FC2ブログ
心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
春の木々&庭
 写真は、私の散策コースで出会った春の木々と庭です。

  DSC_0031201904ミモザ
  教会の大きなミモザ

歌声喫茶1月
たき火 この道 リンゴの唄 若者たち 青い山脈 北酒場 この広い野原いっぱい
白いブランコ シクラメンのかほり 青春時代 ドレミの歌 与作 人生いろいろ 星降る街角 東京ヴギヴギ 愛燦々と 365日の紙飛行機

  DSC_0010201904辛夷
  街路樹の辛夷

歌声喫茶2月
ともしび トロイカ かあさんの歌 あの町この町 おおブレネリ 春の唄 森へ行きましょう サントワ・マミー 世界は二人のために あの素晴らしい愛をもう一度 京都慕情 女ひとり 花嫁 時の流れに身をまかせ 旅の夜風 あの鐘を鳴らすのはあなた 若いってすばらしい

  DSC_0005201904玉椿
  テニスコート傍の玉椿

歌声喫茶3月
ひなまつり 春の唄 花の街 ゴンドラの唄 フランシーヌの場合 ドレミの歌 いちご白書をもう一度 天使の誘惑 太陽がくれた季節 いい日旅立ち 好きになった人 青春時代 人生いろいろ 異邦人 切手のないおくりもの なごり雪

  DSC_0001kobanoツツジ
  公園のコバノミツバツツジ

歌声喫茶4月 
さくら 花の街 花かげ 花 花の首飾り 真夜中のギター 春よ来い 赤いスィートピー 雲に乗りたい 丘を越えて 東京ラプソディ 上を向いて歩こう また逢う日まで 少年時代 世界に一つだけの花 おおシャンゼリゼ

  DSC_0003201904花桃
  莟が丸くて可愛い花桃

手帳に記した言葉より
黒澤明(つくる人へ)「二、三行だとしても毎日書くこと。途中でやめないこと。」
ディズニー「すべては夢を見ることから始まった。」
アインシュタイン「想像力は知識より重要である。知識には限りがあるが、想像力は世界を包み込む。」

  DSC_000320194月21日庭
  4月21日の庭。チューリップが頑張って咲き続けています。遅咲きの桜も満開。


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

花見三昧
 昨年の日記を見ると、3月下旬の旅の疲れが出て、4月の上旬はダウンしていました。
今年は元気いっぱいで、あちらこちらの花見に出掛けて、お祭りのような日々です。

DSC_001520190407.jpg
家のすぐ近くの桜並木。桜まつりの日は、歩行者天国に。今年は天気も開花の具合も抜群で、町の人口とほぼ同じ3万人超の人出だったそう。まつり翌日の4月7日撮影。

DSC_002820190411.jpg
桜通りを挟んで、昔からの集落と新しい住宅地があります。私の毎日の散歩コース。

DSC_0017 20190411
桜の開花期はライトアップされています。昼間の雪洞はいただけないけれど、夜は長く連なる灯りが幻想的。

DSC_005920190408.jpg
句会の仲間と出かけた背割堤。昨年の台風で大木が倒れ、今までとは少し違う景色に。

DSC_005420190408.jpg
背割堤の良さは、川と広い河原、緑の土手と大きな空。そして、年代物の桜。4月8日撮影。

DSC_011120190409.jpg
須磨浦公園から須磨浦山上遊園へ。真ん中に見えるのは明石大橋。天気が良くて眺望抜群。

DSC_009520190409.jpg
大阪湾もくっきりと関空や友が島も見えました。海を見渡す雄大な景色に大満足。4月9日撮影。

      DSC_000220190327.jpg
3月下旬に観た映画「GREEN BOOK」。心温まるいい映画でした。オススメ!


テーマ: - ジャンル:写真

丹波ツアー
丹波ツアー(2019年2月26日)

DSC_005520190226.jpg
「興禅寺」 野面積みの高石垣
興禅寺は、お福(のちの春日局)生誕の地で、3歳までここで育ったそうです。 

   DSC_005620190226.jpg
   「興禅寺」楼門

 「ゆめの樹」で黒豆尽くしの定食をいただきました。お釜で炊きあがったばかりのご飯がとても美味しく、どの品も丁寧で真心のこもった味がしました。黒豆や上等な麹を使って、味噌造りの体験をしました。晩秋には出来上がるそうで、楽しみです。

   DSC_007120190226.jpg
   「柏原八幡宮」 
191の石段を登ると、立派な神社があり、とても美しい塔がありました。

DSC_006920160226.jpg
「木の根橋」
柏原(かいばら)で、「木の根橋」という、大欅の根が川をまたいで橋のようになっているのを見ました。近くの骨董屋さんに、素敵なお皿が手頃な値段であったので、また行きたいです。

DSC_006020190226.jpg
上田三四二歌碑

 すべて初めての所で、見学も体験も新鮮でした。お天気にも恵まれ、92歳、90歳の方もお元気で、約30名の皆さんと楽しい時間を過ごしました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

2月3月の講演から
2月・3月と講演会で、いいお話がいっぱい聞けました。
私の散歩コースで撮った花と一緒に、簡単なまとめを載せます。

  DSC_002020190321suisen.jpg
  水仙は冬、黄水仙は春の季語。

2月12日幼児教育者藤田浩子さんのお話「知ろう!つくろう!たのしもう!『ヒトは人に育てられて人になる』」を聞きました。
参加型の講演会で、お隣さんとの挨拶から始まり会場の参加者皆が一体感を感じる、とても楽しい時間でした。80歳は越えておられるはずなのに、ずっと立ったまま舞台も声も手もフル活用し、手作りグッズを使っての講演は飽きることがありませんでした。
300人近い参加者全員に手作りビュンビュンゴマのプレゼントをしてくださったばかりでなく、手足を使って一度にそのコマを6個も回される実演も。
「うそっこの物語をいっぱい聞いて、うそっこの部屋がたくさんあると、見えないものがたくさん入る」という話が心に響きました。

  DSC_001920190321hatakeno.jpg
畑の紫、レンゲにしては早すぎると思って近づいたら、仏の座の群落でした。

3月5日いわさきちひろの息子さんで美術・絵本評論家松本猛さんのお話「いわさきちひろの絵とことば」を聞きました。
「ちひろの絵は俳句と似ている」つまり「鑑賞者の想像を前提に描く・見えない愛情や信頼を描く・絵には時間や気温や音がある・絵を見て言葉が紡がれる・正解はない・要らないものを削るとイメージが広がる」など。
最後に、司会の坪内稔典さんに当てられ焦りましたが、外見も素敵な松本さんから「絵の奥にあるものを見る楽しさ」を教えていただき、有意義でした。

  DSC_002320190321nanohana.jpg
菜の花の仲間が畑にはたくさん。放っていた白菜やルッコラからも。

3月12日児童文学者濱野京子さんのお話「児童文学はおもしろい-作品を通して子どもに伝えたいこと」を聞きました。
「人生はやり直せる」ということを実体験を通して語ってくださいました。「小学生時代、挙手できない子だった」「怖い話は苦手」「中学・高校生を対象に書きたい理由の一つに、中学2年のとき母が亡くなったことがあるかも」「心配性」など、年も近いのですが、「私も同じです!」と言いたくなる親近感を覚えました。
「創作は誰でもいつからでもできる」「書くことで、観察力・想像力・推理力がつく」という言葉に、励まされました。

  DSC_0002tamatubaki201903.jpg
乙女椿(玉椿?)は可愛いです。わが家には原種の藪椿がたくさん。

このほかに、
2月20日高橋昌明教授「多田源氏の成立-源基経と満仲」
2月25日田辺眞人教授「街道の歴史をたどる-西国街道や有馬街道など」
を聞きましたが、文学の講義と違って、歴史のセミナーは圧倒的に男性が多く、驚きました。

DSC_002620190321hatake90.jpg
90歳の方が一人で作っておられる畑。計画書も細かく、数式のようにきれいな畑!

テーマ:あれこれ - ジャンル:学問・文化・芸術

イベントいろいろ
 前回の記事の最後に、3月25日の追記を加えました。

 3月も、もう20日!今月もたくさんの感動を頂いています。

DSC_00102019031014.jpg

3月10日(日)「よしもと新喜劇」が在住の町にやってきました。前売りは一瞬にして完売という人気。私は、辻本座長の時に出てくるアキさんが大好きで、2018年R-1グランプリの濱田祐太郎さんの漫談も聞けるしで、一ヶ月半前から楽しみにしていました。会場の半分は子どもたちというのが、なんばグランド花月などとは違うところ。準主役のアキさんの「いいよぉ~」がいっぱい聞けて大満足でした。

       DSC_0014201903.jpg

3月14日(木)桂米朝一門会で六人の落語を聞きました。若い若いと思っていた米團治さんも、もう還暦!芝居好きの若旦那を演じる「七段目」の一人二役の場面では、実際に二人に見えるほどの熱演で、聞き惚れ見惚れの素晴らしい時間でした。2月21日に行った天満繁昌亭とはひと味違う、上品な、芸を磨いたという印象の落語で、それぞれの良さを感じました。

DSC_0040kazu201903.jpg
遠くに見えていた飛行機があっという間に近づきます。真ん中のスマホの手が私。

DSC_0038201903.jpg
真っ直ぐ私をめがけてぶつかってくるとしか思えない飛行機のお腹を仰ぐ。鮫みたい。

DSC_0043kazu201903.jpg
怖くてあたふたしている間に、飛行機は着陸をする飛行場内へ。動画で撮るといい。

DSC_0045201903.jpg
ほぼ10分おきに、南側からやってくる着陸の飛行機。名残惜しく振り向いた時の写真。
離陸の飛行機は、北側の山の方へ向って同じく10分おきぐらいに飛び立ちます。

3月16日(土)は、こちらの句会のメンバーと吟行に。千里川堤では、着陸する飛行機を頭上30mという至近距離で見ることができ、その迫力に圧倒されました。立ち寄った原田城跡の邸宅では、「万葉の会」の岡本先生のコンサートがあり、偶然の出会いが嬉しかったです。

DSC_000420190317.jpg

3月17日(日)は、わが子が通った保育園が民営化されることになり、これまでの園長先生など600名以上が集まり「ずっといつまでもの会」が催されました。長男が卒園児代表で1曲歌うというので、次男と出かけました。約30年前の卒園式の時と同じ白木蓮が満開で、懐かしい先生や保護者にも会えて、心に残る一日となりました。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴36年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 13年1カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過
2019年 4月21日カウンター355355通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード