心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-太陽の塔
20061016123703.jpg

 仕事の行き帰り、毎日のように「太陽の塔」を見ているので、「今日のご機嫌は?」と尋ねたくなるぐらい親しみを感じている。
正面から見ると、背後に箕面の山を控え、これ以上文明は入ってくるなと、「太陽の塔」がガードしているように思える。背面は、濃い緑と黒が基調になって、表とは正反対の夜の表情である。
また、横からのシルエットは猫背で、ジブリのアニメ『千と千尋の神隠し』の「顔なし」を思わせる。宮崎駿は、万博にある民族博物館が好きで、よく訪れるそうだから、イメージが重なるのは、偶然ではないかもしれない。

 EXPO‘70の年、受験生だった私は、夏休み、希望者だけを募った見学旅行に、先生引率のもと、同級生たちと泊まりがけで出かけた。長蛇の列に並ぶのが嫌で、小さな展示館ばかり見た記憶がある。
「人類の進歩と調和」のテーマが、その後どう発展していったかは、現実が示すとおりだ。自然破壊と反対の声も多かったらしいが、当時の佐藤栄作首相に感謝すべきは、彼が「公園のまま残そう。」と決断してくれたこと。
今、緑豊かな公園となって、人々の憩いの場所となっており、私もその恩恵に浴している。

 岡本太郎『挑む』より
あれ(太陽の塔)が作られたころは、高度成長期の絶頂、日本中が進歩、GNPに自信満々の時代だった。そこへ万博。恐らく全体が進歩主義、モダーニズム一色になることは目に見えていた。そこで私は逆に時空を超えた、絶対感。馬鹿みたいに、ただどかんと突っ立った「太陽の塔」を作ったのだ。現代への惰性への激しい挑みの象徴として。
人の目を気にしない“ベラボーなもの”をうち出すつもり、はじめから評価など蹴とばして作った。案の定、エリートぶった大人たちや、美術関係者などには反感をかい、悪口を言われたけれど、反対に無条件のピープルには喜ばれた。万博成功の一つはあの塔にあると言われたくらい、人気者になったのだ。
太陽の塔は永久保存ときまった。ほとんどの施設が撤去され、あたりのざわめきが消えた今、あの平気で挑んだ姿勢と、その裏の、運命を優しくかかえたデリカシーが、一緒に浮かび出てくるようだ。
あれは孤独で、太陽に向かい、大地に向かって挑みつづけるだろう。

 「太陽の塔」と対になる「明日の神話」について
メキシコ・ホテルのオーナー、スワレス氏に依頼され、岡本太郎が描いた幅32メートルの大壁画が、ずっと行方知らずだったが、先年見つかり、愛媛県でずっと修復作業がされていた。この、骸骨が真ん中に燃えている構図の「明日の神話」が、今年の夏、修復を終え、東京で公開された。
現在、広島市や吹田市などが、「ぜひわが市に」と、誘致しているそうだ。縄文の美に、本当の日本を発見し、停滞していた日本文化に挑み続けた彼の生き様が感じられる作品で、「太陽の塔」と対になるものと位置づけられている。

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

私は修学旅行で行きました。同じく長い列に並ぶ気力などなく、小さいパビリオンばかりまわった記憶があります。月の石等ものすごい行列でしたね。それとまだ世界の物産展が珍しく、会場内にあったそんなお店で買ったアフリカの木工細工のペン立てを、未だに母が実家で使っています。訳もなく入場ゲートから走ったりもしました。伊丹空港へのバスが横を通ると太陽の塔が懐かしくて。何時かこの塔に立てこもった人がいたと思うのですが、詳しい事を忘れました。
ところで、「明日の神話」を愛媛県で修復したのはどうしてでしょうか。
【2006/11/09 00:34】 URL | 犬塚 #- [ 編集]


千里で育った私は何度も何度も万博には行きました。
小学校に入学する年でした。
ほとんどのパビリオンを見て回ったように思います。
親戚がうちに泊まって出かけるたびに、連れて行ってもらってました。

当時、万博会場に行く電車が走っていた線路だったところが(計画通りなんでしょうけれど)今は道路です。
不思議に思えます。

太陽の塔に立てこもったの人は 目玉男 と呼ばれていましたよね?
一週間くらい右目の部分に赤いヘルメット姿で座って?いたような・・・

去年だったか、太陽の塔の中を見学する無料のツアーに応募して、2度見学してきました。
私は懐かしく、子どもたちは楽しくいい時間でした。

愛知万博との関連で、一日だけ目玉を点灯させた日も、もちろんそばまで出かけて見てました。

太陽の塔のすぐ後ろでチューリップやイーグルスのコンサートが開かれたことがあって
チケットが手に入らず、近くのマンションの屋上から双眼鏡で見ました。
風向きが味方してくれて、音もばっちり!

今でもしょっちゅうお弁当もって出かけます。
そばに児童文学館もあるし。

TARO MONEY も持っています。
・・・親子でかなりマニアなファン?かも???しれません。
岡本太郎つながりで、カーニバルプラザにも出かけたりするし・・・

明日の神話 吹田に来てくれないかなぁ。
答えが見つかるかどうかはわからないのですが

http://www.1101.com/asunoshinwa/index.html

明日の神話のオフィシャルページです。

【2006/11/09 07:57】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

犬塚さんへ
ほぼ日刊イトイ新聞で、ずっと修復の様子を連載していて、その時に書いてあったか、新聞記事だったか定かでないのですが、場所を提供してくれた会社があった?修復の技術があった?なんか、そんなことが記事になっていたような?でも、ぼんやり。
ごめんなさい、あてにならなくて。
いろんな情報は、kimicoさんが教えてくださっているので、そこを参照してくださいね。

万博では、父が、おみやげに丸い大きなチーズを買ってきてくれと言うので、買いました。
田舎の人なのに、なんでそんなもの知ってたのだろう?

修学旅行で?私たちの修学旅行は、前年で、東京方面でしたが、ここでも、みんなで担任の先生に迷惑をかけてしまいました。懐かしい思い出です。
万博は、夏の補習中に突然、先生が「行くか?」と言いだし、急遽行くことになったような記憶が…?ちょっと、記憶に自信ありませんが。
【2006/11/09 20:11】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

kimicoさんへ
いろんな情報をありがとう!
ついに、kimicoさんの年がわかってしまいました!
ずっと近くに暮らしていて、大きな変化を見続けているんですね。

イトイさんのファンでもあるkimicoさんは、岡本太郎さんのファンでもあるんですね。
かなりマニアックに、太陽の塔にも関わっているし、万博は私以上に庭同然だし、ビックリ!
知らないことや忘れていたことを教えてもらって、感謝しています。

今日のタウン誌に、日本万博記念機構理事長が「公共性と経済性を両立させたこんな公園、日本ではここしかない」と書かれていました。
私たちって、幸せな所に住んでいるのねえ。
鉄鋼館を、「万博記念館」としてリニューアルするそうですよ。また、楽しみですね。
【2006/11/09 20:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


亀さん、お久しぶりです。
突然、ブログを閉じてしまってごめんなさい。
どうしても、自分の心の中にある、いろんな事をリセットしたかったんです。
それには、あのブログも消したかった・・・
今、元気ですよ!安心して下さいね。また・・・ブログを再開するときには
必ずお知らせに伺います。
亀さんも、れんげ草さんもお風邪をひかないで下さいね。元気ですよ私(^・^)
【2006/11/09 20:47】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]


太陽の塔を毎日 見上げているのですね。すごいですね。
万博にも行ってたのですね。当時 高校で希望者を募ってましたね。私の妹は1年だったので参加してました。アフリカの国のトランプ入れを買ってくれてました。今も大事に持っています。
修学旅行ではまたまた 暴走した思い出が蘇ってきました。今 思えば 東京でグループで自由行動させていただいたなんてすごいことですね。しかし やんちゃな私たちをよくS先生は我慢づよく 見守っていただきましたね。

のびのびと広ーい公園が近くでいいですね。私は結婚式と棟方志功の版画展に随分前に出掛けたことがありますが、そのうち ゆっくりと散策してみたいです。
【2006/11/09 21:19】 URL | よりやん #- [ 編集]

ぴょんこさんへ
ぴょんこさん、お久しぶり!!お元気そうでよかった!!!

この間、TVで、エスカレーターでどちら側を空けるかというのをやっていて、ぴょんこさんのブログで、そんな話をしてたなと思い出して、ベンジャミンさんの所に書き込んだところだったのですよ。

大阪が、左側を空けるのは、万博の時、混乱を避けるため、強制的にそういうルールにした名残だそうです。
京都は、東京と同じように、右側を空けるから、関西と関東の違いでもないし、と不思議だったのだけど、やっと訳がわかりました。
このこと、ぴょんこさんに教えてあげることができて、よかった!

また、訪ねてきて下さいね!可愛いぴょんこさん、待ってますよ~!!!
【2006/11/09 21:34】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


開場したばかりで、展示が間に合わない国もあった頃に行きました。だから寒くて、あいのコート姿で映っています。受験に本腰を入れたくなる頃で、がりべん君は(家で勉強したいと)旅行を休んでたなあ。夜皆で話していると、たいていの人が通教とが受けててびっくり。美大志望の私は一般の受験準備をしていず、ちょっとあせったのも思い出です。夏休みの後に閉場だったように記憶してますが。
ジュリーが昔「太陽を盗んだ男」と言う映画に主演して、確か原爆の事だったと思うけど、何かこの塔とも関係あったような。不確かですが。
やっぱり篭城男はいたんですよね。朧げに実況の映像を覚えています。
それにしても私以外の人も世界の物産展は楽しみだったんですね。アフリカの物なんてそんな時でもないと買えなかったから。・・・・とすべてが懐かしく、ちょっと曖昧な記憶です。
【2006/11/09 21:41】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

よりやんへ
よりやんも、万博行ったと思ってた…。
宿舎が当時は不足していて、私たちは、将来、一般の住宅になるという部屋に泊まったのよ。
今、それは、どの団地かマンションになっているのかしらと、ずっと気になっているんだけど、残念ながら不明です。

東京での夜間外出は無謀でしたね。
田舎育ちで、地下鉄に一度も乗ったことのない私たちが、下調べもせずいきなり、新宿西口広場で、フォークソング歌っている人たちを見たいだなんて、無茶もいいとこ。
よくぞ無事戻れたことと、思い出しても、ぞーっとします。
S先生、怒りもしなかったもんね。怒られるより、効いた!ほんま、ごめんなさいです。
【2006/11/09 21:45】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

犬塚さんへ
犬塚さんたちに比べて、私たちは、のんびりしてたんだ!
夏休みに泊まりがけで、船を使って行きましたよ。
もちろん現地では、勉強のべの字の一言もなく、馬鹿話ばかりして。

大阪で働く兄が丁度、新婚で、姉の美しいミニスカート姿がまぶしかった。
会いに来てくれて、ガラスのきれいなスイス館の前で撮った写真があります。
広告会社は、稼ぎ時で、兄も生き生きしていたことを思い出します。
なんか書いているうちに、「3丁目の夕日」のような幸せな時代が甦ってきました。

ジュリーの映画は、??誰か、記憶のある人いるかなあ?
籠城男は、薄ぼんやりと映像の記憶があります。
【2006/11/09 21:58】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

太陽を盗んだ男
僕の先生は原爆を持っている  そんなコピーがついていたような・・・
ジュリーの上半身裸で長髪のポスターを覚えています。
・・・でも、映画は見てはいないので違うかも?

「万博記念館」 楽しみです。
マニアなつもりはなかったんですけれど、地元だから?しょっちゅういくから?
記憶にも鮮明なのかも・・・
でも子どもの記憶だから、もう一度確かめたいな。
マレーネ・デートリッヒ・・・歌ってませんでした?

結婚前に住んでいた住宅は万博当時に外国のパビリオンのコンパニオンさんたちの住居になっていたところでした。
・・・ほんと、どっぷり かも?
【2006/11/09 22:10】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimico さんへ
かなりどっぷりですよねえ。
若い分、記憶も鮮明?
また思い出したら、教えてくださいね。

今年も万博の周りの桜紅葉がきれいに色づきそうで楽しみです。

11月の連休には、日本庭園で「和物曲芸」というのをやっていて、口にくわえた棒の先で急須をくるくる回したり、傘の上で回したり、30分ほど無料で見ました。
また、あるかも?とても上手で面白かったですよ。
【2006/11/10 13:18】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/144-489899f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード