心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
季節の詩歌(12)~ほう、ほう、螢~
        IMG_32460906.jpg

 「空」誌26号に載せていただいた拙文です。よろしければ、お時間のある時にでもお読みください。

季節の詩歌(12)~ほう、ほう、螢~

 ほう、ほう、ほうたる来い……
 子どもの頃、兄と出かけた螢狩りで、螢に一生懸命呼びかけた記憶がある。当時は、その言葉に何の疑いも持たなかったが、よく考えると、昆虫に呼びかけるなんて不思議である。改めてそう思ったのは、脳科学者茂木健一郎の『脳と仮想』を読んだせいだろう。そこに、文芸評論家小林秀雄の、螢のエピソードが紹介してある。
終戦の翌年、母が死んだ。母の死は、非常に私の心にこたえた。(中略)母が死んだ数日後の或る日、妙な経験をした。(中略)もう夕暮れであつた。門を出ると、行手に螢が一匹飛んでゐるのを見た。(中略)今まで見た事もない様な大ぶりのもので、見事に光つてゐた。おつかさんは、今は螢になつてゐる、と私はふと思つた。 

私は読みながら次の歌を思い出していた。
其子等に捕へられむと母が魂(たま)螢と成りて夜を来たるらし           窪田空穂
幼い子どもを二人残して亡くなった妻への挽歌集『土を眺めて』(大正7年刊)に収められている一首である。最愛の妻の、母としての無念さ、子への痛切な思いを、作者は強く感じ、この歌を詠んだに違いない。小林秀雄は、明治35年生まれだから、この歌を読んでいた可能性もある。「死者の魂が螢になる」という感覚は、潜在意識としてあったかもしれない。また、小林は文学に詳しい人だから、次にあげる歌や古来からある遊離魂のことも知っていただろう。
もの思へば沢の螢もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見る         和泉式部

小林のエピソードや窪田の短歌にあるように、「螢」が、亡き人の魂に見えるのと違って、この歌の「螢」は、生ある作者の身から生じた恋心と言えようか。平安中期と、大正・昭和では、千年近い隔たりがあるにもかかわらず、どちらも、なぜ単なる昆虫に人の魂を見るのか。文学に日頃接している者は、ほとんど違和感なく、目の前の螢から人の魂を連想してしまうが、そこには、「仮想の系譜」があるからだと、『脳と仮想』の著者は言う。多くの詩歌を始め文学作品に触れてきた私たちにとって、現実にはない世界を頭に描くことはたやすい。それを茂木は、次のような魅力的な言葉で説明している。
「今、ここ」にいる私は、「今、ここ」に至る膨大な過去の積み重ねの上に、世界に向き合っている。(中略)気が遠くなるほどの仮想の系譜の上に、今の私たちが作り上げる仮想がある。言葉は、私たちの乗っている膨大な思い出せない記憶という巨人の恩恵の最たるものである。
豊かな言葉の恩恵を受け、現実の世界と現実にはない世界の両方を行き来できる私たちは、なんて大きな宇宙に生きているのだろうと思う。


  IMG_3472ビアグラス0906 【ビアグラス】     IMG_3470cup0906.jpg 【カップ&ソーサー】


光を曳いて夜の闇を飛び交う昆虫に付けた「螢」という呼び名、そこに魂を見いだす人々の想像力。それらを楽しみながら、これからあげる俳句や短歌を味わっていきたい。

草の葉を落つるより飛ぶ螢かな         松尾芭蕉
稲の葉のひとつ螢よ田のみづに影うつりつつ一夜ひかれり             結城哀草果
柿の葉にしずくのごとき螢いて水精(みずは)乙女ぞ老いて棲むらん         馬場あき子

題材は、螢と葉である。写実的な芭蕉の句と結城の歌には、観察の面白さが感じられる。一匹の螢をじっと見るということは、螢を描写するだけではなく、周囲の気配、作者の姿をも、映し出すのだなあと、改めて思う。結城の歌には、結句の「一夜」という時間に、作者の静かで寂しい夜が思われる。馬場の歌は、さらに広がった想像の世界が楽しい。老いた水の精には、少しだけ老いを意識した作者の思いも投影されているのだろうか。「しずく」に心惹かれる。

水辺に光りながら飛び交う螢は、夏の夜、私たちを幻想的な世界に誘ってくれる。
川ばかり闇はながれて螢かな           加賀千代女
螢火の明滅滅の深かりき              細見綾子
この闇のあな柔らかに螢かな            高浜虚子

人里を離れ、螢の棲む澄んだ川を求めて山に入ると、深い闇ばかりが広がる。ところが、その中に動く闇があるという。一句目の「闇は流れて」と捉えた感覚が鋭い。また、同じように真っ暗に見えている闇とそこに飛ぶ螢も、目を凝らすと違うという。二句目の「螢火の明滅」の滅の深さは、闇よりも濃い気がする。三句目の、闇を「柔らかに」する螢の存在。それぞれに両者の感性の違いを表していて興味深い。

川の面へせり出す木闇を出入りするほうたるこの世の時間を曳きて         木村輝子
暗道(くらみち)のわれの歩みにまつはれる螢ありわれはいかなる河か         前 登志夫
一首目の歌の「この世の時間を曳きて」が、あの世の時間も連想させる。亡き人の魂のようにも見える螢だが、現実を精一杯生きているのである。二首目は、自然に溶け込んでしまって、すでに「河」となっている作者。それは、写実を越え、作者の生き方まで感じさせてくれる。

闇の中で見る螢は美しく、私たちはつい、それを手に入れ自分のものにしたくなる。家に居る人にも見せてあげたい。そんな理由で、螢は自然の中から人々の暮らす中に持ち込まれる。
うつす手に光る螢や指のまた             炭 太祇
てのひらのくぼみにかこふ草螢移さむとしてひかりをこぼす          高嶋健一
てうつしにひかりつめたきほたるかな         飯田蛇笏

 一句目、江戸期の俳人らしく素直で素朴である。高嶋の歌は、一句目と状況は同じであるが、結句が瑞々しく詩的である。飯田の句には、光は明るく暖かいという常識を覆した、螢の光への驚きがある。捕らわれた螢の悲しみもあるか。

女一人目覚めてのぞく螢籠                鈴木真砂女
螢籠昏(くら)ければ揺り炎(も)えたたす           橋本多佳子

せっかく捕らえた螢であるが、籠の中に入れると光も弱く、外で感じた美しさもさほどではない。心配そうに覗き込む一句目。ただならぬ思いを感じさせる二句目。螢は揺すっても明るくはならない。鬱屈した自身を奮い立たすのも、上手くはいかなかったのではないだろうか。

人寝ねて螢飛ぶなり蚊帳の中           正岡子規
ある筈もなき螢火の蚊帳の中            斎藤 玄
 
狭い籠ではなく、蚊帳に放たれた螢は幾分幸せかもしれない。それまでにぎやかだった人々の気配も止んで、螢も安心しているようだ。二句目は、無いものを見ているという作者の孤独な心象風景が、現代的な印象を与える句だ。


  IMG_3460cherry0906.jpg 【頂いた桜桃】    IMG_3476王柑0906 【箱買いの王柑】


冒頭に述べた「螢」と「魂」。その代表は、「螢」と恋心だろうか。螢も恋も夜がつきものであること、光の明滅が情熱と儚さを感じさせること等々。交尾のために発光しているとも聞く。
ゆるやかに着てひとと逢ふ螢の夜          桂 信子
うすものの二尺のたもとすべりおちて螢ながるる夜風の青き        与謝野晶子
初夏の装い、情感豊かな言葉遣い、女の人の上品な色気が漂いうっとりする句と歌である。
死なふかと囁かれしは螢の夜            鈴木真砂女
本当かどうかは知らない。でも、こんな囁きがぴったり来るのは「螢の夜」しかないだろう。
恋螢大き火となりゆき違ひ               岸田稚魚
わが恋は 水に燃えたつほたるほたる 物言はで笑止のほたる        『閑吟集』
鳴くこともできずただ光ることでしか、相手への恋しい思いを表現できない螢。光の大きさに恋心の大きさを託した螢も、言葉で伝えられない「わが恋」も、なんと切ないことだろう。「鳴かぬ螢が身をこがす」という成句や『源氏物語』第二十五帖「螢の巻」で、玉鬘が螢宮に返した歌「声はせで身をのみこがす螢こそ言ふよりまさる思ひなるらめ」などにもつながる、「螢」の詩歌群である。次の歌もまた、茂木のいう「仮想の系譜」に連なる。

もの言わで笑止の螢 いきいきとなじりて日照雨(そばえ)のごとし女は       永田和宏
もうすこしあなたの傍に眠りたい 死ぬまへに螢みたいに私は言はう       河野裕子

一首目の「螢」は男。言葉なく俯いている様子は、傍目にも気の毒に感じられる。明るくパラパラと降ってくる雨のように、女の言葉は勢いがあり、屈託がない。二首目の「螢」は、今まで見てきた「螢の系譜」を一身に背負ったような存在だ。声にはならない声で、命の限り輝いて、言うのである。胸が締め付けられる。

ここにあげた句や歌を読みながら、長い歴史の上に生きる、今の自分の幸せを思った。私たちの感性や知性は、豊かな過去の上にあるのだ。また、時代や作者の心境が異なれば、詠まれる世界は異なってくる。脳の描く世界は、現実を遙かに超え無限であるという。さらに豊かで深い螢の世界が、まだまだ出現しそうだと感じた。


        IMG_3435skybuild0906.jpg


 今回アップした写真に関連すること、あれこれ。

先週末、大好きな加瀬亮さんの出る映画 『重力ピエロ』 を見に、梅田のガーデンシネマ(上の写真のビルの中にあり)に行ってきました。非常によくできた映画で、映画らしい面白さを十分味わうことができました。原作は、伊坂幸太郎さんで、ミステリーの苦手な私が、唯一(?)読むことのできる作家です。

早めに行ったので、近くにあるブランド食器のお店「創美」を覗いたら、30%~50%offのセール中でした。ブランドには興味のない私ですが、美しさと安さにひかれ、写真の「ビアグラス」と「カップ&ソーサー」を購入。今年半年分の自分の頑張りに(?)、プレゼントです。

昨年に続き、抜群に美味しい山形県産の「桜桃」を頂きました。大きな実がはち切れそうで、まさに極楽気分でした。グレープフルーツに似ているのは、高知県産の「王柑」で、毎年この時期に箱買いしている、甘くてジューシーな柑橘です。美味しい果物は、人を幸せにしてくれますね。


テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

猫日記「ハオ&ミューの日々」第38回
IMG_3361泰山木0906木の下に子供ちかよりうつとりと見てゐる花は泰山木の花IMG_3364泰山木の花0906

前田夕暮の短歌です。いつもは高い場所にあって、なかなか写真に撮れない泰山木の花。一つだけ、私の目の位置に、ちょうど見頃の花がありました。「清々しい化粧水」のような香りが魅力的でした。

 6月20日(土) さて、久しぶりの「猫日記」です。

IMG_2935kyori0906.jpg
二匹、適度な距離を保っています。が、見る方向は、いつも一緒。出かける家族を見送るときも、こんなふう。

 読みます!
 
   IMG_3434hon0906.jpg   IMG_3417hon0906.jpg   IMG_3426hon0906.jpg

予約していた本を図書館から三冊借りてきました。帰るなり、本の入ったカバンに頭を突っ込み、何やら必死になっているミュー。スーパーの袋には、いつでも興味津々のハオとミューですが、私のカバンへのこの反応は初めてです。本を出すと、カバーに猫の絵がいっぱい描かれたこの一冊にだけ執着します。本の上や周り、ついには中まで嗅ぎ回り、読むのに一苦労。それでも読んでいくいうちに、猫が次々登場してくる本だということが判明。「スメラギ」という名の不思議な猫の魔力が、我が家の猫たちにも届いている?マタタビが塗ってある?前に借りた人の家にも猫が居て、やはりとりこになっていた?『スメラギの国』はミステリアス…。

 入ります!

   IMG_2836hairu0906.jpg   IMG_2842hairu0906.jpg   IMG_2864hairu0906.jpg

大好きなネコ草の上。柔らかいのは食べるけど、こんなに伸びちゃったのは、いいんだよ、乗っても。
段ボールの寝床が好きなのは、ハオ姉さん。ちょっと追い出して入ってみたけど、やっぱり趣味じゃないにゃ。

        IMG_3241naninani0906.jpg
        何かな?何かな?猫は、好奇心のかたまり。

 たたかいます!

 IMG_2892tatakau0906.jpg   IMG_2920tatakau0906.jpg   IMG_2921tataku0906.jpg   IMG_3218tatakau0906.jpg

 腕をもがれ、尻尾を食べられ、ミューの犠牲になった縫いぐるみは数知れず…。ハオは、しなかった…。

  IMG_3381hukuro0906.jpg   IMG_3382hukuro0906.jpg   IMG_3388hukuro0906.jpg

  袋の大好きなハオ。新しいのを見つけて、早速入ったのですが、すぐにオチビさんに譲る羽目に…。

IMG_3377dousuru0906.jpg

ね?どうする?このカナブン。ハオは、一回手を出しましたが、必死に追いかけついにやっつけたのは、ミュー。翌日、帰宅したら、カナブンの死骸が二つありました。ごめんね、ミューの犠牲になったカナブンたち。

 甘えます!& 眠ります・・・

  IMG_3398amaeru0906.jpg   IMG_2940amaeru0906.jpg   IMG_3415maa0906.jpg
 
ミューは、私の行くところ、行くところを追っかけ、この写真のように目の前でバタンと倒れます。いっぱい撫でてもらって、顔を私にこすりつけたら一応満足。でも、また、ところ構わずバタンとやって、甘えるのを何度も繰り返します。可愛いのですが、ハオは焼きもち焼かないかしら?と心配でもあります。

  IMG_2925neru0906.jpg   IMG_2932neru0906.jpg   IMG_2926neru0906.jpg

ピアノの上とパソコンの横が、ハオの大好きな寝場所。ミューは、マッサージチェアーがお気に入り。本気で寝るときは、ミューは、私のベッドの上、というか、私にべったりくっついて熟睡。ハオは、私のベッドの横の段ボールの中。寝場所は、それぞれ決まっていて、不可侵条約が成立しているようです。

 可愛いテオちゃんです!

IMG_3407teo0906.jpg

ご近所のテオちゃんが遊びにやってきました。ヒマラヤンでふさふさ毛のテオちゃんは、暑さに弱いので、夏は毛を短くカットします。でも、まだ少し涼しいので、飼い主さんお手製の可愛い服を着ての登場です。

 IMG_3401teo0906.jpg   IMG_3408teo0906.jpg   IMG_3410teo0906.jpg   IMG_3411teo0906.jpg

ブルーの目がとてもきれいなテオちゃん、夜だけでなく、昼間にも撮ってあげたいな。

 これまた久しぶりの中国語です。細々ですが、続けています。
「まだ六月なのに、すごく暑い。」を中国語で何と言うか、先生に教えてもらいました。

明明只是六月,但是已経很熱了。(ming2 ming2 zhi3 shi4 liu4 yue4 , dan4 shi4 yi3 jing1 hen3 re4 le.)


*すみません。二回連続で申し訳ないのですが、コメント欄・トラックバックお休みさせてもらっています。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

心に響く風景-紫陽花パレード
 紫陽花が見頃になってきましたね。今回は、詳しい花の名前も付けてみました。【6/14万博公園にて】

IMG_3319アジサイ0906

   これはふつうのアジサイです。私は、この色のようなブルー系の紫陽花がいちばん好きです。

  IMG_3323アジサイ0906   IMG_3305たぶんアジサイ0906   IMG_3309ヤマアジサイヤエハクセン0906

   普通のアジサイ           これは名札がありませんでした    ヤマアジサイヤエハクセン

IMG_3332ヒメアジサイ0906

   これはヒメアジサイの群落。右隅にはお茶を飲む人の姿が。

  IMG_3281エゾアジサイ0906   IMG_3287セッカヤエアジサイ0906   IMG_3295アマチャ0906
 
   エゾアジサイ             セッカヤエアジサイ          アマチャ

        IMG_3274クロジクアジサイ0906

         クロジクアジサイと書いてありました。

    IMG_3268ヤエノアマチャ0906    IMG_3304シチダンカ0906    IMG_3260ガクアジサイスイダノハナビ0906
    
     ヤエノアマチャ             シチダンカ           ガクアジサイスミダノハナビ
  
IMG_3343アメリカノリノキアナベル0906

  アメリカノリノキアナベル(通称アナベル)とても可愛い花です。
  他にも、ベニガク、アオガク、フイリガクアジサイなどが、きれいに咲いていました。


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

心に響く詩歌-伊藤通明句集『荒神』
伊藤通明(いとうみちあき)句集 『荒神』 (こうじん)(角川書店・2008年刊・3000円)

 kojinhyousi.jpg  【表紙】    kojinhontai.jpg  【本体】

今回は、句集 『荒神』 をご紹介します。著者の伊藤通明氏は、私の所属している俳句結社「空」の主宰、柴田佐知子先生の師で、「白桃」の主宰をされています。この句集は、平成7年から平成19年の660句を集めた第五句集で、俳人協会賞、山本健吉賞という栄えある賞を受賞されました。
作品は制作年代順に並べてあるのですが、私はそこからいくつか抜粋し、季節毎に並べてみました。下線部が季語です。少し読みの難しい語は、( )に現代仮名遣いで読みを書き入れました。どうぞお楽しみください。

IMG_30430905.jpg

 春の句

荒波の巻き込む若布(わかめ)うすみどり   

            立春の佛の耳に見とれたる 

ももいろをはなれて桃の花(しずく)  

            白魚(しらうお)の水の色して汲まれけり

春泥(しゅんでい)をつづけて跳んでまた一つ

            死ぬによき齢(よわい)などなし忘れ雪

長生きをして涅槃会(ねはんえ)の前の席

            源流は音のはじめや山ざくら


*うすみどり、ももいろ、水の色…色が印象的な句が、他にもたくさんありました。
 自分を客観視することで生まれる軽みのある句が、ユーモアをもたらし俳諧に通じる伝統を感じさせます。

IMG_31020905.jpg

 夏の句

やうやくに高音揃ひし笛   

             直情を力としたりほととぎす

云ひきつてしまへり蟻地獄をまたぎ

             生きることやさしくなりし冷奴

道は道加へ炎天あるばかり

             訪はざりし師の墓もまた灼けをらむ

神棚は板一枚やほととぎす

             あきらめの色となりゆく籠

山椒魚いやでたまらぬ貌(かお)を出す

             手の内を見せて涼しくなりゐたり

曖昧に生きてはをらず油照り 

             はつたいや母につらなることばかり


*はったい粉を練って食べた昔を思い出しました。素朴な味は、母につながります。
 ほととぎす、蛍、山椒魚…生き物たちそれぞれの特徴が、とても上手く表現されています。

       IMG_30620905.jpg

 秋の句

福耳の男の子ばかりや星祭

            白桃を啜(すす)るによよといふ容(かたち)

ややありて庫裡(くり)より応(こた)秋の暮

            山芋とわかる横抱き奥吉野

愛確かなり白桃のかく匂ひ

            刈田(かりた)まで大きく撥ねて祝ひ餅

ことばもう要らざる夜の長きこと

            国の涯いづこも海や渡り鳥


少年の石投げてゐる崩れ梁(くずれやな)

*思春期の憂鬱を抱えた少年なのでしょう、ただただ石を投げている少年。
 結社の名前「白桃」を句にしたものには、他の果物以上に強い愛情が注がれているようです。

IMG_31090905.jpg

 冬の句

はればれと欅(けやき)木の葉放ちけり

            海の端のかすかにゆるる風邪心地

とどろきて海をひろげし鰤起し(ぶりおこし=雷)  

            凍瀧(いてたき)の力といふを見とどけし

泥中にまだ動くもの池普請(いけぶしん)

          鯉はねる音も時雨(しぐれ)のなかのもの

おほかたは知らぬ道なり龍の玉(りゅうのたま) 
                      

                        法悦のさまに枯れたる大蓮(はちす)

*欅の葉の散る様を「はればれと」「放ちけり」と詠まれたところに、欅好きの私はうっとりしてしまいました。
 凍瀧の句は、「力」という語が効いて、瀧の水の凍った様がまざまざと見えてきます。

IMG_31460905.jpg

 新年の句

父母も遠くなりけり祝箸           *いろんなことが、しみじみ思い出されます。

 故郷を詠んだ句発見!どちらも季節は春です。

内子座に雨をさけたる桜まじ(=桜が咲く頃に南の方から吹く風)

                          愛媛銀行内子支店の燕の巣

*この句集の中に、思いがけず故郷の名前を見つけたときの喜び、わかってくださるでしょうか。
 知っている建物だけに、「雨をさけたる」も「燕の巣」も、とってもふさわしくて、うれしくてなりませんでした。

 情景の見えてくる句。心情が思われる句。取り合わせの妙が楽しめる句。皆さん、味わっていただけたでしょうか?ここにあげた句だけでなく、ほとんど全部の句が、言葉と言葉のつながりが絶妙で、いわゆる「動かない」組み合わせで、素晴らしかったです。こんなふうに句に詠まれると、「ほんとだ!」と、そんな気になるのは、「句の力だな。」と、つくづく感じ入りました。  

追記:帯文に「父祖の地を離れず」とあるように、著者は福岡に生まれ育ち、ずっとその地で句作を続けておられます。 何でも「東京」に集中しがちな世の中で、この姿勢に共感を覚えます。 
句集名の『荒神』には、「竈(かまど)の神様」という以外に、「地神(じがみ)=その土地の神様」という意味がありますから、ずっと地元でやってこられたことを踏まえて、名付けられたのだと思います。                                                                

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード