心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-山田兼士詩集『家族の昭和』
山田兼士詩集『家族の昭和』 (澪標みおつくし/2012年/1500円)

  kazokunosyouwa.jpg

 昨年、詩集『鳥の意思、それは静かに』(拙ブログ2013年3月1日の記事「あんなことこんなこと-若い人たちの活躍」をご参照ください。)を出した宮岡絵美さんから「とっても素敵な詩集です。」と贈ってもらいました。絵美さんの詩集(詩の芥川賞と言われるH氏賞にノミネートされました。残念ながら、受賞は別の方…。)を高く評価された山田兼士さんは、「塔」所属の歌人山下泉さんのご主人でもあります。
同じ世代ということもあって、詩の題に好きな歌がずらりと並んでいて、ワクワクしました。読み始めるとさらに懐かしさでいっぱいになり、大いに共感を覚えながら読みました。作者の山田氏と同じく、早くに両親と姉を亡くした私が、他人事とは思えず読んだ「昭和の家族の物語」でした。

次に、詩の題だけをあげてみます。さて、同世代の方、元の歌はわかりますか。【  】の中は、元歌についての私の独り言です。

花の滝はやてのようにあらわれて   【風呂敷でまねて遊びました。】

空をこえて アトムな日          【明治製菓の提供でしたね。】

ハイヤーでしゅうしゅう修羅る金閣寺   【初めて歌った洋楽?】

秋景色生きてるかぎりはどこまでも  【強烈な題名の歌謡曲でした。】

夢消えて今日から明日に架ける橋   【詩が素晴らしかった。声も。】

ひとりでも死にはしないと誓った日   【「ヤング720」好きでした。】
  下に、詩の一部を引用します。大好きな箇所です。/は原文改行。
  ひとりで生きる決心を/した十七の秋
  きのう/誰もいない渚で/沖を凝視していた/ひとりぼっちの/少年
  それは私だ


雪でしたあなたのあとをこだま号    【青春のほろ苦さとともに…】

友と母別れと出会いを繰り返し     【職場の二次会のカラオケで歌う。】

生も死も人は誰でも一度だけ      【あのスーちゃんも、もういない。】

口ずさむ真綿色したシクラメン     【人生の背景にはいつも歌がある。】

帰宅してガラスの向こうは風の街    【大人っぽくてお気に入りでした。】

20編の詩の題のうち、16編は「五七五」で統一という遊び心が。しかも、題からきちんと詩の内容が浮かんでくるようにできていました。
同世代の方には、題だけでなく、ほんとうは詩の中身を味わって欲しいです。肩の力を抜いて楽しく、そして胸の深いところでほろりとする詩群でした。

 IMG_65891303.jpg
 【万博公園の白木蓮群。夕方で、しかも曇り空なのが残念でした。】

心に響く本-尾形誠規著『美談の男』
 bidannootokoomote.jpg bidannootokoura.jpg
 【表表紙】                 【裏表紙】

尾形誠規著『美談の男』 (鉄人社/2010年/1400円)
―冤罪 袴田事件を裁いた元主任裁判官・熊本典道の秘密―

 所属している「塔」短歌会の尾形貢氏より頂いた歌集 『水の呼吸』 を拝読していたところ、中にたった一首ですが、ご子息の書かれた本 『美談の男』 の歌がありました。インターネットのアマゾンで調べたところ、「読みやすい文章、真相に迫ろうとする迫力」と、大変高い評価の書評が載っていたので、手に入れて読みました。

 「冤罪袴田事件」を裁いた元裁判官・熊本典道、関係者、友人や家族などへの丹念な取材をもとに書かれていて、ぐいぐい引き込まれ一気に読みきりました。無罪を確信しながら、他の二人の裁判官を説得しきれず、袴田巌さんに死刑判決を下した熊本典道裁判官の苦悩を追う中で、人間の弱さや立派さに触れていくこの本は、大変価値のある内容でした。

脆弱な証拠(警察による捏造とも…)、長期間・長時間に及ぶ拷問と言ってよいほどの自白の強要、マスコミによる残忍な犯人扱い、裁判は正しい判断をしてくれるという思い込み、などなどさまざまな原因によって、多くの人から「冤罪」を指摘されつつも無罪になることなく、30歳での逮捕から77歳の今までずっと拘禁されている袴田さん。

大量の調書をはじめさまざまな条件から無実と確信しながら、袴田さんを法の上で殺してしまった罪に自分を見失っていった熊本さんが、40年後に守秘義務を破り真実を告白したのはなぜか。「美談にはしないで下さい」という条件で書かれたこの本には、熊本さんのいいところも悪いところもそのまま書かれている。


 犯人にされてしまった人の人生は勿論のこと、多くの良心ある人たちの人生までも狂わせてしまう「冤罪」の怖さを、ひしひしと感じた本でした。被害に遭った本人や家族には、早く犯人を捕まえ無念を晴らしたいという思いがあるし、警察や検事にもそれに応えたいという熱い思いがあるでしょう。しかし、人権を蹂躙しては過ちが生じます。人が人を裁くことは、職務の領域を越えた、実はとても罪深いことなのではないかと思えてなりません。

       IMG_6566201303.jpg
【阪大構内。右上には昼の月。紫木蓮を見ると、きりっとして格調高い次の歌を思い出します。】

   いにしえの王(おおきみ)のごと前髪を吹かれてあゆむ紫木蓮まで   阿木津 英

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

心に響く詩歌-自句自解
 IMG_6376201302.jpg

 久々に体調を壊し、ここ二日へたばっていました。十年ほど前に、中途半端な揚げ具合のカキフライで撃沈してからずっと、カキを避けていたのですが、実は、家族はカキが好きなのに遠慮していたというのを、今年になって知り(!)、この冬は、カキフライを何度も食べました。それで、大丈夫だったものだから安心して、一昨日、アサリの酒蒸しを食べたところ、撃沈…。家族は大丈夫だったので、やはり私が合わないのだと思います。今年も風邪を引かなかったと喜んでいたのですが、冬の疲れも出る頃で、抵抗力も落ちていたのかもしれません。
 胃腸も、年相応に弱ってきているのだから、無理してはいけないと反省…の二日間でした。ひたすら寝ている私に、ピタッと寄り添って、猫のミューが痛い胃を温め続けてくれました。いつもなら、「起きて~」と起きるまで大声で鳴くのに、ず~っと静かに動かず、私が寝がえりをうった時には、すっと移ってまた胃を温めてくれ、ほんとに助かりました。二日間ミューと一緒に寝倒したら、体調も戻ってきて、やっと食事が摂れました。 

 IMG_6365201302.jpg
 【私の胃を温め続けてくれた雄猫のミューです。】

 次の拙文は、「青群」27号の「自句自解」に載せて頂いたものです。
   次の句の考(ちち)と妣(はは)は、亡くなった父と母のことを言います。

歌かるた 考(ちち)と妣(はは)とのなれそめの

正月のお雑煮を済ませると、父がおもむろに古い木箱の百人一首を取り出し、家族そろってのかるた取りが始まる。読み手を兼ねているにもかかわらず、毎回、父の一人勝ちである。十六歳の時、大酒飲みだった父親を亡くし、弟妹の面倒をみるため学校を諦めた父であるのに、なぜそんなに百人一首を知っているのかと、尋ねた。
昔の村には青年団というのがあって、あそこの家に年頃の娘さんが居ると聞くと、皆で「かるたしましょ」と出かけたのだそうだ。たくさん取ってかっこいいところを見せれば、意中の人と仲良くなれるだろうと一生懸命覚えたという。お芝居や文学が好きだった母と、かるたの得意な父が気持ちを通わす場面を想像して、まるで奈良か平安時代みたいだと不思議な気持ちになった。そして何より、大正生まれで戦争も経験し生活の苦労も多かった両親に、こんなに若くて幸せな時代があったことが嬉しかった。以来、私の中で百人一首は特別な存在だ。
母が四十九歳、父が六十六歳で亡くなってしまったせいか、両親が生きていたらこんな感じかなと、知らぬ間に年配の方に心ひかれている。俳句や短歌が好きなのも、こんなところに原点があるのかもしれない。

 IMG_6364201302.jpg
 【新聞を読んでいると、必ず上に乗ってくる雌猫のハオです。】

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

季節の詩歌(33) ~よき酒ありて~
 俳句雑誌「空」47号(2013・2)に載せて頂いている拙文です。長いので、お暇のある時に。
写真は、すべて万博記念公園の梅林にて3月初めに撮影。今週末からしばらくが、見頃でしょう。

季節の詩歌(33) ~よき酒ありて~ 

 IMG_6494201303.jpg

大酒飲みで家を潰し早世した祖父、その反動で一滴も飲めなかった父、私の体質は父に似てアルコールに弱いのだが、心は恐らく祖父に似て、妙にお酒に惹かれるところがある。現実にあまり飲めない分、詩歌の世界で飲酒の気分を味わうこともしばしばである。今流行りの焼酎、とりあえず一杯のビール、お洒落なワインや洋酒もあるが、今回取り上げるのは和食に欠かせない日本酒である。次の短歌や俳句を読むと、飲まずとも酔心地になる。

酒の燗よろしきを得て湯の面に浮ける豆腐も嬉しき如し              石田比呂志

湯豆腐の小踊りするや夜の酌       玉村 豊男

辛口の酒に添えたる氷頭(ひず)なます寒夜なれども気分上々           久々湊盈子


湯豆腐と言えば、久保田万太郎の寂しさを漂わせた「湯豆腐やいのちのはてのうすあかり」をすぐに思い出すが、ここにあげた歌と句は、浮き浮きと楽しげで、酒と肴の美味しさに、作者も小躍りしているようだ。辛口の酒と氷頭なますの組み合わせが、いかにもお酒好きという感じがして、羨ましい。

胃の襞をきりきり洗ふ越の酒酔うて雪野の夢に眠らむ              山埜井喜美枝

くちびるの近づくときに匂うかなかすかにゆれてみちのくの酒           岡部桂一郎

山形によき酒ありてわれをよぶのまざらめやも酔はざらめやも           高村光太郎


新潟には、越乃寒梅という全国的に知られる銘酒がある。同じく米どころの東北地方にも、数多くの銘酒があり、それぞれの味と香りで人々を誘う。旅先で地酒を頂く味わいは格別だが、たとえその地に足を運ぶことができなくても、銘柄からかの地に思いを馳せる歓びがある。日本酒には、八海山といった地名や十四代という歴史を思わせる銘柄まで、豊かな日本語の名前が揃っている。それだけでも楽しいのに、それをどのような器で頂くかで、また美味しさが広がるのだから、なんて贅沢なことだろう。

鶴の舞ふ盃はよし雪見酒        山口 青邨

行きて帰る心むんずとぐい呑みの青磁のそらに浮ける白鶴             佐佐木幸綱


偶然、同じ絵柄の句と歌を見つけた。酒と鶴というと、仙人が黄色い鶴に乗って飛び去った中国の伝承「黄鶴楼」なども思われるが、ここに描かれた鶴は白。その清々しさと気品あふれる姿が、飲み手を上品な夢に連れて行ってくれそうではないか。

 IMG_6522201303.jpg

一つまみ塩を置きたる枡酒の、老いの入口を香(かぐは)しうせり            高野 公彦

もう飲むまいカタミの酒盃を撫でている       種田山頭火

うちうちだからうちうちだからとくり返し碗に盛りたる酒をねぶれる          山崎 方代


お酒が本当に好きな人は、塩を肴にすると聞いたことがある。グラスの縁に塩を塗るマルガリータが、私は好きなので、枡の縁に載せた塩をちびりちびり舐めながら、木の香も味わうこの飲み方は、一度試さねばと、ここの歌を読んで思った。山頭火は、家業の造り酒屋を自身の酒癖によって破産させ、放浪を続けた俳人。「カタミの酒盃」が痛々しい。放浪歌人と呼ばれ独特の歌を詠んだ方代も、酒が好きだったのだろう。「碗に盛る・ねぶる」という語に、酒への強い執着を感じる。山頭火と方代の酒には、貧しさや淋しさ、自分の弱さへの哀しさがある。
『徒然草』第百七十五段に「百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそ起れ。憂忘るといへど、酔ひたる人ぞ、過ぎにし憂さをも思ひ出でて泣くめる。(中略)かくうとましと思ふものなれど、おのづから、捨て難き折もあるべし。」という一節がある。次にあげる種田山頭火の句や若山牧水の歌は、まさにその通り。二人とも、飲酒で命を縮めたとも言える。

酔ひざめの霰にうたれつつ戻る    

酔へばあさましく酔はねばさびしく   

酔へばさみしがる木の芽草の芽

おもひでがそれからそれへ酒のこぼれて  

それほどにうまきかとひとの問ひたらば何と答へむこの酒の味

人の世にたのしみ多し然れども酒なしにしてなにのたのしみ

酒飲めば心なごみてなみだのみかなしく頬を流るるは何ぞ

いざいざと友に盃すすめつつ泣かまほしかり酔はむぞ今夜

酒すすればわが健かの身のおくにあはれいたましき寂しさの燃ゆ

寂しみて生けるいのちのただひとつの 道づれとこそ酒をおもふに


        IMG_6491201303.jpg

現代の歌人にもお酒好きは多そうだが、特に有名なのは、「日本ほろよい学会」会長の佐佐木幸綱氏であろう。「日本酒を愛する人々、文学を愛する人々、自然を愛する人々が相集い、おいしい全国の日本酒を酌み交わしながら、大いに語り合いましょう。」という会。その存在を知ったのは、数年前に伊丹市で開かれた「短歌と俳句の交響」という、氏と坪内稔典氏との講演会であった。清酒白雪で有名な伊丹市は、「東の芭蕉・西の鬼貫」と称された俳人上島鬼貫(実家は酒造業)の出身地であり、日本三大俳諧文庫の一つ「柿衞文庫」でも知られている。という訳で、講演会では、お酒や俳句が話題になった。佐佐木幸綱氏は歌人の家系というだけでなく、水原秋桜子の産院で生まれ、高校の国語の先生には中村草田男がおり、二十代の時は、高柳重信の家に入り浸っていたという、まさに短歌・俳句界のサラブレットみたいな方でもある。次は、そんな氏のお酒の歌の数々。

喉深く熱酣の酒落としつつ腹に沁みゆくまでのしばらく   

履歴書に書かざる夥しき日々の夜々の泥酔こそがわが核  

うらさびしく酒恋いわたる牧水を引用しつつ寂しくなりぬ   

何を待つでもなき夕べ 人生のこういう時間に酒を酌む幸(さち)   


上戸の面目躍如といった歌群である。体の中をお酒が通り過ぎるときの至福な時間を詠んだ一首目。自分の一番中心となるものを作り上げているのは、「泥酔」であるという二首目。「酒仙の歌人」とも称された若山牧水への共感と感傷を詠んだ歌。四首目を読むと、酒という幸に恵まれ満ち足りている作者の表情が浮かび、私まで嬉しくなってくる。
 
 IMG_6527201303.jpg

さて、清酒は冷やでも温めても、それぞれの喉越しが魅力的だが、冬と言えばやはり熱燗に雪見酒。

熱燗にうそもかくしもなしといふ    久保田万太郎 

熱燗の後の淋しさありにけり      倉田 紘文

熱燗の気負ひのうらにある望郷     宇都宮滴水

熱燗やふるさと遠き人と酌み      西沢 破風


カッと体を熱くしてくれる熱燗は格別であるが、その分、その後の淋しさも深くなってしまうのだ。

熱燗や恋に不慣れでありしころ     行方 克巳

一献また一献熱き酒くみて潤(ほと)びゆくらし女男(めお)のなからい            久々湊盈子

熱燗の一本で足る齢かな        中鉢 卓花


年を重ねることで、お酒にも人にも滋味が加わる。

熱燗や雪はますます積るのみ      高浜 虚子

雪といひ夜の酒人を寡黙にす      星野麥丘人

雪見酒秘めたることは秘めしまま    木曽 晴之


雪の夜には、しっとりとした飲み方がふさわしい。純粋に酒の美味しさを味わいながら、自分と向き合うひとり酒は、腹にも胸にも沁みてくる。

ひとり酔う熱燗こぼす胸の内      山口 草堂

李白思えばすぐ酔う雪のひとり酒    原子 公平

春宵の酒場にひとり酒啜る誰か来んかなあ誰(た)あれも来るな           石田比呂志


上の歌には、独りを愛しつつも人恋しい人間の真情が吐露されていて、共感を覚える。軽やかな表現も楽しい。次にあげる作品群は、友人や知人と酒の場を設け飲んだ時のもので、生活の実感がある。

生活のつきあひの酒飲みてきて路地行けば軒に鮟鱇吊らる            宮 柊二

寒き夜や虚子まず飲めば皆酔へり    星野 立子

師の脇に酒つつしむよ年忘れ      石田 波郷


どろどろに酔うてしまひぬ年忘     日野 草城

酒飲みのかつ人生の先輩として先に酔う ちょっと失礼            石田比呂志


 IMG_6528201303.jpg

年末・年始は、特にお酒が欠かせない。人間関係の潤滑油でもあるお酒には、人生の悲喜交々が映し出される。時には賑やかに、時には静かに。

年酒酌むふるさと遠き二人かな    高野 素十

大盃の年酒を回し飲みにして     仁尾 正文

生くる日のかなしみなれや酒酌めば山おろし吹く年のはじめを        前 登志夫

あさ一合、ひるに一合、よる二合八十八翁元日の酒              土屋 正夫


この歌の翁は一日四合の飲酒。さて、酩酊する酒の量とはいかほどであろう。次の二首も面白い。

一合の酒が三合になるまでは喋れぬ事も吾にはあるのだ            内田 弘

うどん屋の饂飩の文字が混沌の文字になるまでを酔う             高瀬 一誌


たくさんの酒の俳句と短歌を引用したが、読むとたちまち飲みたくなる次の三首で終りにしよう。

まひるまをひそかにし飲む酒にして音たてて喉をくだりゆきたり        島田 修二

くびほそき瓶出づるときこの酒はちひさき笑ひのこゑたつるかな        高田 流子

電熱コイルにぽッと灯ともる感じとぞ飲酒をたとへき中島らもは        栗木 京子




プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード