心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-今年読んだ本から
 今年も拙いブログにお付き合いくださって、ありがとうございました。
年末恒例の(と私の中で決めている)本の紹介で、今年の〆と致します。

 今年読んだ本(雑誌や結社誌は除く)は、合計225冊です。
簡単に読める本も結構あるので、冊数の多さはあまり意味がありません。
最近読んだ中で、とても紹介したい4冊をアップします。(新刊は無し。)

1、のんびりほっこりしたいときに
  どいかや著『ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。』~絵本作家の森ぐらし~
       (白泉社/2011年刊/1300円)
    ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。
猫の絵も写真も文章も、そして著者の生活そのものも私好みの素敵な本でした。
せっかく生まれてきたのだもの、こんなふうに自分の体にも心にも気持ち良く…。


2、俳句の基本的な知識をきちんと手に入れたいときに
  國文學編集部編『知っ得 俳句創作鑑賞ハンドブック』
        (學燈社/2008年/1800円)
    知っ得俳句ハンドブック
俳句の本質・俳句の歴史・俳句の鑑賞・俳句の作法・俳句の添削と批評・俳句と古典文学・俳句と近代文学・海外の俳句・俳句の研究と俳論・現代俳壇地図・俳人の系譜・俳句の年表・季題と季語一覧・俳句の本・俳句の文学館と資料館
どれもしっかり書かれていて、質のいい本だと思いました。


3、言葉にだまされず現代社会を生きるために
小森陽一とアーサー・ビナードの対談『泥沼はどこだ』言葉を疑い、言葉でたたかう
  (かもがわ出版/2012年/1900円)
 帯文に「文学者が語る政治の言葉 ウソとのたたかい方」とありますが、文学者と詩人がここまで政治のことを語らずにはいられない酷い現状を、皆さんにもぜひ知って頂きたいと思った本でした。共感することや教えられることがたくさんあり、付箋をいっぱい貼りました。私にとっては、今年一番の収穫本です。

4、とりあえず軽い感じで読んでみたいという方に
アーサー・ビナード著『日本語ぽこりぽこり』 講談社エッセイ賞受賞
  (小学館/2005年/1600円)
 日本人より日本語をよく知っていて、日本のことを考えている著者です。
 気楽に読めますが、本質を突いていて、大事なことに気づかされます。
泥沼はどこだ 日本語ぽこりぽこり

12月初めに、アーサー・ビナードさんと木坂涼さん(夫妻)の5時間もある講演を聞きました。
ユーモアも交えながら、上手くお話をされたので、全く疲れず充実した時間を過ごしました。
どんな話か知りたいという声もあり、とてもよい内容だったので、以下にまとめてみました。
よろしければお時間のある時にでも、下の[READ MORE]をクリックして読んでみてください。

皆さん、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。
[READ MORE...]

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

手作りが好き!-次男の手作りカレー
 週1回は、次男がカレーを作る日。前回載せなかった分をアップ。
スパイス好きな息子の作るカレーは、なかなか本格的で楽しみです。

13カレー緑と白
【上:緑色のホウレン草カレー(マイルド)/下:白色のグリーンカレー(辛い)】


13カレーヨーグルトキーマ
【上:インドカレーとサラダ/下:ヨーグルトキーマカレー(プチトマトが美味しい)】


13カレーキーマとチャイ
【上:キーマカレーとサラダ/下:ビーンズカレーとチャイ(ラッシーの時もあり)】


201312tuika.jpg
【12月31日追加:上・パプリカ入りカレー/下・リクエストした今年一番人気のカレー】


 今夏、映画「少年H」や「風立ちぬ」が公開されたのは、映画人の戦争への危機感からだと感じながら、両作品を観ました。戦争に正義はありません。
昨日、内閣総理大臣が靖国に参拝をしました。A級戦犯が合祀された1978年以降、昭和天皇が参拝を取り止めた神社です。怖い人が総理大臣をしているなと、戦慄を覚えました。

 20131227asahioobayasi.jpg
 【12月27日朝日新聞より】

1年前の総選挙で自民党の得票は選挙区で43%、比例区は28%だったにもかかわらず、その数字を忘れ、原発再稼働・普天間飛行場の辺野古への移設…等々、今の突っ走り方はどう考えてもおかしくはありませんか。
昨日(12月26日)、1票の格差(7月参院選で最大4.77倍)の違憲裁判も結果が出揃い、「合憲」は一つもありませんでした。民意がきちっと反映されない状態での選挙。多数決による暴挙の数々。民意と言えますか?

 本年中に、今年読んだ本の中から特に印象に残ったものをアップする予定です。


12月28日追加:所属する短歌会の永田先生も登場です。
20131228asahi.jpg
【12月28日朝日新聞より】
政府や官僚がやっていることを知っておくことは国民一人一人の「義務」という言葉に、強い共感を覚えました。朝日新聞には、この連載の継続を重ねてお願いしたいです。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

あんなことこんなこと-クリスマスカラー
クリスマスカラーといえば、1987年刊行の村上春樹著『ノルウェイの森』。
ここに載せたのは、スナフキンノートとリトルミイノート。文庫本サイズです。

 sunahukinnote13.jpg

 今月発売のMOE(2014年1月号)、大好きなムーミン特集だったので購入。
付録に、文庫本より一回り大きい「ムーミンダイアリー」がついています。

         moe20141.jpg

 ずっと連載の続いている朝日新聞の「どうする秘密法」。
毎日「その通り!」と思って読んでいますが、今回のは特に強い共感を覚えたので。

 asahi20131223.jpg
 【12月23日朝日新聞より】

 昨日(12月23日)、ニュースを見ていてびっくり!恐怖を感じます。
南スーダンで活動している韓国軍に、日本の自衛隊が小銃の銃弾1万発を提供したというではありませんか。今まで毛布や食糧の提供はあっても、「武器輸出三原則」があるので武器の輸出は断ってきたのです。それなのに、「緊急事態・国連要請」ということで、発足したばかりの「国家安全保障会議(NSC)」で、要請からわずか1日で提供を決定したのです。しかも、今日のニュースでは、韓国軍は「銃弾は不足していないが、予備の弾薬として借りた」ということです。「特定秘密保護法」といい、「憲法9条」への対応といい、アベノミクスは戦争をしたがっているとしか思えません。未だになぜ世界各地で戦争が絶えないか、という根本的な原因にも思いを巡らして、戦争では何も解決できないことを、皆で声をあげないと、大変なことになるのではないでしょうか。
追記:今朝(12月25日)の朝日新聞に、
「南スーダンの国連平和維持活動(PKO)をめぐり、安倍政権は24日、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している自衛隊を撤退させる検討に入った。」とありました。「現地の情勢が悪化しており、自衛隊のPKO参加条件が満たされなくなる可能性があると判断した。」そうです。1日も早い撤退を願います。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

あんなことこんなこと-次の選挙まで忘れない!
 多くの反対の声を無視して強行採決された「特定秘密保護法(案)」を忘れない!

 IMG_87861312.jpg
 【京都女子大学に行く途中で。】

国民の疑問や懸念にきちんと答えることなく、とってつけた公聴会を開き、急ぎに急いだ採決。
そのどさくさまぎれに「原発ゼロからの転換」「武器の原則禁輸撤廃へ」と恐ろしい流れが…。
こんなことをしておきながら、安心しろと言われても、安倍首相のいい加減さは五輪招致で証明済み。後から抜け抜けと「もっと丁寧に時間をとって説明すべきだった。」と言うくらいなら、採決しなければよかったのです。不信は募るばかりです。
昨日の朝日新聞に、私が思っていたことをそのまま書いてありましたので、以下にアップします。

asahisinnbun201312.jpg
【2013年12月10日朝日新聞より】

私たちがこの憤りを表わすことができるのは「選挙」!忘れやすいお人よしの国民性を利用されないよう、次の選挙までマスコミには報道し続けてほしいし、私たちも絶対忘れない強い意志を持ちたいと思います。

       IMG_89991312.jpg
       【水面に映る漆(ハゼ)の木です。】

       IMG_90001312.jpg
       【鯉が動いて波紋が広がりました。】

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

心に響く風景-醍醐寺・勧修寺の紅葉
この週末は、箕面に紅葉狩りに行く予定だったのですが、京都でまだ行ったことのないお寺を訪ねることにしました。有名な紅葉の名所は、お天気もよかったので、大変な人出だったと思いますが、今回訪ねたところは、どこも人が少なくてのんびりできました。紅葉は、11月20日頃に来たら、最高だったろうなと思いました。

醍醐寺(地下鉄醍醐駅から徒歩10数分)以下6枚
立派な枝垂れ桜がたくさんあり、他のところより早く見頃になるので、春にはよく訪れていましたが、紅葉の頃は初めて。奥の方にある「弁天堂」周辺の紅葉が、とてもきれいでした。雲ひとつない青空だったので、池が鏡のようになって美しかったです。「三宝院」は、お庭が立派で静かな世界に浸れますが、写真撮影ができないので、紅葉狩りが目的なら「西大門」から「弁天堂」辺りまでで十分かと思います。

       IMG_88981311.jpg
       【三宝院の奥の広場に大きな紅葉が数本/みんな知らずに素通り】

       IMG_89111311.jpg
       【西大門を入って金堂をのぞむ】

       IMG_89271311.jpg
       【どうだんつつじが見頃】

       IMG_89431311.jpg
       【池に映る観音堂】

 IMG_89501311.jpg
 【池に映る弁天堂】

       IMG_89591311.jpg
       【鐘楼堂のあたり、銀杏の落葉がたくさん】

随心院(地下鉄小野駅から東へ徒歩5分)
小野小町ゆかりのお寺で、梅園がありました。三月最後の日曜日には、「はねず踊り」という少女たちの踊りもあるようです。紅葉は少なかったのですが、とにかく人が少なくて静か。写経・写仏の体験もできるので、自分との対話の時間を持ちたい人には、よさそうです。

 IMG_89621311.jpg
 【雲ひとつない青空で、ぽかぽか陽気でした。】

 IMG_89681311.jpg
 【滝に打たれる修行僧のように、水の下に集まる鯉三匹がとても可愛い。】

勧修寺(地下鉄小野駅から西へ徒歩5分)
背景に京都の山並みが見え、素朴であっさりしたお庭に立つと、すかっと青い空が広がり、行楽シーズンの京都とは思えないのどかさでした。紅葉も結構ありましたが、私がいちばん心ひかれたのは「破れ蓮(やれはす)」です。蓮の花の季節にも訪れたいと思いました。人の少ない秋の京都を味わいたい方には、穴場です。

 IMG_89741311.jpg
 【境内で出会ったのは、十数人だったでしょうか。】

 IMG_90011311.jpg
 【今回いちばん気に入っている写真、池に映る紅葉と破れ蓮です。】

 醍醐寺から随心院まで歩き、途中、「一旦(いったん)」という若い方がされているお店でお昼を食べました。料理がていねいで材料もよく、9品もあって1,000円という「小町御膳」はお得感満載で、とても美味しかったです。内装は質素ですが、お料理にお店の方の頑張りと誠意(美味しいものがすごく好きそう)が感じられました。食後は、そのまままた歩いて、勧修寺へ。最初と最後は地下鉄を利用しました。

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード