心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-7月の思い出
 暑中お見舞い申し上げます。
   集中豪雨による痛ましい被害が出ている地方の皆さま、お見舞い申し上げます。
   こちらはまだ梅雨明けにならず、本格的な夏の到来は?です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
   夏女の私は、あちこち出かけ充実した日々を送っています。その分、ブログの更新はのんびりですが…。

IMG_36260907.jpg

7月12日(日)、京都に「CINEMA,CINEMA,CINEMA 映画館に行こう!関西映画館情報」執筆の面々が集合するというので、犬塚さんからお誘いをいただき、イラストを描いた次男と出かけました。夕方からだったので、その前に京都駅ビルでやっている「ミヒャエル・ゾーヴァ展」(最終日)にも行ってきました。鴨川を渡り、会場に着くと、松山から創風社出版Oさんも来られていました。一度お会いしたかったので、とても嬉しかったです。犬塚さんの司会で、穏やかで楽しい集まりとなりました。

まずは、竹尾昌典さんの映画館の看板絵のスライドショー。昭和30年代前半は、映画館来場者数が年間12億人近かったそうで、(人口1人あたり12回も!)、映画の宣伝にかけるお金も大きかったようです。数メートルもある看板や立体的な物など、懐かしく拝見しました。竹尾さんの解説に、会場から詳しく補う発言もあり、よく覚えておられるのにビックリ!

映画『堀川中立売』の柴田剛監督は、法事で来られずお友達が話をして下さいました。少数精鋭で制作するつもりが、監督のオーラに引き寄せられ、最終的には50人ほどのスタッフになっていたとか。スライドの顔写真だけでも、充分オーラがあるとは、我が愚息の弁。

文筆家高野澄先生の講演は、とても興味深い内容でした。例えば、京都の郵便番号簿のページは、ユニークな地名が多いため19ページもあるとか(東京や大阪は数ページ)。映画は、画面の色が、日本のは鮮やかすぎるのでヨーロッパのしか見ないとか。マキノ省三物語を執筆したときは、マキノ氏のご両親の墓碑が別々にあって、名字が異なっていたのを見たおかげで話が出来たとか。映画は時間の芸術だから、小説を書くのに映画の場面転換がとても役に立つとか。う~む、なるほどという話ばかりでした。

後半のお食事と執筆者の自己紹介も充実していて、とてもステキな会でした。いろいろありがとう!

IMG_36280907.jpg

7月21日(火)には、お休みを取って、伊丹市アイフォニックホールへ、「短歌と俳句の交響-講演、対談、歌・句会ライブ」を聞きに行ってきました。大雨だったので、私は20年ぶりに真っ赤な長靴を取りだして出かけましたが、駅までの道で何人かの方に微笑まれ、少し照れくさい思いをしました。でも、長靴のワイルドな感じはなかなか楽しかったです。

佐佐木幸綱氏は俳句好きの歌人、坪内稔典氏は短歌好きの俳人との自己紹介で、まずは、佐佐木氏の講演。佐佐木幸綱氏は、歌人の家の出。俳人水原秋桜子の産院で生まれ、高校の国語の先生には俳人中村草田男がいて、20代のときは、俳人高柳重信の家に入り浸っていたとか。まさに短歌・俳句のサラブレットみたいな人だと、改めて驚きました。佐佐木氏の短歌には、かっこいいのがたくさんあるのですが、「70年代までは、短歌もかっこよかったし、短歌の形式でしか言えないことがあったが、その後、ハレとケの区別がなくなった。」「本家の短歌が型を失ってしまったので、もともと本家破りであったはずの俳句が、伝統的になっている。」「自分の短歌にことばとしての力を発揮させたい。」と語っておられました。

「言葉には、意味・イメージ・音楽の三つがあり、短歌と俳句は、特にイメージと音楽を前面に出すものだ。」「切れているところがポイントで、その前後の関わりと間(ま)のいいことが、俳句も短歌も大事。」と言われていたのが、印象に残りました。「短歌は本名の文学で、貴族など自分の名を重んじる人が中心。俳句は、町人の文学で、日常の自分が俳号(ペンネーム)で変身するところがみそ。ちなみに、俳号は、変な方が力を持つそう。(例えば、「坪内としのり」より「坪内ねんてん」の方がインパクトがあるように)」

坪内稔典氏の説によると、「短歌的人間は、主観的・情熱的・自己陶酔的・真面目。俳句的人間は、客観的・冷静・自己をも茶化す道化的な精神。」だそうですが、あなたはどちら?

0907semitoari.jpg

   【しっかりしがみついているセミのぬけがら。右下の小さなアリはぬけがらを狙っているのかな?】

IMG_36480907.jpg

7月26日(日) 12:30~ 19:00万博記念公園自然文化園のもみじ川芝生広場で「FM802 MEET THE WORLD BEAT 2009」があり、招待券が当たったので行ってきました。60万通以上の応募で、14000人の当選とのことですが、我が家は万博から近く迷惑をかけているとの理由で、特別枠の用紙が近隣住宅に配られ、応募したら運良く当たりました。FM802開局20周年記念ということで、ゲストも豪華。お天気も前日のザザ降りが上がり、気温もいつもより低めで、芝生に坐っていても心地よい風が流れ、気持ちのよい幸せな一日となりました。

あまり早く行くと長時間で疲れるからと、ゆっくりめに出かけました。出番は、当日のお楽しみということで、残念ながら一番聞きたかったスガ・シカオを見逃してしまいましたが、最後にもう一度全員揃って、忌野清志郎の「oh、ラジオ」を歌うとき、スガ・シカオがソロでとてもいい声を聞かせてくれたので、嬉しかったです。私たちが聞いたのは、エレファントカシマシ、THE BOOM、山崎まさよし、Spitz、ゆずなどメインステージ組(たぶん各6曲)と合間のサブステージ組(各3曲)でした。Spitzの草野さんがとても可愛くて(といっても40代)、帽子がよく似合っていました。ゆずの北川君の盛り上げ方のうまいこと、元気いっぱいで真っ白い歯が魅力的で、&とってもステキな顔と声で見惚れてしまいました。

野外ライブは、憧れだったのですが、暑さや長時間ということで、体力的に無理だなと諦めていましたが、今回は家から歩いていけて、夏の割に涼しかったので、とっても楽しめました。知っている大好きな曲もたくさん聴けて、幸せでした。

IMG_36860907.jpg

当日のライブの模様は、FM802で8月1日(土)19:00~21:55オンエアされるそうです。聞き損ねたスガ・シカオを聞かなくっちゃ!

拓郎はつま恋ライブと東京NHKホール追加公演で復活予定でしたが、残念ながら中止となったようです。関係者やファンのことを考えると気も滅入るでしょうが、どうかしっかり治してください。



テーマ:コンサート - ジャンル:音楽

心に響く音楽-サイモンとガーファンクル&お知らせ
 サイモンとガーファンクルの大阪公演に行ってきました。

吉田拓郎のツアーチケット(結局、途中から体調不良で入院し、大阪公演以降中止になりました。拓郎さん、早く元気になって下さい!)が、どうしても手に入らなくて悲しく思っていたころ、新聞広告に「サイモン&ガーファンクル大阪公演」のお知らせを見つけました。予約販売を始めてから日が少し経っていたので、ダメ元で電話したら、意外なほど簡単にチケットが取れました。もしかして、当日ガラガラ?なんて心配は吹っ飛ぶほど超満員の会場で、ステキなステキな時間を過ごしてきました。

SGnewspaper0907.jpg           【翌朝の新聞に載っていた記事です。】

オープニングは「Old Friend(旧友)」…「America」「I am a Rock」「Mrs.Robinson」「Scarborough Fair/Canticle」「EL Condar Pasa」「A Hazy Shade of Winter(冬の散歩道)」…「Bridge Over Troubled Water」…「The Sound Of Silence」「The Boxer」皆もライラライと合唱…「The Boxer」「Cecilia」…「Cecilia」大拍手で終了。

私の持っているCD(↓)と重なる懐かしい曲が次々と歌われ、ただただ聞き惚れていました。ここに書いたのは、とりあえず覚えていた分の曲名ですが、たぶんこの倍くらい歌ってくれたと思います。
後ろの席では「生だよ!本物が聴けるなんて幸せ!」と、何度も嬉しそうな声がし、ああみんな同じ気持ちで聴いているんだなと、ほんわかしました。終了後、後ろの席をふり向くと、何人もの方が涙ぐんでおられ、青春時代を思い出しておられる様子に、私の胸までぐっときました。ほんとうにいい時間でした。

SGCD0907.jpg

The Sound Of Silence    Paul Simon
Hello darkness my old friend,  I’ve come to talk with you again,
Because a vision softly creeping,  Left its seeds while I was sleeping,
And the vision that planted in my brain  Still remains,  Within The Sound Of Silence.


Scarborough Fair/Canticle   Paul Simon & Arthur Garfunkel
Are you going to Scarborough Fair,  Parsley,sage,rosemary and thyme,
Remember me to one who lives there,  She once was a true love of mine.


Bridge Over Troubled Water    Paul Simon
When you’re weary, Feelin’small, When tears are in your eyes, I’ll dry them all.
I’m on your side, oh, When times get rough, And friends just can’t be found.
Like a Bridge Over Troubled Water, I will lay me down,
Like a Bridge Over Troubled Water, I will lay me down.


 特にこの3曲は、英語で歌えるよう一生懸命練習した歌で、LP(↓)は聴きすぎて箱がボロボロです。

  SGLPbox.jpg   SGLPsongs.jpg    IMG_3182kusabuesan09.jpg

 もう一つ、懐かしい音楽がらみで、嬉しいお知らせです。

2ヶ月前の5月13日、「奇跡です!」という興奮したメールが、草笛さんという方から届きました。
だいぶ前に、ブックエンドの『君のためにうたう歌』に関した思い出話を書いたのを覚えておられますか?
2007年10月2日に、serayさんのブログで、『君のためにうたう歌』を見つけ、レコードを頂いたという記事と、
2008年5月16日に、ブックエンドのファンだった伊藤彦太郎さんからテープを頂いたという記事です。

草笛さんは、若いときギターを弾きながら、二人組でライブをされていたそうですが、そのアンコールでいつも、クラブの先輩が歌っていた『君のためにうたう歌』を歌っていたそうです。誰が作った歌かも知らず、もちろん音源もないままに、自己流でハモっていたそうです。
そして、ン十年?ぶりに、私のブログで、歌の実在を知り、いきさつを知り、大喜びされました。「音源のコピーを頂けませんか?」というお願いに、さしあげたところ、上の写真(右端)のような、ステキなプレゼント(MD・お茶・蜂蜜)が届いたというわけです。

「お礼はいいですから、もし昔歌っておられた録音があったら聴かせて下さい。」とお願いしたところ、探し出して送ってきて下さいました。早速聴いたところ、とってもステキな声!おしゃべりの声や話し方も可愛くて、私はすっかり気に入ってしまいました。
このことがきっかけで、草笛さん、ブログを始められたそうです。(右リンク先)そして、ギターも買って、再チャレンジ中とのこと。いつか、ギターを抱えて、私のところまで歌いに来て下さる!という夢も教えていただきました。亀の首を長くして、楽しみにしていますよ、草笛さん。

テーマ:コンサート - ジャンル:音楽

心に響く詩歌&風景-蓮の花&拙句・拙歌
 公私ともにバタバタしていて、ブログの更新も訪問もままならず、拙ブログを訪ねてきてくださった方に、申し訳なく思っています。非常にのんびりの更新ですが、続けていきますので、よろしくお付き合いください。
       
        IMG_35110907.jpg

 さて、今回は、万博日本庭園で先週末に撮った蓮の花に合わせて、久しぶりに私の俳句と短歌を載せてみます。同じ素材を、俳句と短歌で詠むとどんな違いが出るか、いくつか試みましたので比べてみてください。季節はいろいろです。

IMG_35160907.jpg

(しべ)見せぬ高さに木蓮開きけり

蘂見せぬ高さに花の咲き満つる白木蓮に深き空あり


IMG_35280905.jpg

帰る子のみな駆けてゐる雪柳

放課後の子らは駆けたり止まったり雪柳の道帰りゆくなり


IMG_35430907.jpg

鬼やんま父祖の魂(たま)かと思ひけり

亡き父を友と互(かたみ)に語らへば父と呼びたき鬼やんま来る


IMG_35340907.jpg

公園に鉄の匂ひや秋の暮

鞦遷(しゅうせん)の鉄の鎖に触るるとき秋の一日(ひとひ)の暮るる匂ひす 
                                                       *鞦遷=ブランコ

IMG_35310907.jpg
 
桜紅葉雨の車窓に貼りつきぬ

葉の香りふつときざしぬ雨の日の車窓に桜紅葉の見えて


        IMG_35480907.jpg

 追加:お知らせ
       私のように、俳句にも短歌にも興味があるという方に、嬉しい催し物のご案内です。

A 7月21日(火)伊丹市にて「短歌と俳句の交響-講演、対談、歌・句会ライブ」
        佐佐木幸綱氏・坪内稔典氏の講演、対談と歌会・句会ライブ。
        12:30会場、13:00~16:30。 伊丹市アイフォニックホール。参加費1000円。  
         http://sendan.kaisya.co.jp/i_tankatokokyo0907.html

B 8月23日(日)京都市にて「詩歌とローカリズム~地方からの文化発信を求めて~」        
        鶴見俊輔氏の講演、辻原登氏・長谷川櫂氏・永田和宏氏の鼎談。
        12:30~受付、13:00~16:00。新都ホテル「陽明殿」。一般参加費2000円。
        「塔」55周年記念シンポジウムで、最初に永田和宏氏、最後に河野裕子氏の挨拶あり。


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード