心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』
 うみそら居士さんのブログで紹介してあったので、購入して読みました。

小倉志郎著 『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』

 hontounokowasa1408.jpg (彩流社/2014年/1700円)

著者は、慶応大学大学院工学専攻修了後、日本電子力事業(後に東芝に吸収合併)に入社。35年間、原発の見積・設計・建設・試運転・定期検査・運転サービス・電力会社社員教育に携わり、2002年定年退職。

「はじめに-原発という怪物を造って」からより部分引用
・・・私のように本社技術部門での経験と共に、建設中および運転中の原発の現場での長い経験をもつエンジニアは極めて稀だろう。出世をする技術者は本社の技術部門に留まり、現場を職場にすることなくどんどん偉くなっていく。そして、コストダウンを声高に叫ぶようになる。・・・原発のほんとうの怖さとは、原発の建設に携わった私自身にとっても複雑過ぎて全貌がわからないこと、および、生命の証である遺伝子を眼に見えない放射線で破壊する放射性物質、いわゆる「死のゴミ」を新たにつくり出すことにある。・・・長年、原発の建設や保守・点検に携わった人間だからこそわかることを書き留めることで「贖罪(しょくざい)」の思いもこめた。・・・


「PART1*元原発技術者が言える原発の危険性」より一部分引用
汚染管理区域内で作業する場合の被ばく防護、とりわけ、内部被ばくの防護のための装備やその取り扱い方の複雑さや装備を着けた状態での作業の困難さを体験して、これではまともな作業ができないことを悟った。そして、こんな厳重な装備を着けねばならないほど被ばくとは危険なのだということを感覚的に知らされたのだ。

2012年9月20日初版『原発をやめる100の理由‐エコ電力で起業したドイツ・シェーナウ村と私たち』の引用より、著者の整理した重要な問題点
①フクシマやチェルノブイリのような環境に大量の放射能を放出する重大事故の可能性がある。
②事故は起こさなくても、運転中に低レベルの放射能を環境に放出する。
③運転を継続するには保守・点検・補修などの維持作業に携わる人々が被ばくする。
④運転をすれば使用済核燃料(高レベル放射性物質)を必ず生み出す。
⑤運転を永久に止めても、過去に原発によってつくられた放射性物質を安全に保管・処分する方法が見つかっていない。


「PART2*事故のあとだからこそ言えること」より一部分引用
P114・スウェーデンの国家の将来像は、①継続可能な社会であること、②次の世代に負担をかけないこと。
P112・私があげたい一つの案は、選挙において、私たちの希望を政治に反映してくれる人物を当選させることだ。・・・仲間を一人が一年で一人増やしていけば、わずか十年で仲間が千倍に増える。
p124・「廃炉」工事のみで「無限大」という推定値が出ているから、「廃炉」以外の費用も全部含めれば、同様に「無限大」になるだろう。つまりは、どんなに各電力会社ががんばっても原発が他の発電方式よりも発電コストが安くなることは不可能だということだ。


「資料*原発を並べて自衛戦争はできない」より一部分引用
原発を国内に抱えている我が国の状況では、どんなもっともな理由があろうとも、国家であれ、武装集団であれ、どんな相手からも、我が国に対する武力攻撃を受けるような事態をつくってはならないのである。
そのためには、国際紛争の解決の手段としての軍備をもたずに徹底的に、平和的な手段で国際紛争を解決する努力をするのが国家滅亡を避けるための、もっとも現実的な方法なのである。


 現場を経験した人の言葉は実感があって、本は付箋がいっぱいになりました。引用したい事だらけでしたが、きりがありませんので、ここまでといたします。皆さんにも読んでいただけることを願っています。


心に響く風景-大文字山
 8月もあと少し…。皆さんは、どんな夏を過ごされましたか?
   私は、8月16日の送り火の前々日、京都の大文字山に登りました。

 IMG_16741408.jpg
 銀閣寺の手前の分かれ道を左に。民家のツタが目に留まりました。

 IMG_16861408.jpg
 山道は直登に近く、低い割にハードです。台風で倒れたようです。

 IMG_16871408.jpg
 登りも下りも、40分から50分あれば充分。手ごろな山です。

 IMG_16971408.jpg
 大の字の左払いの形に、火床の並ぶのが見えますか。京都市内が見渡せます。絶景!

 IMG_16981408.jpg
 こちらは、大の字の右払い。緑地は吉田山・御所など。天気の良い日は大阪湾も見えるそう。

daimonnzipanhu[2]

毎日登っているという方が下さったパンフレット。山や寺社も指さしながら教えて下さいました。
毎朝5時半から登り、金尾(かなわ・大の字の中心部)付近でラジオ体操をする人達で混むそうです。


 毎夏欠かさず観ているジブリの映画。
 「思い出のマーニー」、予想していたよりずっとよかったです。大人に響きます。
 太った女の子が、どうみてもおばさんにしか見えないのが、残念でしたが…。

 2014ziburiomote.jpg  2014ziburiura.jpg

心に響く風景-万博公園の夏②
 アップが遅れましたが、前回に続き、新聞からの抜粋です。

   2014年8月9日朝日新聞オピニオン(インタビュー)より

       夏のきわみに思う  映画作家 大林宣彦

       IMG_16461408.jpg

必要なのは、正義より正気です。正義って勝ち戦でしか守られないから。正義をかたくなに信じ過ぎると、対立する相手を悪と規定しなければ収まらなくなります。経済の正義では原発は必要でしょうが、安全の正義では不必要になる。双方がぶつかれば戦争です。それよりも、どちらが正気を保ち、道を踏み外さない選択かを静かに考えるべきです。原発は今は儲かるけど未来の子どもに迷惑がかかる。やっぱりやめておこうか。こんな風に考えれば自然と道筋がわかる。

       IMG_16481408.jpg

なまじっかな理屈や知性が社会を間違った方向に導こうとしています。北朝鮮、ロシアには徴兵制があるし、アメリカや中国には強大な軍隊がある。武器があるから平和が保てるという理屈上は憲法9条は非常識なんでしょう。でも、いつの時代も戦争で犠牲になるのは最も立場の弱い庶民です。理屈より、本能を思い出すべき時なんじゃないですか。

       IMG_16511408.jpg

生き物には種を保存しようとする本能がある。それにつながる行動をおいしい、美しいと感じる力がある。憲法の前文や9条を朗読すると涙が出るほど美しいでしょう。それは僕が、戦争で亡くなったにいさんやおじちゃんを覚えているからだけじゃないと思う。人類が生き残るには、日本の憲法を美しいと思う感性を大切にすべきだと思います。(以上、引用)

 IMG_16641408.jpg
 【立秋の日に撮った空】

 時々出かける淀川花火も猪名川花火も、今年は台風や大雨で中止(雨天順延ではなく)になりました。雨の多い夏で、直接水害に遭われた方々はもちろんのこと、観光地など行楽客をあてにしていた職種の方々にも、ずいぶん厳しい夏だったのではないでしょうか。わが家は近場で安上がりの夏休みでしたが、いろいろ気になっていた家事が少し片付きました。


心に響く風景-万博公園の夏①
大変な大雨をもたらした台風11号。皆さんの所は大丈夫ですか?
被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。

 2014年8月8日朝日新聞オピニオン(寄稿)がよかったので抜粋します。

「戦前」という時代  作家 中島京子

 IMG_16221408.jpg

日常の中に入り込んでくる戦争の予兆とは、人々の、慢性的な無関心、報道の怠慢あるいは自粛、そして法整備などによる権力からの抑圧の三つが作用して、「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿状態が作られることに始まるのではないだろうか。
その状態が準備されたところに本当に戦争がやってきたら、後戻りすることはほんとうに難しくなる。平和な日常は必ずしも戦争の非日常性と相反するものではなく、気味悪くも同居してしまえるのだと、歴史は教えている。

       IMG_16051408.jpg

「自分が何をしようと、世の中が変わるわけじゃない」と思うのは、間違っている。8割の人が「憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認」に懐疑的である事実は、少なくとも、前のめり一辺倒できた政府の姿勢を慎重にさせている。
「カラーパープル」を書いたアフリカ系アメリカ人の作家アリス・ウォーカーの言葉を引くならば、「人々が自分たちの力を諦めてしまう最もよくある例は、力なんか持っていないと思い込むこと」なのだ。特別のことをする必要はない。いまより少し社会に関心を持って、次の選挙で自分の考えに近い候補者に投票すればいい。

       IMG_16391408.jpg

「小さいおうち」(中島京子著の小説)の時代の人々は、いまを生きる私たちとよく似ている。でも、戦前の日本は、民主主義国家ではなかった。日本国憲法を得る以前は、一般市民は主権者ではなかった。だいじなのは、関心を持つ状態をこそ「日常」化させることではないだろうか。
日本国憲法第十二条には書いてある。「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない」・・・(以上、抜粋。)

 IMG_16431408.jpg

 平和な日常が破壊されないよう、小さなことからでも諦めず努力を続けていかないといけないと改めて思いました。私の周りの多くの人たちが、安倍政権の憲法無視の暴走に危険を感じています。今が「戦前」とならないように、きちんと戦争反対の意思表示をしていかなくてはいけませんね、未来のためにも、自然のためにも。
【写真はすべて、数日前に万博公園で撮りました。】

心に響く本-感銘を受けた本二冊
 最近読んで感銘を受けた本を二冊ご紹介します。
今の時代だからこそ読んでおきたい、読んでおかねば…と思った二冊です。

   sekainoutukusisawohitotudemo.jpg

石井光太著『世界の美しさをひとつでも多く見つけたい』
(ポプラ社・2013年・780円)
鎌田實著『〇に近い△を生きる』の中にあった対談で初めて石井氏を知りました。鎌田氏と友人のように語っていたので、この本で1977年生まれということに驚きました。早くから物を書くと覚悟を決め、世界の厳しい現地を訪ねてきたからなのだと分かりました。大変感銘を受け、付箋だらけになりました。生きる勇気が湧いてきます。おススメ!

[裏表紙より]
ほんの少し視点を変えるだけで人生は輝く!
世界がひっくり返るほどの感動をしたからこそ、なんとしてでも人にそれを伝えたい―。その一心だけを胸に日本を飛び出し、スラム、事件現場、被災地など国内外様々な場所に赴き、ひたすら現地で生きる人々と交わり、その記録を生業にした作家が初めて綴った、革新的な人生訓。いかなる惨状の中でも必ず希望を見出し生き抜く人間の生命力から、これからの日本に必要なことを問う。


   zidaiwoikitameiku.jpg

高野ムツオ著『大人のための俳句鑑賞読本 時代を生きた名句』
(NHK出版・2012年・1200円)
宮城県生れ・在住の著者。第65回読売文学賞(詩歌俳句賞)、第6回小野市詩歌文学賞、第48回蛇笏賞の三賞を受賞された第五句集『萬の翅』。その中の東日本大震災を詠まれた俳句に感銘を受け、関心を持っていた作者です。最近講演を聴く機会があり、それも素晴らしく、もう少し著作を読みたいと思っていました。そして、見つけたこの本。とても深い解説でよかったです。おススメ!

[帯文より]
俳句は瞬間を詠う詩です。その瞬間には、作句に至るまでの作者が生きてきた過程、生き方、さらには境遇や時代が反映されています。その時代や人生をさまざまな角度から鑑賞していくとき、十七音に湛えられた豊かな言葉の世界が現出していきます。前「NHK俳句」選者の著者が名句205句を丹念に読み解きます。

中から特に強く心に残った五句を以下に引用します。一句目は東日本大震災後の句。

     寒昴(かんすばる)たれも誰かのただひとり       照井 翠

     海に青雲(あおぐも)生き死に言わず生きんとのみ  金子兜太

     被弾史の一木一草 天道虫             伊丹三樹彦

     一瞬にしてみな遺品雲の峰              櫂 未知子

     死ぬときは箸置くやうに草の花            小川軽舟


最近の暗澹としたニュースに打ちのめされている日々、私の好きな文学に果たして価値はあるのだろうかと悶々としていました。そんな中で出会ったこの二冊の本は、この先に明かりを感じさせてくれました。

追記:今日(8月6日・広島原爆の日)の朝日新聞朝刊1面と37面に載っていた吉永小百合さんへのインタビュー記事が、分かりやすくてとてもよかったです。以下に一部分抜粋。

「日本の原発の事故を見て、ドイツでは原発をやめましょうと決めているわけです。でも、日本はそうじゃない。やめたいと思っている方はたくさんいると思うんですけど、声を出す人は少ないんですよね。だからやっぱり、自分が思ったことは声に出したい、意思を伝えたいと考えました。」

「『私たち、忘れないでいようね』という思いが核兵器の廃絶につながってほしい」


手作りが好き!-久しぶりの編み物
 IMG_15571408yasai.jpg

 夫が、私の同級生Mくんの自家菜園を見て勉強したいというので、お願いして畑を見学に行きました。わが家から車で30分余りで、自然がいっぱいの畑に着きました。30坪の貸農園に元気に育っている野菜たち。Mくん一家の優しさに甘え、こんなにたくさんの野菜を頂いてきました。
写真では普通の大きさに見えますが、実は巨大なゴーヤ、大きなオクラ、大量のピーマン、紫蘇、トマト、きゅうり、カボチャ、ししとう、サラダで食べるワサビ菜、モロヘイヤ、ミント。ご近所にもお裾分けして、喜んで頂きました。

 IMG_15601408ryouri.jpg

 大きなゴーヤの半分はシーチキンと一緒にサラダに、半分はかき揚げ(ゴーヤ・ズッキーニ・オクラ・鶏ミンチ)にして、岩塩や天つゆで頂きました。新鮮で美味しかったです。ありがとう!

                            

 買っただけで編んでなかった糸が出てきたので、いろいろ作ってみました。単純な編み方なので、テレビを見ながらできるのと、頭を空っぽにできるのとで、いいリフレッシュになっています。かぎ針編みは、早く進むのもいいですね。他にも余っていたガーゼの布にレース編みの飾りをつけてハンカチにしたりと、楽しんでいます。

      IMG_15681408sutoru.jpg
      首に巻くストール

 IMG_1537amimono1408.jpg
 敷きもの

 IMG_1539amimono1408.jpg
 コースター

 IMG_15641408.jpg
 ランチョンマット


プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード