心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-大木実「前へ」
sumarikyu2137.jpg
  【 神戸にある須磨離宮公園/写真右手には遠くに海・左手には階段の上にカフェテラスがあります。】

 心がカラカラになった自分と対話をしたいとき、必ず出掛ける場所が須磨離宮公園です。
コーヒーを飲みながら、ぼんやりと噴水や遠くの海を眺めていると、心が水に癒されていくのがわかります。
そうして、次に揚げる詩が読める自分に、変わっていることに気づくのです。

   前へ     大木 実

少年の日読んだ「家なき子」の物語の結びは、こういう
 言葉で終わっている
―― 前へ。
僕はこの言葉が好きだ。

物語は終わっても、僕らの人生は終らない。
僕らの人生の不幸は終りがない。
希望を失わず、つねに前へ進んでいく、物語のなかの
 少年ルミよ
僕はあの健気なルミが好きだ。
辛いこと、厭なこと、哀しいことに、出会うたび、
僕は弱い自分を励ます。
―― 前へ。

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

亀さんとれんげ草さんとkazuさんがいらした公園ですね。
美しい!のひと言です。
緑、噴水、青空と雲。
心がスッキリしていきます。素敵なお写真有難うございます。

ハオちゃん、ますます磨きがかかって美(?)になりましたね。
彼女の耳が好きv-238
【2006/10/14 10:27】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミンさんへ
ベンジャミンさん、そうですよ~。
本当は、高台から海も入れて写したかったのですが、ちょうど月見の宴の舞台が真ん中に作られていて、美しさを損なうので諦めました。
ぜひ、海を想像してご覧ください。

ありがとうございます。たとえ猫でも美人とほめられると嬉しいものですね。
まん丸の黒目が、フラッシュで閉じてしまうので、それが写せないのが残念です。
【2006/10/14 20:26】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


亀さん、こんばんは!
お答えして頂いて、ありがとうございました。何となく文字が頭にチラチラとしていましたが
どうしても思い出せなくていました。おかげでスッキリ!

>神戸にある須磨離宮公園

神戸にこんなに素敵な公園があるんですか?知らなかった・・・と、言っても
神戸には1度しか行った事がありません。無理してでも行けば良かったな・・・と
ちょっぴり後悔しています(^_^.)
行けば、亀さんにもれんげ草さんにもお会い出来たんですよね・・・
それが、京都と大阪だけで時間切れ・・・今度は、この公園に行ってみたいです(^・^)
【2006/10/14 22:50】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]

ぴょんこさんへ
ぴょんこさん、お役に立ててよかったです。
「英國屋」は、チェーン店がたくさんあって、どれも感じいいですよ。
私は、あまり都会に行かないので、利用はほとんどしませんけれど。

私は、JR京都で食事をとるときは、伊勢丹の中にある「加賀屋」で和食が多いです。
窓から、京都の五山(大文字山とか)が見渡せるので、気に入っています。
ただ、店名からおわかりのように、「加賀料理」(金沢)なので」、京都に来た意味がないかも?

神戸、大阪、京都は近いですから、今度はぜひお会いしましょう!

【2006/10/15 16:12】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


前へ・・・の詩 人間は弱いものです。この詩は読む時のそのときの辛い気持ちをそっと拭ってくれてやさしく背中を押してくれそうな。書き留めておきましょう。
 さて 離宮公園 こんなに美しかったのですね。よりやんの庭範囲なのに 長いこと行ってないのです。こんど ゆっくり 出掛けてみます。確かに カフェテラスからの眺めはいいですよね。ヨーロッパのお庭みたいですね。亀さんの憩いの場所がうちの近くなので うれしいです。須磨寺もいいですよね。頑張って自転車でもう一度 近くを楽しんでみます。

 
【2006/10/15 17:17】 URL | よりやん #- [ 編集]

れんげ草さんへ
はじめまして。 いつも コメント 読ませていただいております。
細やかに そして エネルギッシュに生活されておられていつも 感銘いたしております。

須磨にもいらしたようで うれしく思っております。海がすぐそばで山育ちの私はうれしい限りです。でも なんといっても 震災では震源地に一番近かったので その時は両親が なんでそんなところに住んでたのかと嘆いたこともありました。北海道の友人なんか当時 須磨区の死亡覧を悪いけど見ていたと話していましたから。恐ろしい。だから 私はきっと長生きしますよ。

また 須磨にも遊びにいらしてください。じっと26年も暮らしていますが、春のころの潮風がすばらしいです。
【2006/10/15 17:35】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやんへ
須磨を訪ねたときは、いつも「ああ、ここで、よりやんは毎日潮風を感じながら暮らしてるんだ!」って思いながら、あちこちうろうろしています。

とっても落ち込んでいたとき、須磨まで出掛けて、よりやんの顔を見てほっとしたこともあったし、電話で田舎なまりの声で励ましてくれて、涙が出たときもあったのですよ。
よりやんは、気づいていたかどうか知らないけれど…。
田舎は別格ですが、神戸と奈良は、思いのいっぱい詰まった場所です。

須磨寺の近くの1000円ショップ、すごく素敵なものがいっぱいありました!また、行くわ!
【2006/10/15 21:21】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


  須磨離宮公園(「須磨」というだけでも、源氏物語とか古典の世界をイメージさせて素敵なのに、「離宮」がついてますます雅な名前!)・・・美しいところですね。
れんげ草さんと一緒に、結ちゃんのことなどおしゃべりしながらお茶したり、散策している亀さんを想像しました。楽しい想い出ができましたね~。
楽しく幸せな時にはその気持ちを膨らませてくれて、辛く寂しい時には「前へ」と思えるまでに癒してくれる・・・そんな公園なのでしょうね。
いつか、是非行ってみたいなあ。
よりやんはここの近くで、潮風を感じながら暮らしているのですねえ。




 

  

 
【2006/10/16 00:40】 URL | keiko #- [ 編集]

keikoさんへ
keikoさん、その通り!「喜びは倍に。悲しみは半分に。」の場所です。
須磨寺は、平家物語ゆかりの寺で、「一ノ谷の合戦」を模した大きな像や小さな人形があるのですが、その人形、私はずっと紙粘土製と思っていたのですが、自然の石だと、先日、れんげ草ちゃんと行って、初めて気が付きました。

須磨は、海・山、洋風・和風を楽しみながら、一日で巡ることができるので、初めての人を案内するには、とても素敵なところで、ほんと!好きです。

近くに住んで、自転車で巡ったり、海岸をジョギングなんていうのにも、すごく憧れます。
高校の時、神戸の洋館に下宿して教師をやっている女性が主人公の朝のドラマが好きで、その時から神戸は憧れの地です。
【2006/10/16 08:32】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

亀ちゃんへ
絵葉書のような写真ですね。青空と雲、噴水の白が綺麗!v-46
その中にいたのですよね。幸せでしたねーv-290
癒しの場所を教えてくれてありがとう!今度落ち込んだ時は是非行きます。
1.000円ショップも魅力的でしたね?また行きたーい!e-202
「家なき子」は叔母がクリスマスプレゼントにくれて読んだ初めての本です。e-100
前へ・・・覚えていませんが、いい言葉ですね。

よりやんへ
私も山育ちなので海への憧れはずっとありました。
次女が2年前から関西に移住し、アパートの目の前が海で
淡路島も見え、夕日が綺麗で毎日眺めていました。
瀬戸の海はいつも凪で穏やか、太平洋とは違いますね?

震災の時には幸いにもお家が壊れなかった為に、返って嫌な e-112
思いをされたと聞きました。すべてを無くした人の心は荒むもの
ですね。心が豊かでないと人の幸せも喜べないのですね。
私も肝に銘じました。
【2006/10/19 16:49】 URL | れんげ草 #JalddpaA [ 編集]

れんげ草ちゃんへ
あの時の写真が、こんなふうに撮れていたとは、正直自分でも驚きでした。

1.000円ショップで諦めたクッション、中味を抜いて額に入れたら素敵だったわね!
それと、これも諦めた花瓶、今思えば、コスモスを入れたら、すごく似合いそう!
ずっと座れたから、買って帰ればよかったわ~~~。また、行きたいね!

れんげ草ちゃんが初めて読んだ本は、「家なき子」。
私は、「秘密の花園」でした。一度、読み返してみたいな。
【2006/10/19 19:54】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/133-e2896d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード