心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-今年の読書は155冊。
 今年も、拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

           022nomakeyaki081115.jpg

 今年の11月、家から車で1時間ほどのところで、撮りました。「野間の大けやき」といって、昭和23年、国から天然記念物に指定されました。平成10年に作られた看板によると、樹齢1000年以上、幹周り14m、高さ30m、枝張り南北38m・東西42mだそうです。大阪府下で一番、全国的には四番目の巨樹とのことです。
全体を収めたく何枚も撮ったのですが、この木の偉大さは傍に立たない限り、伝えられないと気付きました。

 今年最後のブログは、昨年に続いて読書のまとめです。11月半ばまで絶好調の読書スピードでしたが、目の具合を悪くしてペースダウンしたため、155冊でストップです。といっても、大切なのは、量でなく質!
すでに紹介した本以外に、数冊ご紹介します。今年は(も?)俳句・短歌の本を読むことが多く、小説の分野が、あまり興味のもてなかったせいもあって、手薄です。来年は、昔の作家の本を読み直したいと思っています。

表紙俳句計画 表紙雪 表紙夜は短し 表紙新メロス hyousizookeeper.jpg

夏井いつき著 『100年俳句計画』 (草炎社そうえんしゃ)
著者が主に愛媛県内の学校を回って行った句会ライブの様子をまとめた本ですが、物語を読むような面白さと感動があり、今年一番心に残った本でした。
子どもたちが詠んだ俳句には、思いがけないドラマが隠されていて、心が揺さぶられました。小学生の男の子が詠んだ「にいちゃんがたすけてくれるあきの山」には、意外な話が背景にあって、思わず泣いてしまいました。「たすけてくれた」ではなく「たすけてくれる」のです。俳句に興味のない方も、ぜひ御一読を!

オルハン・パムク著 『雪』(藤原書店)
養老孟司・池田清彦・吉岡忍対談『バカにならない読書術』(朝日新聞新書)に紹介してあった本です。
40カ国以上で翻訳されているベストセラーだそうで、著者は、ノーベル賞に一番近い作家と言われています。
主人公は、ドイツに亡命していた詩人Kaで、彼が、取材のため、トルコの辺境の町カルスを訪れるところから始まります。政治と宗教に翻弄される人々が描かれているのですが、美人姉妹の登場などで恋愛小説的な部分もあります。アマゾンに、翻訳者が詳しい解説を書かれているので、ご参照下さい。
“紺青”という人物が、なかなかかっこよくて、彼が主人公Kaに向けた「幸せでさえあれば十分だと思う者は、幸せになれない。」という言葉が、印象的でした。
566ページもある大作で、翻訳文の苦手な私が、今年一番苦労した本でした。

森見登美彦著 『夜は短し歩けよ乙女』 (角川書店) 
               『【新釈】走れメロス』 (祥伝社)
今年注目した若手の一人。もう一人は、豊島ミホさん。この二人のは、それぞれ数冊以上読みました。どちらも若い作家の中では力のある上手い書き手だと思いますが、正直、ちょっと飽きてしまいました。
森見登美彦さんの小説はどれも、京都大学で経験したこと、下鴨神社から吉田神社辺りが舞台、大学生が主な登場人物といった材料が共通しています。京都に興味のある読者には、それだけで楽しめそうです。
私が一番興味深かったのは、同じ材料を、作者が、違う小説で、どう料理するかというところでした。語彙が豊富で、言葉遣いが面白いのと、言葉で描く漫画といった破天荒な内容が面白く、材料や展開の予測がついても、ついつい読んでしまいました。笑いの欲しい方におすすめです。

『【新釈】走れメロス』は、中島敦「山月記」、芥川龍之介「藪の中」、太宰治「走れメロス」、坂口安吾「桜の森の満開の下」、森鴎外「百物語」を下敷きにした短編集です。森見さんの材料は、例によって同じですが、それらを上手く料理して、原作の雰囲気を醸し出したなと思いました。
ついでに、原作の作家の小説をいくつか読み直したのですが、どれも上手い!想像力・表現力が半端じゃない!中島敦の筆力。森鴎外の「大発見」なんて、鼻くその話なのですが、読ませます。
来年は、昔の作家のものを読み直そうと、強く思いました。

青木幸子著 『ZOO KEEPER』 (講談社)
動物園を舞台にした漫画。主人公の新米女性飼育員は、温度を視認できる特殊能力の持ち主。彼女の能力が役立つ場面を上手に生かしながら、現代の動物を取り巻く環境、人間社会の問題点について、動物園の人たちが真剣に取り組む姿勢を描いています。
園長をはじめ、個性的な飼育員の様子が興味深く、思わず夢中になって読んでしまいました。
漫画の良さを充分に生かした力作だと思います。絵も丁寧で、見やすいです。


 今月見た映画が、二本とも心に残りましたのでご紹介します。マイナーな所でしか上映されないかも…。

   eigapanhuhatukoiamote.jpg  eigapannhuhatukoiura.jpg     eigapanhucoccoomote.jpg  eigapanhucoccoura.jpg

フォ・ジェンチイ監督『初恋の想い出』
昔見た中国映画 『山の郵便配達』 がとても良くて、それがきっかけで中国語を学ぼうと思った私。
その監督の作品となれば、見逃すわけにはいきません。
予想どおり、時間の流れがゆったりとしていて、心情の描き方がていねいで、映像が美しい、いい映画でした。
80年代の中国の若者の青春を描いた物語で、「ロミオとジュリエット」をキーワードにして話が展開していきます。途中、あの懐かしのオリビア・ハッシーを、映画の場面に見ることができ、大感激でした。
最後の場面は必見です。恋心には、もう遠い日常ですが、この映画は思っていた以上にステキでした!!!

是枝裕和監督『大丈夫であるように-Cocco 終わらない旅-』 
息子のおすすめで、見に行きました。ミュージシャンCoccoのライブの旅を追った記録映画です。
監督は、『誰も知らない』や『歩いても歩いても』でおなじみの是枝裕和監督。すごくいい映画でした!!!
沖縄出身の彼女が、痛みを抱えているのは自分だけではないと気づき、何とかしたいと行動していく過程。
ジュゴンのこと、ひめゆりのおばあ達のこと、青森の六ヶ所村のこと。世の中の矛盾に真摯に向き合い、歌っていく彼女の姿に、すっかり心奪われました。彼女の頑張りを見ているだけではいけないのです。
『大丈夫であるように』という題には、Coccoへの、そして皆への監督の思いが詰まっていると思いました。

 それでは皆さん、良いお年を! 来年もよろしくお付き合い下さい。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

手作りが好き!-特別編
もうすぐクリスマス!今回は、いろんな方から頂いた手作りの品々を中心に写真をアップしました。

 zarutu2.jpg

    zarutu4.jpg   zarutu3.jpg   zarutu1.jpg

 まずは、先日、keikoさんから送られてきた、海外旅行のお土産から、クリスマスらしい写真をアップします。
先月末、遅い夏休み!?のとれた娘さんと、チェコ・オーストリア・ハンガリーを回ってこられたそうです。
筆まめなkeikoさんらしく、道中の詳しい説明があり、感心しました。よろしければ写真を拡大してみて下さい。
写真は、ザルツブルグのクリスマスマーケットの様子です。4週間前の日曜日からクリスマスに向けてのカウントダウンが始まるそう。ちょうど、日本人がお正月飾りを買い求める感じで、夏祭りの夜店に似た楽しい雰囲気だそうです。

                                   

0812gakubutiyoriyan.jpg

   pouti3081219.jpg   pouti2081219.jpg   bag2081219.jpg

今年春亡くなった義姉が、私にと残してくれた、手作りの革のバッグです。右端のは、ファスナーがくたびれていたので付け替え、私が使っています。ポーチは、傷みが激しかったので、絵の部分を残して、額装を頼みました。よりやんのご主人が、額縁作りのマイスターで、とても素敵な作品(二重の額!)に仕上げて下さいました。
曲がっていた皮を、時間をかけてまっすぐにし、ネームタグも生かして下さいました。
横長のかっこいい額なのですが、写真が上手く撮れなくて、よさが充分に伝わらないのが残念です。
義姉が一番よく使っていたポーチで、思い出も深かろうと、兄と姪にプレゼント。感激していました。

                                   


   kouya081219.jpg


       komatu081219.jpg   nakatuka081219.jpg   harada081219.jpg
 
よりやんのご主人には、次男が中学生のとき描いた点描画も、以前に額装してもらっていたので、あわせてアップします。上質の材料で、センス良く仕上げてくださるので、いつも丸ごとお任せです。
せっかくなので、今までに美術の先生たちからもらった絵もアップします。畳1畳分ぐらいの抽象画の大作もあったのですが、引っ越し屋さんが割ってしまい、「直します。」と持って行ったまま、ついに戻ってきませんでした。
左から順に、ミュシャの絵を切り絵にしたもの(Kさん作)、上海を描いた水彩画(N氏作)、版画(H氏作)です。

                                   

tree081222.jpg
       
  emi081219.jpg   emi2081219.jpg   nakase081219.jpg

紙で作ったツリー。今年は、少し大きめのを新たに5つ作り、職場に飾ったり、人にあげたりしました。
写真は、一昨年に作ったものも合わせて撮りました。材料は、紙と頂き物が包んであったリボンです。
キルティングのポーチやペンケース・ブックカバーは、手芸の好きな友人からのプレゼントです。
左と真ん中は、Eちゃん作。右端は、Nさん作。こちらのペンケースは、ファスナーが材料。

                                   

 先週末から、ギックリ腰になり、昨日は耐えられない痛さに苦しみましたが、今日は少しましになってきました。寒さに、体が油ぎれを起こしているみたいです。皆さんも、お気をつけ下さい。


テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

心に響く風景-紅葉の見納め
 三色彩道(さんしきさいどう)
11月から12月は、家から駅まで、台湾楓・唐楓・アメリカ楓の並木が色づいて、暖かい色に包まれます。
1枚目と2枚目の写真は、今年の11月22日に撮ったもので、他は、12月1日に撮影しました。
葉っぱのまばらな木は、アメリカ楓です。今年最後の紅葉を、楽しんで頂けると嬉しいです。
これからしばらくは、歩道の落ち葉を踏みしめながらの通勤で、それもまた心が弾みます。

書かないでおこうと思いつつ書いてしまい、体調のことでご心配をおかけしましたが、もう大丈夫です。
   いろいろアドバイスやいたわりの言葉を頂き、大変感謝しています。ありがとうございました。

L1IMG_0055081122.jpg

        L2IMG_00651122.jpg

    3IMG_00671122.jpg  4IMG_06351201.jpg  5IMG_06331201.jpg

   6IMG_06381201.jpg  9IMG_06581201.jpg  10IMG_06601201.jpg  12IMG_06651201.jpg

        L7IMG_06391122.jpg

L8IMG_06571201.jpg

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

恩師の俳句(10)&嵐山の紅葉
はや師走、皆さんはお元気ですか?私は少し目と頭の具合が悪いため、パソコン・読書をセーブしています。皆さんのブログへの訪問が減っていますが、お許し下さいね。年とともに、弱いところに不調が生じるようですから、皆さんもお気をつけ下さい。

IMG_0337081129.jpg

 さて、S先生からの俳句の定期便です。今回は嵐山の紅葉(この日は時雨)にのせて、お送りします。
11月末にお電話を頂きました。コメントを丁寧に読まれ、皆さんのご主人や娘さんのことを、いろいろ話されていましたよ。教え子の俳人・歌人の坪内稔典さんから、11月に岩波書店から出た『カバに会う-日本全国河馬めぐり』という本が送られてきたと喜ばれていました。

 また、俳句雑誌『空』誌23号(2008年秋発行)の連載「俳句展望(22)」に、知人の俳句が出ていたとS先生が驚いておられました。「俳句展望」には、俳人の高倉和子さんが、毎回、句集や俳句の雑誌・同人誌などから、おすすめの俳句を取り上げ、素晴らしい解説を書かれています。
そこに紹介してあったのは、阪本謙二さん。富安風生主宰の「若葉」への初投句以来、60年も句作を続けておられる愛媛の方です。S先生の赴任前、O高校におられ、その後MH高校へ。問題集や模擬テストを一緒に作られたそうです。紹介してあったどの句もよくて、線を引いていましたので、ここに挙げてみます。

  冬麗の鼻をつるりと撫でおろす
    誰殺めむと曼珠沙華並び立つ
       設計図芝生にひろげ五月来る
          首筋に来て秋風となりにけり
             瀧ちぎれちぎれて霧となりにけり


  IMG_0335081129.jpg  IMG_0349081129.jpg  IMG_0381081129.jpg  IMG_0394081129.jpg

     IMG_0373081129.jpg  IMG_0412081129.jpg  IMG_0399081129.jpg
    * 小さいサムネイル版も、よろしければ、クリックして拡大してみてください。11月29日撮影


 お待たせしました。では、S先生の俳句をどうぞ。

秋風に切り込む寺の庇かな
散歩コースの終着地のお寺。銅板の屋根が、秋の青空にきりっと冴えた線を見せているのですね。

洗い芋売られて居りぬ城下町
大洲から松山に向かう国道沿いに、大洲名物の里芋を売っているところがあり、昔よく、友人とのドライブで立ち寄ったそうです。大洲の秋の風物詩、肱川の河原での芋炊きで食べた、ほくほくした里芋を思い出しました。

マニキュアの手足を伸ばす秋日和
娘さんのことを詠まれた句かと思って聞いていたら、違いました。1週間に1回訪問看護に来られる方が、爪のひび割れにいいからと、S先生に塗ってくださるそうです。

些事雑事生きる証の曼珠沙華
前回のブログのコピーや『空』誌(秋号)と一緒に、曼珠沙華の写真を送りました。それを見ての一句だそうです。「病人で何もすることがないようでも、結構、些事雑事があるんよ。それが生きている証かもしれんね。」と言われていました。

小春日の診察軽し雲一つ
S先生は、1ヶ月に1回、松山のベテル病院(かつて、私の従兄も入院していました)に通院。ぽかぽかと心地よい小春日の一日、待ち時間も少なくて済み、恒例の全日空ホテル14階にあるレストランで、お城を見ながらランチをとったときの句だそうです。

IMG_0380081129.jpg

12月8日追記:
「空」主宰の柴田佐知子さんに、この文章の初めの方に書いた「俳句展望」のことをお知らせしたところ、以下のようなメールを頂きました。S先生が喜ばれるだろうと、柴田佐知子さんにお願いして、ここに転載させて頂くことにしました。

阪本先生は私が俳句をはじめてすぐの頃に、師の伊藤通明先生を通じて知りました。
それ以来とても親しくしていただいています。
NHKの俳句王国に私が出た時も、その後高倉和子さんが出演したときも、空港まで迎えに来ていただき、阪本先生の結社の方と共に、古刹にお連れいただきました。
私の受賞式にもおいでくださいました。
また、「空」を創刊するときも親身になっていろいろとアドバイスをくださり、印刷会社も紹介いただきました。それで「空」の印刷所は愛媛なのです。
俳誌名を何にするかいろいろ迷っているとき、その中の一つの「空」を…「これはいいですね」…と阪本先生が言われました。この一言で俳誌名が決まったりしたのです。
おおらかで、とても素敵な先生です。
本当に世の中はそれほど広くはないのですね。
お知り合いのS先生にもよろしくお伝えくださいませ。 


 10数年前、上階に住むYさんに誘われて始めた太極拳(数年で中断…)が縁で、京都のTさんと知り合い、7年前偶然、自宅近くの道で、そのTさんと再会。その時、Tさんの大学時代の友人である俳人の高千夏子さん(故人)を紹介していただき、高さんから「空」を勧めていただき、そして、今またこんなご縁が巡ってくるとは思っても見ませんでした。
ブログでは紹介していませんが、今年は、驚くような偶然が多く、不思議な気持ちをたくさん味わいました。

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード