心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
猫日記「ハオ&ミューの日々」-第44回 1年ぶりです!
 今までと変わりなく可愛い(私は猫バカです)、この夏のわが家の猫たちです。

       IMG_3992201507.jpg

  7.14緊急シンポジウム 学者の会&SEALDs KANSAIのパネルディスカッションで、大学教授&歌人の永田和宏氏が話されたことを以下に要約します。(色つき文字の部分)

 IMG_4024201507.jpg

民衆は何で力を持つか。それは言葉である。民主主義を支えるのは言葉。その言葉が、我々から奪われようとしている。そこには4つのプロセスがある。

 IMG_4025201507.jpg

①言論抑圧
 例…先日の「文化芸術懇話会(自民党議員勉強会・講師は百田尚樹)のように、都合の悪いメディアを潰せと発言し、憲法違反にもかかわらず、言論の自由と開き直る態度。


 IMG_4007201507.jpg

②自粛という名の委縮
 例…「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」という優勝句を、さいたま市の公民館月報が掲載せず。土佐電の「平和憲法電車」が市民の声で中止に。戦争中の隣組を思わせる。


 IMG_4015201507.jpg

③閣僚や代議士の失言
 例…石破官房長官「デモをテロ」、三原じゅん子議員「八紘一宇」、安倍首相「わが軍」、NHK籾井会長「政府が右ということを左というわけにはいかない」等々。意識的失言は、「見せ消し」といって、よけい頭に残る。


 IMG_4202201507.jpg

④オールマイティな言葉
 例…戦前のそれは「非国民」だった。今、「国益」「公の秩序」「積極的平和外交」といった耳ざわりのよい言葉が、我々を追いたてている。


 IMG_4212201507.jpg

 「ペンは剣よりも強し」という言葉がありますが、武力の応酬は、軍事費を増大させ、国民の福祉や教育などの分野を圧迫し、地球上のあらゆるものの生命を危険にさらします。今までの歴史で何度も経験済みの、武力を行使することの愚かさ・罪深さに、施政者はいい加減気付いてもいいのではないでしょうか。というか、確信犯…。

 IMG_4150201507.jpg


 「俳句αあるふぁ 8・9月号」の特集「戦後70年、俳句はどう詠まれてきたか」がとてもよかったです。そこから俳人の方々の言葉の一部を以下に抜粋します。 (色つき文字)

 IMG_4118201507.jpg

大牧広-この七十年、戦争に巻きこまれずに済んだ最大の理由は、戦争を永遠に放棄する、を明記した憲法九条の由縁によるものである。・・・日本のひいては地球上の無事を保つには(略)、七十年目のこれからを「平和」という形で守って行かねばならぬと思っている。

 IMG_4121201507.jpg

宇多喜代子-…戦争は「あなたを人殺しにする」または「あなたは殺される」ということだ。「戦後七十年」とは、この七十年間、あなたは人殺しにならずにすんだ、殺されずにすんだということである。

 IMG_4128201507.jpg

正木ゆう子-平和憲法に守られたこの七十年の非戦(間接的な関与はあったとしても)の記録は尊い。(略)平泉が世界遺産になったのは、その平和思想ゆえということだ。このことは憲法九条を連想させる。平和思想、さらにそれを記した言葉を持つ国は、戦火の絶えないこの地球上では希有であり、貴重なのだ。そんな国だからこそ、アニミズムを基盤とした俳句という詩がある。

 IMG_4131201507.jpg

金子兜太-私がもっとも伝えたいことは、実際に戦場に行った人間としての戦争体験です。戦争では多くの人が亡くなりましたが、戦死者の半分は餓死なんですよ。私は20代の青年期を戦場にいて、命が潰されていく、いや破壊されていくといったほうがいいかな、それを目の当たりにしたから、より自然死を求めるんだと思います。けっして殺戮死であってはならない。自然死を迎えるためには平和じゃないといけません。

IMG_4216201507[1]syou

 座って本を読んでいると、必ず胸からお腹にかけてべたっと乗ってきて寝ます。

 身近な動物たちと仲良く暮らし、読書や趣味のことに時間を費やすことができる、そんな心豊かな日々がどうか奪われることになりませんよう。人間のまとまな知性と優しい感性が納得できる政治を!と願わずにはいられません。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

あんなことこんなこと-いつまでも平和な空を!
 空を眺めるのが好きです。7月中旬、夕食時に二日続けてきれいな夕空に出会いました。
   この空に戦闘機が飛ぶような時代を二度と作ってはいけない!切実に思うこの7月です。

 IMG_4238201507.jpg

 40年前、友人と二人でフランスとイギリスを訪ね、20日間ほど過ごしました。パリはちょうど市長選の最中で、楽器を演奏しながら候補者を先頭に街を練り歩いたり、喫茶店では旅人の私たちまでつかまえて、支持する候補者のことを熱く語ったり、民主主義が市民に根付いているのを感じました。いつか日本もこんなふうに政治のことを、井戸端会議や職場や学校で気楽に話せる時代が来てほしいと思ったことを覚えています。

 IMG_4240201507.jpg

そして今、やっとそんな時代が始まりつつあるかなと、若者たちの頑張りに期待を寄せているところです。この若者たちが挫折することなく、孤立することなく、まともな政治が行われるようになるまで、中高年の私たちも諦めないで意志表示をし、行動をしない限り、この国にほんとうの民主主義は訪れない、そう思っています。

 IMG_4241201507.jpg

「法案が成立すれば国民は忘れる」-首相に近い参院議員
「まだ国民の皆様のご理解が進んでいないのも事実だ」-首相
「法案を10本に束ねたのはいかがなものか」-採決をした浜田委員長
7月15日衆院特別委員会で、安保関連法案の強行採決時の言葉です。

私たち国民をなめきっています。税金は納めるけれど、その使い道には無関心。選挙にはとりあえず行くけれど、議員がどういう言動をしているかには無頓着。そういう積み重ねが、国民をバカにしきった今の政治を作ってしまったのです。

 IMG_4258201507.jpg

採決されたからって、諦めるのはまだ早い。
というか、監視し続け、まとまな政治をさせるのは「主権在民」の私たちの任務です。
私も、無理のない形で、ずっと続ける姿勢で、できることから取り組みたいと思います。
「新聞の言うとおりなら(安保関連法案に)80%が反対している。もっと抗議の電話が来なければおかしいが、ほとんどかかってこない」-首相の盟友、麻生太郎副総理〈16日派閥の会合〉


明日の自由を守る若手弁護士の会 HPに、
「安保関連法案 まだまだ阻止できます☆ 」という文章が載っています。ぜひアクセスを。
http://www.asuno-jiyuu.com/2015/07/blog-post_15.html


澤地久枝のよびかけ「アベ政治を許さない!!」
https://sites.google.com/site/hisaesawachi/
7月18日(土)午後1時きっかり同じポスターを全国一斉にかかげよう。
アベ政治の非道に、主権者一人ひとりの抗議の意思をいっせいに示そう。
「アベ政治を許さない」 の文字は金子兜太さん(俳人)が書かれました。


戦争法案は廃案に!おおさか1万人大集会
7月18日(土)午後5時扇町公園 集会後パレード
呼びかけ人は、弁護士・宗教家・芸術家・大学教授・医師・ジャーナリストなど多方面。

 IMG_4260201507.jpg

自由と平和のための京大有志の会 http://www.kyotounivfreedom.com/
の「声明文」(著作権フリー)が素晴らしかったので、ここに転載します。
日本中に世界中に、この言葉が広がって、ほんとうの平和のために皆が行動できますように。

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。


テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

心に響く本-曳地ガーデンの本
       IMG_4109201406.jpg
        青い紫陽花が好きです。

         オーガニックガーデンのすすめ
         この2冊は図書館で借りました。

         nizyusisekkidetanosimuniwasigoto201507.jpg
         この2冊は購入して、いつでも読めるように。

  この4冊の著者はすべて曳地トシ・曳地義治ご夫妻で、無農薬の庭作りを仕事にされている園芸家のお二人です。
読みながらレイチェル・カーソンの『沈黙の春』を思い出していました。
すべての生き物はつながっているから、人間の害になるからとか嫌いだからとか言って、一部分だけを見て農薬を使うことは、生態系のバランスを崩すことになり、かえって手のかかる結果となってしまう。
という考え方による庭作りは、とても納得のいく楽しいものでした。ひとくくりに雑草と呼んで、可愛い花を咲かせている草々を刈ったり抜いたりすることに抵抗があり、虫たちの命も愛おしく感じる私にはぴったりの方法でした。

       IMG_4112201406.jpg
       星屑のような七段花。

 7月5日メイシアターであった合唱のコンサートに行ってきました。

201507合唱再会 201507合唱プログラム

 同級生の娘(宮岡絵美)さんの詩に、増井哲太郎さんが作曲をした合唱曲が、神戸大学混声合唱団アポロンによって歌われました。「風」「うたひ手」「平行世界、飛行ねこの沈黙」の三曲でしたが、以前に頂いたCDで聴いたときと違って、生の声は優しく温かく、とてもよい印象を持ちました。詩は以前より大好きでしたが、曲も詩に沿っていることがよく分かり、合唱団の若者たちがこの世界観をじゅうぶん自分たちのものにして歌っているのが感じられ、心地よい時間を過ごすことができました。
帰宅後、夫にこの話をしたら、「合唱の録音は難しいからなあ」と、前にCDを聴いた長男が言っていたのと同じことを言っていました。やっぱり音楽は生で聴くに限りますね。以前にCDだけで感想を書いたことを反省しています。これからも若い人たち、頑張って下さい。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

手作りが好き!-椅子の張り替え
 IMG_4113201506.jpg

 不要になったものに手を加え、生き返らせるのが好きです。
今回は、捨てられそうになった椅子たちをもらい受け、直しました。


木の部分の汚れは拭けばほぼきれいになります。
座面の汚れや傷みは張り替えればよくなります。

          IMG_4087isu3201506.jpg

① 古い座面を本体から外す。ネジなので簡単。座面に貼ってあった布をはがす。
② キルティングの布や厚地のカーテン地(再利用)でくるむ。
   ほつれないよう、あらかじめ布の周りを縫っておく。
③大きいホッチキス(ホームセンターで500円くらい)で、かぶせた布を裏からとめる。
  座面を本体に戻し、ネジでとめる。

IMG_4092isu4201506.jpg IMG_4088isu4201506[1]s

 
 IMG_4082isu1201506.jpg  IMG_4085isu2201506.jpg 

こちらは、椅子全体がぴっちりと布でくるんであったので、少々面倒でしたが、人間のしていることを、同じ人間の私ができないことはない!と、布に少し余裕を持たせて作り直しました。
細かいところには目をつぶるのがコツ!?
①元の布を外して解き、それを型紙にして、布(安売りの時に購入)を切る。
②全部で6つの部分を、元のカバーを参考にして縫い合わせたら出来上がり。
マジックテープがたくさん使ってあったのですが、片方だけをセンチ単位で手芸店で買えました。


  IMG_4132tyuniku201506.jpg  IMG_4002sutoru201506[1]syou

安い糸を袋単位で購入して、チュニック丈のベストとストールを編みました。
手芸店では時々、思いがけなく安価な布や糸が手に入るので、要チェック!

IMG_4139tomato201506syou.jpg IMG_4137sandomame201506syou.jpg

 野菜作りが得意な同級生に、今年も大きくて立派な手作り野菜をたくさんいただきました。
完熟トマトは、お塩をパラッとふっただけで食べたのですが、市販のとは全然違う美味しさ!
キュウリの一番大きいのは35cmもありました!新鮮な野菜は、やっぱり美味しいです!
ズッキーニ・さやいんげん・シソも、いろいろな料理法で楽しみました!ありがとう!!!


 追記:美容院で髪を切り終え、渡された手鏡・・・
気付いたらぼんやり自分の顔を眺めていました。(大丈夫か!?私)
しばらくたって、美容師さんと大笑い。

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード