心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌&風景-淀川花火大会&花火の詩歌
85yodogawa.jpg  85yugata.jpg  85hanabi.jpg

85hanabitate1.jpg 85hanabitate2.jpg 85hanabitate3.jpg 85hanabitate4.jpg
【写真は、今年と去年の淀川花火大会。対岸の大きなビルは、梅田空中庭園。拡大可。】

 子供のときから、打ち上げ花火が大好き。これを見ないと、夏が来ないし、終わらない。
小さい頃、家族揃って河原の土手に坐り、間近に見る大玉や仕掛け花火の「ナイアガラの滝」が楽しみだった。花火師の持つ火種が、河原のあちこちを移動する様や、「この花火は○○商店提供」と言う放送の声が、花火をひときわ身近に感じさせてくれた。
花火師が真昼の磧(かはら)歩きをり     矢島渚男
川沿いに大きな自動車道路ができてから、子供の頃から楽しみだった花火大会は、なくなってしまい、隣の町や市に出掛けないと見られなくなったのが、残念だ。

 子供ができてからは、もっぱら「猪名川花火大会」。お弁当を作り、道路が混む前に車で出掛ける。すぐ近くの駐車場に停め、明るい河原に寝ころびながら、暗くなるのを待つ。
暗く暑く大群衆と花火待つ    西東三鬼
ゆったりとした空間で、楽しめた花火大会だったが、高速道路が頭上をよぎるようになり、雄大な景観が損なわれてしまった。池田市にある教育大学付属小学校の児童らが殺傷された事件のあった年は、中止になり、それ以降、我が家もそこには出掛けていない。

 子供が受験期だったり、自分が手術入院中だったりで、花火大会に行けなかった年は、ほんとに寂しく切なかった。
揚がるたび子ら呼んでをり遠花火      大空の亀(ベランダにて)
同室のひとと並びて病窓に遠花火見るあかりを消して    大空の亀(病室にて)

 最近は、あちこちの花火大会に出掛け、夏を満喫している。
琵琶湖花火大会は、お弁当付きでホテルのデッキからリッチに見物。噴水とのコラボレーションが、目の前に巨大な絵のように広がり、実に美しかった。
長浜花火大会は、旅館に泊まって、歩いて湖岸に行き、のんびり優雅に見物した。素朴で、懐かしい感じがした。ねむりても旅の花火の胸にひらく    大野林火

 みなと海上花火大会は、大阪港から神戸港へ行き、船の上から見物。周りの漁船の家族連れも、とても幸せそうに見えた。帰りは陸路で、エスカレーターがすべてストップし、異様な雰囲気だった。同じ日、花火帰りの人でごった返す明石の歩道橋で、大きな事故があったことを、帰宅後知った。

 PL花火大会は、バスツアーで出掛けたが、真昼に出掛け、夜中2時に帰るという強行軍。うんざりするほどの人と、フェンスが目の前という条件の悪い観覧場所に、感動も薄れ、二度と行きたくないものになった。十万発も見た印象がないし、遠い人には勧めたくない。

ここ数年のお気に入りは、「淀川花火大会」。行き帰りの労力と、現地での感動をはかりにかけて、感動の方が大きい間は、続きそうだ。
 午後から弁当を作り、虫除けを兼ねてシャワーを浴び、4時頃出発する。十三駅で降りて現地に着いたら、5時過ぎ。有料コーナー(昨年までは1000円。今年から椅子の指定席で2000円。川べりで、川風も涼しく、仕掛け花火も見やすく、対岸の景色も風情がある。)に行き、明るい間は読書。暗くなったら、ラジオで阪神戦(毎年、この日は、坊ちゃんスタジアムで、対広島戦がある。)を聴く。
8時前から、1時間近く、周りの人たちと一緒に「おおーっ」という声をあげたり、拍手をしながら、美しく迫力のある花火を楽しむ。終わりが近づくと、何とも言えず、もの悲しい気持ちになる。ところが、今年は、これで終わりと思った後に、もう一回迫力のある連続打ち上げがあり、今まで以上の満足感があった。
音高く夜空に花火うち開きわれは隈なく奪はれてゐる    中城ふみ子

 帰りは、相当苦痛である。まず、至るところに散らばるゴミが悲しい。あんなに感動的なものをただで見せてもらった後に、自分のゴミを辺り構わず捨てていく神経がわからない。
電車に乗るまで、人混みの中、本来なら15分ぐらいの距離を、1時間ほどかけて駅まで歩く。小さい子には危険。ここの花火大会は、帰り道に体力と忍耐が要る。仕方ないけど、それが惜しい。でも、我が家から行ける中では、「感動マイナス労力」のプラス点が一番大きいので、これからも、元気な間は、出掛けそうだ。

テーマ:花火 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント
こんにちは
花火、私も大好き!
一昨年だったかなぁ・・・東京湾の花火大会をお台場に泊まりで見に行ったことがあります。
しかーし!
花火なんか見えやしません。
ホテル●航の海側の窓からなら見えるけど(そこに泊まってないと意味なし、しかも抽選!)
外にいる限り花火なんか木と人の頭の隙間からほんの少し見えた程度でした。
打ち上げ位置も結構低めみたいで本当に音だけが豪勢でした(^。^;)
うちのほうからはどこの花火も見えませんが、ベランダから花火が見えるなんて羨ましいなぁ。
今度引っ越す時は眺めの良い部屋にしよう^^

今日は公園で花火してきます。
今はこれが丁度いいのかも(笑)
【2006/08/07 16:36】 URL | bianca #cK8v8HAk [ 編集]

bianca さんへ
せっかく泊まりがけで行ったのに、「隙間からほんの少し見えた程度」とは、残念。
こちらも人は多いけど、東京は、その比ではないのかもしれませんね?

ガンコちゃんが小さい間は、手花火が一番。我が家もそうでした。
水入りバケツを囲んで、一つずつ大切に扱いながら楽しんだ花火、心に温かかったです。

打ち上げ花火は、大都市でない旅先で見られると、ひときわ心に残る気がします。

我が家は10階なので、ありがたいことに、週末ごとにいろんなところの花火が見られるんですよ。1階から引っ越してきた時が、ちょうど夏だったので、感激しました。
【2006/08/07 20:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


私も打ち上げ花火大好き!

淀川の花火は、うちから乗り換えナシの1時間足らずでいけるので、ぜひにと思いながらも子どもが帰り道にどんな目にあうのかこわくていけません。

実家が8階なので今年もそこのベランダから・・・
「スペシャルだよ~e-420」って氷の入った麦茶をいれてのんびりと眺めました。
「うわ~ママ ありやとe-266」ってよろこんでくれましたe-278

あと4~5年はベランダからの鑑賞と手花火で楽しみますe-484

ただ、近所は花火禁止なので、ちょっとつらいかな?

淀川の花火の後のごみの話を何かで読みました。
朝までごみをかたづけるボランティアの募集広告だったかな?
とっても残念な話です。

v-281「おなかすいた~v-356」って歌っているのでそろそろ朝食です。
「セミが鳴くまで待って~」っていったので、待っててくれてました。
勝手にサマータイム?やってる子どもを見ていて、つくづく、元気だな~体力あるな~ってため息ついています。

【2006/08/08 05:48】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
「子どもが帰り道にどんな目にあうのかこわくていけません。」
そう思います。帰り道、駅に着くまでに、切れている人が3人居ました。
大人になるまで、淀川花火大会は行かない方がいいですよ。
他にも、いろいろあるし、小さい時は、手花火で子供も満足よね。

ほんとに、あのゴミ!もう諦めているのか、「持ち帰りましょう」も言わないのですが、言うと、途中の民家前に捨てる人がいるからでしょうね。そこまで信頼されない花火見物客って悲しい。
ヒマラヤなどに登山家が置いていったゴミを拾い続けている野口健さんの本を読んだ時も思ったけど、自分の出したゴミの始末もできない人は、行っちゃいけないと思う。

「セミが鳴くまで待って~」だなんて、可愛い会話!でも、すごい早起きで、大変!
この頃のラジオ体操は、8時40分からの放送だから、早起き不要なのに…?
【2006/08/08 20:09】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/102-5402a8e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード