私注』(昭和45年刊・筑摩書房・各巻2,000円) 
 ネットで、なんと!全10巻で3,500円プラス送料700円で手に入れることができました。

 DSC_0024181001.jpg
 中を開けると、思っていた以上に大きな字で、汚れもありません。

 DSC_0026181001.jpg
 注文カードが挟まれているので、もしかしたら未読かもしれません。
 土屋文明の著者印が、お洒落なデザインで、これも嬉しいことでした。
 
 どれくらいかかるか分かりませんが、楽しみながら読んでいきたいと思います。
旧字体と万葉仮名が、なぜか心地よく読みやすいです。


青木拓人が、松山市であるライブサーキット「シュガービレッジ」に参加します。
10月8日(祝)VILLEGE BEANSbukoで歌います。
詳しくは、右リンク先の青木拓人website(新)をご覧ください。

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

秋になりました。
 地震、猛暑、豪雨、台風と、自然の猛威に圧倒され続けた夏でしたが、やっとウォーキングのできる気候になりました。とはいっても、まだまだ多くの方が災害の後始末や再建に追われておられることと思います。一日も早く平常の生活が戻りますよう、願っております。夏の疲れも出やすいときです。皆さん、お互いに気をつけましょう。

 DSC_000420180918niwa.jpg
 夏の間、庭を彩ってくれた千日紅。今も頑張って咲いています。

 DSC_000520180918niwa.jpg
 食べるより見るために植えていると言っても過言ではない、ニラの花。

           DSC_001020180918higannbana.jpg
          刈り取りの済んだ田の畦では、彼岸花が見頃に。

 DSC_000620180918enokoro.jpg
 道のほとりのエノコログサに、初秋の光が当たって、心ひかれます。

 DSC_000720180918satoimo.jpg
 里芋の大きな葉。水害のあった河原では、今年も芋煮会が行なわれるのでしょうか。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

『万葉集』を楽しもう。
 猛暑と豪雨のこの夏は、外出が少なく、読書が進みました。
 今年は、私の好きな「大伴家持」生誕1300年ということで、『万葉集』に関する読みやすい本を中心に、覚束ない知識を少しでもましにしたく、いろいろな本を手に入れました。
図書館で借りたものも多いのですが、気に入って再度購入した本もたくさんあります。学者さんの書かれた文章は、概して淡々として心に届きにくかったのですが、(大学の大先輩でもある)清川妙さんの文章は情感があって、よかったです。
学生時代に、今のような学ぶ気持ちがあればよかったのに…、勿体ないことをしました。
ここでは、特に心に残った本を紹介します。他に数冊、学者さんの書かれたのを読みました。

1808DSC_0001万葉の本

写真左から
清川妙著・鈴木缶羊画『万葉集花語り』(小学館/2001年)
  花を詠んだ万葉集を情感豊かに紹介。一首ずつに絵も添えられ楽しめた。

『万葉の百人一首 万葉の歌人と名歌100首を紹介』(偕成社/1992年)
  犬養孝監修・吉野正美文・藤田浩写真 読みやすい良書。
  偶数ページに一首ずつ解説、奇数ページに関連する写真。

『時代を超えた心の旅 万葉集名歌の風景』(学研グラフィックブック/2004年)
  鉄野昌弘解説・牧野真之写真 知っている歌ばかりだったが、写真がよかった。

  
1809DSC_0035詩集希望

写真左から
杉山平一詩集『希望』(編集工房ノア/2012年4刷)
 第30回現代詩人賞。97歳の詩集。読みやすくて素敵な詩ばかり。大好きな詩人。

『マンガで楽しむ古典 万葉集』(ナツメ社/2016年)
 井上さやか(万葉文化館主任研究員)監修・瀧玲子マンガ・倉橋みどり他執筆。
 大変内容の充実した、万葉集の全体像がつかめる良書で、入門者にお勧めしたい。

清川妙著『わが心の大伴家持』(星雲社/2006年)
 大伴家持への愛にあふれた文章で、楽しみながら読めた。今回一番のお気に入り。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴34年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 12年7カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード