心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-奄美大島1日目
奄美大島1日目
 島北部にある宿舎近くの海岸散策→田中一村美術館(素晴らしい絵と素敵な建物)→近くの土盛(ともり)海岸で泳ぐ【青い海と青い空、ぜひ拡大してお楽しみ下さい。】

hikouki1689.jpg haibisukasu1696.jpg higasa1716.jpg
飛行機から          ハイビスカス             ホテルのそばの海辺
tadan1721.jpg tsorahama1703.jpg tadan1722.jpg tnatunokkumo1719.jpg
ホテル近くの海を散策    (アダンの木が実をつけていた)
iwahama1726.jpg isson1725.jpg oyogini1736.jpg
散策                    田中一村美術館          土盛海岸に泳ぎに
tnagisa1712.jpg tumisora1700.jpg tumi1730.jpg tumi21748.jpg
透明度の高い土盛海岸
tomori21739.jpg tomori1743.jpg heyakara1751.jpg
土盛海岸                                      ホテルの部屋から

 青空が広がり、透明度の高い海が、さらに青く美しく見える。周りはサトウキビ畑とアダンの木があるのみで、昔、椎名誠が監督をした映画『うみ・そら・さんごの言い伝え』で見たような、南国らしい風景が広がっていた。

 田中一村美術館では、中学1年生が職業体験中。丸顔のおぼこい顔と小太りの姿が可愛い。
建物も琉球松を使ったベンチも素敵、一村の絵も心ひかれるものが多く、画集とたくさんの絵はがきを買った。

 土盛海岸では、「お姉ちゃん」と慕ってくれた小学生とシュノーケルを楽しむ。小学校低学年なので、さすがに、小柄な私より小さく、ずっと親指を持って離さず、魚を見つけるたびに知らせてくれるのが、愛らしい。
「どうしてそんなに白いの?」(こんなこと大阪では言われたことない。)なんて、尋ねられて嬉しい。遊んでくれたお礼に「野菜持っていくね。」なんて言う、人なつっこくて素朴な子たちが、心に温かかった。

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

亀さん、こんばんは!

o(*^^*)oワクワク 真っ青な海と壮大な空!心の濁りが綺麗になりそうです。
こんな所で、のんびり過ごす時間・・・欲しいな。
でも、この写真だけで充分に味わえますね。やっぱり、疲れた心には自然の力が
絶対に必要ですね。v-10

れんげ草さん、お元気そうで安心致しました(^・^)

いいですね!チューブのコンサート!私も、前田さんの歌声大好きなんです!
夏は男ですよね。そう言えば、どこかにテープがあったんだ・・・
なんだか久しぶりに聴きたくなりました(^_^)
【2006/08/29 21:03】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]


すっご~い素敵v-301

ほんとうはこんなところに行きたかった~v-297

空の青も海のエメラルドグリーンも雲の白も、いいですね~e-485

美しい風景を一緒に味わい「きれいね~e-420」って言い合ってのんびりしたいのですが、
子どもたちはナカナカそうではないらしく、溢れるパワーを発散させるのに必死のようでe-277
6歳も離れていると興味の対象も遊び方も違うので、疲れました~e-330

でも、次はやっぱり、アップされている写真のような風景を子どもと一緒に味わいに行きたいe-267

e-255まだ、一緒に行ってくれるかしら?

【2006/08/29 21:17】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

♪夏の終わりのハーモニー♪

ワァー!凄ーい!目が覚めるような空と海。 
コバルトブルーにオーシャンブルーにエメラルドグリーン・・・
それに真っ白な雲と輝く太陽!  v-278
波の音も聞こえて来るようです。    e-255
本土ではもうそろそろ夏も終わりで名残惜しい時に v-409
たっぷり真夏を味わって来れて良かったですね!
私たちにもその素晴らしさをおすそ分けしてくれてありがとう!v-221

「お姉ちゃん」と呼ばれたのが、最大の収穫だなんて
笑ってしまいました。 v-411
海も貸切り、プライベートビーチって感じでしたね。
良かった、良かった!素敵なバケーションで。
旅の疲れが出ない様にね。(最近私は帰った次の日がきつかったのですが
旅行の続きだと考える様にしたら、元気で起きられる様になりました。)
だって旅行の時は朝早く目が覚めて、寝てられないのですもの。

よく見たらまだ1日目でしたね。まだまだ楽しい事がありそうですね。
ワクワク!期待で胸が膨らんでいます。

ぴょんこさんへ v-530

夏は男ですよね。・・・ぴょんこさん大胆発言ですね!v-356
もしかして夏の男ですか?あーびっくりした!v-12
それなら納得です。前田さんですね?

花火あり噴水あり風船飛ばしに火炎放射器そして前田さんが e-357v-46
「BBQマン」に変装して空を飛んだりと盛り上がりましたよ。  v-311v-41 
もうあまりお若くないのに汗びっしょりで、噴水では水浸しで  e-221
頑張ってる姿からエネルギーもらいました。
私も明るく元気で頑張ろーっと!v-91

【2006/08/30 11:00】 URL | れんげ草 #JalddpaA [ 編集]

ぴょんこさんへ
「疲れた心には自然の力が絶対に必要ですね。」
そうですよね。
飛行機でびゅんと行けば、1時間半のところに、こんなにのんびりできるところがあるのですから。
人生に疲れた時には、お金のことは忘れて、天気予報だけ調べて、思いきって出掛けてみようと、今回の旅で改めて思いました。
こんな逃げ場所を作っておくのって、何よりも大事かもしれない。
今まで行った旅先の中で、一番その目的に適いそうな場所だという気がしました。
【2006/08/30 20:24】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

kimico さんへ
「アップされている写真のような風景を子どもと一緒に味わいに行きたい」
私も、子どもたちが小さいころは、こんな遠くに行くなど思いもつかず、ただ夫の田舎に帰省することと、近場の海で民宿かキャンプで過ごす夏が中心でした。

一度でいいから、子どもたちも揃って、こんなに透明で、魚が泳いでいるのが見える海で過ごしたかったです。もう、絶対一緒になんか来てくれないものね。

飛行機に乗れば簡単だったのに、思いつかなかったのね。経済的な負担も大きい気がしていたし…。でも、何よりも優先して、南の島に行くべきでした。もう、遅い…。
【2006/08/30 20:31】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

れんげ草ちゃんへ
もともと色の白くない私、今頃になって黒くなり、汚いおばちゃんですー。

海は、完全にプライベートビーチで、一度でもこんな海で泳ぐと、こちらの海では泳げません。
きっと、また来年も、どこかの島で泳いでいますよ。それまでは、節約、節約?!

この年になって、海の中覗いているなんて、海女さんぐらいよね?
でも、そんなのが、気取らなくて、自分には似合っている気がしてきた…。
都会に帰り着いて、乗り合わせた人たちの顔が生彩なく見えたのは、気のせいかしら?

お天気に恵まれたのが最大の収穫でした、というのが本当は正解なのでしょうけれど、やはり人との出会いが心に残るものですね。
【2006/08/30 20:44】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんなきれいな海と空と雲e-255

絶対に誰かと共有したい!

夫と子どもたちと過ごしたいです。
家族が1番e-75

せっかくの風景もひとりでは・・・


今回、上の子が11歳e-252
海外では12歳からはキッズプログラムに入れないので、無理してグアムまで行きました。

税関もイミグレーションも子どもたちにひとりで通らせてみました。
オモシロカッタ~v-233
上の子なんてパスポートに押してもらえるスタンプをオーダーしてましたv-20

下の子はゼンゼン背が届かないのを係員の方がきちんと助けてくださるし・・・e-420

現地でも遊泳禁止の理由がわからなくて戸惑っていた時に
「聞いてきて」って言うと、自分で行ってました。
ローマ字もロクに書けない子なんですけれど・・・

心の中ではとってもおしゃべりな子って思っていたのですが、そうだったみたいで
結構、いろんな交流していましたe-319

帰りのフライトではコックピットに招待されて、操縦桿を握らせてもらってました(離陸前です)v-315

「サンキュー」と「プリーズ」を忘れないで言おうねv-344 ってダケ約束して
出かけたのですが、これで結構いろんな方に良くしていただけました。

これからもきちんと ありがとう の言える子で育って欲しいと願っています。


来年は奄美大島v-301にぜひ!

2日目以降のアップが楽しみですv-289



【2006/08/30 21:17】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
グアムでしたかv-10
どこか海外だなとは思っていたのですが。
お子さんたちに、とても素敵な体験をさせてあげられて、よかったですねv-290
もう充分覚えておける年だしね。自信もついただろうなあ。
お子さんの生き生きした様子が見えるようです。

家族で過ごせる時期は、あっと言う間に終わるから、思う存分楽しんで下さい。
【2006/08/30 23:09】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/112-869794b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード