心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
写俳コーナー-秋の奈良公園(横組み)
 皆さんも、「写俳」(写真俳句)で遊んでみませんか?②
        -2013年11月奈良公園にて/その②は横組みの写真- 
 「写真から秋は感じられるので、季語にこだわらず詠んでみました。現代仮名遣い。」

 IMG_8523201311.jpg
 生きており 天涯に想い馳せながら


 IMGP79221311[1]2
 秋日中 祈りの道の奥社へと


 IMG_85951311.jpg
 爽やかや 石の階(きざはし)くだりきて

 
 IMG_85971311.jpg
 吾もまた土に還るや 吹き溜り


 IMG_86441311.jpg
 集い来る樫(かし)は菩提樹のごとし


 IMG_86271311.jpg
 後ろより見る 黄葉も拝殿も


テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

写俳コーナー-秋の奈良公園(縦組み)
 皆さんも、「写俳」(写真俳句)で遊んでみませんか?①
        -2013年11月奈良公園にて/その①は縦組みの写真- 
 「写真から季節が分かるものには、季語を入れずに詠んでみました。現代仮名遣い。」

       IMG_85311311.jpg 
       里古りて 昔のままの鹿の顔


       IMG_85471311.jpg 
       身をそらす 秋天に腕突き上げて


       IMG_85531311.jpg 
       秋日背に 二十歳の吾に逢いに行く


       IMG_85851311.jpg 
       パレットに余白まだある秋日和

 
       IMG_86121311.jpg 
       引き返す散歩道なり 人の声


       IMG_86581311.jpg 
       本日も休業 主(あるじ)は旅の空

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

写俳コーナー-初紅葉
 例年より少し遅い?紅葉が始まりました。久しぶりの写俳です。(今回は現代仮名遣い)

  IMG_82291310.jpg
  流れるは 雲 風 芒 子らの声


       IMG_83351310.jpg
       柿干して猫としばらく鳥の番


       IMG_83751310.jpg
       黄葉のはじまり空へ告げる朝


       IMG_83701310.jpg
       秋気満つ 道の曲りのゆったりと


       IMG_83721310.jpg
       胸像の視線まっすぐ 初紅葉


       IMG_83871310.jpg
       天高し 鉄塔すこし背伸びする


       IMG_83611310.jpg
       冬近し 二匹の猫の触れ合って


  IMG_83841310.jpg
  ただいまとおかえりの声 秋の暮

追記:前々回の「久しぶりの万博公園」の「ススキの写真」をここの1枚目に使ったので、前々回のススキの写真を別のと替えました。お時間があれば、覗いてみてください。

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

写俳コーナー-京都の紅葉
あっという間に師走。早いですねえ、一年が経つの。この秋最後の紅葉特集です。
 京都の紅葉 知恩院から円山公園にかけての裏山 2012年11月25日撮影

       IMG_58221211.jpg
       天と地を映し暮れゆく秋の水

       IMG_58371211.jpg
       高台に一人守れる 紅葉寺

       IMG_58401211.jpg
       紅葉晴 仲良きことをほめらるる

 IMG_58501211.jpg
       紅葉狩 いくどもいくども仰ぐ空 

 IMG_58531211.jpg
       被写体になるのは苦手 照紅葉

 久しぶりに「写俳」にチャレンジ。もっと飛躍した遊び心が要るなあ…。いいセンスが欲しい。

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

写俳コーナー(6)-伏見の十石舟
 四月中旬、伏見の十石舟に乗ってきました。今回で春の小旅行報告はおしまいです。

 IMG_1584201104.jpg

        よく眠り 静かに目覚む 川の宿    (亀)

京阪中書島駅下車すぐ右手の小さな商店街に入り、少し行って右に折れると、十石舟乗船場があります。月桂冠大倉記念館裏乗船場 発→三栖閘門(みすのこうもん)のところで下船(見学)→乗船→月桂冠大倉記念館裏乗船場 着という行程で、費用は1000円、時間はすべて含めて1時間ほどです。
        
        IMG_1603201104.jpg

         せき止めて また流したり 笹の舟   (亀)       

三栖閘門です。閘門(こうもん)は水をためて水位の調節をし、船が河川上の移動を楽にするための施設。

 IMG_1623201104.jpg

         花びらをつつく魚(うお)おり 水の空  (亀)

下船をしたところでは、土手のタンポポや遠くの山並みなどのんびりとした景色が、懐かしい気持ちにさせてくれました。染井吉野の桜や雪柳は終わりかけでしたが、柳の新緑が流れに映え、情緒がありました。

        IMG_1631201104.jpg

             船頭の白髭長し 花筏    (亀)

   船頭さんたちがみんなシルバー世代だったのが、この舟の雰囲気に合っていてよかったです。

 IMG_1724201104.jpg

          水よりも淡き生酒を頂きぬ     (亀)

下船してから、長建寺、寺田屋、月桂冠大倉記念館(この写真のところ)などを外から見ながら散策し、黄桜酒造のカッパカントリーへ。黄桜が満開の中庭で、「黄桜餅」を食べ、藏を改良した天井の高い建物で昼食。そこでしか飲めない生酒がとても美味しかったです。酒粕も購入して、粕漬けと甘酒に。

        IMG_1712201104.jpg

         お百日 赤子を囲み父母祖父母    (亀)

食後は、伏見大手筋商店街、納屋町商店街を抜けて、御香宮(御香水・名水百選)へ。枝垂れ桜が美しく咲いていました。半日ほどぶらぶらするのにちょうどよい大きさの町でした。また美味しいお酒を飲みに行きたいな。 ほんの少しで、すぐ真っ赤になるけれど…。

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年8カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード