心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
季節の詩歌(24)~蟬時雨~
「空」誌(柴田佐知子主宰)38号に載せていただいた拙文です。お時間のある時にでも…。
8月下旬に長野であった、「塔」短歌会全国大会前後に撮った写真と合わせてアップしました。
曇り空の数日間でしたが、おかげで涼しい時を過ごすことができました。

 IMG_2659obasuteiki.jpg
 【姨捨(おばすて)SAにて・行き】

季節の詩歌(24)~蟬時雨~

 桜に次ぐ豊かさではなかろうかと思いつつ、蟬を詠んだ名句・名歌を採集する喜びを味わった。春の松蟬から始まり、にいにい蟬・油蟬・みんみん蟬・熊蟬といった、よく耳にする夏蟬、そして、夏の終わりを告げる蜩・法師蟬、秋のちっち蟬。今回は、私の言葉を減らして、できるだけ多くの蟬を、その一生と重ねながら紹介していきたい。

蟬すでに老いて出でたる蟬の穴    正木ゆう子

をりをりは閃くものの出入りして蟬の穴暗しひとつならずも        葛原 妙子

約七年(三~十七年とも)地中にいて、地上では一週間(一か月の説も)ほどの命しかないわけだから、句にあるように「老いて」という表現は、まさにその通り。よく命のはかなさを言われる蟬だが、そうではないという作者の目が新鮮で、心ひかれる。

暁やうまれて蟬のうすみどり     篠田悌二郎

せみの羽根硬くなりゆくひとときに朝方の影添ひわたるべし        森岡 貞香

蟬の脱皮は、早朝が多い。透明で柔らかな羽根が、しだいに硬く変化していく様は、驚きに満ちる。

空蟬の一太刀浴びし背中かな     野見山朱鳥

蟬殻を脱ぎて眼光残しけり       山田 弘子

天涯といふはいかなる崖(きりぎし)や空蟬の目に雨はふりつつ        坂井 修一

精巧なプラモデルのような、飴色をした抜け殻は、蟬が全精力を注いだ脱皮の結果である。スパッと一筋入った切れ目、置き忘れてしまったのではないかと思える両眼。空へ飛んでいった本体とは別に、岩や木にしがみついた空蝉に、哀れを感じてしまう。

森閑とこの空蟬の蟬いづこ       福永 耕二

児ら眠る空蟬の樹に囲まれて     荒井千佐代


蟬は一日中鳴き続けているような印象があるが、実はそうではない。真昼と夜間は、気配を感じさせないほど静かなときがあり、この二句はそれであろう。

 IMG_2678tikumagawaatari.jpg
 【長野市から小布施に向かう途中の車窓より、千曲川あたり】

 しかし、何と言っても、「蟬」は鳴き声。うるさいと思った時代もあるが、限りある命を意識するようになってからは、夏の蟬声が嬉しくてならない。

とまらねば鳴けず 一樹に蟬の数      伊丹三樹彦

丘にたつ一本ゆゑにひもすがら蟬こもらせて樅の木は啼く         志垣 澄幸


たった一本の木なのにこんなにも蟬の声が?と思うことがある。一体何匹いるか、一度数えてみたい。

身に貯へん全山の蟬の声          西東 三鬼

日ざかりの暑さをこめて楢の木の一山は蟬のこゑとなりけり       太田 水穂


一木ではなく全山が蟬の声という迫力、三鬼でなくとも、そのエネルギーを体内に入れたくなるだろう。
次の句の「帽脱いで」には、全身全霊をかけた蟬の鳴き声に敬意を表し、真っ直ぐ受けとめようとする作者の姿勢が感じられる。三鬼の思いに通じる。

帽脱いで うち仰いでの 蟬時雨        伊丹三樹彦

ひとつ鳴きまたひとつ加わりて暁やがて濃き蟬しぐれ           大下 一真

蟬鳴かぬ寂
(しず)けさと鳴く寂けさと      相生垣瓜人

明け方、蟬が鳴き始めるまでの静寂と、鳴き声が増え蟬時雨となって、空から声が降り注いでくるときの静寂。立石寺を訪れた人が、芭蕉の句の「閑かさ」は本当だったと書いていた。人間の耳は不思議だ。

閑かさや岩にしみ入る蟬の声            松尾 芭蕉

(やが)て死ぬけしきは見えず蟬の声      松尾 芭蕉

一心に鳴き続けている蟬にも、やがて終わりが来る。そのことを知ってはいるが、あまりにも旺盛な生命力を感じさせる蟬の声に、芭蕉の感慨はある。

夕蟬や明日は鳴かぬかも知れぬ         竹村幸四郎

明日死ぬ蟬であらうか落雷の後のしじまも惜しみて鳴くは         宮原 望子


最後の命の一滴をも絞るように鳴く。雌を求めて、自らの遺伝子を残すべく鳴き続ける雄蟬。最後の七日間を、この目的達成のために地中から這い上がり、渾身の力を振り絞って羽化したのであるから。
雌蟬は鳴かないが、雄蟬の鳴き声に合わせて腹部を振動させるものもあるという。

啞蟬(おしぜみ)も鳴く蟬ほどはゐるならむ       山口 青邨
啞蟬も鳴きをはりたるさまをせり            加藤 楸邨

啞蟬は鳴き声がしないので、楸邨の句のように注意深く観察するか、青邨の句のように想像してみるしかない。だが、雄蟬は鳴き声で居場所がわかるため、次の二首のように、子どもたちに簡単に捕まえられてしまう。しかも、鳴いている間はとまっているため、他の昆虫よりたやすく手に入ることが多い。

夏の土ふかく曇れりふところに蟬を鳴かせて童子(わらべ)行きたり      中村 憲吉
鳴く蟬を手
(た)握りもちてその頭をりをり見つつ童(わらべ)走せ来る      窪田 空穂

     IMG_2698nakazimatinami.jpg
     【おぶせミュージアム・中島千波館の庭にて】

 一言に蟬の声と言っても、地域・時期・時間帯などによって、さまざまな種類がある。世界では三千種、日本では三十種ほど蟬の種類があるらしいが、いかにも夏らしいと感じるのは、次の三種であろうか。三センチほどの大きさで名前の通り「ミーンミンミン」と鳴くみんみん蟬。五、六センチの油蟬は、不透明な褐色の翅に加え、「ジージージー」という声も暑苦しく、あまり好かれないようだ。さらに大型の熊蟬は、「シャンシャン」と鈴の音のようであるが、大変な大声で力強さが感じられる。

みんみんや人の世の息急(せ)くごとく      松村 蒼石

みんみんはあたりを圧(お)さへ啼き澄めば夏草のなか従ふほかなし    前川佐美雄

蟬の鳴き声に急かされるように、日々の暮らしがさらに慌ただしくなる。南欧を除く欧米人は、蟬声をノイズととらえるから、こういう感覚はないだろう。

熊蟬やみな切腹の墓ばかり         坂口 緑志

彼の世より呼び立つるにやこの世にて引き留
(と)むるにや熊蟬の声    吉野 秀雄

大阪城公園で熊蟬の声に取り囲まれたとき、この歌にあるように「彼の世」から呼び立てられるような気がした。天守閣を間近に仰ぎ見ているという、特殊な状況がそう思わせたのかも知れない。俳句の「切腹の墓ばかり」というのは、潔く逞しかった武士たちの無念さを連想させ、熊蟬の大声とよく合う。熊蟬の鳴き声の強さ・激しさを思うと、先の句や歌とは対照的な、次の生命賛歌も似つかわしい。

熊蟬の声張る島へ赤子見に         栗田せつ子

くまぜみは居心地よき場を得たるらし一際高くフォルテシモに鳴く    糸洲 マサ


一木、一山と言わず、一島が熊蝉の声に包まれているのだろう。そこへ、元気な泣き声を上げ一生懸命生きている、命の塊のような赤子を見に行くという俳句。短歌の方は「フォルテシモ」が効いている。最強音で鳴いているのは、よっぽどいい場所を占めたからだろうという、作者の発想も楽しい。

にじりつつ逃げる用意の油蟬         荕 宮子

翅の色艶がゴキブリを連想させるところもあるだけに、この句の油蟬は動きがリアルで面白い。

ぬけがらもなきがらもある森のなか時間(とき)止まらせてあぶらぜみ啼く  木畑 紀子

さらっと「ぬけがら」から「なきがら」に続けた上の句がユニークで、一気に歌の中に引き込まれた。次の句も、すべての言葉が緊密に結びついていて、情景がありありと浮かんだ。歌も句も、油蝉が魅力的に詠まれていて、どこか哲学者か宗教家風である。

油蟬死せり夕日へ両手つき          岡本 眸

 IMG_2704yamabousimi.jpg
 【やまぼうしの実・上記の庭にて】

 さて、落蟬を見かける場面が増え、朝夕の風に涼しさを感じ始めるようになると、秋蟬の出番である。

かなかなや天の淋しきとき鳴けり       赤峰 卓次

寂しくばなほ寂しきに来て棲めと花折峠のひぐらしぞ澄む        青井 史


この句も歌もそうだが、「さびしい」という言葉が、蜩ほど似合う蟬はないだろう。天から降りてくるような「カナカナカナ」という鳴き声は、私たちの意識をどこか遠いところへ連れていく。次の句の「裏山」は、作者の精神世界に存在しているのだろう。

蜩といふ名の裏山をいつも持つ        安東 次男

ひぐらしの一つが啼けば二つ啼き山みな声となりて明けゆく     四賀 光子


「生」を象徴するのが夏の蟬だとすると、「死」を暗示させるのが蜩であろうか。切なく甲高い鳴き声だ。
死ぬときの一言は蜩に習ふ         たむらちせい

この世より滅びてゆかむ蜩
(かなかな)が最後の〈かな〉を鳴くときあらむ   柏崎 驍二                              

蜩は「日暮」とも書かれ、どこかもの悲しい晩夏から初秋の日暮れを連想させる。また、哀切な鳴き声から「つくつく法師」と名づけられた蟬は、その名とその声から、命あるものの無常を思わせる。

鳴き立ててつくつく法師死ぬる日ぞ      夏目 漱石

夕月の照りそめてより近く来て声の激しきつくつくぼふし      石川不二子


生あるものに必ず訪れる死であるが、最後を知っているかのように「鳴き立て」る「激しき」声は、身を刺すように辛い。

おびただしき落蟬の数かくしたる白布とおもふけさのあきかぜ    小島ゆかり

幾万の蟬死に絶えて風の音          長谷川 櫂


どちらも以前に詠まれた作品であるが、今回の東日本大震災による多くの犠牲者のことが思われた。死を悼み、それを覆う優しさのある両作品には、時を越えた普遍性と心を慰撫する力がある。

 IMG_2720ubasutekaeri.jpg
 【姨捨(おばすて)SAにて・帰り】


テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

手作りが好き!-和服のリフォーム
 久しぶりの「手作りが好き!」です。

この夏は、和服のリフォームにはまってしまい、一気に八着作りました。
お裁縫は、中学校で習った以外は、すべて本を読んでの自己流なので、全く自信はないのですが、考えたら、お料理だってそうなのです。きちんと製図をしての洋裁は苦手ですが、これは、「冷蔵庫の残り物を組み合わせてオリジナルの料理を作る」楽しさに通じるところがあって、限られた布で使える部分を利用してというのが、私の性格にとても合っていました。和服の布地は思っていたよりずっとしっかりしていて、35cmほどの反物の幅を生かせば、端ミシンの必要もなく短時間でできたため、次々と作ることに…。面白かったです。ミシンを出したついでに、クッションやカバーをたくさん作り替えました。縫い物をしているときって、「無心」になっているんだなって、改めて気づきました。

  IMG_2615201108.jpg   IMG_2643201108.jpg

これはツーピースに見えますが、実はワンピース。母の着物から作りましたが、見頃・衽(おくみ)・衿(えり)をそのまま利用しているので、再度着物に仕立て直しができます。


  IMG_2637201108.jpg   IMG_2649201108.jpg

これは袖と衽だけで作りました。とても簡単です。スカーフ状の衿の結び方を変えると、いろいろ雰囲気が変わって楽しめます。 (色の違いは光の加減によります。)


  IMG_2639201108.jpg   IMG_2646201108.jpg

これは利用できるところを探しつつ、まず布をはぎ合わせてから型をとりました。はぎれで、花のブローチを作りました。つける位置で楽しめそう…。(色の違いは光の加減によります。)


  IMG_2633201108.jpg    IMG_2635201108.jpg

東寺の市で買った布ですが、派手なので、のれんにもできず使い道に困っていました。縞を生かしてギャザースカートにしたら、民族衣装みたいになったので、合わせてボレロも作ってみましたが、一緒に着るのはちょっと勇気がいるかも…。


  IMG_2636201108.jpg    IMG_2642201108.jpg

左:頂いた布の利用できるところをすべて使って、何とか着られる状態にしました。あちこち接ぎ合わせているのですが、その組み合わせを考えるのが、工夫のしがいがあって面白かったです。

右:深いV衿なので着やすいです。お揃いのスカーフを巻くと、ちょっとお洒落な感じで気に入ってます。いちばん出番が多くなりそうな予感がしています。


  IMG_2644201108.jpg   IMG_2629201108.jpg

衿の部分は、ブローチやスカーフ留めのちょうど似合うのがあったので、気楽に着られる一着となりました。最初にこれを作りました。布を接ぎ合わせたところには、グレーのパイピングを入れてアクセントにしました。

 追加で…

実は何年も前から、自分の書の作品を自分で表装しようと、そのための布を集めていました。しかし、なかなか大きな条幅作品の表装をするまでに至らず、20年前の作品がそのままになっていました。この夏ひょんなことから、よりやんのご主人に安いお値段で表装して頂くことができ、やっと長年の懸案事項が片付きました。と同時に、自分がするよりずっと美しくしかも安く、プロがやってくださることがわかり、表装用にと買っていた布が不要になりました。というわけで、古い着物地をリフォームする決心がつき、今回の服作りとなったのです。

  IMG_2601201108.jpg   IMG_2603201108.jpg   IMG_2604201108.jpg

  左二つが「丸表装」、右端が「三段表装」。隷書にチャレンジするも、未熟。
  「黄琬(こうえん)」は雅号です。


  IMG_2606201108.jpg   IMG_2609201108.jpg   IMG_2611201108.jpg

   左二つが「丸表装」、右端が「三段表装」。
   わけも分からず書いていて、ひどい字です…特に真ん中。


再び追加です。

リフォーム着物の参考本を教えて欲しいという声がありましたので、私が使ったのをご紹介します。

   hasamiwoirenaikimono.jpg  hasamiwoirezunikimono.jpg

古川敏子著『はさみを入れない着物リフォーム』(2009年/河出書房新社/1365円)
古川敏子・伊藤恵子著『はさみを入れずにおしゃれ着物リフォーム』(2011年/河出書房新社/1365円)
この2冊は、作り方が詳しく載っていて、初心者でもすぐできますが、その分、種類は少ないです。

   yasasiikimono33.jpg  kimonorimeiku.jpg

渋谷容子著『やさしい着物リフォーム』(2010年/成美堂出版/1155円)33点載っています。
佐藤智子・羽山みな子著『きものリメイクスタイルブック』(2010年/永岡書店/1365円)これは、この後新たに購入しました。

 私は見るのも楽しみなので購入しましたが、図書館にもいろいろありましたので、一度借りてみて、自分の好みやレベルに合う本を手元に1冊持たれるといいかと思います。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

心に響く風景-フラガール
  IMG_2568201108.jpg

 東日本大震災から5ヶ月。行方不明4744名と死亡15689名のひとりひとりの家族にとって、辛くて悲しい新盆です。テレビで、東北各地のお祭の様子を見ながら、阪神大震災のあった年の12月、鎮魂と慰霊のために行われた第1回ルミナリエを思い出していました。まだ暗さの目立つ寂しい街に灯った美しい光に心が震えたこと、亡くなった方々を思い涙を流しながら、その荘厳な灯りの下を皆が歩いていたこと…。東北の皆さんが大変な状況の中で祭を実現されたことに、さまざまなことに対する深い思いや決意を感じ取り、テレビを見ながら涙がこぼれてなりませんでした。祭や花火の本来の意味を、改めて感じた方も多かったのではないでしょうか。

 IMGP4595201108.jpg

 IMGP4608201108.jpg

 先日、福島の「フラガール全国きずなキャラバン」が大阪にも来ていると新聞で知り、早速応援に出かけました。若くて美しい皆さんが笑顔でしなやかに踊っている姿に、映画「フラガール」や原発事故被害の様子などが重なり、涙が出てしかたありませんでした。
福島の元気な野菜と果物も売っていたので買ってきました。「放射能の心配はありません」と言って売らなくてはならない農家の方たちの悔しさ・辛さを思うと、これまた泣けてきて…。なんだか安すぎて申し訳なかったけれど、新鮮でとっても美味しかったです。小さな新聞記事だったのですが、たくさんの人たちが応援に来ていて、大阪の人の心意気が嬉しかったです。いつか必ず福島の地で「フラガール」に再会したいと思います!

  IMG_2563201108.jpg

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

あんなことこんなこと-見てきました!&見に行きます!
 毎夏恒例のジブリのアニメ、見てきました!

               kokurikozakakara1108.jpg 

『コクリコ坂から』企画・脚本/宮崎駿 監督・宮崎吾郎
1963年の横浜が舞台。主人公は高校生。文化系クラブの巣窟「カルチェラタン」を守ろうと立ちあがった生徒たちの青春物語です。団塊世代の人には懐かしく嬉しい映画。私も、自分の高校・大学時代を思い出し、感情を移入しながら見ました。子どもには受けないかもしれないけれど、私にとっては「耳をすませば」と同じように心に残る作品となりました。


これから見たいのは、この二つ。

kamisamanokarute1108.jpg lifeearth1108.jpg

『神様のカルテ』8月27日公開
原作が大好きな上に、映画の主人公がこれまた大好きな宮あおいと櫻井翔。映画化が決まったときから必ず見ると決めている映画。とても楽しみです。

『ライフ いのちをつなぐ物語』9月1日公開
予告編で、主題歌がMr.Children「蘇生」と知り、ぜひ見たいと思った作品。製作期間6年、地球上の全大陸で撮影されたネイチャードキュメンタリーです。


いい作品を見てきました!

yamasitakiyosi1108.jpg indigoblue1108.jpg

『山下清展』7月16日~8月28日/明石市立文化博物館
NHK日曜美術館で紹介されていて、興味を持ち出かけました。構図・色彩に才能を感じましたが、なにより細かい手作業の貼り絵に感心しました。ただちぎって貼るだけでなく、質感を出すために紙を細くねじったり、何重にも貼ったり、写真ではわからない緻密さに驚きました。虫眼鏡で丁寧に見ていた人が、何度も感嘆の声を上げていました。

『インディゴ物語 藍が奏でる青い世界』7月14日~9月27日/神戸ファション美術館
毎夏恒例の大学時代の友人とのお出かけ。一度行ってみたかった「神戸ファション美術館」が、大好きな「青」をテーマにした展示をしているので、六甲アイランドまで行きました。思っていた以上に充実した展示で、布の美しさに感動しました。


ueotadao1108.jpg koisoryouhei1108.jpg

『上尾忠生展』7月9日~9月25日/神戸ゆかりの美術館
「神戸ファション美術館」と併設で、無料で入れました。茶系統の水彩画、樹木をテーマにした作品が多く、心が穏やかになりました。

『小磯良平作品選Ⅱ』6月24日~8月21日/神戸市立小磯記念美術館
六甲ライナーで一駅戻ってすぐ。「神戸ファション美術館」の券で割引。絵も良かったですが、移築されたアトリエが興味深かったです。


これから見たいのは…

yamamotonizou1108.jpg huerumeru1108.jpg

『山本二三展』7月16日~9月25日/神戸市立博物館
ジブリのアニメ作品に欠かせない美術監督の作品展。絶対行きます!

『フェルメールからのラブレター展』6月25日~10月16日/京都市美術館
前に日本公開があったとき行けなかったので、今度こそ!「青色」に惹かれます。


時間があれば行きたいのは…
ataeyuki11082.jpg komatusakyou1108.jpg 

『昭和・メモリアル 与勇輝展』8月10日~22日/大丸神戸ミュージアム
以前見て感激。今回は新作60点が加わるとのことで、期待大。9月2日~12日は、動物写真で定評のある岩合光昭写真展『いぬ』これも魅力的。

『歴史を未来へ SF作家 小松左京展』7月22日~9月25日/神戸文学館
ちょうど50年前「地には平和を」を執筆。この企画の段階では、7月26日の訃報など考えていなかったでしょうに…。8月6日眉村卓と8月27日かんべむさしの講演がいいですね。

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード