心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-東北大震災から2年半
 元同僚から、2013年6月に東北大震災のあとを、現地の友人達を訪ねながら、10日間滞在したときの話を聞きました。その中から二つの中学校での話を紹介します。色つき文字は、緑色が元同僚から聞いた話、紺色がニュースなどから知った話です。

       IMG_8293201310.jpg

 大槌中学校では、約200人の生徒のうち、大震災で亡くなったのは2人。しかし、残ったどの生徒も、父母・兄弟姉妹・祖父母など誰か身内を、あの大津波で亡くしている。
自分以外のすべての家族を亡くした生徒が1人いる。何箇所か避難所を訪ねて、家族を捜しても誰も見つからない。おびただしい数の遺体が安置された所で、遺体がくるんである布を一枚一枚はがしながら、家族を捜さなくてはならなかった。
津波で流され打ちあげられた、ヘドロと重油がこびりついた遺体を、自衛隊の人たちが、そのまま背中に背負って安置所まで運んで洗った。

大津波のあった夜、高台に避難した人たちは、火の海になった自分たちの町を、震えながら見た。数秒毎に、各家庭の使っていたプロパンガスの爆発する音が響き、一睡もできなかった。
戦争の体験は無いけれど、町に爆弾が落とされ戦火が広がる状況と重なった。
身一つで逃げてきた人たちは、寒い中、避難所となった高台にある公民館のカーテンを引きちぎって身を包んだ。


と、恐怖と絶望の一夜を、大槌中学校に勤める友人が語ってくれたそうです。
一人一人がこの辛い極限状況の中を、生きねばならなかったことを、私たちは忘れてはいけないと思います。

       IMG_8294201310.jpg

 福島原発から50km離れた(避難区域ではありませんが、放射線量はこちらの5倍以上)内陸部の中学校を訪ねたとき、下校中の生徒が全員マスクをし帽子を被って体操服だったのが気になったそうです。
校内の樹木は原発から飛散した放射能に汚染されており、除染のために全部伐られ、グランドの土も表土を削ったそうです。ただし、その汚染土の行き場がなく、グランドに穴を掘り再び埋めてあるという話
 に、なんとも言えない思いを抱きました。

大震災から2年経ったこの4月、生徒たちはやっとグランドで体育ができるようになったそうですが、通学路には、まだ除染の終わっていない所もあるので、マスクと帽子の装備が欠かせないということです。かつての普通の生活が戻るのに、30年はかかるだろうと言われているとのことです。 が、15歳の中学生たちが45歳…、むごいです。

これらの話をしてくれた元同僚は、陸上で全国大会に出るような生徒を育てた先生でしたが、この東北の現状を見て「東京オリンピックなんかやってる場合か、全然復興できてないぞ。」と怒っていました。

       IMG_8298201310.jpg

 私も改めて、東京五輪招致委員会の竹田理事長の発言「(東京と福島は)ほぼ250キロ、非常に、そういった意味では離れたところにありまして、皆さんが想像するような危険性は、東京には全くないということをはっきり申し上げたいと思います。」 や、
安倍首相のプレゼンテーションでのスピーチ「状況はコントロールされている。私たちは決して東京にダメージを与えない。」を思い出しました。国の代表とは思えない、心ない発言です。

さらに、安倍首相は「汚染水による影響は福島第一原発の港湾内で完全にブロックされている。日本の食品や水の安全基準は世界でも最も厳しく、健康問題は今もこれからも全く問題ないことを約束する。」 と強調しましたが、解決できない汚染水のニュースが、今も毎日続いています。山の木々が蓄えたきれいな地下水が、原発敷地を通過して汚染水になり海へ…やりきれません。

       IMG_8330201310.jpg

 小泉元首相が、フィンランドの核廃棄物最終処分場を視察してから、「脱原発」を主張しています。私も以前にテレビで見ましたが、厳戒体制をとった広い処分場ですが、それでも原発4基分だけ、おまけに、ちゃんと処理が終わるのに10万年以上はかかるだろうとの話でした
日本には50基以上の原発があり、今でも核廃棄物の行き場がなくて困っているのに、再稼働なんかしたら更に増えるばかり。おまけに狭い国土で、地殻変動も多いと来ている。いったい未来にどう責任をとるつもりかと、経済優先の安倍内閣の動きにはあ然とするばかりです。
人間らしい当たり前の幸せを、原発のせいで奪われている人たちがいるという現状を忘れてはいけないと思います。

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

心に響く風景-久しぶりの万博公園
 久しぶりの万博公園散策です。心地よくて3時間ほどぶらぶらしました。

   IMG_81961310.jpg

   IMG_81991310.jpg

   IMG_82061310.jpg

   IMG_82171310.jpg

   IMG_82221310.jpg

        IMG_82331310.jpg

   IMG_82371310.jpg

 万博公園は、遠足の子どもたちでにぎわっていました。10月9日の夜、自衛隊によるミサイル迎撃訓練が万博公園で行われました。寝耳に水の出来事に、「あの自然の豊かな公園で!岡本太郎さんも怒ってるよ!」と、家族皆でショックを受けていましたが、かつて国際児童文学館があり、今は駐車場になっている辺りで行われたようだと、太陽の塔の後ろ向きの写真から確信しました。あれだけ、子どもたちのために無くさないでほしいと言っていた建物の跡で…と思うと、尚更腹立たしさが募ります。一体この国は、どこへ行こうとしているのでしょうか。

テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

恩師の俳句-句集『岬の春』
 現在、入院中のS先生(高校時代の恩師)に代わって、ご子息が先生の俳句を句集にまとめられ、この夏、出版されました。「冊数に余裕はあるのですが、どなたに送ったらよいか分からなくて…」と伺ったので、十五冊ほど預かり、同級生や先生にゆかりのある方に送らせてもらいました。皆さんからの感想が、病床のよい慰めになっていると、先生をはじめご家族のみなさんが喜んでおられました。

   misakinoharu.jpg 『岬の春』 こじんまりとした優しい雰囲気の句集

夏の章から
せせらぎの音の底より螢湧く
川のある町に生まれ育った人にとって、蛍にまつわる思い出はどこか甘くて切ない。「せせらぎの音の底より」という把握が、蛍の命の源を思わせて、素晴らしい表現だ。 

柏餅母の匂ひとふるさとと
私のふるさとでは柏餅を包むのは、柏葉ではなく、艶々とした丸い「山帰来(さんきらい)」の葉だったが、先生のところはどうだったのだろう。この葉を見ても柏餅を食べても、母=ふるさとを思い出す。

秋の章から
青春を過ごしし町を霧包む
川霧が大量に発生し、橋上を行く時、一緒にいたはずの友すら見えなくなった。拙句にも「川霧の橋上に友見失ふ」というのがあるが、青春を過ごした、霧に包まれる盆地の町は忘れ難い。

木犀の香をはさみ置く夜の日記
一仕事終え、ほっとした時、金木犀の香が漂うのに気づき、癒されることがよくある。この句は、五七五に選ばれた言葉が完璧で見事だ。

冬の章から
毛糸編む妻ふくよかな指の先
この句集には「妻」「母」を詠んだ句が、比較的多く出てくる。先生を支えて下さる、とても大切な、そして大好きな存在なのだと思う。温かくて優しく細やかな句だ。

人消えし闇に白雪降りつもる
暗闇に白く積もっていく雪、幻想的で静かで美しい。しんしんと冷えていく空気も感じる。三好達治の詩「雪」の世界も思わせて、深さと広がりがある。

春の章から
病むことも生きる証か白木蓮
健康で元気いっぱいだった身も、老いたり病んだりして、どこか不自由な箇所を抱えてしまう。若い時のような体にはもう戻らないのだと、辛く寂しい時もあるけれど、それもまた「生きる証」。白木蓮に励まされる春の始まりである。

芽吹くものみな芽吹かせて空晴るる
命のほとばしり。空は快晴。この夏流行ったジブリの「風立ちぬ」じゃないけど、「いざ生きめやも」だ。芽吹きや新緑は、生きる力になる。

   rikka9gatugou.png 「六花」9月号

兄の高校時代の同級生、山田六甲氏が主宰をしている「六花(りっか)」9月号で、S先生の句の特集を組んでいただきました。先生の句「赤とんぼ海の碧さに紛れざる」と、お名前・句集名を頭に置いた俳句35句の連作です。思い出をと言われ書いた拙文も加え、貴重な誌面を4ページも割いて下さいました。

さのよいよい踊の月は三日月に
同級生のKさんが、この句を読んで「懐かしい!」と喜んでくれました。私たちが入学した時、担任になった先生が「『さのよいよい』と覚えて下さい。」と言われたのだそうです。何にも覚えてなかった私は、Kさんの記憶力に驚きました。

内子まで鮎をつかみに帰るけん
ふるさとが同じ六甲氏ならではの、方言入りの俳句。同郷の者には、感涙の句。鮎もとれたふるさとの山河は、今も無事でしょうか。

いくつでも母には子ども盆ちまき
子どもの時も、親になっても、母の存在は最高。そして、いつも食べ物とともにある母の思い出。「食」は「愛」の根源なのです。

爽やかや「岬の春」の句集手に
凝った表現にして世間の注目を浴びようとか、話題になろうとか、そういう世俗的な欲から遠い純粋な句集。「爽やか」私の第一印象もそうでした。本来、俳句というのは、こういうものであろう。優しく温かな気もちをいただいたのは、この句集を受け取った皆であったと思います。

      mainitizinbunsanosensei.jpg 毎日新聞「季語刻々」

私と高校は違いますが、S先生の教え子の一人である俳人の坪内稔典氏は、毎日新聞に連載されている「季語刻々」に、先生の句を取り上げてくださいました。

S先生の優しさが、水輪のように広がって、この句集のおかげで、私も皆さんからたくさんの感想を寄せてもらい、温かい気持ちをいただきました。いろいろありがとうございました。

ちょっとお知らせ:10月20日(日)の昼間、青木拓人が、FM802のDJ平野聡さんとのジョイントライブを、大阪市内のギャラリーで行います。(詳しくは、右列リンク先より)

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

心に響く音楽-ICレコーダー&懐かしい人たちのCD
 ここ数カ月ほど関わっていたことが無事終了し、自分の時間が戻ってきました。

 IMG_81501309.jpg

今、私がはまっているのは、買ったばかりの「ICレコーダー」。小さくて軽くて優秀なこの機械、録音だけでなくFMラジオも聞けるんです。自分の好きな曲を編集しながら取り込んだり、自分の朗読を録音して、よくないところをチェックしたりと、毎日大活躍。しかも充電が、パソコンのUSB端子にさすだけでできるという手軽さ。通勤の往復、その時の気分に合わせて、好きなフォルダを選んで聞けば、いくらでも歩けます。

フォルダ1(朗読練習など)

フォルダ2(男声)
斉藤和義~「ずっと好きだった」「歩いて帰ろう」「僕の見たビートルズはTVの中」「歌うたいのバラッド」
ミスチル~「君が好き」「星になれたら」「彩」「しるし」「君がいた夏」「抱きしめたい」「くるみ」「口笛」「Sign」
スピッツ~「空も飛べるはず」「チェリー」「君が思い出になる前に」
チューリップ~「夏色のおもいで」「銀の指輪」「サボテンの花」

フォルダ3(女声)
竹内まりや~「元気を出して」「Forever Friends」「家に帰ろう」「純愛ラプソディ」「人生の扉」
ユーミン~「やさしさに包まれたなら」「卒業写真」「12月の雨」「ひこうき雲」「海を見ていた午後」「かげりゆく部屋」
中島みゆき~「糸」「空と君のあいだに」「永遠の嘘をついてくれ」
南沙織~「潮風のメロディ」「哀愁のページ」「早春の港」「色づく街」「哀しい妖精」

フォルダ4(名歌・名句朗読)

この夏は、いろいろお世話することがあり、かなり疲れておりました。そのストレス解消のために買ったのが、懐かしい人たちのCD4種類。ずいぶん慰められました。やっぱり音楽はいいですね。

2013masasityu-ripu.jpg

2013mariyayu-min.jpg

『TULIP40 ~すべてのシングル40曲 デビュー40周年を記念して~』3枚組

『さだまさし 天晴~オールタイム・ベスト~』「こころ」「とき」「いのち」3枚組39曲

『竹内まりや Expressions』デビュー30周年 3枚組42曲

『松任谷由実 日本の恋と、ユーミンと。』デビュー40周年 3枚組46曲
 

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード