心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-今年最後のおススメ
今年最後にご紹介する本は、心に優しい本です。

20141212103121971[1]small

村山早紀著『コンビニたそがれ堂』
(ポプラ文庫/2010年・2014年23刷/540円)

著者は、毎日童話新人賞・椋鳩十児童文学賞受賞と、児童文学出身の方。
文章がとても柔らかくて読みやすくて、ほっこり温かい気持ちになります。
風早の街、駅前商店街、不思議なコンビニ「たそがれ堂」、どこか懐かしい情景です。
5つの短編集。時々ほろりとなりながら、よかったなあという気持ちで読み終わります。

『コンビニたそがれ堂 空の童話』
(ポプラ文庫/2013年/640円)

先のお話と舞台は同じ。シリーズ第4弾です。
4つの短編ですが、どれも『空の童話』という本がどこかで関わり、本好きにはたまらないお話ばかりです。漫画家、編集者、駅前商店街の書店の店主と店員とお客さんたち、女医さん、誰もが何かを抱えながら一生懸命生きているのです。
「大事な探しものがある人は必ずここで見つけられるという」コンビニたそがれ堂、あなたも訪ねてみませんか。


moe201412.jpgmoe201501.jpg

今年は飛蚊症がひどく、読みたい本は山積みだったのですが、残念ながらセーブして170冊の読書でとどめました。短歌や俳句の本は相変わらず多いのですが、今年は雑誌「MOE」に、大好きな「ムーミン特集」や「3月のライオン特集」があったので、嬉しくて買いました。こういう本は無条件に安らぎますね。


tutiyabunmeitankanyumon2014.jpg

土屋文明著『新編短歌入門』
(角川文庫/昭和34年初版・昭和45年改版初版・平成元年改版7版/440円)

今読んでいるこの本(原本は昭和12年発刊の『短歌入門』と昭和19年出版の『短歌小径』)が面白いです。読者アンケートにより平成元年に限定復刊された文庫本で、字も小さく紙も日に焼けているのですが、文明氏の叱責が、生の声を聴いているようで人間味があって親しみを感じます。「塔」誌を初校しながら感じていたのと同じことが書いてあって、「なんだ、昔もそうだったんだ。」と思わずつぶやいたのが、以下の文章です。
P85の半ば
ただいま年刊歌集原稿の整理にかかっているが、誤字、仮名づかいは何年繰り返してもほとんど改まっていない。歴史仮名づかいを否定するとか言うのならばそれも一つの立場であろう。しかし現在われわれの遭遇するのは皆不用意不注意からのまちがいである。この程度の機械的のことについてさえ鈍い神経が、どうして言葉の洗練を要する短歌の製作に進みうることができようかとさえ思うことがあるくらいである。

初心者の歌を例にひいて解説・添削をしているところなど、
「字引を引けばすぐわかることで、こんなことまでを、その方面は素人で不得手なわれわれに添削させていたのでは本論にはいらぬうちに、われわれはへこたれてしまう。」
と、お気の毒なほど怒り疲れておられる。現代の選者の先生方が読まれたら、共感しきりの文面だろう。私は叱責される側として、文明氏の真剣な言葉を直接伺う気持ちで、時々「そうですよねえ」と相槌を打ちながら読んでいる。

 IMG_3250201412small.jpg
 朝焼けです。斜めの角度で見苦しいですが…。今年も空をいっぱい眺めることができました。

 一年間お付き合いありがとうございました。
               体に気をつけて、よい年をお迎えください。



12月31日追記:土屋文明著『新編短歌入門』を読了し、これだけは忘れないように記録しておかねばと思ったことを本書より引用します。「短歌の現在および将来について」より

P205
(短歌は)少数の有閑者の玩弄物だというふうなところに目安をおいておる人もあるようでありますが、われわれ(土屋文明は昭和期「アララギ」の事実上の指導者)はそういうふうには考えない。むしろ短歌というものは、いちばん真剣な生活者、広い意味での勤労者の文学だ、というのが今までの歩んで来たところであり、今後行くべきところはそこになければならないんじゃないか、というふうに考えております。
先ほど申しました製作者が受用者といっしょになってしまう文学だということにやはり関連しますが、そういう点からいえば、短歌というものは、けっして一つの英雄を作り出す文学ではなく、一つの天才をめぐる文学ではなくて、同じ立場に立ち、同じ生活の基盤に立つ勤労者同士の叫びの交換である。


正岡子規の短歌革新をまっすぐ受け継いだ土屋文明氏ならではの珠玉の言葉がいっぱい詰まった本でした。歌に対する考え方もいろいろありますし、一人の人間の中でもその時々によって揺れがありますが、この本に書かれていることは基本的に大切なことだと感じました。最後に、そこからほんの一部だけ引用して、私の作歌の依るところとしたいと思います。

P40
☆歌であるからその内容は説明してない、また説明してないところがかえって純粋に抒情的に響くのであります。
☆現実であって現実以上に通ずるのが歌の、詩の本質でありましょう。本来現実以上のものなのであるから求めて、あるいは作って現実を遊離しようとする夢幻的の歌というものは幼稚なゆき方といわざるをえないのであります。

P132
☆他人の作の価値を十分に理会するということは、作者として最も重要な性格であると私は思う。他人の歌品の美点の見えぬ人、古来の作品に対して全身的に傾倒しえぬ人、それは作者としての第一条件の欠けている人だと私は思う。


     今年の締めくくりにこの本が手に入って読めたことに感謝しています。



テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

手作りが好き!-この冬はこんなものを。
 針仕事も編物も大ざっぱな私だけど、手仕事が好きです。

 IMG_3242201412.jpg

 あんまり寒いので、余り糸でソファーかけを編みました。ひたすら中長編みで…。
 フリースで縫った薄っぺらい敷物に、毛糸で編んだ飾りをつけたら暖かくなりました。


 IMG_3243201412.jpg

 フリースの敷物だけでは寒いので不要になったセーターを再利用して縫いつけました。
 全部で4枚。色の組み合わせを考えるのが楽しかったです。


 IMG_3248201412.jpg

 肩パッドをはずしてコートやジャケットの肩や袖を詰めたら、また着られるようになりました。
 余っていた肩パッドを、クリーニング屋さんのハンガーにつけたら、セーターに優しくてグッド!


 冷蔵庫の残り物を組み合わせて作るお料理、余った布や毛糸、不要になったもろもろの物を再利用して、何か役に立つものを作ること、こういう手作りが大好きです。ゴミになりそうだったものが、自分のアイデアで生き返ると、「やったー!」って思いませんか。これからもいろいろ、拙い手作りを楽しみたいです。

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

あんなことこんなこと-選挙結果に思うこと
寒い日が続いていますが、皆さんお元気ですか。

IMG_32351412.jpg

阪急百貨店のショーウィンドーは、11月下旬からリサとガスパールのクリスマスバージョンです。
ここの飾りつけは、季節ごとにとっても工夫がしてあって、前を通るたびに見とれてしまいます。
例によって、梅田に出かけたついでに阪急ギャラリーに寄り、「池田あきこ展」を見てきました。
猫のダヤンがとっても魅力的で、絵本を買いたくなりました。いつものように絵はがき購入。
特に「タシールエニット博物館」「アベコベアの月」「タシルの街とフォーンの森」が気に入りました。「わちふぃーるど大図鑑」や「フォーチュンカード」も素敵でした。猫好きさんは、ぜひ。

 1412ikedaakikotenomote.jpg 1412ikedaakikotenura.jpg

 長くなりますが、今回の選挙で思ったことを書きます。読んで頂けると嬉しいです。

 今回の衆院選の投票率は、過去最低の52.66% 前回より6.66ポイント減でした。「入れたい政党・候補者がいない。そもそもなぜこの時期に、貴重な税金を使って選挙をするのか納得できない。」といったことが棄権の理由でしょうか。私の場合は、すべての項目に賛同できるわけではないけれど、一番重なる項目の多い政党・候補者に投票しました。
 私が今回の選挙で一番感動したのは、沖縄の選挙結果です。知事選に続き、沖縄の意志をしっかり示した皆さんに敬意を表します。政権党もマスコミも、沖縄の声に真摯に耳を傾けて、これ以上、沖縄に対して冷たい対応をすることのないようにと願っています。

 私の住むところでは、自民党の(余裕で当選と言われていた)候補者が「どこに入れてもいいから、とにかく選挙に行って下さい。」と、選挙終盤に連呼していました。50%を切っては、選挙をした意義を問われ責められると、おそらく上からの指示があったのでしょう。国民をこの程度と見限った、有権者を馬鹿にした選挙でした。権力者は、貴重な税金を使うことに心が痛まないのでしょうか。大勝したからといって、原発・憲法…など何でも意のままになるとは思わないで頂きたい。ほんとうに国民のことを考えて、不幸な人を生まない政治をして頂きたい。と強く思います。

 小選挙区制が導入されてから、民意の反映されない選挙になってきたと感じ続けています。小選挙区は比例復活を除けば1人しか当選しないため、落選候補に投じられた票の多くが民意を議席に反映しない「死票」になってしまいます。
 小選挙区に出馬した自民党候補は、300選挙区の有効投票総数のうち43%の票を得たのに対し、獲得議席数は300議席の79%にあたる237議席。民主党は有効投票総数に占める総得票率が22.8%でしたが、300議席の9%の27議席。日本維新の会の得票率は11.6%で、300議席の4.7%の14議席。今回最多の299選挙区に候補を擁立した共産党は、得票率7.9%に対し獲得議席はゼロでした。選挙の後、スッキリしない印象が残るのは、こんな得票率と議席数の矛盾にも原因があるのでしょう。

 今回の衆院選(2014年)と前回の参院選(2013年)の得票数を比較すると、自民党1846万票→1756万票〈減〉、公明党757万票→728万票〈減〉、民主党713万票→975万票〈増〉、共産党515万票→603万票〈増〉となります。もし今回の選挙が、全国1区比例代表制だったら、獲得議席は、自民158、維新75、公明65、共産54、社民12、次世代12、生活9…という議席数になります。この方がよっぽど民意に近いのではないでしょうか。1票の格差も違憲の判決が出て、ずっと問題になっていますが、民意がそのまま反映されず、有権者の関心をそぐ結果になっている小選挙区制も、いい加減考え直す時ではないかと、私は選挙のたびに思います。国政に参加できる唯一の機会が、なおざりにされていては、政治に対する国民の意識も高くはならないでしょう。今の生活だけでなく、地球規模で考えないと大変なことになりそうで心配です。





プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード