心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
恩師の俳句-句集『岬の春』
 現在、入院中のS先生(高校時代の恩師)に代わって、ご子息が先生の俳句を句集にまとめられ、この夏、出版されました。「冊数に余裕はあるのですが、どなたに送ったらよいか分からなくて…」と伺ったので、十五冊ほど預かり、同級生や先生にゆかりのある方に送らせてもらいました。皆さんからの感想が、病床のよい慰めになっていると、先生をはじめご家族のみなさんが喜んでおられました。

   misakinoharu.jpg 『岬の春』 こじんまりとした優しい雰囲気の句集

夏の章から
せせらぎの音の底より螢湧く
川のある町に生まれ育った人にとって、蛍にまつわる思い出はどこか甘くて切ない。「せせらぎの音の底より」という把握が、蛍の命の源を思わせて、素晴らしい表現だ。 

柏餅母の匂ひとふるさとと
私のふるさとでは柏餅を包むのは、柏葉ではなく、艶々とした丸い「山帰来(さんきらい)」の葉だったが、先生のところはどうだったのだろう。この葉を見ても柏餅を食べても、母=ふるさとを思い出す。

秋の章から
青春を過ごしし町を霧包む
川霧が大量に発生し、橋上を行く時、一緒にいたはずの友すら見えなくなった。拙句にも「川霧の橋上に友見失ふ」というのがあるが、青春を過ごした、霧に包まれる盆地の町は忘れ難い。

木犀の香をはさみ置く夜の日記
一仕事終え、ほっとした時、金木犀の香が漂うのに気づき、癒されることがよくある。この句は、五七五に選ばれた言葉が完璧で見事だ。

冬の章から
毛糸編む妻ふくよかな指の先
この句集には「妻」「母」を詠んだ句が、比較的多く出てくる。先生を支えて下さる、とても大切な、そして大好きな存在なのだと思う。温かくて優しく細やかな句だ。

人消えし闇に白雪降りつもる
暗闇に白く積もっていく雪、幻想的で静かで美しい。しんしんと冷えていく空気も感じる。三好達治の詩「雪」の世界も思わせて、深さと広がりがある。

春の章から
病むことも生きる証か白木蓮
健康で元気いっぱいだった身も、老いたり病んだりして、どこか不自由な箇所を抱えてしまう。若い時のような体にはもう戻らないのだと、辛く寂しい時もあるけれど、それもまた「生きる証」。白木蓮に励まされる春の始まりである。

芽吹くものみな芽吹かせて空晴るる
命のほとばしり。空は快晴。この夏流行ったジブリの「風立ちぬ」じゃないけど、「いざ生きめやも」だ。芽吹きや新緑は、生きる力になる。

   rikka9gatugou.png 「六花」9月号

兄の高校時代の同級生、山田六甲氏が主宰をしている「六花(りっか)」9月号で、S先生の句の特集を組んでいただきました。先生の句「赤とんぼ海の碧さに紛れざる」と、お名前・句集名を頭に置いた俳句35句の連作です。思い出をと言われ書いた拙文も加え、貴重な誌面を4ページも割いて下さいました。

さのよいよい踊の月は三日月に
同級生のKさんが、この句を読んで「懐かしい!」と喜んでくれました。私たちが入学した時、担任になった先生が「『さのよいよい』と覚えて下さい。」と言われたのだそうです。何にも覚えてなかった私は、Kさんの記憶力に驚きました。

内子まで鮎をつかみに帰るけん
ふるさとが同じ六甲氏ならではの、方言入りの俳句。同郷の者には、感涙の句。鮎もとれたふるさとの山河は、今も無事でしょうか。

いくつでも母には子ども盆ちまき
子どもの時も、親になっても、母の存在は最高。そして、いつも食べ物とともにある母の思い出。「食」は「愛」の根源なのです。

爽やかや「岬の春」の句集手に
凝った表現にして世間の注目を浴びようとか、話題になろうとか、そういう世俗的な欲から遠い純粋な句集。「爽やか」私の第一印象もそうでした。本来、俳句というのは、こういうものであろう。優しく温かな気もちをいただいたのは、この句集を受け取った皆であったと思います。

      mainitizinbunsanosensei.jpg 毎日新聞「季語刻々」

私と高校は違いますが、S先生の教え子の一人である俳人の坪内稔典氏は、毎日新聞に連載されている「季語刻々」に、先生の句を取り上げてくださいました。

S先生の優しさが、水輪のように広がって、この句集のおかげで、私も皆さんからたくさんの感想を寄せてもらい、温かい気持ちをいただきました。いろいろありがとうございました。

ちょっとお知らせ:10月20日(日)の昼間、青木拓人が、FM802のDJ平野聡さんとのジョイントライブを、大阪市内のギャラリーで行います。(詳しくは、右列リンク先より)

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

恩師の俳句[13]
091011undoukai.jpg   
  【運動会日和】

 10月11日、S先生から久しぶりの電話がありました。この夏の天候不順や親戚のご不幸などで、少々体調を崩しておられた由。「それでも一ついい話があったよ。」と、次の話を聞かせて下さいました。

大学時代、岩波書店でアルバイトをしていたのだけれど、先日、社会保険庁から連絡があり、当時、雇い主が厚生年金を掛けていたのがわかり、その分を追加で支給しますということだったそうです。
6ヶ月単位のアルバイト生にも、そういう手当をしていた岩波書店の福利厚生制度に感心し、今、世間を賑わせている派遣切りなど、冷たい雇用のあり方に、改めて怒りを感じたそうです。
当時の月給は1万円だったそうですが、年数が経っているので、思いがけなくいい利率での支給だったようで、金額を聞いて私も驚きました。社会保障制度、今の方が後退しているんですね。

IMG_46020910.jpg    
  【大阪天保山・左は海遊館で右はサントリーミュージアム】

では、「恩師の俳句」定期便第13弾をお送りします。

猫も来ず鳥も来ぬ日や五月雨るる(さみだるる)
黒色の家猫一匹と外飼いをしていた二匹が、突然いなくなり寂しい思いをしていたときの句だそうです。長雨の鬱々とした感じと、猫がいなくなって楽しみが減った日々が重なりますね。
ご家族が猫譲渡会にも出かけたりされていたようですが、ある日、娘さんが家の近くの公園を通っていたら、白黒の猫が付いてきて、そのまま家に居着いたそうです。そのうち、子猫が四匹生まれ、今や五匹の猫が、先生のお宅を賑わせているそうですよ。

新緑を抜け来し燕街を飛ぶ
燕は必ず家や駅など、人の出入りの多い軒下に巣を作りますね。自然破壊の得意な人間は、植物や動物にとって天敵なのでは?と思うことも多い日々ですが、街を飛ぶ燕は、「そんなことないよ。」と、人間を励ましてくれているような気がします。


        IMG_46040910.jpg
       【入場者減で来年12月から休館になる天保山サントリーミュージアム…窓には海が…】

つながれて犬の見上ぐる百日紅(さるすべり)
二日に一回は、車椅子での散歩の途中、犬の「シロ」くんとも出会うそうです。赤い百日紅、白い犬、青い空、鮮明な色合いが、夏にぴったりですね。

霧のなか栗を拾ひし少年期
秋祭りの頃になると、栗を拾いに行った子どもの頃を思い出すそうです。お祭りのご馳走に、お母さんが一生懸命栗の皮を剥いて、栗ご飯を炊いて下さったのでは…と思いました。

城の四季映して堀の水澄めり
春は桜、夏は青葉、冬は霧。秋は光も水も透明で、心までが澄み渡りそうです。藤樹祭(高校の文化祭と体育祭)の頃の城山と肱川が思い出されますが、このお城は、堀があるから松山城ですね。

IMG_45960910.jpg  
  【天保山大阪港…ホントは夕日を撮りたかった…】

 必ず同級生のみんなの消息を尋ねられるS先生。この春は、裁判員制度の記事で、同級生のIくんが県の弁護士会会長として、新聞のトップに大きく顔写真が載っていたと、活躍を喜ばれていました。
教え子や子どもの活躍を心の底から喜んで下さる恩師や親の存在というのはありがたく、また、それが励みになって更に努力しようって思えますね。

IMG_45890910.jpg   
 【色づき始めた三色彩道】

 また、紅葉を楽しめる秋がやってきました。生あることをかみしめながら、心豊かに生きていきたいです。


テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

恩師の俳句[12]
 5月11日追記:お知らせ
本日午後7時より朝日系の「報道発ドキュメンタリ宣言 さらば警察!」で、このブログでも何回かご紹介してきた、現職警官として警察の裏金づくりを告発し、たたかってきた「仙波敏郎さん」の特集があります。
昨日の朝日新聞「ひと」欄にも、仙波さんが取り上げてありました。取材のまとめが簡潔で的確でした。

 4月26日、S先生から俳句の定期便の電話がありました。お声は、お元気そうでしたが、この春の寒暖の変化の激しさに、体がついていかないと言われていました。それでも、教え子一人一人の近況を尋ねられ、皆の元気な様子に安心しておられました。故郷の町役場に勤めている同級生が、この春、副町長(昔の助役)になったというBIG NEWSも伺いました。

073090504.jpg

春雨に煙る天守の見え隠れ
病院帰りに必ず寄られるという全日空ホテル。14階から眺める松山城は、季節ごとに異なる魅力がありますね。

菜の花を咲かせ鎮(しづ)もる漁(れふ)の村
双海町の辺りに菜の花がたくさん咲くところがあるそうです。漁を仕事にしている人たちの暮らす村の、ひっそりと静かな様子を詠んだ句です。

        031090504.jpg

孫連れて桜日和を歩きけり
3月の終わりに大洲城へ。松山はまだ蕾なのに、大洲は満開だったそう。「昔は、入学式のあと、夜桜見物を楽しんだんよ。」とのこと。私たちの入学式のあった日も楽しまれたのかな?
「桜日和」という季語が気に入ってと言われていましたが、確かに優しい雰囲気のする言葉ですね。ちなみに「お孫さんを連れて歩いている」のは、奥さまだそうです。

        057090504.jpg

写真撮る少女さはやかチューリップ
ベッドから外を見ていると、若い娘さんが二人、先生のお宅の花壇を背景に写真を撮っていたそうです。病床の先生を慰めようと、奥さまが育てられたチューリップが、とても美しかったのでしょうね。育てた人、見る人、たくさんの嬉しい心が見える俳句です。


        046090504.jpg

温かき友の手に触(ふ)る若葉風
数日前、高校時代の友人が、取れたての苺と枇杷を持ってきてくださったそうです。「帰り際に握手した、その手が温かくて…」と言われていました。高校1年の時から60年以上の付き合いになる友人。爽やかな若葉風に青春時代のすがすがしさを重ね、手の温かさに厚い友情を感じ、聞きながら思わず涙が出そうでした。

062090504.jpg

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

恩師の俳句[11]&梅の写真
IMG_10390902.jpg

 2月1日にS先生から、お元気そうな声で電話がありました。同日、万博公園で撮った梅の写真とあわせて、俳句の定期便をお送りします。この日開いているのは早咲きの梅ばかりで、ほとんどが蕾でしたが、梅林には良い香りが漂っていました。見頃は、2月半ば以降でしょうか。

(こ)の実降るふるさと遠く離れ住む
先生が近くの公園に、車椅子でいつもの散歩に出かけたところ、クヌギのドングリがたくさん落ちていたそうです。そういえば、故郷の裏山はドングリ山で、そこで元気に遊んでいた子どもの頃、その里も遠くなったことだなあと詠まれた一句です。

          hakubai10902[1]s

トロイメライ弾きし友の忌十二月
「高校三年生の時、同級の男子三人と女子二人で、日振島(ひぶりじま)に行って、そこの小学校に泊めてもらいながらボランティアをしたことがあるんよ。皆で話をしたり、音楽をやったり、楽しかった。」その時の仲間の一人を思いだして詠まれた句です。
「トロイメライ」や「禁じられた遊び」などは、ラジオ深夜便で聴かれるそうですよ。

          IMG_1017090201[1]s

捨て猫と仲良くなりぬ春の道
お家の裏に大きな公園があって、捨て猫がたくさんいるそうです。散歩の途中に、いろんな猫に出会うのだけれど、飼い猫はやはり人なつっこい。捨て猫は人間を警戒するが、それでも何度も会っているうちに覚えてくれたのか、なつくようになってきたよとのことです。
私も、通勤の途中に出会う猫たちが、この頃隠れなくなって、同じ思いを味わっています。


若き日の交はり消えず木々芽吹く
東京での学生時代、岩波書店でアルバイトをしていた仲間との親交は、今も続いていて、退職してからは、一緒に雑誌(誌名は「ここから」)も作っておられるとか。条件のいいバイトだったそうです。
文学青年がたくさん集まっていたのでしょうね。こんな素敵な仲間がいるなんて、羨ましい限りです。

           hakubai0902[1]s

春の韮(にら)入れて雑炊炊(た)きし母
子どもの頃、風邪を引くと、お母さんが、野生の韮を入れて雑炊を作ってくださったそうです。春の韮は、柔らかくて香りも新鮮。自然の力とお母さんの愛情で、風邪もすぐに治ったことでしょう。
いくつになっても、母親との思い出は、具体的です。

           IMG_10060902[1]s

白梅(しらうめ)の蕾の彼方海光る
こちらより四国は暖かいのでしょう。もう梅が開いているよと言われていました。散歩の途中、白梅の花の向こうに、三津浜の海が見えるそうです。
花の香をかぎながら、遠くに早春の光に輝く瀬戸内海が眺められるなんて、抜群の取り合わせだなと、情景を想像してうっとりしました。

IMG_09650902.jpg

2月8日追記:先月の北摂歌会に提出した歌です。
白梅の花開く枝見つけては兄義姉(あね)並ぶ写真を撮りき
兄夫婦と私たちは、一緒にいろんな所に出かけました。でも、昨春、義姉が亡くなり、四人揃っての外出は、この歌の時が最後となってしまいました。梅の花を見ると、義姉のようだと思う自分がいます。
犬塚さんのコメントに返事を書いていたら、この歌のことを思い出したので、追記しました。

 2月14日に出る本 『CINEMA,CINEMA,CINEMA,映画館に行こう!関西映画館情報』 の紹介が、犬塚さんのブログにしてありましたので、よろしければご覧下さい。http://eiganotubo.blog31.fc2.com/

 ベンジャミンさんのブログに、拙歌がアップしてあります。http://plaza.rakuten.co.jp/17221803/
前回ベンジャミンさんが書かれたコメントに、私が書いた返事を紹介して下さいました。 

 kazubanpaku090208.jpg
【追加:2月8日撮影/万博公園梅林/今回は青空をバックに】


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

恩師の俳句(10)&嵐山の紅葉
はや師走、皆さんはお元気ですか?私は少し目と頭の具合が悪いため、パソコン・読書をセーブしています。皆さんのブログへの訪問が減っていますが、お許し下さいね。年とともに、弱いところに不調が生じるようですから、皆さんもお気をつけ下さい。

IMG_0337081129.jpg

 さて、S先生からの俳句の定期便です。今回は嵐山の紅葉(この日は時雨)にのせて、お送りします。
11月末にお電話を頂きました。コメントを丁寧に読まれ、皆さんのご主人や娘さんのことを、いろいろ話されていましたよ。教え子の俳人・歌人の坪内稔典さんから、11月に岩波書店から出た『カバに会う-日本全国河馬めぐり』という本が送られてきたと喜ばれていました。

 また、俳句雑誌『空』誌23号(2008年秋発行)の連載「俳句展望(22)」に、知人の俳句が出ていたとS先生が驚いておられました。「俳句展望」には、俳人の高倉和子さんが、毎回、句集や俳句の雑誌・同人誌などから、おすすめの俳句を取り上げ、素晴らしい解説を書かれています。
そこに紹介してあったのは、阪本謙二さん。富安風生主宰の「若葉」への初投句以来、60年も句作を続けておられる愛媛の方です。S先生の赴任前、O高校におられ、その後MH高校へ。問題集や模擬テストを一緒に作られたそうです。紹介してあったどの句もよくて、線を引いていましたので、ここに挙げてみます。

  冬麗の鼻をつるりと撫でおろす
    誰殺めむと曼珠沙華並び立つ
       設計図芝生にひろげ五月来る
          首筋に来て秋風となりにけり
             瀧ちぎれちぎれて霧となりにけり


  IMG_0335081129.jpg  IMG_0349081129.jpg  IMG_0381081129.jpg  IMG_0394081129.jpg

     IMG_0373081129.jpg  IMG_0412081129.jpg  IMG_0399081129.jpg
    * 小さいサムネイル版も、よろしければ、クリックして拡大してみてください。11月29日撮影


 お待たせしました。では、S先生の俳句をどうぞ。

秋風に切り込む寺の庇かな
散歩コースの終着地のお寺。銅板の屋根が、秋の青空にきりっと冴えた線を見せているのですね。

洗い芋売られて居りぬ城下町
大洲から松山に向かう国道沿いに、大洲名物の里芋を売っているところがあり、昔よく、友人とのドライブで立ち寄ったそうです。大洲の秋の風物詩、肱川の河原での芋炊きで食べた、ほくほくした里芋を思い出しました。

マニキュアの手足を伸ばす秋日和
娘さんのことを詠まれた句かと思って聞いていたら、違いました。1週間に1回訪問看護に来られる方が、爪のひび割れにいいからと、S先生に塗ってくださるそうです。

些事雑事生きる証の曼珠沙華
前回のブログのコピーや『空』誌(秋号)と一緒に、曼珠沙華の写真を送りました。それを見ての一句だそうです。「病人で何もすることがないようでも、結構、些事雑事があるんよ。それが生きている証かもしれんね。」と言われていました。

小春日の診察軽し雲一つ
S先生は、1ヶ月に1回、松山のベテル病院(かつて、私の従兄も入院していました)に通院。ぽかぽかと心地よい小春日の一日、待ち時間も少なくて済み、恒例の全日空ホテル14階にあるレストランで、お城を見ながらランチをとったときの句だそうです。

IMG_0380081129.jpg

12月8日追記:
「空」主宰の柴田佐知子さんに、この文章の初めの方に書いた「俳句展望」のことをお知らせしたところ、以下のようなメールを頂きました。S先生が喜ばれるだろうと、柴田佐知子さんにお願いして、ここに転載させて頂くことにしました。

阪本先生は私が俳句をはじめてすぐの頃に、師の伊藤通明先生を通じて知りました。
それ以来とても親しくしていただいています。
NHKの俳句王国に私が出た時も、その後高倉和子さんが出演したときも、空港まで迎えに来ていただき、阪本先生の結社の方と共に、古刹にお連れいただきました。
私の受賞式にもおいでくださいました。
また、「空」を創刊するときも親身になっていろいろとアドバイスをくださり、印刷会社も紹介いただきました。それで「空」の印刷所は愛媛なのです。
俳誌名を何にするかいろいろ迷っているとき、その中の一つの「空」を…「これはいいですね」…と阪本先生が言われました。この一言で俳誌名が決まったりしたのです。
おおらかで、とても素敵な先生です。
本当に世の中はそれほど広くはないのですね。
お知り合いのS先生にもよろしくお伝えくださいませ。 


 10数年前、上階に住むYさんに誘われて始めた太極拳(数年で中断…)が縁で、京都のTさんと知り合い、7年前偶然、自宅近くの道で、そのTさんと再会。その時、Tさんの大学時代の友人である俳人の高千夏子さん(故人)を紹介していただき、高さんから「空」を勧めていただき、そして、今またこんなご縁が巡ってくるとは思っても見ませんでした。
ブログでは紹介していませんが、今年は、驚くような偶然が多く、不思議な気持ちをたくさん味わいました。

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード