心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-2006年度角川俳句賞・短歌賞受賞作
今頃、なんですが・・・
2006年度角川俳句賞・短歌賞受賞作品のご紹介

kadokawahaiku1811.jpg     kadokawatanka1811.jpg     014hananosan.jpg


 昨年11月号の角川書店発行「俳句」誌・「短歌」誌で、第52回角川俳句賞と短歌賞の発表がありました。
偶然どちらも、新米の私が所属させてもらっている結社と、ご縁のある方々の受賞でしたので、ここでご紹介いたします。
「俳句や短歌には興味がないわ。」と言われる方も、少し読んでみてください。きっと、「なかなかいいね。」と思っていただけるかと思います。

 角川俳句賞受賞作品 千々和恵美子さんの「鯛の笛」50句より

箱眼鏡水面すべらせ若布刈る (春)

籠蹴つて張り付く鮑剝がしけり(春)

麦藁帽膝に豊漁祈願受く   (夏)

浜の石嚙ませて祭屋台組む  (夏)

盆僧の渡船に酔うて来たりけり(秋)

網の目を広げて外す寒鮃   (冬)

ここには、審査員の先生方が取り上げられ、私も上手だなあと思った中から、6句のみ引用いたしました。
これらの句は、海辺の生活に密着して、漁師の暮らしを克明に観察し、丁寧に詠まれたものばかりで、私は、具体的な描写(下線部と季節は私が加えました。)に、特に心惹かれました。

私は、これらの句に詠まれているような情景を一度も目にしたことがないのに、自然の様子・人間の営みなどの映像が、ありありと浮かんできます。すべてに動きがあり、物の質感や周りの空気感まで、自分がその場にいるかのように味わうことができます。
とてもきちんとした姿勢の良い句ばかりで、初心者の私には、表現の仕方など学ぶところが多くありました。

『俳句』11月号の選考座談会では、「すでに完成度が高いので、将来性を期待してという賞の意図からは、ずれるかもしれないが、初期の角川賞はこのタイプだった。」という審査員の先生方(矢島渚男・宇多喜代子・正木ゆう子・長谷川櫂の諸氏)の評がありました。

ところで、作者の千々和恵美子さんは、昭和19年生まれの福岡在住の方で、句歴はもう20年というベテランです。「白桃」に入り、伊藤通明氏に師事され、現在は「白桃」と「雪解」に所属されています。私が所属させてもらっている「空」の主宰、柴田佐知子さんも「白桃」に所属されていて、お二人は昔からのお友達だそうで、今回の表彰式にも参加されたそうです。私が「空」に入るきっかけを作ってくださった高千夏子さんも、かつて角川俳句賞を受賞されていて、主宰と同じ結社のお仲間です。

 角川短歌賞受賞作品 澤村斉美さんの「黙秘の庭」50首より

日記よりも出納帳は明るくて薄桃色の線の平行

ひとりでも研究はできる 調べかけの書物に長い鉛筆をはさむ

いくつもの場所で生きたりいづれにも寡黙とされる私がゐる (*)

しやがんでゐたときにリュックが温かく公園の昼 一人づつの昼

その声の笑ひつつかつ本気なる電話の父の「おう、がんばれや」 

はじめから失はれてゐたやうな日々海沿ひの弧に外灯が立つ (*)

作者の澤村斉美さんは、昭和54年生まれの若手で、京都大学に在籍中です。歌歴は、まだ10年になりませんが、「塔」誌でいつも、鋭い感性の歌を発表されるので、上手な方だなあと思っていました。2月に行われた「社会詠」についてのシンポジウムの折にも、パネラーとして、繊細かつ明快な発表をされ、聡明さに感心しました。

ここには、審査員の先生方(高野公彦・河野裕子・小池光・俵万智の諸氏)が取り上げられ、私もいいなあと思った歌の中から6首引用しました。下線や(*)は、私が加えました。
俳句や短歌を読むとき、流行りの歌を聴くときもそうですが、「作り手の思い」だけを直接述べた作品には、なかなか共感できません。作品のどこかにキラッと光る具体的な描写があり、そのディテールに、読み手の私は心惹かれます。

そういう意味で、これらの歌は、細部の描写が素晴らしいなあと思いました。下線部の「薄桃色・長い・温かく」など、心のひだに入って、うーんと唸ってしまいました。しかも、それら具体的な物が、作者と私は親子ほど年が離れているにもかかわらず、《わかる》、というか、「出納帳・鉛筆・電話の父」など懐かしいものばかり。日々を丁寧に生きている方なのだろうと思いました。
(*)をつけた歌は、今まで述べた具体的な歌とは趣を異にし、心情が抽象的に詠われていますが、《わかる》。それは、連作を読み進んできて、作者の生活に共感し、どこか置き去りにされたような孤独な思いを、読み手の私も重ねたせいだろうと思います。

「塔」には、河野裕子さん、河野美砂子さんなど角川短歌賞の受賞者が複数おられ、また最終候補に残られる方も毎年のようにおられるので、今後も若い方々が、次々活躍されるんだろうなと、眩しい思いです。
「塔」誌2月号の編集後記に、河野裕子さんが「角川短歌賞授賞式」の様子を書かれていましたが、同じ席に、「塔」誌や「空」誌で存じ上げている方々がおられたと思うと、どちらも入って間なしの私ですが、なんだか嬉しい気分です。

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

猫日記「好(hao3)の日々」第22回
haokoyae1.jpg

haoekou2.jpg haoekou3.jpg haoekou4.jpg

3月28日追加・ハオの写真に、KANEGONのコメントが付きました。(待ってました!)

 3月22日(木)お久しぶりです。皆さん、お元気ですか?
前回が2月20日でしたから、なんと1ヶ月以上のご無沙汰でした。
ブログは、1年目を迎え、母さんの「大空の亀」は、皆さんから心のこもったコメントをたくさん頂き、大変喜んでいました。私ハオからもお礼申し上げます。

ずいぶん長いお付き合いのようですが、私ハオは、まだ生後10ヶ月です。
相変わらず、家じゅうを野性味満点に走り回っていますので、のっぽのやせっぽち猫で、亀さんちのお父さんやお兄ちゃん達と同じ体型です。

haohuro27.jpg haoneszumi23.jpg haonezumi24.jpg
「結界師・はお~精進潔斎の図」   「裸のニャハ」  「着衣のニャハ」恍惚シリーズ

私が今、一番燃えているのは、お風呂のお湯を浴びることで、誰かが入浴するたびにダッシュして、水道の下に陣取ります。シャワーでもいいのですが、一番好きなのは、打たせ湯のように頭・首・上半身に直接蛇口からのお湯を当てることです。【1枚目の写真】
このあと、タオルで拭いてもらうのは、ちょっと苦手で逃げ回るのですが、それを追っかけて拭いてもらうのがまた楽しく、最近の日課となっています。

【2枚目と3枚目の写真】は、久しぶりにネズミのおもちゃをプレゼントしてもらって、うっとりしているところです。この日は、これを見たとたん狩猟本能がよみがえり、目がらんらんとして、いつも以上に激しく走り回ってしまい、「すごいねえ、興奮しちゃって」と、皆に大笑いされました。
今はもう、ちゃんと皆の目に入らないところに隠したので、私も落ち着いていますよ。

 中国語の先生が、就職で関東に行かれるので、先週は新しい先生も交え、皆で歓送迎会をしました。
とてもいい先生なので、お別れは残念ですが、ハオのこともちゃんと覚えてくれるって、嬉しいな。
新しい先生は、前の先生とお友達で、この方もいい方なので、お母さんも安心しているみたいです。

 というところで、中国語の問題です。
今回は、漫画や絵を描くのが趣味のお兄ちゃんが、小さいときのハオを描いてくれたので、それにちなんで漫画の題名に関する問題です。
次の題名を日本語で答えてください。すべて日本の漫画です。簡体字は日本の漢字に直してあります。

1、龍珠(long2 zhu1)  2、櫻桃小丸子(ying1 tao2 xiao3 wan2 zi3)
3、鉄臂阿童木(tie3 bi4 a1 tong2 mu4)  4、机器猫(ji3 qi4 mao1)
5、寵物小精霊(chong3 wu4 xiao3 jing1 ling2)

正解は、すぐ下の【READ MORE…】をクリックしてみて下さい。

[READ MORE...]

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

あんなことこんなこと―ブログ開設1周年
ブログ開設1周年、皆さん、ありがとう    

160hanataba.jpg

 全く無知の状態から、深い考えもなく始めたブログでしたが、ここに訪ねてきてくださる皆さんのおかげで、飽き性の私が1年間続けることができました。
つたないブログに、温かいコメント・メール・声掛けなどで励ましてくださって、本当にありがとうございました。
また、この度は、突然のパソコン故障という事態に、コメントやメールで慰めていただき、気持ちが軽くなりました。重ね重ねありがとうございます。
ブログを通して、新たなご縁ができたり、今までのご縁が深まったり、たくさんの優しさに触れさせていただきました。心から感謝しています。

あなたの悲しいのが  わたしにもわかるのは
いつかのわたしが  あなただったときがあるから
たくさんのいつかを背負って  今 わたしもあなたも  ここにいるね


「ちびまるこちゃん」でおなじみの「さくらももこ」さんの「いつかのわたし」という詩です。
ブログを開設して、この詩のような気持ちを何度も味わう機会があったのも、大きな収穫の一つでした。

164hanataba.jpg

花束1・・・過ぎた日々を美しい思い出に変える魔法。
花束2・・・相手を思う気持ちをいっぱい詰めた彩り。
花束3・・・頬を赤らめ涙をあふれさせる最高の方法。
花束4・・・胸に抱くと気分はうっとり物語の主人公。
花束5・・・ずっと持っている美しいリボンと包み紙。


 今、我が家には写真の大きな花束二つと小さな花束一つ、そしていつもの「はなの」さんのお花が二週間分。数年に一度、こんなふうに花いっぱいの時が訪れます。
そんな花たちを前に、上記の一行詩?「花束1~5」を作ってみました。

明日からは、少しゆっくりめの週1回程度(金曜日あたり)の更新になるかと思いますが、
皆さん、またお付き合いくださると、嬉しいです。
 

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

お知らせ―パソコン故障
パソコン故障&お詫び・お願い

 日曜日の朝、何の前触れもなくパソコンが起動しなくなりました。
仕事に支障をきたすので、新しいのをすぐに購入し、今やっとネットにつなぐことができました。
コメントへのお返事および記事の更新が遅れています。ごめんなさい。

 写真の量が多く、時間ができたときにコピーして保存しようと思っていたのですが、その前に突然故障してしまいました。ハードに入れていた写真の復活が無理かと思われます。
唯一ブログに公表した写真のみが救われましたが、かなり気持ちがへこんでおります。

 仕事の文章などは、別のものに保存できているのですが、個人メールのアドレスが本体のみの記憶で、残っておりません。
3月11日(日)以降にメールを頂いた方のアドレスは、本日開きましたので大丈夫なのですが、それ以前の分は不明で、申し訳ありませんが、こちらからメールをすることができません。連絡等でご迷惑をかけるかと思いますが、お許しください。


心に響く言葉-師を持つことの大切さ
師を持つことの大切さ

iyokan3134.jpg iyokan3138.jpg

2月中旬、愛媛の親戚から伊予柑やデコポンが送られてきました。【上の写真がそれです。】
それらがぎっしり詰まった段ボール箱の一番上に、11月19日付けの「愛媛新聞」の1面がのせてあり、見ると、「道標」という欄の「ふるさと伝言」特集に、坪内稔典さん(俳人・佛教大教授)が「教師の魅力-詩歌の楽しさ心開く」という文章を寄せておられました。

坪内稔典さんは、俳句グループ「船団の会」代表で、「三月の甘納豆のうふふふふ」「桜散るあなたも河馬になりなさい」などの句や、正岡子規の研究で有名な方です。
同じ愛媛出身であることや、昔近くの本屋さんで何度かお見かけしたり、俳句の研修会でお話を聴いたりしたことがあり、親しみを感じ何冊か本も読んでいました。

2月初旬に、「船団の会」所属の俳人Sさんのお話を聴く機会があったり、友人からもらった「子規新報」に、そのSさんの文章や坪内稔典さんの文章を見つけたりで、妙に「船団の会」「坪内稔典さん」と縁があるなと思っていたところでしたので、段ボールに入っていた「愛媛新聞」を丁寧に読みました。坪内稔典さんが少年期ひどく内気だったことなど、知っている話もありましたが、興味深い内容でしたので、概略を以下にまとめました。

「学校や教師に関わる悪い報道が連日のように続いているが、教師には問題があると同時に魅力もある。その魅力もマスコミは伝えてほしい。私は人生の折々に出会った教師に大きな影響を受けた。例えば、小学五年の担任のT先生には、言葉の楽しさを教えられた。当時、私は使いの時など、正確にものを言おうとするばっかりに、逆にうまく言えず、口ごもるような子になっていた。日常の言葉につまずいている私に、T先生は詩歌の言葉を教えてくださり、私はそこで伸びやかに胸を開くことができ、幸せな気分に満たされた。その後もT先生のような方と何度も出会った。」

T先生が下さった八木重吉の詩集や、教えて頂いた万葉集や山村暮鳥を音読し、日常とは別の世界に入る幸せな気分を味わったことが、今につながっておられるようです。

俳句グループ「船団の会」代表として、大学で教師志望のゼミの先生として、活躍されている坪内稔典さんの文章を読みながら、私は、先日読んだ内田樹著『下流志向 学ばない子どもたち働かない若者たち』の中の質疑応答(p184)を思い出していました。

内田氏「教育者に必要なのは一つだけでいい。『師を持っている』ということだけでいい。 …(直接学ばなくても、書物や人づてでも構わない、「私淑する」こと。)… 教育を再構築するというのは、この師弟関係の力動性、開放性を回復することから始めるしかない。『師弟の物語』にもう一度日本人全体が同意署名すること。これはマインドセットの切り替えだけですから、コストはゼロなんです。」

Aさん「私も基本的には師弟関係だと思っています。ビジネスでいい仕事をしたケースは師弟関係がたしかに多く見られるんです。優れたリーダーがいて、そのリーダーをみんなが尊敬して、求心力が生まれる。尊敬される師がいて、そこへみんなが集まって一つのチームになるというのが、日本的組織としては、たしかにいちばん効率が高い。」

ここに述べられていることは、教育やビジネスの分野に限らず、多くの分野で言えることではないかと、私は思っています。部下や弟子や教え子をきちんと見ることのできる指導者と、尊敬できる指導者を持ち、師弟関係を築けること、これらが成り立っているとき、人は落ち着いて生きていけるし、自分を伸ばすこともできるのではないかと考えます。身近なところに、師を見いだせたら本当に幸せですが、そうでなくても書物や「私淑」でも師を見つけることは可能だとすると、ずいぶん道は開ける気がします。

反抗することに価値を見いだしていた年頃に、これらの文章を読んでも、恐らく私は得心がいかなかったでしょう。今、俳句・短歌などを学んでいく中で、よい師に出会うことができ、実感として、『師を持つ』ことの大切さがわかります。また、振り返って、よい師やよい本との出会いの幸福にも気づきました。さらに今、次々と心からよい本だなあと思える本に出会っていて、刺激をいっぱい受けています。

かつて、尊敬する師が亡くなられたとき、大きな喪失感を味わい、辛くてたまらなかったのですが、今はその師も、私の中で大切な指針の一つになっているとわかります。拙い私を励まし、丁寧に見守って下さっている師をそれぞれの分野に持てている幸福を、これらの文章を読んで、改めて思いました。

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

心に響く音楽-『フラガール』『くるみ』
心に沁みる映画音楽「フラガール」「くるみ」

cdhuragirl.jpg
  【「フラガール」サウンドトラック盤】

cdsirusisyuku.jpg
  【「しるし」「ひびき」&「くるみ」-for the Film-幸福な食卓】

 日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞などの最優秀賞を獲得した『フラガール』が、2月下旬から2週間、近くで上映されたので、見に行きました。
先月は、アサヒベストテン映画祭で1位になった『ゆれる』を見る機会があり、さすが賞を取る作品は優れているなと思ったばかりでしたが、今回見た『フラガール』も、非常に優れた作品でした。
ともに「シネカノン」制作ということで、今後もいい作品が出てきそうで、注目しています。

 昭和40年の炭坑町を舞台にした『フラガール』は、笑いあり涙あり、そして深い感動ありの素晴らしい作品で、最近見た中で一番好きです。
特に、松雪泰子、蒼井優、富司純子などを中心に、女優さんたちの演技に心惹かれました。
ぐっと耐えて耐えて、十分ためた後に感情を爆発させる、その瞬間の女性陣の強さは、実に痛快でした。
「男たちの大和」で、手を振る蒼井優さんが抜群によかったのですが、今回も手を振りながら「じゃあねー」を繰り返す彼女の姿に、涙が止まりませんでした。

 その上、Jake Shimabukuroの担当した音楽が最高によくて、心に沁みました。上映終了後、CDショップに直行し、迷わず、サウンドトラック盤を買いました。主題歌の「フラガール」は、3バージョンあり、どれも優しくていい感じです。
また、前に見た『幸福な食卓』の最後の場面で流れた、映画バージョンの「くるみ」がやはり欲しくて、あわせて手に入れました。ミスチル櫻井さんの切々とした歌い方は、感動ものです。
今は毎日、この2枚のCDを繰り返し聴いて、映画の世界に浸って、心豊かに過ごしています

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

心に響く風景-お雛様の勢揃い
我が家のお雛様勢揃い

hanahinamaturi.jpg

3月3日に載せたかったのですが、花粉症がひどく昨日はダウンしてしまい、我が家は一日遅れの雛祭りです。

田舎では、旧の節句で祝っていたので、子どもの頃の雛祭りは、ここからが本番です。
4月3日には、小さな重箱に巻き寿司やしょうゆ餅などを詰めてもらって、それを提げて順番に友だちの家を回り、おひな様の前でご馳走を頂きます。また、同じ頃、ご近所の人総出で、河原に繰り出し、手作りの料理が詰まった重箱を持ち寄り、お花見をします。河原の石を使ったにわか造りのかまどで、男親が汁物を作ってくれ、浮き浮きした一日を過ごしたことを、今も懐かしく思い出します。

odairisama3243.jpg

このおひな様は、乳ガンの手術のあと出たガン保険で、自分のために買った一対です。(京都流の飾り方です。)
お店で「お孫さんのですか?」と尋ねられた時は、さすがにショックでしたが、小さい時のおひな様が何処かへ行ってしまった今は、これが私の大切なおひな様です。
毎年出すのも片付けるのも面倒だけれど、飾るとやはり嬉しいものです。

あとのミニ雛は、旅先で目に付くたびに手に入れた物です。

tumugibina.jpg  tenpyou.jpg  hinasatuma.jpg
信州上田紬の豆雛           奈良の天平雛         鹿児島薩摩焼きの陶器雛

kisyuubina.jpg  hinadorei.jpg   hinaukihune.jpg
和歌山の紀州雛        土鈴雛             京都の布雛/京錦織の屏風

hinadougu.jpg  hinaosie.jpg   hagakikake.jpg
ミニチュアの雛道具        手作りの押し絵      ミニ掛け軸に布ハガキ雛 

芥川龍之介の短編小説に『雛』という佳品があり、ネット上の青空文庫でも読むことができます。

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

手作りが好き!-丸いもの集合
今日から3月、3 さん SUN、 SUN SUN お日さま
   まん丸で、 ま~るい 丸いは 幸せの○


いきもの   工藤直子 

まるい地球のうえで
てんとう虫の背中が
まんまるい

地球とてんとう虫と
ふたつのまるいものの間で
わたしの心も まるい


ohisamabunko.jpg 「おひさま文庫」のプレート
1、 GANKOちゃんの「おひさま文庫」のプレート
2月20日からGANKOちゃんの「おひさま文庫」も20年目の活動に入ったそうです。おめでとう!
亡きお父様の親友だった先生が、文庫のプレートをプレゼントして下さったそうです。
「昔の学校給食のパンを入れていたアルマイトの缶を切って、そこに絵を描いて作ってもらったのですが、お願いして3日ほどで完成品が届いてビックリしました。毎週水曜日に玄関門扉にぶら下げています。亀さんのメールに添付して送るので、ブログで披露してもらうと嬉しいな。」ということで、お披露目です。

kiriemaru.jpg  UTSUGIさんの切り絵
2、 UTSUGIさんの切り絵「春の息吹」
昨年「第1回せとうち夢虫館公募展」で、蝶の切り絵を送り、優秀賞を受賞されました。
順調に、作品作りを続けられ、できあがると毎回、職場の人にもと、複数枚送って下さいます。
これも、その内の1枚で、「春の息吹」という名前は私が勝手に付けましたが、了承済みです。

sakuradama.jpg 折り紙「桜玉」
3、 私の作った折り紙「桜玉」
職場の人が入院中、折り紙にはまったとかで、さまざまな折り紙を見せてもらいました。その中で、みんなに人気があったのが、この桜玉。
普通のお店では材料を売っていないので、発売元の「トーヨー」という所に問い合わせ、希望者の分を手に入れました。9.0×5.4cmの紙を30枚と解説書のセットで250円。
26工程を経て1枚の花びらパーツが完成し、それを30個作ります。次にパーツを差し込みながら組み立てるのですが、これが崩れるので、なかなか苦労しました。完成品の直径は約13cmです。

二つ作り、一つは職場に飾り、もう一つは書道(同僚が習っている)の先生にプレゼントしました。97歳の今も現役で、ボランティアもされているお元気な方です。
早速達筆で「我家は春風満帆の観でございます。」という、お礼状を頂きました。昔、小説も書かれていたので、言葉遣いが風格があって素敵です。



テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード