心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
お知らせ-まだまだ休憩中
 「すみません、まだまだ休憩中です。」

  IMG_0472201403.jpg

 3月末には、私の母・姉二人・妹・伯母(母の姉)の命日があります。みんな、大好きだった人ばかり…。そのせいか、この時期は気分が沈みがちです。義姉は、自分までが3月末に逝くと、私がショックを受けると必死に頑張ってくれ、4月1日に逝きました。今年はもう7回忌になります。そして、この日は、私たち夫婦の35回目の結婚記念日でもあります。いろんなことを思う春・・・新しい気分でと、今日は長くなっていた髪をショートにしてきました。でも、まだブログを再開する気力も、他の方のブログを訪ねる元気もありません。自分に無理強いをすることは止めようと思います。心の底からブログを楽しめる日が訪れるまで、どのくらい時間がかかるか分かりませんが、お休みを続けます。休んでいる間も訪ねて来て下さった方々、ありがとうございました。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

お知らせ-しばらく休みます
拙ブログを訪ねて下さった方へ-お休みのお知らせ-

       IMG_03892014.jpg

 ご訪問ありがとうございます。また、コメントや言葉掛けなど、温かい励ましをいつもありがとうございます。ここずっと多忙な日が続き、パソコンに向かう時間がなかなか取れず、ブログの更新が難しい状況です。
せっかく訪ねて頂いたのに申し訳ありませんが、しばらく更新を休ませて頂きます。なお、コメント欄も同様の理由で閉じておりますので、ご了承下さい。
皆さま、どうかお元気でお過ごし下さい。

東北大震災のあった3月11日が近付いてきました。何のお役にも立てていませんが、一日も早い復興と原発ゼロの実現を願っております。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

お知らせ-マンガ初掲載
        140201_142158実南天

 南天の赤い実を見ると、いつも幸せな気持ちになります。
                            身近なところに幸せはあるんですよね。


   tyanpion2014nen1gatugou.jpg
                              【別冊少年チャンピオン2014年1月号より】 
 次男の描いた漫画が初めて掲載されます。
                   1週間後の2月12日発売「別冊少年チャンピオン3月号」です。

この2月12日は義母の米寿の誕生日でもあります。ちなみに長男は2月2日、次男は2月22日が誕生日です。義父も2月生まれです。2月ではありませんが、夫は12日、私は2日が誕生日。昔から1番よりは2番が好きだった私のことを知っていたかのような、「2」のオンパレードです。
   

 2月12日追加:私の友人たちが久しぶりにor初めて少年マンガ雑誌を買うというので、わざわざコンビニに出かけてくれたのですが、書店にしかなかったらしく、何人かから電話がかかってきました。「月刊と別冊は違うの?」「表紙に名前がないけど、大丈夫かな?」など、戸惑うことが多かったようですので、表紙をアップします。

    別冊チャンピオン2014年3月号 p600~p645に掲載(最後)

2月14日追記:別冊チャンピオン、大変手に入れにくい中、何軒もお店を訪ねて下さったり、予約して下さったり、ほんとうにありがとうございました。また、温かい感想をたくさん下さって、本人も大変感謝しております。本来なら、こちらから「読んでやって下さい」と送るべきところ、ふだんマンガに縁のない皆さんのご厚意に甘え購入して頂き、恐縮しております。優しいお気持ち、ほんとうにありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

お知らせ/リンク先
 俳句のお好きな方へ

kakimoribunko201301o.jpg kakimoribunko201301u.jpg

昨日(1月26日)、伊丹先生の俳句サロンのあと、皆さんと一緒に伊丹市の「柿衞(かきもり)文庫」に出かけました。
「柿衞文庫新春特別展」の関連講座ということで、俳人坪内稔典氏の講演がありました。書の評価が高い「河東碧梧桐(かわひがしへきごとう) 」を中心に、正岡子規・高浜虚子のお話をわかりやすくして下さいました。
1時間半の講演の後、展覧会場にて著名な俳人の書を拝見。他にも句集や結社誌、俳人系譜などが展示してあり、ちょうど山口誓子の書いた『俳句鑑賞入門』を読んだ直後だったので、「ああ、あの句がこんな風に書いてある!あの人はこんな優しい字を書くんだ!」とワクワクしながら見学しました。
伊丹三樹彦・公子先生ご夫妻の色紙や、「青玄」創刊号、先生のお話で伺ったことのある「まるめろ」創刊号もあり、皆で感激しました。

伊丹市は、阪神大震災の被害が大きかったのですが、その後すっかり文化的な雰囲気の町にお色直しされ、散策の道は色のタイルが貼られ、一日をゆっくり過ごすのに気持ちのいい場所になっています。
展示会をゆっくり見た後、隣接している「旧岡田家住宅」に出かけ、立派な酒蔵や店舗を係の方の解説を受けながら見物しました。2月2日から1カ月は、お雛様が飾られるそうです。ここ数年実施していた盆梅展は、梅の病気が発生したため中止になったとのことです。
続いて、すぐ傍の「長寿蔵」(白雪ブルワリービレッジ長寿蔵)へ。高い天井と広い室内、地ビールとお料理の美味しいレストランです。お茶だけでもいいですよとのことだったので、優雅な雰囲気を楽しみました。
ここから伊丹駅までは、阪急もJRも歩いて7分ほど。今まで、何度か車で来たことはあるのですが、ここは電車で来て歩きたい町です。伊丹出身、上島鬼貫の俳句の幟が、散策の目印になります。


 新しいリンク先(すべて右列に追加)
「俳誌のサロン」・・・たくさんの新しい俳句を読むことができます。書や俳誌、句集の写真も掲載。偶然ですが、現在、トップページに、「空」主宰の柴田佐知子先生の句が載っています。
「岩崎勇さんのホームページ」・・・伊丹三樹彦先生の大切なお仲間で、素晴らしい写真を撮られます。とても細やかな心配りをされ、人望の厚い方です。
「柿衞文庫のホームページ」・・・今回紹介した「柿衞文庫」について、詳しい情報が載っています。2月にも「特別展」関連講座がありますので、関心を持たれた方はどうぞ。

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

お知らせいろいろ
 身近な人たちのお知らせいろいろ

 青木拓人ライブイベントのお知らせ(青木拓人ホームページより)

hamadatoaoki12.jpg

四月の「よろめきのワルツ」以降約半年ぶりに僕の主催でイベントやります。
迎えるのは浜田一平。今年のミナミホイールやら、色々と活躍してるシンガーソングライターです。是非彼の曲を聴いて欲しいと僕は思っています。

11/4(日)at東三国ASSO
(℡06-6396-5225 大阪市営地下鉄『東三国』駅②番出口より西に250m)
live:浜田一平 青木拓人 open18:00/start19:00 ¥2500(1ドリンク&1フード付き)
枯れ葉のごとく舞いたいと思います。よろしく。


 仕事の関係で、週末だけのライブを、マイペースで続けているようです。お近くの方、お時間のある方、興味をもたれた方、よろしければお出かけください。私も久しぶりに行く予定です。


 犬塚芳美さんの本について(10月21日読売新聞家庭面より)

hasonnsitanou12.jpg

「破損した脳、感じる心」が、MBSラジオ(1179H)「ありがとう浜村淳です」の中のファミリー劇場のコーナーで、毎回6~7分の劇になり、放送されます。放送日は11月12日~16日までで、番組内の10時過ぎ頃だそうです。

 一生懸命頑張っている犬塚さんの本が、新聞で紹介されました。また、原作としてラジオ劇にもなるそうです。私も先日、犬塚夫妻を応援に京都まで出かけました。拙ブログでも以前に紹介し、何人かの方が買って感想を送ってくださいました。ありがとうございます。


 塔短歌会の藪内亮輔さんが「角川短歌賞」受賞! (「短歌」11月号より)

   kadokawa12.jpg

昨年受賞して当たり前と思っていた藪内さん、今年は「塔短歌会賞」も受賞、そして、予想通り「角川短歌賞」も受賞され「大型新人の登場!」と紹介されています。審査員全員◎という若手の実力派で、私も大好きな歌ばかりですが、「花と雨」50首の中から5首だけ引用します。

傘をさす一瞬ひとはうつむいて雪にあかるき街へ出でゆく
きらきらと波をはこんでゐた川がひかりを落とし橋をくぐりぬ
話しはじめが静かなひととゐたりけりあさがほの裏のあはきあをいろ
春のあめ底にとどかず田に降るを田螺はちさく闇を巻きをり
電車から駅へとわたる一瞬にうすきひかりとして雨は降る


 審査員の方が「小さなところに対する繊細な注意深い視線」「ディテールに力がある」「物を見る目に力がある」と述べられていましたが、ここにあげた歌もすべて、そのような力を持っていると感じました。感覚も描写力も優れていて、表現の仕方にも力が入りすぎず、ほんとに上手いなって思います。実力通りの受賞、おめでとうございます。

テーマ:良いコトあったよ(ノ´∀`ノ☆。゜ - ジャンル:ニュース



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード