心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-瀬尾まいこさんの本
瀬尾まいこ原作『幸福な食卓』が映画化され、ミスチルの『くるみ』が主題歌となり、只今上映中です。
瀬尾まいこさん(1974年生・中学校教諭)のソフトな優しさの漂う作品群とミスチル(『くるみ』は私の中のベスト3)のファンである私としては、観に行きたいのですが、時間が…。

seo1.jpg seo2.jpg seo3.jpg seo4.jpg

seo5.jpg seo6.jpg 瀬尾まいこさんの優しい世界

本の表紙は、上段左から、下の説明順(出版順)に並んでいます。
瀬尾まいこさんの作品は、初エッセイ『見えない誰かと』と小説『天国はまだ遠く』以外はすべて読んでいますので、今回はそれらの本を読んだ順(出版順)に紹介します。読書ノートからですので、かなりアバウトですが…。

どぎつい表現もないし読みやすい文章ですので、中学生ぐらいから楽に読めます。逆に迫力はないので、力強い何かを求めている人は、肩すかしをくらいますのでご用心下さい。一言で言うと、癒し系の小説です。
題名の後の数字は、出版年です。

1、『卵の緒』 02年(マガジンハウス)坊っちゃん文学賞受賞
受賞作の『卵の緒』
小学4年生の育生が主人公。あっけらかんとして前向きな母親が秀逸。とても上手だと思った。好み。「すごくおいしいものを食べた時に、……食べさせてあげたいと思うあの人こそ、今自分が一番好きな人なのよ。」

表題作以外に『7’s blood』
17歳の七子。11歳の七生(父の愛人の子)。七子の母(たくましいが、入院…)。心に残るいい話だった。血のつながりがなくても通い合う関係。「誰とも繋がっていないのは寂しい。……母さんは私を一人にはしなかった。……」

2、『図書館の神様』 03年(マガジンハウス)
高校の文芸部顧問になった国語科講師、清(きよ)と、たった一人の部員、垣内くんとの関わりを描いた作品。
無理をしない生き方に共感した。
 
3、『幸福な食卓』 04年(講談社)吉川英治新人文学賞受賞
最後が可哀想過ぎたけど、主人公の佐和子(中学~高校)、兄の直(6つ上)、両親、彼氏の大浦くん、兄の彼女のヨシコさん、どの人もよく書けていた。
崩壊したはずの家庭が、家庭の代わりはないと終結していく様が上手い。
 
4、『優しい音楽』 05年(双葉社)
三編の短編。すっと読めて、心に残る感じが、俵万智の歌に似ている。
『優しい音楽』 亡くなった兄に似た人と恋人になった娘と、その家族の話。
『タイムラグ』 不倫相手の子どもを預かった一日のできごと。
『がらくた効果』 ホームレスになった大学教授と、同棲中の二人の数日。
 
5、『強運の持ち主』 06年(文藝春秋)
若い占い師ルイーズ吉田とそこにやってくるお客さんの話。同棲中の彼氏のシンプルなアドバイスが効いて、占いが案外うまくいく。とても面白く書けていた。
 
6、『温室デイズ』 06年(角川書店)
小学6年、中学3年と二度も学級崩壊を経験した子どもたちが、それぞれにできることを秘かにやっていく中から、少しずつ変化が起こる。主人公のみちるは、いじめられても逃げないタイプ。友人の優子は別室登校。荒れている瞬、積極的パシリの斎藤くん、何もしない?スクールサポーターの吉川。
結束してではなく個々に動くところが、今風。


追記:瀬尾まいこさんの本で未読だった2冊も読みました。 

seomienai.jpg  seotenngokuha.jpg

『見えない誰かと』(祥伝社/1365円)初エッセイ
素直でいい人過ぎて、ちょっと物足りませんでした。こういう私をへそ曲がりというのでしょうが。

『天国はまだ遠く』(新潮文庫/362円)初文庫本。映画化予定。
彼女の本をいっぱい読み過ぎたせいでしょう、予測がついて没頭し切れませんでした。初めての人には、いいかもしれません。



テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

読みたい、読みたいと思いながら、まだ読めずにいました。
紹介されている文を読んで、さらに読みたくなってしまいました。
図書館に予約入れよ~っと。
小5の姪が最近、いろいろ本を読みたいモードに入った(本人談)とかって、「おすすめは~?」とメールをくれます。
先週はバッテリーを読んだそうです。
小学校には週1回図書の時間が確保されているし、朝読(15分)もあるし、私の子どもの頃と違ってヤングアダルトに素敵な本もたくさんあるし、うれしく思っています。
読んだ感想をメールで交換しあうのも、楽しみのひとつになりました。
素直で努力家の姪は、これからがほんとうに楽しみ(伯母バカ)
どこかちょっとひねた、いつも主旋律からはずれる傾向にある長男とゼンゼン違っていて、まっすぐな感じがほんとうにいい子(かなりの伯母ばか)
瀬尾まいこさんの本も、読んだら、すすめられそうで楽しみです♪
 
【2007/02/03 16:57】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]


実は近日中に「幸福な食卓」の映画評をアップ予定。ミスチルの事も書こうと思っていました。
【2007/02/03 21:09】 URL | 犬塚 #- [ 編集]


追伸
佐和子が容姿といい性格といい「大空の亀さん」そっくりで、ぜひお知らせしなくてはと思っていたのです。
【2007/02/03 21:11】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

kimico さんへ
今晩は。
素敵な姪御さんがおられていいですね~。
瀬尾まいこさんは、女子中学生にもとても人気がありますから、オススメです♪

実は、私も全部図書館で借りて読んでいて、手元には1冊もないので、初エッセイぐらいは、自分の元に置いておきたいなと思っているところです。

『温室デイズ』は、女の子たちが、大人にもぜひ読んで欲しいと言っていました。
今までの作品に比べて、より現実に沿っていて、少し辛いところもあるけれど、よく書けている作品だと思いました。
この頃は、ほんとにヤングアダルトにいい作品が増えて、本好きの子どもたちは幸せですよね。

『バッテリー』、私も先週、Ⅰを読み直したところです。
前に読んだ時と違って、親に対する思いが印象に残りました。
この春映画になりますが、予告編で観た巧は、イメージに合ってました。
『バッテリー』は、男の子にも女の子にも人気がありますよね。

先日読んだ『削除ボーイズ0326』は、分厚いけど一気に読める面白さで、小学6年生が主人公だから、息子さんに勧めてあげてはどうでしょう。
第1回ポプラ社大賞(賞金なんと2000万円!)受賞作品だけあって、上手です!
【2007/02/03 22:44】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

犬塚さんへ
実はねえ、今、『幸福な食卓』を観てきたところ!
帰ってきて、ブログを開いてビックリ!犬塚さんとは、偶然が多いよね!
用件が早く片づいたので、夜の部に思いきって行ったのです。
観客は少なくて残念だったけど、一番いい席で観ることができました。

佐和子が似ているなんて、なんと嬉しいことを!!!
特に美人でもなく普通の女学生の感じが、とってもいいなと私も思って観ました。
細かいことを言うと、ご飯は誰が作って片付けるの?とか、お父さんも食器運んでよとか、席替えはもっと頻繁にするでしょ?とか新年度早々学級委員は決まってないでしょ、とかあったんだけど、最後の30分くらい、私はずっと涙を流していました。

そして、最後がよかったあ~!!『くるみ』今から聴き倒します!!!
犬塚さんの映画評、今度の水曜日にアップですか?楽しみにしています!!!
【2007/02/03 22:57】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

お久しぶりです。
大空の亀さん、やっと私の自由な時間が戻ってきました。
なかなかパソコンが開けず、覗きに来ても読むのが精一杯で
コメントも残す事が出来ませんでした。
大空の亀さんもたくさんの映画をごらんになってるんですね?
私も映画大すき!人間なので、大変です。
でも、一時は邦画の評判が落ちていましたが、
今は邦画は素晴らしい作品ばかりですよね。
この2,3年、私は映画尽くめ。
まだまだ、今年も続きそうです。
「映画っていいですね・・・」なんて、言葉を思い出します。
【2007/02/04 12:46】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

ノロタンさんへ
今晩は。
私は、今日は短歌の勉強に、京都に行って来ました。
帰りの電車で偶然、友人と一緒になり、さらに充実した一日となりました。
やはり、外に出て、アクティブに動くと、よい出会いがあるものですね。

映画、一昨年ぐらいから、邦画がとても面白くなりましたよね。
もともとアメリカ映画があまり好きでなかったので、邦画の隆盛は嬉しい限りです。
私も、時間のできたこの1,2年なんですよ、よく映画を見に行けるようになったのは。
また、名作が見に行けそうで楽しみです。
【2007/02/04 22:56】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/187-c76c1511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード