心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本&風景-「表現」に関する本&万博の菖蒲
突然ですが、皆さんは旅行に行くとき1冊だけ本を持って行くとしたら、何をカバンに入れますか?
私は、ちょうど厚めの文庫本ぐらいという大きさの『ハンディ版入門歳時記』(大野林火/監修)です。
中を見ると、91年8月という書き込みと一緒に、下手な俳句などをメモしていますから、ずいぶん昔から持ち歩いているわけです。
理由は、5つ。①読み終わることがない。②句にしたい情景を前にしたとき季語を確かめられる。③語彙が増える。④どこからでも読めるし、いつでも閉じられる。⑤いい句が読める。
 よかったら、皆さんのも教えて下さいね。できれば、理由なども…。

        112syoubu0806.jpg


今回は、言葉で「表現」することが大好きな私の、かなり偏った本の紹介です。以前から、詩歌や随筆などの類を読むのが好きだったのですが、ますますその傾向は強くなり、読みたいものが増えるばかり。それに反して、目の衰えが激しく、次にあげる雑誌の類を読むのだけでも大忙しという、かなり情けない現状です。

A、まずは、私の日々を忙しく、かつ、充実させてくれている雑誌群から

       sora0806.jpg       tou0806.jpg       tyugokugo0806.jpg

       haiku0806.jpg       tanka0806.jpg       saiziki0806.jpg

上段左から、季刊誌の俳句雑誌「空」、毎月届く短歌結社誌「塔」、通勤時に聴く「まいにち中国語」
下段左から、月刊「NHK俳句」と「NHK短歌」、写真のとても美しい週刊「日本の歳時記」
書きながら、これに単行本や文庫本が加わるのだから、エンゲル係数ならぬブック係数があったら、我が家は高いだろうなあ、本のために働いているみたいだなあと、我ながら呆れています。

       044syoubu0806.jpg


B、続けて、最近読んで大変よかった短歌の評論集2冊

              honhukeizikan0805.jpg      tankanotomo0805.jpg

吉川宏志著『風景と実感』(青磁社/2667円)
短歌作者として素晴らしい歌を詠む吉川氏だが、読み手としても論者としても大変優れている。引用してある歌のよいと思うところが、自分の読みと一致することが多く、とても嬉しく思った。
「風景の空気感」「風景の奥行き」「歌人へのアプローチ」など、歌を作る上で参考になること、共感を覚えることが多く、たくさん線を引いた本だった。

穂村弘著『短歌の友人』(河出書房新社/1900円)
ニューウェイブ短歌のリーダーと言われているが、短歌の現状に満足していないと感じた。吉川宏志、小島ゆかり、高野公彦、馬場あき子を論じた部分で、筆者も彼らに共感しているのだと思った。詠み手としては、正直言って苦手だが、読み手としては、優れている人だと思った。
この二冊を読んで、「言葉を暴力的に扱う歌は嫌だ、言葉を愛おしみながら歌を詠みたい。」と、強く思った。

       034syoubu0806.jpg


C、漫画家の文章にも、「表現者」として学ぶものが多くあった、そんな2冊

              siriagari0805.jpg      asisutant0805.jpg

しりあがり寿著『表現したい人のためのマンガ入門』(講談社現代新書/720円)
朝日新聞夕刊に連載の「地球防衛家のヒトビト」が大好きで、大変興味があったので読んでみた。予想していた通り面白い人なのだが、根が真面目でよく考えている人だと思った。
気に入った言葉がたくさんあったが、短いのを一つだけ。「マンガに限らず何もないところから何かを産み出す瞬間は苦しいけれど、まさにそこが創作のダイゴ味です。」

イエス小池著『漫画家アシスタント物語』(マガジン・マガジン/1238円)
新聞での紹介が興味深かったので購入。『浮浪雲』や『アシュラ』で有名な、ジョージ秋山のアシスタントを30年続けている筆者のブログを単行本化。漫画家を目指す人への、温かい思いを抱きながらの文章で、現実の厳しさもきっちり書きつつ、どうすれば一人立ちできるかもアドバイスしている。
「読書、映画、とにかく自分をみがき続け、何より漫画ばかであれ、精進しろ」と。「血の教訓」というのが特によかった。漫画に限らず、何にでも当てはまると思った。

       027syoubu080608.jpg

       【菖蒲の花は、すべて6月8日に万博公園にて撮影。今までで一番いい見頃でした。】

PS:前回のコメント欄で話題になっていた「秘密のケンミンショー」、放映が1週間早かったそうです。残念。

6月30日追記:アップした菖蒲の写真を見ていて気がついたのですが、菖蒲の花びらに、つぼみのとき折り畳まれていた、その皺があるような…?(特に最後の写真)。
菖蒲には、それぞれ素敵な名前が付けられているのですが、最初の写真のは「水の光」と言います。こんな素敵な名前を考えた人は誰だろうと、顔が見たくなります。
今日で、1年の前半も終わり!早いですねえ。ちなみに、我が読書ノート、今年前半の冊数は76冊です。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

心に響く音楽-心地よい音楽たち
021sora080511.jpg
                             【2008年5月11日の空。先月来た長男も、同じ空を写していた。】
 久しぶりに音楽話題を、4つばかり。

 Ⅰ.5月3日(土)神戸三宮のとある輸入雑貨店にて、ジャック・ジョンソンのCD。

BGMにジャック・ジョンソンの曲が流れていて、それがゆったりとした店内の雰囲気と、神戸の街にぴったり合っていて、聞き惚れてしまった。帰るなり、Amazonで曲をチェックし、CDを購入。
ジャック・ジョンソンを知ったのは、あるライブハウスのHPで、そこのスタッフが「aoki takuto の歌声は、ジャック・ジョンソンみたいだ。」と書いていたのを読んだのがきっかけ。そこから聴き始めたジャック・ジョンソン。
どれもハワイの海辺に坐って(行ったことないけど…)、のんびり過ごしている感じで、どの曲も似ていると言えば似ているが、BGM にはもってこいだ。

*フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より―Jack Johnson、1975年生まれ。アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身の男性ミュージシャン・シンガーソングライター。17歳の時、サーフィン中に大怪我を負う事故を経験したのを契機に、それまでは趣味のひとつであった音楽や映像といった創作分野に傾倒していく。アコースティック・ギターの心地よいグルーヴ、オーガニックでリラックスした空気感のサウンドが特徴。

BGMで流れていたのがこのCD→313A17H550L._SL500_AA190_[1]  41laupDEc2L._SL500_AA240_[1] 
 
51X3dB38Z3L._SL500_AA240_[1]   41OFbeRrr1L._SL500_AA240_[1]←映画『ひとまねこざる』で使われた曲


 Ⅱ.5月20日(火)19:00~ フェステバルホールにて、
             キース・ジャレットのピアノソロコンサート 『I Love Festival Hall』


30年以上前、勤めていた会社の先輩に「キース・ジャレットの『ケルン・コンサート』いいよ。」とテープを頂き、大好きになったジャズピアニスト。落ち込むと、『ケルン・コンサート』(1975年)を聴く。そういうふうにして、ずっと助けてもらってきたキース・ジャレットだが、生で聴いたことはなかったので、どうしても恩人に会いたい一心で、一人で出かけた。会場は満員。同じ世代の人が多いが、中に若い人も混じっている。私の列は、全員一人で来た人だ。
細身で長身のキース・ジャレットの演奏に、往年のような激しさはないが、時々入る声や、立ち上がって膝を折りながらリズムをとる姿は、昔のままだと思われる。
前半、後半は各4曲で、熱心なアンコールに応えて、3曲も演奏してくれた。手が大丈夫かしら?と思うほど、誠実な人柄を感じさせる演奏だった。ただピアノを弾いているだけなのに、私の頭の中には、水のきらめきが見えたり、草原を走る感じや、天に昇っていくイメージが浮かぶ。優しくデリケートな印象を残し、コンサートは終わった。行ってよかった。

*フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より―Keith Jarrett、1945年生まれ。アメリカのジャズ/クラシックピアニスト、作曲家。ジャズ・うめき声ピアニストの代表格。ピアニストとして広く認識されているが、クラシック、現代音楽等、ジャンルを超えた音楽表現を身上とする。ソロ作品の多くはコンサート・ホールでの実況録音が多く、プログラムの一切無い完全即興によるテンションの高い神がかり的な演奏には定評がある。演奏楽器もピアノにとどまらず、ソプラノ・サックス、パーカッション、ハープシコード、リコーダーなど多岐にわたる。メロディーの美しさもさることながら、中腰の姿勢で、大胆に、うめき声を出しながらピアノを弾く姿が印象的。
1990年代後半から2000年頃は、病気のためにその活動を中断していた。(病名は慢性疲労症候群とされる)2000年より少しずつ活動を開始し、ソロや前述のトリオでの活動を継続しているが、全盛期のようなハイ・テンションな演奏は影をひそめており、ベース・ドラムとのコラボレーションに重きを置いた演奏となっている。


なんと言っても名盤なのは、このCD→3177N7RZPQL._SL500_AA240_[1]  0c5b46020ea00d59f3c78110._AA240_.L[1]

61d7EQe07XL._SL500_AA240_[1]   31SS8KY4N4L._SL500_AA240_[1]当日も録音していたので、CDが出るかも?


 Ⅲ.6月7日(土)14:15~ テアトル梅田にて映画『山桜』
                       &タワー・レコードにてジョヴァンニ・アレヴィのCD。


映画評でおなじみ犬塚さんオススメの 『山桜』 (藤沢周平原作、田中麗奈・東山紀之主演)を見に行く。初日とあって満員で、次の回を待つ人もいた。観客は団塊の世代の人ばかり。藤沢周平の原作は、いつもいい映画に仕上がるが、これも、私のお気に入りの一つになった。
映画『山桜』の公式サイトはhttp://www.yamazakura-movie.com/

次の予定まで時間があったので、新しくなったタワー・レコードへ。ジャズのコーナーで、次々試聴していくうちに、好みにピタッとはまるCDがあった。イタリアのピアニストのGIOVANNI ALLEVI(ジョヴァンニ・アレヴィ)
若い人で、あまり日本では知られていないようだが、とにかく曲が気に入った。キース・ジャレットと似ているかも知れない。毎日聴いている。アルバム名は、『JOY』。

  413qSO2BZaHL._SL500_AA240_[1]   016present0806.jpg   011berandaazisai080613.jpg
   【買ったジョヴァンニのCD】 【長男の彼女から母の日と父の日のプレゼント】 【我が家の紫陽花】


 Ⅳ.6月8日(日)18:30~ 神戸三宮山手側 WYNTER LANDにて
                             ライブ「UTA-GO-KO-RO in KOBE」


せっかくの神戸だから、早めに行って遊びたいところだが、連日の外出のため、これ一本にしぼる。
ライブハウス「WYNTER LAND」は、にしむら珈琲店の横のハンター坂を上がっていくと、左手のビルの地下にある。入口がちょっとわかりにくい。Banana hallに慣れている目には、とても新しい感じがする。

神戸でのライブは初めてという「青木拓人」は、自己紹介?を兼ねたいつもの緩い感じの曲から入り、今回は『赤とんぼ』( 三木露風作詞・山田耕筰作曲)をアレンジ。「神戸の街は、文学作品や手塚治虫の『アドルフに告ぐ』などにも出てきて、街を歩くと、歴史が透けて見えます。」というコメントが印象的だった。他に、「雨音が聞こえ、沈黙に気づく」というような歌詞の歌など5曲。若い感性が羨ましかった。自作の歌の題名を言って欲しかったな。&それらを書いたチラシが欲しかったな。頑張ってね。

4人組の「マホロバガクザ」は、リードがエレキ三味線という個性的な集団。迫力のある演奏で、とにかく元気がいい。ファンも一番前に陣取ってノリノリ。アコーステックな音で、歌詞を楽しむのが好きな私は、ちょっと辛いなあという顔をしていたのだろう(ごめんね)、弦が切れたとき間を持たすため、フロアを回っていたキーボードの娘さんが、私たちのテーブルへ。にっこり笑って「マホロバガクザ覚えてくださいね。」覚えましたよ、ステキな演奏をしていた皆さん。これからも元気パワーで、頑張ってください。

東京から大阪へはいつも深夜バスという「町田直隆」は、バナナホールでの、忘我的な歌い方と、でかいスピーカーに登った出来事が鮮明に残っている。今回は、初めての場所ということで、少し気を遣っている感じ?でも、弦が切れてからの最後の2曲は、何もかもが吹っ切れたという感じで、心を打つものがあった。尾崎豊と吉田拓郎を足して割ったような路線で、少し古い気がしないでもないが、それが彼の持ち味。歌うことに生活をかけ情熱をかけている彼の歌詞は、切なかった。頑張って欲しい。

最後の「つむじ」は、応援のファンがたくさん来ていたし、我が家は遠いので、聴かずに失礼した。ごめんね。
ステキな演奏は、またの機会に。

       001takuto080608.jpg   wynterland0806.jpg   takuto080608.jpg
       【歌っている青木拓人】 【wynter land のチラシ】    【ライブのチケット】

017ienoazisaiup080613.jpg
                                               【我が家の紫陽花のアップ】

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

恩師の俳句[8]&都会の風景
       004beranda080606.jpg
       【6月のベランダにて-花の名前は「イソトマ(ローレンティア)・ブルースターです。】

 5月11日(日)のお昼頃、S先生から恒例の「季節の俳句便り」の電話がありました。
早くに頂いていたのに、アップがまたもや遅れ、申し訳ないことに、季節がずれてしまいました。
今回は、こちら関西の都会の風景写真と合わせながら、俳句の紹介をしていきたいと思います。
*右列下方の「ブログ内検索」で、「恩師」と入れると、過去の「恩師の俳句」を見ることができます。

春の雲城山を越え瀬戸を越え
車椅子での散歩の時、家の裏の小高い丘に登ると、松山城、瀬戸内海が見えるそうです。
移動していく雲に乗せて、先生の心も、雄大な、そして、どこかのんびりした伊予の春景色の上を渡っていったんだろうなと思いました。

木瓜(ぼけ)咲くやみどり児ことば覚え初(そ)
二人目のお孫さん(男の子)が、六ヶ月になり、言葉らしきものを発するようになったそうです。木瓜の花のぽってりとした花の感じが、元気いっぱい育って、ふくよかな赤ちゃんの雰囲気に合っていますね。

014kyoutobunka080606.jpg   026kyoutohakubutu080606.jpg   039kakitubata080606.jpg   028burasinoki080606.jpg
【レトロな建物を文化施設に生かしている京都 ― 左から小学校の廊下・銀行の窓口】

頂きしバラの香りの誕生日
3月の誕生日、お子さんからピンク・赤・白のバラの花が、送られてきたそうです。「僕も75歳、後期高齢者になってしまったよ。」と言われていました。政府の当初の話と違って、徴収額が、低所得者に厳しく、高収入の人に甘いという結果が出たと、今日の新聞にありました。

さくらんぼふふめば遠しパリの空
「散歩の途中、1句目と同じ所なんだけど、桜の木に実がなっていて、いちばん熟れているのを、ヘルパーさんにとってもらって食べたら、おいしかってね。ちょうど青空をジェット機が横切り、ああ、この空はパリに連なっているんだって思ったよ。 萩原朔太郎の『フランスに行きたしと思えど、フランスはあまりに遠し』じゃないけど…ね。」
さくらんぼは、人を憧れに誘う魔力があるようです。ひらがなを多用した表記の柔らかさも、そんな気持ちにふさわしい句ですね。

047nanbaparks080606.jpg   049nanbaparks080606.jpg   061hanatati080606.jpg   069kinomi080606.jpg
【大阪球場の跡地にできた「なんばパークス」という商業施設 ― 壊して作るのが好きな大阪】

城巡る川瀬の音にさくら散る
すぐに大洲城だなって、わかりました。
「去年も行ったんだけど、今年も、尿瓶(しびん)を持って、タクシーで出かけたよ。『散る桜 残る桜も 散る桜』(良寛)の句みたいだなって思った。」としみじみ話され、私も懐かしい情景を頭に浮かべながら、しんみりしてしまいました。

紅白のつつじふたもと(二本)庭の贅(ぜい)
「家の庭にある二本のつつじを毎日眺めているのだけど、それは、とても贅沢なことだなと思ったよ。」先生の言葉を聞きながら、ほんとにそうだなあと深く共感を覚えました。
何でもないと思える日常こそが、それを維持していくことも含めて、すべてのものに命があるということが、「贅」なのですよね。

ozuutikowohoru0805.jpg 『大洲・内子を掘る』   honutikohudoki0805.jpg 『内子新風土記』

 最後に『大洲・内子を掘る-埋もれた人と歴史と文学と』(澄田恭一著・アトラス出版)という本の話をしたところ、また、つながりが出てきました。
この本の著者は、かつて内子高校、大洲高校の先生をされていて、今も地域の歴史の掘り起こしに力を注いでおられます。本の中に、治安維持法違反の疑い(真相は、熱意のある教師に嫉妬した先輩教師が流したデマだったようですが…)で、二人の青年教師が教壇を追われるという事件の真相を追跡したルポルタージュがあります。
この二人の教師のうちの一人、永井先生の奥さんとS先生は、天神小学校で1年間一緒だったことがあり、また、永井先生の息子さんは、大洲高校でS先生の2年先輩だったそうです。

 いつも、ちょっと何かを話すと、S先生とも不思議なほどつながるので、「偶然力」の強い「亀」も、さすがに驚いてしまいます。興味・関心のある方面が、似ているのかもしれませんね。
*同じ出版社から出ていたので、一緒に注文した『内子新風土記』。昔住んでいた家や知っている人が写っていて嬉しく、その上、内容も充実している、すぐれた旅行雑誌でした。

       005beranda080606.jpg

6月7日追記:「おおさかの街」という雑誌に関わっている兄が、昨日、坪内稔典さんに取材をしてきたそうです。
その席上、S先生のこと(前回の「恩師の俳句」で教え子と紹介)を話したところ、よく覚えておられたそうです。

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード