心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-有馬敲さんの詩集『洛中洛外』
rakutyurakugai.jpg    有馬敲さんの詩集 『洛中洛外』 (思潮社/2200円)

この秋は、前回ご紹介した歌集『木香薔薇』、そして、今回の詩集『洛中洛外』と、私の中では、「久々の大ヒット!」という詩歌との出会いがありました。
『洛中洛外』の作者、有馬敲さんは、京都生まれで、今も京都にお住まいの75歳の方で、少年向きから大人向きまで、たくさんの詩集を出されています。

 今回ご紹介するのは、去年一年の京都での暮らしを、たっぷりの京都弁で綴った詩集です。1月から12月まで、京都の風物を入れながら、世の中ともきちんと関わっている日々の生活が、詩になっており、最後の1ページまで、飽きさせません。
作者の、飄々としているようで、どっこい、したたかに生きているという感じが、巧みな京都弁で、よく表されています。柔らかく優しそうに響く京都弁が、一方で、皮肉に満ちた辛辣な意味を含んでいく、その過程が面白く、友人知人にいっぱい勧めました。
これらの詩が京都弁でなかったら、ここまで心に届かなかっただろうと思います。作者の余裕あるユーモア精神と京都弁があって初めて成立した詩集だと言えるでしょう。共感する部分がいっぱいです。

 以下に、一部引用しますが、この詩集も、1冊丸ごと読んで欲しい本です。

「いちょうしぐれ」

そのときや
なにごとかいなと思うた
ふいに黄色いもんがぎょうさん
折からのきつい風に吹かれて
空から舞い降りてきたんや

急行バスが賀茂大橋を過ぎて
百万遍にむかって走っとるとき
窓のそとをよう見たら
目の前のいちょう並木から
黄葉がしぐれになって散っていくやんか


(以下省略) 
皆さんにも、京大近くの銀杏並木から、はらはらと散る黄葉が見えたでしょうか?


「わやくちゃ」

えらいこっちゃでぇ
とうとう戦争に備える法律ができてしもた
「有事法」いうて
オブラートに包んだ言いまわしやが
英語ではちゃんと
「War Contingencies」となっとる
「戦争法」やでぇ わややでぇ

(途中省略)

あんたの大好きな花鳥風月をめでる楽しみも 自由も
いつなんどき奪われるかもしれへんでぇ
純粋で 中立的で 非政治的や いうて
見て見んふりするあんたこそ
よっぽど政治的やないか

わやくちゃやでぇ
「戦争法」には気をつけなあかん
これからも目を皿にして見張っとらなあかん
憲法9条が泣いとる


昨日のニュースで、「防衛庁」を「防衛省」に格上げする法案が出されると言っていました。国会は、立法機関と言えばそれまでですが、「教育基本法の改正(改悪)」など、私たち国民を置き去りにしたまま、次々と、重要な法案が決まっていくのにやりきれない思いです。
選挙が、今の政権が有利な形で行われ、必ずしも、民意が反映されているとは言えない状況の中で、戦前の動きを連想させるような、最近の一連の動きに、じわじわと首を絞められていくような恐怖を感じているのは、私だけではないと思うのですが…。

 と、ここまで書いて、昨日は、鼻炎の薬の影響による眠気に勝てず、眠ってしまいました。
政治に関した詩を、次にもう一つ引用しますが、決して声高に思想信条を述べている詩集ではないのです。本当は、もっとバランス良く、「人間の当たり前の暮らしって、こんなふうだよね。」って、感じさせる、とっても人間くさい詩集なのです。

「建議」

ブッシュはんの連れ合いの
ローラ夫人はテレビで見ただけでも
なんとのう上品で さすがファースト・レディや

(途中省略)

おねだりするわけやおへんが
ここはひとつ ローラ夫人から
ブッシュはんやその取り巻きの偉いさんに
戦争のあほらしさを教えてもらえまへんか
たがいに人が殺しあうのはやりきれまへんな
せんに学校の先生やったローラ夫人なら
人にさとすのはお得意やと思いまっせ


今回のアメリカ中間選挙は、上院・下院とも民主党が12年ぶりに過半数を制する結果となりました。ブッシュ大統領のイラク政策への批判票によるものが主因だったということに、アメリカの健全な民主主義の存在を見る思いで、正直羨ましく感じました。

大切な詩を、一部分だけ引用し、作者の有馬敲さんには、大変申し訳なく思っています。
よろしければ、皆さん、本を手に入れて、ぜひ全部の詩を読んでみて下さい。いい詩集ですよ。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

大空の亀さん、こんばんは!
素敵な紅葉の写真を見ては、コメントも書けないほど辛かった。
でも、もう大丈夫です。
いろいろと、ご心配、そして暗い内容のブログを読んで下さってありがとうございました。
もう、平気です(^・^)元気になりました!
【2006/11/30 22:28】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]

ぴょんこさんへ
私も ビリー・ジョエル 好きなんです。
月並みだけれど just the way you are とか Honesty や piano man がお気に入り♪

日本公演、行きたかったです。
外見はずいぶんと変わってしまったけれど、生で彼の歌声やピアノを聴いてみたかった。

LPしか持ってないので今はうちで楽しみこともままならなくて・・・
先日、通勤中にFMの放送で my life がかかって歌いました!
車の中だし誰にも迷惑かけないので、つい、力いっぱい♪♪♪

【2006/11/30 23:36】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]


今日この詩集をお借りしました。早速読みましたが、洒脱で面白かったです。好々爺を装いながら細めた目から鋭い光を覗かせる有馬さんのご様子が伺えました。これって所謂老人力ですね。昔の無骨な力強いリズムを持った詩とは違ったよさがありました。
防衛省格上げの法案は今日衆議院を通りましたね。なんだか畳み掛けられるようで恐ろしい。私は、私なりの平和憲法を守る行動として、(そんな事は初めてなのですが)、拉致被害者救済の集会に出ようと思います。9条を守りたいから、守りたいと言うだけでなく、武力の代わりに民意をしっかりとした力にして外国にアピールし、救出につながないといけないと思ったから。というのも、拉致問題のクローズアップと日本の右傾化は残念ながら重なっているような気がするのです。どんなにお気の毒でも武力で助ける事は出来ないから、代わりに私一人でも加えてカウントされるよう、救済運動に参加します。
【2006/12/01 00:19】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

ぴょんこさんへ
ぴょんこさん、映画が良かったんですね!

人間、明るいときも暗いときも、元気なときも落ち込むこともあります。
ぴょんこさんは、正直なだけ。そんなに気にしないでください。

私はいつも明るく元気そうだけど??、本当はそうでもないんですよ。
気分はいろいろ。いろいろだから面白い。なんて、ちょっと、無理がありますか??
【2006/12/01 15:05】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

kimico さんへ
すごいなあ、英語で題名がすらすらと。
しかも、一緒に「マイ・ライフ」が歌える!

私は、ぴょんこさんの書き込みに「オネスティ」ですよ。カタカナ!
他の曲も、聴いたら「知ってる~」とか「好き~」とか言うのでしょうが、覚えてない。

昔から、カタカナに弱い私は、物語も翻訳物に弱い。
そのせいで、いまだに、日本文学ばかり読んでいます。
【2006/12/01 15:10】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

犬塚さんへ
久しぶりに読んだ大人向きの詩集でしたが、「老人力」と言われれば、確かにそんなふうにも。
「洒脱で面白い」「好々爺を装いながら細めた目から鋭い光を覗かせる」という的確な評に脱帽です。

昨日は、夕方から一度も起きず、なんと12時間以上も熟睡していて、改めて夕刊を読みました。
総理大臣の許可なく、海外に行ける権力を持ってしまったのですよね。

昔、大人に「なんで戦争に反対しなかったの?」と尋ね、「知らない間になっていた。反対できる状況ではなかった。」という答えを聞いたときと、今が重なってきています。

「拉致問題のクローズアップと日本の右傾化は残念ながら重なっているような気がするのです。」という意見にも、同じ思いです。
北朝鮮の核の問題も、同じように利用されているのではと思います。

「武力の代わりに民意をしっかりとした力にして外国にアピール」という犬塚さんの考えに賛成です。数に加わるのは、その一つの方法。
善良な民意を、大きな力にするには、やはり、一人一人の地道な行動しかないか…。
【2006/12/01 15:28】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/155-c3ed0470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード