心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-嵐山
 嵐山の紅葉は11月下旬が見ごろです。

       IMG_88051311.jpg
       【渡月橋】

 次からの7枚は、大本山天龍寺塔頭「宝厳院(ほうごんいん)」の紅葉です。

 IMG_88351311.jpg

       IMG_88361311.jpg

       IMG_88381311.jpg

       IMG_88421311.jpg

       IMG_88491311.jpg

       IMG_88591311.jpg

 IMG_88511311.jpg

大堰川(おおいがわ)沿いに行き、人の少ない亀山公園へ。

 IMG_88701311.jpg

 IMG_88731311.jpg

公園を抜けると大河内山荘が見える。右手の立派な竹林を通って裏口から天龍寺へ。
庭園奥の小山へ行くと紅葉が見事。大きな枝垂れ桜も結構あるので、春も楽しみです。
時間があれば、竹林に入らず細道を常寂光寺の方に進むのもお勧めです。
途中左手に、私の大好きな顔の人形を作られる工房&カフェ「アイトワ」があります。
「アイトワ」(HPあり)は自然循環を考えた生活空間で、ご夫妻の生き方が魅力的。

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

心に響く本-辻村深月の本
       IMG_8770201311.jpg
       【三色彩道は今年も美しく色づきました。】

 今回は、辻村深月さんの本を二冊ご紹介します。

    hikarimatubasyohe13.jpg  bokunomezyasupon13.jpg

『光待つ場所へ』 (講談社文庫/2013年)
辻村深月さんの本は、今までに5冊読みましたが、この本がいちばん好きです。五編の短編小説が入っていて、どこかでそれぞれの登場人物が淡くつながるのが、嬉しいおまけのようでした。
プライドが高く自意識過剰の主人公が、挫折やつまずきをきっかけに成長していく青春小説です。心理描写がていねいで共感を覚えました。
Ⅰ「冷たい光の通学路」-小学生と先生。   Ⅱ「しあわせのこみち」-絵の得意な大学生。
Ⅲ「アスファルト」-人の善い大学生。     Ⅳ「チハラコートの物語」-嘘つきのモデル。
Ⅴ「樹氷の街」-中学三年生の合唱コンクール。


『ぼくのメジャースプーン』 (講談社文庫/2009年・2013年25刷)
主人公のぼくとふみちゃんは小学生。一緒にうさぎ当番をしていた。ある朝惨たらしい事件が起き、ふみちゃんの心が壊れる。ある「力」を持つ、ぼくと秋山先生がある学びを重ねていく中で…。悲しさ、怒り、憤り、理不尽さ。『ロードムービー』の時も思ったが、辻村深月さんはこういう辛い感情を表現するのが上手い。我慢するだけではなく、相手に気持ちをまっすぐぶつけることが、人生の中では必要なのだというメッセージを、彼女の作品からは受け取ることができる。

       IMG_8774201311.jpg

 言論の自由が守られ、平和で安全な中で、季節の風物を楽しめる日々が続きますように。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

写俳コーナー-秋の奈良公園(横組み)
 皆さんも、「写俳」(写真俳句)で遊んでみませんか?②
        -2013年11月奈良公園にて/その②は横組みの写真- 
 「写真から秋は感じられるので、季語にこだわらず詠んでみました。現代仮名遣い。」

 IMG_8523201311.jpg
 生きており 天涯に想い馳せながら


 IMGP79221311[1]2
 秋日中 祈りの道の奥社へと


 IMG_85951311.jpg
 爽やかや 石の階(きざはし)くだりきて

 
 IMG_85971311.jpg
 吾もまた土に還るや 吹き溜り


 IMG_86441311.jpg
 集い来る樫(かし)は菩提樹のごとし


 IMG_86271311.jpg
 後ろより見る 黄葉も拝殿も


テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

写俳コーナー-秋の奈良公園(縦組み)
 皆さんも、「写俳」(写真俳句)で遊んでみませんか?①
        -2013年11月奈良公園にて/その①は縦組みの写真- 
 「写真から季節が分かるものには、季語を入れずに詠んでみました。現代仮名遣い。」

       IMG_85311311.jpg 
       里古りて 昔のままの鹿の顔


       IMG_85471311.jpg 
       身をそらす 秋天に腕突き上げて


       IMG_85531311.jpg 
       秋日背に 二十歳の吾に逢いに行く


       IMG_85851311.jpg 
       パレットに余白まだある秋日和

 
       IMG_86121311.jpg 
       引き返す散歩道なり 人の声


       IMG_86581311.jpg 
       本日も休業 主(あるじ)は旅の空

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

心に響く本-原田マハの本2冊
 IMG_84181311.jpg
 【先週末、庭で、地を這うように咲いていた菊】


           hosinotomihiro1311.jpg
       【昨日、叔母から届いた雑誌のトップにあった星野富弘さんの詩画】

 毎月、手紙をくれる故郷の叔母が、毎月三首送っている短歌で特選を頂き、多めに雑誌をもらったのでと、送ってきてくれた1ページを見て、ビックリしました。数日前に撮った写真と、とても似ていたものですから。
 ちなみに、叔母の短歌は「大輪のひまわりの花高々と青き大空つかみて立てり」です。結句が、ひまわりのたくましさを表わしていて、とてもいいなと思います。


 久々の本の紹介です
 今年は、本を読むペースが速くて、すでに200冊を超えました。といっても、俳句や短歌、実用書などが多く、紹介したい小説にあまり出会えていませんでした。たまたま201冊目に初めて読んだ原田マハさんの小説がとてもよかったので、もう1冊読んでみたら、それも興味深かったので、あわせてご紹介します。

  ikirubokura1311.jpg   1311rakuen.jpg

『生きるぼくら』 (徳間書店・2012年)
 ちょっと都合よくお話が展開してしまうかもしれませんが、そこは小説ですから、あまり気にせず。キーワードは、【おにぎり・梅干し・東山魁夷「緑響く」・蓼科・離婚・ひきこもり・いじめ・認知症・若者・祖母・自然農法の米作り】。生きにくい時代ですが、一歩踏み出せば、支えてくれる人もいて、前に進んでいけるんだという、希望をもたらしてくれる小説。最後、泣きました。

『楽園のカンヴァス』 (新潮社・2012年)
 最初、ちょっととっつきにくいけれど、途中から止まらなくなるのは、先に紹介した本と同じ。美術史科を卒業し、美術館に関わる仕事をしてきた作者ならではの、アートミステリー。キーワードは、【ルソー・「夢」「夢をみた」・ピカソ・美術館・研究者・絵画コレクター】。この本も、ちょっと都合よく展開する部分に、物足りなさを感じるかもしれませんが、面白さと結末への興味で読み進んでしまいます。最後の文字合わせには、思わずうなりました。この物語を書こうと思ったきっかけは、もしかしたら、この最後の部分にあったのかもしれません。


 IMG_84151311.jpg
 【今年の収穫。昨年は、保存に失敗したので、気をつけなくちゃ…。】

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

写俳コーナー-初紅葉
 例年より少し遅い?紅葉が始まりました。久しぶりの写俳です。(今回は現代仮名遣い)

  IMG_82291310.jpg
  流れるは 雲 風 芒 子らの声


       IMG_83351310.jpg
       柿干して猫としばらく鳥の番


       IMG_83751310.jpg
       黄葉のはじまり空へ告げる朝


       IMG_83701310.jpg
       秋気満つ 道の曲りのゆったりと


       IMG_83721310.jpg
       胸像の視線まっすぐ 初紅葉


       IMG_83871310.jpg
       天高し 鉄塔すこし背伸びする


       IMG_83611310.jpg
       冬近し 二匹の猫の触れ合って


  IMG_83841310.jpg
  ただいまとおかえりの声 秋の暮

追記:前々回の「久しぶりの万博公園」の「ススキの写真」をここの1枚目に使ったので、前々回のススキの写真を別のと替えました。お時間があれば、覗いてみてください。

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード