心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
図書館のリサイクル本
 図書館のリサイクル本2冊
 
  DSC_09852017o7.jpg

町の図書館でいただきました。どちらもとてもきれいで、内容もとてもよかったです。

永田萠対談集『絵本、好きですか?』
 
絵本作家五人と永田萠との対談集。それぞれに個性的でこだわりがあって、大変興味深かったです。皆さん、妥協せず自分を貫かれているのが、凡人と違うところなんだろうなあ。
杉田豊「絵本づくりは共同作業」 杉浦範茂「絵本は連続するイラストレーション」
五味太郎「絵本が背負いこんでしまったもの」 黒井健「一日じゅう絵を描いていたい」
葉祥明「絵本で表現したいこと」
やなせたかしさんが「詩とメルヘン」を始めたとき、永田萠さん、黒井健さん、葉祥明さんそれぞれに、「あなたはいい人みたいだから」と誘ったというエピソードが面白かったです。お三方とも優しい絵ですもんねえ。

なかでも、葉祥明さんの言葉が印象的で、共感を覚えました。
p208~
「人間」って何だろう?「文明」って何だろう?僕は若い時からそれらのことを考えてきて、最近ようやく、ひとつの答が出ました。
 この世で大切なことは、老人、子ども、女性、苦しんでいる人達、人間以外の生き物、植物……そういう弱い立場にあるものを守ってあげること。「文明」って、そのためにあったのではないか、と。人が生きる目的のひとつは、そこにあるんだな、と。強い人は、それぞれの持っている生命力というか力を、何に使うべきかっていうと、そういう人たちを守るために使うべきなんだなと。じゃあ、こんな簡単なことだったのか。国家も政治も経済も、人間の文明も、そのために在るんだって。こんなシンプルなことなのに、人間達は今まで何をしてきたんだろう?むしろ、その逆ばっかし。

いくつか絵本の名前が出てくる中で、特に谷内こうた『なつのあさ』、黒井健『あめってあめ』、葉祥明『ぼくのべんちにしろいとり』を読みたいと思ったのですが、中古で大変高価なものしかなかったので、図書館で借りることにしました。

同じく紹介してあった
永田萠著『てのひらの虹-とても私的な〈いわさきちひろ〉論』
は、中古で見つけて購入。いわさきちひろも永田萠も好きな私にとって、とても素敵な本でした。

特に、ちひろさんの卒業した「東京府第六高等女学校」の章と、ちひろさんが好きだった画家「ケーテ・コルヴィッツ」(近代ドイツの女流版画家)の章は、ちひろさんの原点を知るようで、印象的でした。

P154コルヴィッツの石版画、題『種を粉にひいてはならない』
中年の母親の太くたくましい腕が、三人の子どもを抱きしめ、何かから必死で守ろうとしている絵だ。・・・この絵の題は、ゲーテの文からの引用だ。この作品、青少年を戦士として動員する政策に反対して発表された。種として地にまけば、芽を出し実を結ぶ。若者たちをみすみす粉にひくような、無意味な死に追いやるなという抗議をこめたものだ。

私は、ちひろさんの『戦火のなかの子どもたち』と『ひさの星』が一番好きなのですが、この本を読んで、その訳が分かった気がしました。ちひろさんの他の本も改めて読みたくなりました。家族はもちろん、編集者さんとの関係も素晴らしく、本を作ることへの情熱を感じました。


阪田寛夫・聞き手/工藤直子『ど♫れみそら-書いて創って歌って聴いて』
(河出書房新社・1995年・1,600円)
日本のわらべ歌の音階は、「ドレミソラ」。戦後の新しい童謡でも、よく歌われた作品は、近代的な和音に日本のわらべうたの音階がのっかっている。阪田さん作詞で有名な「サッちゃん」(大中恩作曲)も。中田喜直作曲の「めだかの学校」も團伊玖磨作曲「ぞうさん」も。

といった、わらべうた・童謡・唱歌・今の子どもの歌の話をしながら、阪田さんの生い立ちから今までを、作品とともにたどった本で、懐かしい詩(歌詞)がたくさん出てきて嬉しくなりました。
私が特に印象に残ったのは、第七章「うたに現れたそれぞれのふるさと」で、犬童球渓作詞「旅愁」と、 高野辰之作詞「故郷」と、北原白秋の「ふるさと」観を比較した文章でした。生い立ちやその後の人生によって、ふるさとに対する思いがこんなにも違ってくるという考察は、興味深いものでした。

DSC_0993201707.jpg
去年は古くなった大きな枝を伐ったせいで、少しも実がならなかったスモモですが、今年は若い枝に甘くて大きな実をつけてくれました。数はまだ以前ほどとれませんが、徐々に増えていくことでしょう。
  
     DSC_1001201707.jpg
冷蔵庫で芽を出していたジャガイモを植えたら、こんなふうに収穫できました。自然の力って、すごい!昨日、第二弾で同じくらいの量、収穫できました。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

こんばんは。
こちらは連日の猛暑です。
亀さんの方は如何なのかしら。

冷蔵庫で芽を出したジャガイモがこんなにたくさん収穫できたのね。
凄いですね。
スモモは甘いのかしら。

葉祥明さん、永田萌さんの文章は記憶にありませんがきれいな優しい絵が好きです。
今でもたまに見かけると懐かしく思いだします。
奈良にいる友人が若い頃にお仕事でポストカードや便箋を扱ってたのでよく送ってくれました。
【2017/07/31 21:49】 URL | けいこ #oUPgpoCM [ 編集]

けいこさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。
こちらも暑いですよ~。
さすがにエアコンをつける毎日です。
先日は、ものすごい雨と雷で怖いほどでした。

じゃがいも、このあとまた収穫できて、結局、この3倍になりました。
スモモ、今年は量は少なかったのですが、甘かったです。
葉祥明さんも永田萌さんも、どちらも優しい絵ですよね。

今日は、新しい友人にマンツーマンで着付けを教えてもらいました。
今月は浴衣、来月は単衣と、月1回、晴れ着が着られるまでの予定です。
【2017/08/01 12:16】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/748-4b797d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード