心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-伊丹三樹彦著『俳句現代派秀句』と句縁
今回は、下記の本から、伊丹三樹彦先生の俳句観と、ふるさとの恩師つながりの記事です。

伊丹三樹彦全文叢 第6巻『俳句現代派秀句』(平成8年/沖積舎/9000円)

 haikugendaihasyuku201302.jpg

93歳になられた伊丹三樹彦先生、昨年あたりから、本だらけのご自宅を頑張って整理されておられ、句会に伺うたびにご本を下さいます。今回ご紹介する本も、その1冊です。400ページを超える二段組みの中身がぎっしり詰まった本でしたが、伊丹先生の言葉が素晴らしくて、ぐいぐい読み進みました。

13歳から始められた俳句を80年間続けてこられた、その原動力は弟子を育てることにあったのではないかと、一人一人の句を丁寧に見て励ましておられる言葉に強く感じました。村上護氏が書かれた帯文の「彼の軌跡を渉猟すれば、いつも行き当たるのが三樹彦の志。いやそれがまた無私の精神なのだ。」というのに、共感を覚えました。

「自分のことよりひとのこと」を優先され、第一句集の出版も遅かった伊丹先生ですが、10年前の2003年、俳句界への貢献が評価され現代俳句大賞を受賞されました。その後、病気に倒れられ、50年続いた「青玄」を終刊されることになってしまいましたが、必死のリハビリ(病後二万句達成)により見事復活、今は新たに「青群」の顧問をされ、やはり俳句に打ち込む日々を公子先生とお二人で続けておられます。

この本には「青玄」雑詠欄の選評、昭和27年4月からの20年分が収めてあります。読み始めてまず、伊丹先生が33歳(私はこの8カ月後誕生)の時から、こんな立派な文章を書かれていたことと、個々の俳句への気持ちの添わせ方と読みの深さに感動しました。傍線をいっぱい引いたこの本の中から、先生の俳句観が伺える部分を少しだけご紹介します。下線部は、特に共感する大切な部分なので、私が引きました。 (作品に沿って具体的に書かれているので、併せて読むと更なる感動があります。)

 IMG_6419banpaku201302.jpg
 【2月21日万博公園の梅。まだほとんどがつぼみでした。】

P13(S27年7月号)
【前略】成程、俳句に限界がないとはいえない。しかし、その限界は例えば水平線のようなものであって、これに向かって突き進む者にとってはどこまでも伸び展がってゆく、いわば無辺際なものとして考える方が、可能性を信じてこれが実現に努力をする真に実作者らしい態度とはいえないだろうか。
・【中略】・この世に生存する限り、時代や社会と無縁ではあり得ないし、そうした事象との交渉によって生ずる今日的感動を無視しては実作をなし得ないのが本当であろう。・【中略】・尤も俳句を通じての社会批判や時代抵抗が直接的な効果をあげ得ないことに対する疑問も起きようが、俳句はどこまでも俳句であって、思想運動の方便に扱わるべきでないことだけはしかと肚に据えて置かねばならない。

P75(S35年2月号)
【前略】好調不調のあるのは誰しも経験することである。好調の波に乗ったときは、精一杯そのエネルギーを発揮したらいいし、不調の波に沈んだときは必ず脱出口のあることを信じて凡ゆる努力を惜しまぬことが肝要である。いずれにしても実作者であるためには自恃の精神を堅持しなくてはならぬ。【後略】

P107(S36年3月号)
【前略】俳句はやはり単純化が決定的な魅力だということを改めて教えてくれる作品だ。

P145(S37年8月号)
【前略】詩に使う言葉はやはり読者を頷かすに足るものでなければならぬ。青玄が主張する「現代語の導入」は、その前提として「現代語に対する意識」を働かさねばならぬ。一句に用いる言葉が、現代に生きているかどうか。今日の読者に果して理解されるかどうか。についての考慮が必要なのである。
既成の言葉が手垢まみれになっているからとて、矢鱈と奇語や造語の類を用いようとするのは、短詩型作家が陥り易い言葉の罠の一つであろう。むしろ、既成の言葉の垢落としを果たす方向にこそ積極的に挑んで欲しいものだ。その点、今回の作品はみな平易な言葉を使いながら、内容的には深くもあり、新しくもある詩の世界を現出させていた。【後略】

P160(S38年1・2月号)
【前略】僕は川之石(愛媛)や熊毛(山口)の高校生俳人の進出に接するたびに、俳句もまた生活綴り方運動の一翼を立派に担い得る詩型ではなかろうかとの自信を抱き始めている。然も、この場合、従来のような文語俳句では不可能であることもまた……。

P287(S41年12月号)
私信で、自分なりに感得した句作の要諦、それは一にテーマを見付けること、二にそこへポエジィを育てること、と書かれていた。僕はそれを読んで思わずウーンと唸ってしまった。この作者は、もう「俳句の心」を完全に摑んでいるのではないかと、半ば驚き、半ば呆れたものである。
僕などは、まさみの二、三十倍もの時間と経験をかけているが、そこから得た俳句観は、まさみの俳歴一年の所感と殆ど変るところがないのだから全くダラシがない。〈みの虫〉の一句は、そうした作者の狙いの矢が的を外さずに射られている。

P314(S42年8・9月号)
【前略】俳句はつまるところ、対象から何を思い、何を考えたかという作者の連想力、想像力によって、その出来も左右するわけで【後略】

P404(S44年6月号)
【前略】見たものの面白さ以上に、表したもの(言語表現)の面白さが優位を示している。俳句とは、文芸とは、本来が、そうあるべきなのである。


 IMG_6443banpaku201302.jpg
 【2月21日万博公園の椿。終わりかけのものが多かったです。】

 最後に、とても驚いたことを一つ。

P153(S37年11月号)
【前略】十代作家は、愛媛の一辺地である川之石だけでも十名近く存在しており、弦田登志夫、和田節夫、佐野さちおといったよき教師であり、よき俳句の先輩でもある指導者が揃っているからだ。【後略】


ここに書いてある「佐野さちお」って、もしかして、高校の担任だった「佐野先生」のこと?というのも、以前に先生から「川之石高校で文芸部の顧問をしていて、部員に坪内稔典君がいた。伊丹三樹彦先生が指導に来られたことがある。」と伺っていたからです。

確かめなくてはと思っているところに、偶然、佐野先生から「年末からずっと入院してるんよ。」と電話がありました。先生は、ALS(筋委縮性側索硬化症)という難病で、長く闘病されていて、しばらく前までは「俳句ができたよ。」と電話を下さるので、拙ブログにも載せ、同級生が楽しみにしてくれていました。(参照:右列「恩師の俳句」コーナー)

早速、先生に「もしかして《さちお》というペンネームでしたか?」と尋ねたところ、確かにそうでした。まさかこの本の中で、高校時代の担任の先生の名前に出会うとは思ってもいなかったので、とても驚き、また、嬉しく思いました。佐野先生のことは、拙歌集『大空の亀』に、次の三首を詠んでいますが、母が亡くなったばかりだった私を気遣って下さった、まさに《恩師》なのです。

勉学に励まぬ理由(わけ)を日々問はれ「どうせ死ぬから」やうやく答ふ
「釈迦の四苦」師のつぶやきし一言に我の中にて流れ出すもの
夏休み四十日の感想の一日一日に師の朱筆あり


そして、同時に佐野先生の優しさと伊丹先生の優しさを、ここでご紹介した『俳句現代派秀句』の川之石高校の母親を亡くした生徒の次の俳句に感じたのでした。

P155 ちちははなし 鍬音で消す祭太鼓       宇都宮美子(S37年12月号)
P161 うなじ母似か 父の視線の中にいる      得能久美子(S38年1・2月号)
    母が欲しい 霜焼けの手で答案受け      宇都宮美子(S38年1・2月号)
P163 母なんて要らない 萎びた祖母と寝て     宇都宮美子(S38年3月号)
P164 土くさい父の手袋 はめてみる         得能久美子(S38年3月号)

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

あんなことこんなこと-素晴らしい映画「レ・ミゼラブル」
 もう皆さん見られていると思いますが、まだでしたら、ぜひ!

   remizeraburu2013.jpg

映画 「Les Miserables(レ・ミゼラブル)」

原作:ヴィクトル・ユゴー / 監督:トム・フーパー
キャスト ジャン・バルジャン:ヒュー・ジャックマン
      ジャベール:ラッセル・クロウ
      ファンテーヌ:アン・ハサウェイ
      コゼット:アマンダ・セイフライド 

昔、本で読んだ時は、「たったパン一つで…」と、主人公が気の毒で可哀想でなりませんでした。劇団四季のミュージカルで観た時は、ジャン・バルジャンのコゼットへの愛が印象的でした。

そして、今回の映画、次男や友人が「もう一度観たい、素晴らしい映画だ!」と勧めるので、「暗くて辛いだろうけれど…」と、意を決して観に行きました。友人たちが熱心に勧めたのがよく分かる、魂を揺さぶる大作で、ほんとうに素晴らしく、観に行ってよかったと心の底から思いました。
3時間という長さを全く感じず、見終わった後、感動の波に館内の皆が包まれているのが、空気感として伝わってきました。私は号泣しそうで、必死に嗚咽をこらえていました。

今回の映画の一番の成功の秘密は、今までのミュージカル(歌と芝居を別撮りしていた)と違って、キャストが生で歌っていることだと思います。歌っている時の大写しになる表情に、その時々の感情がこもっていて、観ている側ものめり込んでしまいます。キャストはもちろん魅力的ですが、歌声、歌詞、メロディ、演技、そして、美術、衣裳、何もかもが全力投球で、最高の出来のものを観ることのできた感動に、涙が止まりませんでした。

パンフレットの内容も、原作への言及まであり、大変充実したいいものでした。生きづらい現代と、この映画の原作が書かれた19世紀とが、なぜか重なるように思え、「ああ無情」を読んだ世代だけでなく、若者の層にも多く観られているというのが、一つの希望のようにも感じられます。自分の一生の中で、この映画に出会えた幸運に感謝しています。


 映画関係者の方に、映画料金についてお願いがあります。
   (ここに書いた声が届きますように…)

私は、還暦を迎え、映画料金がいつでも1000円になり、一人で気楽に出かけられるようになりました。それまでは、「夫婦50割」というのがあり、どちらか一方が50代なら、夫婦それぞれ1000円で入れました。しかし、一人では高くつくし、女友だちと二人でも安くならないし、なんだか嫌な方法だなと思っていました。

若い人でも、映画の日やレディースデイなど1000円で入れる日や、会員になれば割り引いてもらえる制度や前売り券もありますが、日や映画館が限定されたり事前に券を購入するのは面倒臭くて、そこまでして行きたくないわっていう人も多いことでしょう。特に、若い男の人には特典が少なく、1800円の出費はこのご時世の中、かなり厳しいと思われます。

若い人たちに映画館の大きな画面と優れた音響で見る映画の素晴らしさを、若い時から知らせておかないでどうして映画ファンを増やすことができるでしょうか。1000円ならまだ気楽に足を運べると思うのです。一生懸命作った映画ですから、より多くの人に見てほしいと、スタッフもキャストも思っているはずです。映画文化を維持発展させるためにも、全員1000円で見られるようにして頂きたいと思います。若い人たちに見てほしいいい映画がいっぱいあるのに、1800円ではほぼ倍!高すぎます。どうか、たくさんの人が足を運べる映画館にしてくださるようお願いいたします。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

あんなことこんなこと-手塚治虫氏
2月9日は、1989年(平成元年)に60歳で亡くなった「マンガの神様」手塚治虫さんの命日。ということで、朝日新聞に「手塚マンガの人気ランキング」の読者アンケート結果が載っていました。
順位は以下の通りですが、皆さんのランキングと比べていかがですか?

asahiteduka2013209.jpg

私のランキングは、1位火の鳥、2位ブッダ、3位アドルフに告ぐ、4位ブラック・ジャックです。
鉄腕アトムはテレビアニメで見ましたが、CMのマーブルチョコの印象の方が強く残っています。
鉄腕アトムのテーマソングの作詞は、有名な詩人の谷川俊太郎氏!この歌はよく歌いました。
私は40年以上谷川俊太郎氏のファンなのですが、先日こんな記事を見つけ笑ってしまいました。
【サラリーマン経験はゼロ。20代は親のスネをかじりながらの文筆活動でした。「引け目はなかったです。親が子を養うのは当たり前だと思ってましたから(笑)」】


こちらは、2週間ほど前にたまたま読んで、ご紹介したいと思っていたマンガ本です。
宮﨑克原作・吉本浩二漫画『ブラック・ジャック創作秘話
           ~手塚治虫の仕事場から~』
  (平成23年発行/秋田書店/648円)

blackjackhiwa2013.jpg

1973年(昭和48年)頃、手塚氏は大きなスランプとピンチの時期だったそうです。劇画ブームの中、漫画のヒット作は途切れ、アニメは経営的に大失敗で虫プロ倒産、持ち込んだ企画も通らず、お手上げ状態だったそうです。
そんな長い冬の時代を救ったのが、「週刊少年チャンピオン」の名物編集長“カベさん”こと壁村氏。窮地の手塚氏に新連載を依頼し、始まったのが「ブラック・ジャック」でした。あっという間に日本中のマンガファンをとりこにし、天才が甦りました。その時の担当者が、青木和夫氏(夫と一字違いで、生まれ年まで一緒!)とあり、我が家で大いに盛り上がりました。

「ブラック・ジャック」は今でも、中学生たちによく読まれていて、私も時々読み返しますが、その陰でこんな熱い日々があったのかと、この漫画を読んで改めて思いました。生涯で700以上の作品を残した手塚氏は、いつも全力疾走で、周りも大変だったようですが、でも、「みんな、手塚先生が大好きだった」というのが、よく分かるいい漫画でした。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

心に響く詩歌-北原白秋・高野公彦氏
 北原白秋から高野公彦氏へとゆるやかにつなげてご紹介します。

1月に福岡の柳川を訪ねた折、北原白秋記念館も見学しました。見やすい展示と詳しい解説に、すっかり気分をよくして可愛い本を買いました。

   hakusyunoutaehon2013.jpg

『北原白秋のうた絵本(童謡歌曲集)』より
(著者・北原白秋/絵・西島伊佐雄/発行・北原白秋生家保存会/1000円)

この道
この道はいつか来た道、ああ、さうだよ、あかしやの花が咲いてる。・・・

からたちの花
・・・からたちのそばで泣いたよ。みんなやさしかつたよ。・・・

落葉松
からまつの林を過ぎて、からまつを見き。
からまつはさびしかりけり。たびゆくはさびしかりけり。・・・

帰去来
・・・ふるさとやそのかの子ら、皆老いて遠きに、何ぞ寄る童ごころ。


ここにあげた以外にも、赤い鳥小鳥、あわて床屋、城ヶ島の雨、雨、雨ふり、ちやつきり節、ゆりかごのうた、砂山、待ちぼうけ、ペチカ、などなど懐かしい歌がいっぱい、可愛い絵と一緒に楽しめます。同時に買った絵ハガキセットも素敵でした。帰宅後、北原白秋記念館HPからも購入できることを発見し、嬉しくなりました。

啄木のようなリアルな歌もいいけれど、ロマンのある、言葉に詩情のある白秋の歌も好きな私、もう少し詳しく、でも手軽に読めるものをと思って、昨年の放送ですが、次のようなテキストを手に入れました。

   kitaharahakusyu2013.jpg

NHKカルチャーラジオ詩歌を楽しむ(2012年1月~3月)
高野公彦『北原白秋 うたと言葉と』より、共感を覚えた部分を少し抜粋いたします。

P164白秋の第三歌集『雀の卵』の「大序」を引用して
ここに「真の」という言葉が頻出するのに驚きます。しかし、白秋の短歌観はよく分かります。写生の重要性は自分も認めるが、単なる写実では駄目で、作者の視線は現実の奥にひそむこの世の真相というものに到達していなければならない……。白秋はそのように主張しているのでしょう。

P169・170白秋の「短歌と新風」を引用して
観照というのは、静かに客観的に自然や物などを見つめることを言います。白秋の関心は対象の物それ自体には向けられず、また肝腎の作り手の精神そのものにも向けられていません。大事なのは我と物とのあいだにある微妙な気配なのでありまして、この意味で白秋は「細やかな観照の人」なのです。観照の歌を作るのに必要なのは、物たちの発する気配を敏感にキャッチする感覚と、そしてそれを言葉にあらわす精密な表現技術です。この二つの点で白秋は、近代短歌の中で最も優れた歌人であろうと思います。極論すれば、白秋は直感の人であり、また言葉の人でありました。

ここに書かれていることは、よく分かるし共感を覚えます。自分の力の無さでは、それを実作に生かすということはなかなか困難ですが、理想として常に胸に抱いておきたい短歌観です。
先日の句会の時に、伊丹公子先生が言われた「感受性と表現力のどちらもが大切」という言葉と、ここに書かれている「直感と言葉」というのも、ある意味重なっているなと感じています。

先日、先のテキストを読み、高野公彦氏の北原白秋への理解が深いのは、宮柊二(北原白秋門下生)について学ばれたことと深い関わりがあるなと思っていたところに、次の本が届きました。

   kisuinohikari2013.png

第1歌集文庫(現代短歌社/2013年/700円)
高野公彦歌集『汽水の光』

中古で何万円もの値段がついて手元に持てなかった『汽水の光』が、お手頃価格で、しかも新たな解説(元からの大岡信氏・新しい木畑紀子氏ともに素晴らしい!)付きで、ついに手に入るようになりました。送料80円で、直接出版社から入手可能。

一首目から「歌語(詩語)」と言いましょうか、格調高い調べと想像力を刺激する表現に、うっとりしながら読み進み、「ああ、やっぱり高野公彦氏の歌はいいなあ」とその魅力にはまります。
氏の歌には、詠まれた情景や心情への共感は勿論のこと、何より「言葉への愛情」が感じられるのが、私には嬉しいのです。言葉が単に伝える道具ではなく、いわゆる「言霊」のような力を持っていると言っても過言ではないでしょう。
ご紹介したい歌ばかりなのですが、本をお手元に持って頂きたく、七首にとどめます。

喪の列はさみしく長し橋に出てひとびとの耳夕日に並ぶ
朝かぜに思ひゐにけり家一つ焼きてほろびし炎のゆくへ
白き霧ながるる夜の草の園に自転車はほそきつばさ濡れたり
(超有名!)
夜ふかくゆめの底ひを照らしたる藤むらさきの雷(らい)にめざめつ
人の世ののちのしづけさ思はしめ朝とびとびの霜のまくら木
橋はいま人影たえて風と死者かよへるごとき空しき明るさ
行きゆきしものの跡なき水のうへほのかに翳(かげ)り春の雪ふる

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード