心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-東山彰良著『流(りゅう)』
東山彰良著『流』 (講談社/2015年/1600円)

16流表紙 16流帯文

 こんなに夢中になって読んだ小説は久しぶりです。一気に読みました。
   図書館に予約して38人待ちだったのが、やっと昨日、順番が回ってきました。
   第153回直木賞受賞作。選考委員全員が◎の完全受賞作という、帯文です。

読みながら、昔読んだ金城一紀著『GO』(2000年直木賞)と、登場人物たちのかもしだす雰囲気が似ているなと思いましたが、こちらはそこに台湾と中国の政治(戦争)が絡むので、さらに世界が壮大です。
エンタメ系の本は、筋を追うことが中心になって、言葉の上手さや心情の深さが物足りないことがあるのですが、この本はその点でも感心することの多い、書き手の上手さを感じさせる小説でした。
心の傷を癒したり慰めたりという小説に辟易していたせいもあるでしょうが、こういう甘くない小説は迫力があって面白いですね。
台湾が主な舞台なので、時々中国語の会話が出てきて、それがちょっとだけ中国語を学んだ私にも分かることも楽しめた理由の一つです。

追記:冒頭の詩の一節がとても魅力的で、すぐに小説の世界に入っていけました。
    魚が言いました・・わたしは水のなかで暮らしているのだから
              あなたにはわたしの涙が見えません

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

手作りが好き!-拙ブログが満10年になりました。
       IMG_54971603.jpg

 ウッドデッキの屋根は夫が、手前の階段と大きなテーブル・ベンチは私が作りました。
   私は、ミシンを使った直線縫いと、シンプルな木工作業が好きです。
   枝垂れ梅はまだ小さいのですが、たくさん花が咲きました。

 拙ブログが満十年を迎えました。初めはたくさんいただいていたコメントも次第に減り、やめようかと落ち込むこともありましたが、まめにコメントをくださる方々や、メールを送ってくださったり話題にしてくださる方々の優しさに支えられ、なんとか当初の目標である十年にたどり着くことができました。ありがとうございます。(2006年3月17日開始/2016年3月17日 7:07に見たら326555のアクセス数で、ぞろ目好きの私を喜ばせてくれました。)

 最近は、月1~2回というスローペースですが、パソコンを使うと目や肩が疲れるので、今後もこの程度の無理をしないで済むレベルで…と思っています。アナログ生活に移行しつつあるので更新できるか少々不安ですが、よろしければ、のんびりお付き合いください。

 前回の記事を読んで、私の体調を心配して連絡をくださったり声を掛けたりしてくださった方々、ありがとうございました。おかげさまで春の暖かさとともに順調に回復して、ウォーキングをする元気が戻ってきました。夢中になるとつい自分の体調が分からなくなるという、私の弱点に改めて気づいた今回のできごとでした。これからは体の声をしっかり聞いて、健康に気をつけて過ごしたいと思います。


         眼鏡ケース表眼鏡ケース裏

 上↑と下↓の写真の猫ちゃんグッズは、一緒に仕事をした方々から退職記念にといただいた物です。
黒のメガネorペンケースの猫は、拙ブログのプロフィールの写真にあるハオとミューを描いてくださったもので、絹の手触りが優しいです。

黒猫シリーズのエプロン・ハンカチに添えられたカードは、素敵な手作りです。
ここには「猫」がらみのプレゼントを載せましたが、他にもお花やカード、お菓子などありがとうございました。

             IMG_55141603.jpg

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

心に響く風景-陽気に誘われて
 ぽかぽか陽気に誘われて…散歩と言えないほどのさんぽです。

       IMG_54861603.jpg

 お久しぶりです。お元気ですか?
私は、2週間前の午後まではとっても元気だったのですが…。
2週間前の金曜日の午後、徒歩で往復40分程のいつもの美容院へ出かけました。
その往復に、30年前の元同僚、13年前の元同僚、中国語を習っていた時にお世話になった内子町が大好きな方、と、とっても会いたかった3人に偶然出会え、大喜びで「すごい日だ!」と興奮して帰宅したのでした。

ところが、その日の夜から突然激しい痛みが左半身に起こり、特に左肩の後ろが下に引きずられるように重くて痛くて、おまけに胸や胃の辺りまでズキンズキンと痛くなり…。週末には、遠くに出掛ける大事な用があり、翌朝、病院に行ってからだと間に合わなくなるし、切符をすべて私が持っていたので止めるわけにもいかない。半分死んだようになりながら移動をし、列車ではひたすら眠ってなんとか現地に着きましたが、そのままベッドにバタンと寝込んでしまいました。

       IMG_5493201603.jpg

「どうか持ちますように…」と祈る思いで、翌日の用を済ませ、帰りの列車もひたすら眠って帰宅。月・火と仕事を休み、病院で検査を受けたりお薬をもらったり。幸い、心配していた心筋梗塞ではなかったのですが、痛みと重みとしびれの取れないまま、体をできるだけ休めて2週間。やっと、ましになりました。

暖冬で油断していたけれど、寒暖の差がけっこう体にこたえていたのと、この春で完全リタイアするので、後の方が困らないようにと片付けや整理に張り切りすぎたのと、そして、若いと思っていたけれど確実に年を取っていた体と。この三つが体調絶不良を引き起こしたのだと思います。
治りの悪さもこたえました。元気な時に体幹を鍛えて、筋肉を育て、血行のよい体にしておかねばと、2週間経ってやっと思えるようになりました。

       IMG_5494201603.jpg

 冬の疲れが出やすい時期です。皆さんも、くれぐれも無理をされませんよう。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年8カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード