心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-杉山平一詩集 『希望』
 読みたかったのに手に入らなかった本が増刷され、俳人で詩人でもある知人から偶然いただきました。言葉が平易で読みやすいのですが、気持ちは深くて、とても素敵な詩集です。

杉山平一詩集 『希望』 (編集工房ノア/2011年・2012年4刷/1800円)

   sugiyamaheiitisisyukibou.jpg

杉山平一(すぎやまへいいち)氏は、1914年福島県生まれの、詩人・映画評論家・元大学教授。神戸・大阪で育ち、東京帝国大学美学美術史学科卒業。在学中三好達治に認められ「四季」に参加、同人となる。卒業後、織田作之助らと「大阪文学」を創る。中原中也賞、小野十三郎賞特別賞などを受賞。四季派学会会長、現代詩人会会長を歴任。2012年、詩集『希望』で第30回現代詩人賞受賞。2012年5月19日死去。

あとがきから
この詩集の編纂にかかり始めた時に東日本大震災が起こり、次々と流れてくる報道に動転した。そもそも、私は会津生まれでありながら、東北について無知であった。しかし、私は、太陽に眩しく輝く南の海より、青インクのような北の海、高村光太郎が「キメが細かい」と言ったような北の青空が、好きである。・・・(中略)・・・詩集の題名を「希望」としたが、少しでも復興への気持ちを支える力になれば、と祈るばかりである。                 2011年8月15日

 冒頭の「希望」をはじめ、「反射」「いま」「つぶやき」「待つ」「木の枝」「声」「事件」などなど好きな詩がたくさん!ここには「希望」を載せたいと思います。

        夕ぐれはしずかに
        おそってくるのに
        不幸や悲しみの
        事件は

        列車や電車の
        トンネルのように
        とつぜん不意に
        自分たちを
        闇のなかに放り込んでしまうが
        我慢していればよいのだ
        一点
        小さな銀貨のような光が
        みるみるぐんぐん
        拡がって迎えにくる筈だ

        負けるな


       IMG_6983201304.jpg
      【染井吉野が終わったら八重桜。花がみ~んな下を向いて可愛いのです。】

       IMG_6966201304.jpg
      【桜のあとは新緑。薄くて小さい葉が光に触れて輝く時、心がふるえます。】

 山口旅行のお土産に買った山頭火のカレンダー。去年も掛けていたのに、なぜか今年は妙に心に沁みます。

        あんたのこと考えつづけて歩きつづけた   

              葱坊主わたしにもうれしいことがある     

                    物思ふ雲のかたちのいつかかはつて     


普段参加している歌会や句会では、こんなに直接気持ちを述べたものは、よく批判されるのですが…。たまには思いをストレートにも言いたいのです。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

心に響く本-林望著『すらすら読める風姿花伝』
 IMG_69421304.jpg
 【今回の写真のテーマは、ベランダの「春うらら」】

 林望著『すらすら読める風姿花伝』 (講談社/2003年/1600円)

  surasurayomeruhusikaden.jpg

 久しぶりの林望さんの本です。古文の下に、わかりやすい訳がつけてあり、その後ろに噛み砕いた解説が付いているため、書名の通りすらすらと短時間で読めました。世阿(弥)の言うことは、能に限らずすべての芸能・芸事・芸術に通じると感じました。例えば、次の「花伝第六 花修云(かしゆにいわく)」の次の部分(現代語訳で引用)など、短歌や俳句を作る時にも当てはまります。

何よりもまずは偽らぬ写実
一、能を演ずる上で、「強い(しっかりしている)」というのと「麁(あら)い(粗野である)」というのは似て非なるもの、また「幽玄(優美艶麗である)」であることと「弱い(弱々しい)」ということも全く別ものである。・・・(略)・・・真実にこれを知らないからこそ、弱いシテやら麁いシテばかりが多いのである。
まず、おしなべて物まね(写実)の芸において、正しく写実せぬことによって能は粗野になり、また弱々しくもなるのである。この「麁い・弱い」の境界はまことに微妙なもので、いい加減な稽古工夫では、なかなか見分けがつかぬ。よくよく奥深く考えに考えて、十分に心に落ち着けておかなくてはなるまい。(以下略)


 巻末で、林望氏が、世阿(弥)のことを述べる中で「天才とは、つまり無限に努力できる能力を持った人を謂うのである。」と書いていたのが印象に残りました。世間で天才と言われている人は、確かにそうであると思ったし、すべての人に天才になれるチャンスはあるとも言えるわけです。そう考えると、人生ってかなり楽しいかもしれません。


  IMG_69881304.jpg   IMG_69941304.jpg
  

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

心に響く本-内田樹と岡田斗司夫FREEex『評価と贈与の経済学』
内田樹と岡田斗司夫FREEex『評価と贈与の経済学』
(徳間書店/2013年/952円)

   hyoukatozouyonokeizaigaku[1]syou

 内田樹氏は、今まで『日本辺境論』や『下流志向』などを読んで、武道家としての身体感覚を伴う発言に共感を覚えることが多々ありました。岡田斗司夫氏は、朝日新聞の悩み相談の回答がいつも素晴らしく、著書も何冊か読み関心を持っていました。このお二人の対談というので、早速注文。帯文の「役に立つのは“お金”じゃなくて“人柄”」というのに、大いに心惹かれ、例によって線を引きながら読みました。

私は、先日、とても素敵な若者に出会えて、その爽やかな人柄と行動力に感銘したところでしたので、この本の内容がすとんと心に入りました。お金だけが価値のあるように動く社会に対して違和感を覚えている人たちに、ぜひ読んで欲しいと思う本でした。岡田斗司夫氏のまえがきを以下に一部引用します。

(この部分は私のまとめ…いろいろな意味で対照的な)二人が対談したら驚きました。見えている未来がほぼ同じなのです。これからは人柄が大事。人の世話をする人が得をするし、幸せになれる。お金をいくらもらったか、いくら使ったかではなく、人に何ができたのか、何をしてもらったのか、で測られる。

 この文章、私の日々の暮らしの実感でもあり、大変共感を覚えると同時に、みんながこのように考えて生きていけたら、未来は明るいと感じました。東日本大震災以降、まともな人たちは「何がいちばん大切か」ということを、真剣に考えていると思います。そして、その「いちばん大切なもの」がお金でないことも、感じているのではないでしょうか。そういう意味でも、タイムリーな本だと思います。

 IMG_66871304.jpg

  山頭火の日めくりカレンダー、ここ数日の句が心にしみました。
 
      ふるさとは遠くして木の芽
 
          膝に酒のこぼるるに逢ひたうなる

              けふもいちにち風をあるいてきた


 IMG_66241304.jpg
 【どちらも大阪の大川沿い(天満橋から源八橋)川の両側に桜並木4200本】

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

心に響く風景-奈良公園の桜
 奈良公園の桜は種類が多く、芝生の緑に映え、気持ちの良い美しさでした。
「きれい!きれい!」と撮っているうちに、写真は軽く100枚を超えていました。そこから10枚。

 IMG_68121304.jpg
 【大仏殿の近くには桜の森がたくさんあります。】
 
 IMG_68211304.jpg

  IMGP66171304.jpg
  【染井吉野より濃いピンクの奈良九重桜がたくさん。奈良県新公会堂庭園にて。】

       IMG_68411304.jpg
       【紅豊という名前の八重桜/シルクロード館近く。】

 IMG_68781304.jpg
 【奈良九重桜の森/メインロードから離れているので人もまばら。】

 IMG_68821304.jpg
 【なんだか見えないお釈迦さまがいるような光景でした。】 

 IMG_68961403.jpg
 【大好きな二月堂から。】

 IMG_69111304.jpg
 【奈良へ行ったら、必ずこの道を通ります。】

 IMG_69291304.jpg
 【とても大きくて花付きのいい八重紅枝垂桜/大仏殿の裏側。】

 IMG_69351304.jpg
 【日が暮れ始めて光量の減ったのが残念…。次は、ここにも明るい時間帯に着けるように。】

 奈良には学生時代に(といってももう40年も前!)住んでいたし、毎年よく訪れるのに、こんなに魅力的な桜がいっぱいあるなんて全然知りませんでした。いったい今まで何を見ていたんだろうって思いましたけれど…。
お天気にも恵まれ(やはり青空でなくっちゃ!)、幸福感に包まれた散策でした。



 追記:うみそら居士さんのブログで、浜田省吾さんと長渕剛さんの歌が紹介されています。
今まで苦手だった長渕さんでしたが、歌詞を見てシンガーソングライターの良心を感じました。
一部引用しますが、ぜひ、うみそら居士さんのブログで聞いて見てください。映像もいいです。

  生きたいと叫びながら/消えてった農夫たち
  生きたいと叫びながら/消えてった漁師たち
  生きたいと叫びながら/消えてったあの時の夕焼け
  やせ細った野良牛たちの/瞳をどうやって僕は見つめればいいの

  止めてくれ原発を/止めてくれ今すぐ
  母親から子供を引き裂き/子供から母親を裂く
  乳房をくわえる赤子の/瞳をどうやって僕は見つめればいいの


テーマ: - ジャンル:写真



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード