心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-百人一首より「花」の歌
yosino1 yosino3

yosino2 yosino5

(奈良吉野山で撮影/脇道にそれ、ハイキングコースを行くべし)

関東地方では桜が散り始めているとのニュース。
こちら、関西地方ではまだまだつぼみで、この週末ぐらいが見頃のようです。
ここ数年間の撮り貯めた「桜」の写真の中から、一部を選び載せていきます。
有名な句や歌とあわせて、何日間か「桜づけ」をお楽しみ下さい。

まずは、皆さんおなじみの百人一首から、「花(桜)」を詠んだ歌。

花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに  小野小町

久かたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ   紀友則

いにしへの奈良の都の八重ざくらけふ九重ににほひぬるかな  伊勢大輔

もろともにあはれと思へ山桜はなよりほかに知る人もなし  前大僧正行尊

高砂の尾の上のさくら咲きにけり外山のかすみ立たずもあらなむ  前中納言国房

花さそふ嵐の庭の雪ならでふりゆくものはわが身なりけり  入道前太政大臣


次の三首は、百人一首ではありませんが、「桜といえばこの歌」と言われるぐらい有名な歌です。

願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ 西行  

世の中にたえてさくらのなかりせば春の心はのどけからまし 在原業平

しき嶋のやまとごころを人とはば朝日ににほふ山ざくら花  本居宣長 


吉野へは、電車で行くことをお勧めします。早めに近鉄電車の特急を予約されるのが賢明です。駅前から山上に行くバスが出ていますので、それを利用し、まずは上へ。人があふれるほどいるかと思いますが、それも楽しむ余裕を持ちながら、上へ奥へと登ります。
脇道にそれると、思いがけず人が少なかったりしますので、そこらでのんびりお弁当を広げると、吉野が大好きになるかと思います。
下りは、混んで長時間待たなくてはいけない乗り物は使わず、ひたすら山道を歩く。これが吉野の自然を楽しむベストな方法かと思います。
くれぐれも染井吉野のピンク一色に包まれた山を想像されませんよう。さまざまな色合いが混じったところが、吉野のよさですから。

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
『うつくしい』とのたまう先生
 うーん 改めて納得したけど、私には右脳がないとつくづく思い知りました。
亀ちゃんが書いてくれた歌は、すらりと出てはくるけれど。・・・出てくるだけなんだナこれが。学生時代の国語の辛さを思い出しました。「もう少し国語をねぇ、何とか点が取れないかねぇ・・・」としょっちゅう言われてたのをシクシク思い出します。l高校時代担任は国語担当の先生ばかりだったし。

 ありありと思い出すのは(古文の授業でだけど)、和歌の一節を読み上げて、S先生が「・・・うつくしいですね。」「・・・うつくしい言葉です。」とうっとりとした表情で(私にはそう見えた!)おっしゃってたことです。前後は何もも覚えていないんだけど、先生が「うつくしい」と言うたびに・・・先生、授業中だってこと忘れてるやんと思いました。

 先生の声としゃべり方と表情まで聞こえてくる気がするでしょ?

 文学的要素がまったく無いKANEGONでした。
A=B、A=C ∴B=C は大いに納得して好きだったんだけど・・・
【2006/04/04 00:05】 URL | KANEGON #- [ 編集]

大人になってわかること
 おはよう。KANEGONさん、私もS先生の授業は特に印象に残っています。古文で恋の歌や恋愛の様子などを説明してもらっても、すっきりとわからないところがあったけど、自分の経験が伴ってくると、これがわかるのよねえ!!古文や漢文のリズムに酔いしれるようにして音読していた頃を思い出します。亀ちゃんのブログを読みながら、素晴しい詩歌を改めて味わうことが出来てとっても嬉しく思います。解説付きの良い授業を受けている気分。ありがとう。

 ところで最近高校時代に読んだ「あしながおじさん」をウン十年ぶりに読みました。主人公になった気分で。いきいきとしたラブレター、ずいぶん若返った気分です。この作品を書いたウエブスターは初めての子どもを出産してすぐに40歳で亡くなったのだそうです。「続あしながおじさん」も読みたいと思って図書館に行ったけど、なかったので、他の作品2冊借りてきました。

 我が家に近い、播磨中央公園の桜がそろそろ咲きそうです。きっとこの週末くらいがよいでしょうね。亀ちゃん、もちろん覚えているでしょ?富美ちゃんと行った。小高い山全体が桜色に染まって遠くから見てもすぐにわかるのですよ。中国道を走っていても見えます。ドライブがてらにぜひどうぞ。中国道滝野・社インターから5分くらいかな?
【2006/04/04 08:30】 URL | GANKO #- [ 編集]

KANEGON&GANKOちゃんへ
二人ともよくS先生の授業を覚えているね。私は、古語の意味調べをしてなくて立たされたことぐらいしか覚えてないの。授業以外でお世話になったことは、よく覚えているんだけど。
昨春、れんげ草さん(長~い文通友だち)が、私の古い手紙を持ってきてくれました。そこに、私が書いていたS先生の授業の一部。
『竹取物語』月からの使者のところで、堅く閉じていた家の戸が自然に開いたという場面。先生曰く「かぐや姫の家は、昔にしては近代的で自動ドアじゃったんじゃの。」チャンチャン。
KANEGONに教えてもらって、やっと物理の点が取れたんだよね。わかるということが不思議でした。
GANKOちゃん、ふみさんとのこと、もちろん忘れてないよ。次のブログで書くね。紹介してくれた絵本、どれもすごくよかった。一流の本だね。年取ったら、また絵本に戻りそう。
【2006/04/04 19:39】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

これもまたとびきり良い絵本です
 亀ちゃんへ、絵本読んでもらってありがとう。ふみさんのことが出たついでにとびきり良い絵本を紹介しましょう。昨年に福音館書店から出た「ハルばあちゃんの手」山中恒(ひさし)作・木下晋(すすむ)絵です。ハルばあちゃんの一生の話に、しっかりした鉛筆画が画面いっぱいに広がっています。感動的なのでまだ子どもの前では読めません。声に出して読んでいるとつい泣きそうになってしまうのです。絵本といっても高学年から中学生向けだと思います。ご存知ないようでしたら、一度手にとって見てください。
【2006/04/04 22:11】 URL | GANKO #- [ 編集]

吉野の桜見せてくれてありがとう!
昨年は琵琶湖のソメイヨシノ~京都の枝垂桜~仁和寺の御室桜と亀ちゃんの行ったコースで素晴らしいお花見ができました。今年は吉野の千本桜が見に行けたらと思っていたのですが、夫の休みが取れなかったのと弟が肺炎で入院してしまい行けなくなりました。
そしたら、吉野の素敵な桜の写真が・・・嬉しかったです!感動しました!
弟は産まれつき脳性マヒで寝たきりで11年前にも生死をさまよいましたが、気管切開をし
助かりました。今回も膿胸と診断され昨日4時間の手術をしました。野球が大好きで毎日高校野球を聴いていましたが、終わってしまいました。でもナイターが始まり良かったです。亀ちゃんには悪いけど弟は大の巨人フアンです。
お昼と夕食の介助に通っています。長期戦になりそうなので、しばらく大好きな旅行もお預けですが、たっぷり充電していたので良かったです。入院中は父にあちこち行かせてあげようと思います。母も落ち着いているので助かります。週2回デイサービスに行き、週1回
一緒にリハビリに通っています。51歳で取った免許が大活躍です!
9月には孫も産まれるし・・・充実した年になりそうです。
亀ちゃんのブログで癒されていますよ!感謝です!
【2006/04/04 23:31】 URL | れんげ草 #- [ 編集]

GANKOちゃん&れんげ草ちゃんへ
GANKOちゃんへ
早速「ハルばあちゃんの手」予約しました。斎藤茂吉の「みちのくの母のいのちを一目見ん…」で泣く私、この本でも泣きそうです。
私の好きな絵本も紹介しますね。「オフェリアと影の一座」ミヒャエル・エンデ/文 フリードリヒ・ヘッヘルマン/絵 矢川澄子/訳(岩波書店)絵・内容すべて素晴らしく、よい余韻が残ります。

れんげ草ちゃんへ
弟さんの大手術、大変でしたね。今年は、巨人も「爽やか原路線」で、いい線いってますね。阪神といい試合ができて、弟さんと互いに楽しめるといいな。
私の8歳下の妹は脳性麻痺で、8ヶ月の命でした。 れんげ草ちゃんの家族の、深い愛情と本人の努力で、弟さんは、頑張って生きていられるんだね。
お母さんも小康状態とのこと、ほっとしました。私は、遠くで案じるばかりですが。
つくづく、れんげ草ちゃんが、去年、いっぱい桜を見ておいてよかったなと思います。
明るいれんげ草ちゃん、無理の出ないよう気をつけて!また、旅行やコンサートの話が聞ける日を、楽しみにしています。


【2006/04/05 11:29】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/18-1c8a433e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年8カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード