心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く言葉-蓮見圭一さんの短編小説より
「人生は過去にあり、願望は未来にある」

huyuki2942.jpg
                                                         【 台湾楓の実 】

 年末に読んだ蓮見圭一さんの小説 『水曜の朝、午前三時』 が、個人的に興味深かったので、新しい本 『心の壁、愛の歌』 という短編集を読んだ。
短編集は、最後のオチのうまさと、時々心の琴線に触れる言葉があるのが好きで、よく読むのだが、正直ストーリーは読む端から忘れている。長編のような力強さがないので、印象が淡く曖昧である。
この本も、「どんな話?」と聞かれると、「一杯のコーヒーを喫茶店で飲んだ感じ」としか言いようがない。ただ、いくつか心に残る言葉があったので記しておこうと思う。

 6編あった短編の中の 『アーノンクールのネクタイ』 
(小説家のぼくと、画家になれず評論家になった男性の話)より

ベルギーの画家フェルナン・クノップフの受け売りという前提で

「夢を持たない人間には、実は現実も存在しないのです。」
「私たちの人生は過去にあり、願望は未来にあって、現実というものは存在しない。私たちが実在と呼ぶものは、思い出と希望から紡ぎ出される。」
「希望をなくしている人に存在している現実はこうです。昨日と同じ今日が来て、今日と同じ明日が来る。その繰り返しの中にある一番新しい時間のことでしかない。」


なんかすごくぼんやりした感じなんだけれど、妙に気になる言葉で、ときおり取り出してほわーんと浸ってみたい気がする。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

こんばんは。

もう少しで1年ですね。

心に響く この表現、好きです。
どうして、心に残る でも 心に届く でもなく 心を揺らす でもなくて 心に響く なんでしょう?
今日の夕日を見ながら、そんなことをぼんやりと考えていましたが、今回、亀さんが 心の琴線に触れる と短編小説を評してらっしゃるのを読んで、そういうことなのかもしれないと思いました。

この冬は暖かい日続きで、とうとう暖房器具を出さずに過ごしてしまいました。
そして、もう、花粉症の症状が・・・!
 

【2007/02/06 17:53】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
今晩は。
やはり花粉症ですよね!

私も今日突然鼻水とくしゃみが止まらなくなり、目もショボショボし始め、ビックリ。
まさかこんなに早く始まると思わず、鼻炎の薬を持ってなかったので、悲惨でした。
今、薬が効いて、止まりましたが、同時にうとうと眠くて、これはこれで困りものです。

今日の夕日、きれいでしたね。
バスの行き先表示が、夕日の色と同じなの、気づいておられましたか?
そう思って見ると、「千里中央」なんて行き先も、幻想的に思えますよ。

「響く」と自然に付けちゃったんだけど、響きが共鳴して広がったり続いたり、動きが感じられるから、好きなのかなあと思います。
【2007/02/06 18:54】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


美しい写真ですね。空の微妙なグラデーションがたまらない。吸い込まれそうです。枝ぶりも見事。こんな形があるなんて、造形の神様は地球のあちらこちらにいるのでしょう。写真を見てると、下の文章のようにぼんやり人生を考えますね。写真と文章の取り合わせの妙も見事!
【2007/02/07 08:37】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

こんにちは
空の色と樹の色の対比がきれいですね。

「人生は過去にあり、願望は・・・」
過去に送ってきた人生がその人其のものになっていると思います。
でも願望のない未来なんてどう生きたらいいのでしょう。

最近、若い人と同年代の2人の悩みを聞きました。
若い人は願望の悩み、同年代の人は願望のない悩みだったわ。

いくつになっても、どんな小さな願望(希望)でも持ち続けたいです。
【2007/02/07 11:23】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

犬塚さんへ
「写真と文章の取り合わせの妙も見事!」暖かい言葉を、ありがとう。
こんなふうに考えながら見ると、不思議とそのように見えてきますよね。
木の実は、過去が結実した人生で、青空に伸びる枝は、未来に向かう願望かな?

冬の空は、青がきれいで透明感があって、いつも以上に心ひかれます。
夢や希望は見えないし、ある意味はかないものだけれど、それらの無い人生ほど味気ないものはないと思います。
いくつになっても、毎日一つは、心に響くものを見つけて生きていきたいですね。
【2007/02/07 20:58】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ベンジャミンさんへ
今晩は。
この木は、駅までの並木道(以前に紅葉した写真を載せました)の台湾楓なんですよ。

「過去に送ってきた人生がその人其のものになっていると思います。」
そうですねえ。そして、顔に出ます。いい顔の人になれるような生き方をしたいです。

「いくつになっても、どんな小さな願望(希望)でも持ち続けたいです。」
全く同感です。夢や希望がなかったら、生きる楽しみがないですよね。
逆に、夢や希望を持てなくなる時が、いつか来るのだろうと思うと辛いです。

同年代のお友だちの、「願望がない」というのは、=生きる意欲が持てないということでしょうか?
うつ的になられているのか、自分に対して投げやりな気持ちになられているのかもしれませんね。
自分を大切に思う気持ちが戻ってくれば、願望(希望)も出てくるとは思うのですが…。
【2007/02/07 21:25】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

おはようございます♪
なんて素晴らしい樹!
枝枝についている実がなんともいえない可愛らしさがありますね。
青空のなかにそびえ立つ、こんな大きな樹を朝から見ると
一日がおおらかな気持ちで過ごせそうです。
あの小さな実がまるで、私の夢の数々みたいです。
私の夢、たくさんあるんですよ。
そして、叶った夢もたくさんあります。夢を持ち続ける事が大切ですよね?
そうすると、叶うんです。本当に叶います(^◇^)
子供たちも、小さな頃から夢を持たせるように育ててきました。
絶対に叶うよって!二人の子供たちの夢も実現できたんです。
夢を持つ事は大切ですよね。実感します。
【2007/02/08 08:07】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

ノロタンさんへ
こんにちは。お返事遅くなり、ごめんなさい。

三日前に突然花粉症の症状が出、薬を飲んだら(規定の半分なのに)効きすぎて、ここ数日、帰宅するなり、眠り姫ならぬ眠りおばさんになっていました。

「あの小さな実がまるで、私の夢の数々みたいです。」
過去の結実である実が、また次の新しい夢を育んでいるんですね。
ノロタンさんも、夢がたくさん♪私もたくさんあります。

「本当に叶います(^◇^)」
というノロタンさんの言葉を信じて、あきらめないようにしなくっちゃ。

子どもさんたちお二人とも、夢が叶ったなんて、素晴らしい!
我が家の子どもたちの大きな夢も、叶うよう強く思わないといけませんね。
「絶対に叶うよ!」って、ノロタンさんを見習って、言わなくっちゃ。



【2007/02/09 15:02】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

お久しぶり
こんばんは。
またまたお久しぶりです。
台湾楓と空の青の対比が美しい写真ですね。
最近友達と街路樹の南京はぜのことを話したことがあって、この写真が目に留まりました。
南京はぜは白い実なのですが。
たくさんの自動車が通る幹線道路の街路樹にもかかわらず、昨年の新緑の頃にはからすが巣を作っていて、仲間内の話題になっていました。
また今年も巣を作るかどうか、楽しみです。

ところで先日、朝のワイドショーをたまたま見ていたら“小森のおばちゃま”で有名だった小森和子さんの話題が出ていました。
その中での小森さんのことばです。

愛を感じられるものが多ければ多いほど、その人の人生は豊かだと私は思う。

ステキな言葉ですよね。
人間何歳になっても、家族や自分を取り巻く人や物に愛を感じ、感動する瑞々しい心を持って生きていきたいものですね。
【2007/02/09 22:58】 URL | GANKO #- [ 編集]

GANKOちゃんへ
お久しぶりです。
南京はぜの白い実は、ポップコーンみたいで、美味しそうですよね。
葉っぱの形は、ハート形で、可愛いし、好きな木です。
こちらでは、唐楓の道、南京ハゼの道、桜の道など通りごとにメインの木があります。
カラスは、頭がいいから、そこが安全と睨んだのでしょうね。

「愛を感じられるものが多ければ多いほど、その人の人生は豊かだと私は思う。」
小森のおばちゃまが、あの感じで言うと、愛くるしくて、温かさが伝わりますね。

好きな人や、好きなものがいっぱいある人生って、幸せよね。
対象に愛を感じる時って、目がキラキラしているでしょ。
ギラギラは欲深くて嫌だけど、キラキラは素敵。
いくつになっても、目をキラキラさせて生きていきたいね!

【2007/02/10 19:32】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/188-12b82665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード