心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-原谷苑の枝垂れ桜
haratani7 haratani6

haratani8 haratani5

夕光(ゆふかげ)のなかにまぶしく花みちてしだれ桜は輝(かがやき)を垂る  佐藤佐太郎

                          まさをなる空よりしだれざくらかな  富安風生
      haratani4     haraa43.jpg

harac53.jpg harab44.jpg
                       (京都・原谷苑で撮影)

原谷苑は、「きれいだねえ!」と素直に言える、美しいものが好きな人にお薦めです。「花より団子」「花よりお話」「花よりお金」の人には、行って欲しくない場所です。園内に食べる所は少しありますが、お弁当などの持ち込みは禁止、もちろん青いシートなどは敷けません。入園料も結構します。

行く方法は、車かハイキング。ただし、マイカーでは決して行かないで下さい。大変渋滞して、すべての人に迷惑がかかります。金閣寺側から行く道の方が、仁和寺側からの道より広いので、タクシーの場合は、金閣寺側の道を往復することをお勧めします。行きはタクシー、帰りはたくさん歩いて、仁和寺で八重桜を楽しみ、バスで河原町や京都駅へ行くのが、いいかと思います。

虫がつきやすく、とても手がかかるのに、花期の短い桜、その美しさに負けないくらい美しい心で、花を愛でたいと思います。

桜ばないのち一ぱい咲くからに生命(いのち)をかけてわが眺めたり   岡本かの子

綺麗な桜の花をみていると
そのひとすじの気持ちにうたれる     八木重吉の詩「桜」

テーマ: - ジャンル:写真

この記事に対するコメント
行ってきました!石畳
 こんばんは―

2日に石畳へ行ってきました。前日からずっと雨で当日も石畳へ向かっている間中、大雨だったんだけど、近づくにつれて晴れ間が見えてきて、着いたときにはすっかり上天気。うそのような青空の中、見てきました。

 去年は桜吹雪の中の枝垂桜見物。今年は7~8分咲きの枝垂桜見物。不思議なもので、去年見たイメージとまったく違って見えました。去年は老齢な古木と風にハラハラと舞い上がる桜の花びらで、盛りを過ぎ、終息に向かう物悲しさを感じたものでした。花びらの色も少し褪せて・・・でも、今年はまだこれから満開に向かって生き生きとした鼓動を感じました。割れてしまった太い幹さえも若々しく見えて、青春真っ只中のような枝垂れ君でした。花びらも存在感のある色で。

『いよっ!青春だね!枝垂れクン!』ってな調子?

 本当に綺麗だったのに、旦那さんが用意してくれたカメラは電池切れでした。チャンチャン。ケータイで1ショット撮れただけ。

 おいしく手打ちそばを食して帰りました。
【2006/04/05 23:46】 URL | KANEGON #- [ 編集]


原谷苑は、もう少し後ですね。
昔人が少ない頃は、桜の精が現れそうで怖かった。美し過ぎます。ため息が出そう。でも、満開でなく、少し早いのも、花吹雪が絶え間ない頃も、それぞれにいい。葉っぱが出始めて、花の色の薄くなった頃も、可愛いですよ。お花の状態で、入苑料が変るのも面白いですね。
たどり着くまでの沿道の山つつじも好きです。
昔御室に住んでいたので、歩いていった事もあります。
【2006/04/06 02:07】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

KANEGON&犬塚さんへ
KANEGONへ
石畳の枝垂れ桜への熱い思いが、大雨を晴天に変えさせてしまったんですね。
咲き具合、見る時間、天候によって違う桜の姿、とても理系とは思えない上手い文章!
去年は、メールで大きい写真を送ってくれたね。今年は、電池切れとは残念。

犬塚さんへ
町中の桜が終わり寂しくなりかけた頃、満開になる原谷苑の枝垂れ桜と仁和寺の御室桜、その近くに住んでいたなんて、羨ましい!
気が変になるくらい美しい所だけど、この頃は、人が多すぎるのが辛いところですよね。
【2006/04/06 21:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

おぉ!あの感動をもう1度!
昨年亀ちゃんに教えてもらい、初めて行った原谷苑で、空も見えない程の枝垂桜に感動した事が甦りました。府立植物園となからぎの道の枝垂桜もそれぞれに素敵だったのですが、原谷苑は別世界に来た感じで圧倒され、しばらく呆然と立ち尽くしていた事が思い出されます。昨年は正月早々母が骨折で入院・手術をし、桜の頃は丁度リハビリ専門の病院で、毎日車椅子を押して庭のソメイヨシノを見ていました。その後京都の桜三昧と昨年程桜を堪能した年はありません。今年は弟の入院のお蔭で毎日2往復桜通りを通っています。
来年は是非桜つながりで吉野の千本桜が見に行けるといいなーと思っています。
【2006/04/07 02:18】 URL | れんげ草 #- [ 編集]

れんげ草ちゃんへ
こちらは、近所の染井吉野がやっと見頃になってきました。昨日・今日と、晴天に恵まれ、満開まで後少しといったところです。
去年、れんげ草ちゃんが見たところは、まだまだつぼみ。見頃は、来週になってからかもしれません。去年は、ほんとにタイミングよく、いい状態の桜を見られて幸せでしたね。
また、いいところ、見つけておきますね。
【2006/04/07 21:38】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


みごとな桜の映像に見入ってしまいました!これぞ春、待ちに待った季節ですが仕事に追われているいるうち、気がつけば散ってしまっているのです。
先日、亀岡の山へ出かけましたが、街中では開いていた桜も山ではまったく咲いておらず
肩すかしにあって来ました。よく行くダム湖周辺では、ようやく早咲きのカンヒザクラが花を咲かせていただけでした。
話しは変わって、先月末に石垣島は4年ぶりに行きました。日中は25度の快適気温で亜熱帯の自然を満喫することができました。蝶もたくさん観察できて、いずれ「きり絵」にして
みたいと思っています。
【2006/04/08 01:01】 URL | utsugi #- [ 編集]

utsugiさんへ
コメントありがとうございます。バイクツーリングに気持ちのよい季節になってきましたね。
この辺りの染井吉野は、この週末が見頃ですが、原谷苑や賀茂川半木の道の枝垂れ桜、山科疎水や亀岡の桜は、来週末でも充分大丈夫なようですね。
送って頂いた切り絵、早速飾りました。また、石垣島の作品も楽しみにしています!
私は、この春も桜の追っかけをしています。お体、気をつけて下さいね。
【2006/04/08 19:35】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


多くの人から、一度は・・と進められているが、未だに行った事がない。是非行って見たいものですね。実は、桜が苦手だった時期がある。今までの人生で一番精神的に疲れていた頃である。桜のエネルギーに圧倒されるようで、「妖気」というものを感じ、それを受け入れることができるぐらいの「元気」がなければ、とても花の下など恐ろしくて行けなかった。桜道を遠回りした時も、今は懐かしく思う。
載せて頂いていたこのかな子の歌のように、私も実感する。

桜ばないのち一ぱい咲くからに生命(いのち)をかけてわが眺めたり   岡本かの子
【2006/04/11 15:12】 URL | seiko #- [ 編集]

seikoさんへ
書き込みありがとうございます。
桜は美しすぎて、満開の歌は詠みにくいようです。美の迫力に負けるんですね。
ここ二日の雨で、桜の花も減りそうですが、新たな発見がありました。
雨に濡れた桜は色が濃くて、気持ちを落ち着けて見ることができます。
これまで、桜は青空の下でなくてはと思っていたのに、不思議です。
先週末の人出で、桜も疲れていたでしょうから、この雨は、花にとって、いい休息になったのではないでしょうか。
今まで、雨が降ったら桜が散ると気持ちが急いていたのに、今年はなぜか平気です。
人の側からでなく、桜の側から見ることが、ちょっぴりできたのかも?知れません。
【2006/04/11 17:25】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/04/16 11:39】 | # [ 編集]

ぞうさんへ
書き込みありがとうございます。
初めての書き込みでドキドキされたんですね。
非公開になっていたので、今日まで気づきませんでした。ごめんなさい。
わくわくする文章で、気持ちの可愛い方だなと思いました。
また、時々見てくださいね。
【2006/04/19 22:10】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/20-cc9482d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード