心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌&風景-桜はやはり地元に限る?!&拙歌
062banpaku07.jpg
  【白鳥の池の周りにある枝垂れ桜】
051banpaku07.jpg
  【山桜の森でお弁当を食べたり昼寝をしたり】

 毎年、京都や吉野と、桜の花を追いかけるのですが、結局、外出先から戻ってきてほっとして、「やっぱり家の近くがいいわねえ。」となるため、今年は花見の遠出はしませんでした。
今回の写真は、初めの4枚は万博公園で、最後の2枚は茨木弁天さんで、今年の4月8日に撮影したものです。

 たまには、大空の亀(修業中)が作った拙い短歌を、恥を忍んで載せましょう。

桜木にもたれエッセイ読むわれの右に左にタンポポの群れ

幼な子の吹くシャボン玉小さきまま桜の森をかがよひてゆく

三人の幼な子互ひに手をとりて枝垂れ桜の傘に入りたり

満開の桜のこずゑ見上ぐれば花びら色の月の近づく

花見客残せしけはひ流るべし桜並木は一日(ひとひ)雨受く

085banpaku07.jpg
 【太陽の塔を後ろ側から】
038banpaku07.jpg
 【中央口付近は大変な人ですが、公園北西部は穴場】
024sidarebenten.jpg
 【綺麗な桜の花をみていると そのひとすじの気持ちにうたれる  八木重吉】    
022sakurabenten.jpg
  【咲き満ちてこぼるる花もなかりけり  高浜虚子】

テーマ: - ジャンル:写真

この記事に対するコメント
こんばんは♪
わぁ~~~大空の亀さん、素晴らしい桜の風景ですね。
大空の亀さんの地元に、こんな素敵な場所があるなんて
とっても羨ましいです。我が町には・・・ないから・・・(/_;)
それにしても、見事な桜!桜!桜ですね♪
枝垂桜がなんとも風流でいいな・・・ウットリしています。
パソコンの向こう側の私の顔が見えますか?v-402うふふ

大空の亀さんの詠まれた短歌・・・温かみを感じます。
とっても優しさが伝わってきました(^_^)v
文字も大きくて詠みやすかったので、助かったですよv-410
【2007/04/14 22:05】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

ノロタンさんへ
お早うございます。
ウットリしてくださって、嬉しいです。v-410

写真の良さは、写ってないところを、見る人がいいふうに想像してくださる点にあるなと、最近つくづく思います。
俳句や短歌なども、読む人の想像力が豊かだと、作った本人以上に深く広く読んでもらえるのと、似ています。

というわけで、ノロタンさんの優しい想像力に感謝!です。v-407

大きい字、読みやすいですよね。
以前、図書館で間違って大型活字本を予約し借りたのですが、読みやすくて大感激。
昔の読むスピードを思い出し、快感でした。

ところで、我が家の新しいパソコンは、右下に100%の表示があり、そこをクリックすると、125%、150%と拡大されるのですが、ノロタンさんのところは、いかがでしょうか?
【2007/04/15 08:41】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


>ノロタンさんのところは、いかがでしょうか?

大空の亀さん!私にもありました♪
さっそく、やってみたら、わぉ~~~~大空の亀さんの写真が
大きくなって、感動!感動!です。
教えて頂くまで気がつかない私・・・v-12
そんな私なんですよぉ~笑い

それにしても、大きくなるんですね・・・驚き♪
【2007/04/15 11:38】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]


ご無沙汰しています。職場がかわって、しばらく落ち着かなかったのですが、今は慣れてきました。
桜の季節はあっと言う間に過ぎてしまうので、毎年物足りないままに終っているようです。今年も大半は通勤時に花見をしていました。それだけ桜並木が多い通勤路なのは喜ぶべきことでしょう。
仕事に追われがちですが、自分の時間は充分取って余裕で楽しみたい・・をモットーに一年を送りたいです。
次の「きり絵」作品も少しづつ製作中です。
【2007/04/15 15:19】 URL | みのお市・UTSUGI #- [ 編集]

ノロタンさんへ
私もノロタンさんと一緒。v-290
前にkeikoさんが教えてくれたのですが、その時は、古いパソコンだったので、その機能が見つからなかったのです。
新しくなって、そのことを思い出し見たら、やった~♪というわけです。

これからは、お互いに愛用しなくては、ネ。
ご存じない方、結構おられるかも知れないので、プロフィール欄にでも、やり方を書いておきましょう。
【2007/04/15 18:36】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

UTSUGI さんへ
新しい職場は、慣れるまで気を遣いますよね。
お疲れの出ませんように。

>自分の時間は充分取って余裕で楽しみたい・・をモットーに一年を送りたいです。
私も、なんとか、体力気力と折り合いをつけながら、人生を意義深く送りたいです。
この頃、職場の仲間では、ちょっと俳句が流行りつつ???あります。

v-252 桜並木は、新年度に向かう私たち大人も子供も、優しく励ましてくれているようですね。
【2007/04/15 18:42】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

おはようございます
すっかり葉桜です。
枝垂桜は優しくてなんとも言えない風情がありますね。

「桜木にもたれエッセイ読むわれの右に左にタンポポの群れ」

情景が浮かびます。
枝垂桜の下に見える緑の芝生の上で読書される亀さん。
いいな~。
憧れます。
私も本を持ってお散歩に出かけようかしら。
このところ、家にいることが多かったので数冊を濫読しました。
東野圭吾・宮部みゆき…です。
【2007/04/16 10:23】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]


お久しぶりです!
美しい桜!はぁ~~~素晴らしい。
桜も素晴らしいけれどその素晴らしさを何倍にもしてくれるのが
やっぱり大空の亀さんの写真のセンスなんですよね^^
本当に素晴らしいテクニックと感性をお持ちですね!

短歌もとてもステキ。
大空の亀さんのやさしい目線を感じます。
可愛い幼子を目を細めて眺めていたのですね*^^*
とてもゆったりした穏やかな時間を過ごされたのでしょうね☆
【2007/04/16 14:53】 URL | bianca #cK8v8HAk [ 編集]

ベンジャミン さんへ
ベンジャミン さん、今晩は。

今日はほぼ一日、静かな雨が降っていました。
染井吉野はついに終わり、今は八重桜が見ごろです。
水分を含み、花の色が濃く見え、それもまた風情がありました。
枝垂れ桜は、色の濃いの淡いのさまざまで、ほんとに見応えがありますよね。

短歌のことを、書いてくださってありがとうございます。
春の優しい日差しの下で読書というのは、幸せの極みです。
ついうとうとするのも、春らしくて、いいですよねえ。
私は、我が家のベランダに(狭いのですが)、ベンチを置いていて、そこでお茶を飲みながら読書をするのも、好きです。

v-87 ベンジャミンさんは、推理小説がお好きなんですね。
推理小説家は、物語の進め方がうまくて、読者を最後まで引き付けるし、書いている本人も楽しんでいるような気がします。
ミステリー作家の上甲宣之(じょうこうのぶゆき)ってご存知ですか?知人の「いとこ」だそうです。

【2007/04/16 18:58】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

biancaさんへ
biancaさん、お久しぶりで~す。お元気でしたか?
写真に、愛しいガンコちゃんと猫ちゃんたちに、忙しくされてたのですね。
いっぱいほめてくださってありがとうございます。v-10

写真は、眼前の場面から、自分の気に入った部分を切り取って写すのが、楽しいですね。
でも、きれいに見えるのは、ひとえに美しく咲いてくれた桜と、性能のよいカメラを開発してくれた技術者のおかげ…。
私は、ただただ愛でるだけ。ありがたいことですよねえ。

桜の花びらが風に舞うと、必ず、小さい子たちが、嬉しそうに追いかけます。
他の花では、こんなふうに幸せいっぱいの顔をした子どもたちは、見られません。
子どもたちは、それはもう、不思議なほど、うっとりとしています。
桜の花に一番似合うのは、小さい子たちだなと、いつもいつも思います。
二十年前のわが子たちも、やはり花びらを追いかけていたことなど、思い出します。
【2007/04/16 19:15】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


最後の写真のサクラはずいぶん花が着いていますね。
高浜虚子の句にぴったりです。
太陽の塔もこういう構図で見ると、新鮮に見えてきます。
【2007/04/16 22:29】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]

こもれびさんへ
今晩は。
最後の写真は、枝垂れ桜なのですが、私もこんなにびっしりと花がついているのを見たのは初めてでした。
>高浜虚子の句にぴったりです。
そうですよね。虚子の句は、大らかだけど的確で、やっぱり上手だなあと思います。

太陽の塔は、毎日のように見ているので、私の家族のように感じています。

【2007/04/17 18:55】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんばんは。
身近なところにこんなにたくさんの桜があって、幸せですね~。
思いっきり楽しませてもらいました。
旅行のガイドブックやパンフレットを見ながら、行ってみたいとあこがれるばかりで、
今年もまた、遠出しないで春を過ごしています。
買い物の道すがら、立ち止まって眺めるお花見が主流だったかな?

亀さんの短歌で感じたのは、一番に、優しいまなざしです。それは自然に対しても、子供達に対しても。
枝垂桜は、たしかに傘のようですね。
子供達の楽しそうな声が聞こえてくるようです。
【2007/04/17 23:54】 URL | keiko #- [ 編集]


お花が大好きな亀さんが万博公園の近くに住んでおられるのがよーくわかります。
それと うらやましい!
短歌も 亀さんの愛くるしい笑顔が目に浮かびます。いろいろなシーンが浮かんできて楽しんでいます。
うちの庭にも3本の桜の木が長いことありました。今は店舗がありますので、無くなってしまいましたが。昔は庭でバーベキューをしていましたね。
でも うちの春の庭には土筆がでてくるのですよ。最初は1本でしたが、最近は5本ぐらいになりました。工事をしたときに土と一緒にきみたいです。
庭で春をちょっぴり あじわえます。
【2007/04/18 19:30】 URL | よりやん #- [ 編集]

keiko さんへ
今晩は。
今日は、花冷えというのでしょうか、暖房のほしい一日でした。
野良にいる猫をお世話されている方が、植え込みに一生懸命傘を差し掛けていました。
やっと暖かくなって、野良の猫ちゃんたちもほっとできますが、雨はやはり可哀想です。

桜を楽しめるのは、あのEXPO’70の跡地で、歩いていけるのですよ。
あとは、駅周辺に桜並木で有名な通りが何カ所かあって、ありがたいです。
電車から、眺める桜もうれしいですね。
今は、大学構内の八重桜が満開で、鮮やかな色を見せてくれています。

桜の短歌は、すでに多くの名歌があって、詠むのもはばかられるのですが、それでも自分の目にしたものをと思って…。
優しい言葉を掛けてくださって、ありがとう。さらに、精進します。
【2007/04/18 21:29】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

よりやんへ
今晩は。
よりやんのおうちには桜が3本もあって、バーベキューもできていただなんて、ステキ!
今は、新しいお家になってしまったけれど、土筆が春を届けてくれるんですね。

田舎暮らしを始めた兄が、こちらにいたときは、山菜採りに連れて行ってもらっていたのですが、私たちだけでは、穴場がわからず、今年は、タラの芽も土筆も蕗のとうも食べずに終わってしまいました。
小さい頃、田舎では、春になると、ヨモギや土筆をとりに行って、楽しかったなあ。

万博公園は、手入れのいらない我が家の庭です。
だけど、欲を言うと、海・川・湖など、自然の水辺がほしいなあ。

短歌も読んでくださって、ありがとう。励まされます。
所属結社の「塔」は、ベテランの方も若い人も、上手な人ばかりで、我が身の才能のなさにへこむこともありますが、自分の気持ちに正直に詠めたらいいなと思っています。


【2007/04/18 21:49】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

私のツボ
3年前に失礼いたします。
(論語とガーデニングに夢中になっていた頃です)

まだまだ梅の花は私たちの目を楽しませてくれているのですが、何やら心は
桜の方へ桜の方へと向いていて、欲張りだなぁと苦笑しているこの頃です。

UPの桜の写真も亀様の短歌もなんて素敵!なことか・・・・・。
 桜木にもたれエッセイ読む~、の「エッセイ」が効いていますね。
桜やたんぽぽが春を演出していることに加え小説ではなくエッセイと詠んでいる
点が亀様のみならず読み手までをもいい気持ちにさせてくれます。
幼子を詠んだ歌も、子どもは子どもなりに桜の季節を目いっぱい遊び楽しんだことなど
思い出が蘇ってきます。
それと、子育て中の慌しい時もまた”桜”をやわらかに賑やかに楽しんだことも併せて思い
出されます。桜のみならず、自然はいつもいつも私たちの隣で呼吸をしている・・・つくづく有難い。

そして何よりのツボ。
重吉の一文と虚子の句。私も桜の季節は決まって何度も何度も声に出してみたり
この言葉たちを眺めたり・・・・と大好きです。

重吉は大変心象風景の美しい方ですね。このような短詩がありましたね。
   「私」
 人が私を褒めてくれる
 それが何だろう
 泉のように湧いてくるたのしみのほうがよい

虚子は上手いなぁ!凄いなぁ!参りました!ですよね。

きらきら輝くページでした。
ありがとうございます。

因みに花粉症大丈夫でいらっしゃいますか?

【2010/03/16 10:08】 URL | 初夏 #r0k8YTqw [ 編集]

初夏さんへ
こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。

3年前の桜なんですね。
毎年みているのに、やっぱり見に行かないと気が済まないのはなぜかしら?

>重吉の一文と虚子の句。私も桜の季節は決まって何度も何度も声に出してみたり
>この言葉たちを眺めたり・・・・と大好きです。
八木重吉さんの詩は、気持ちも響きも優しくて、私も大好きです。
高浜虚子は、大らかなわかりやすい句が多いですが、本質をついててさすが!と思います。
芭蕉の「さまざまのこと思ひ出す桜かな」も、あらゆる年齢層にあてはまって、好きです。

今年は花粉症は出ていないのですが、少し体調を崩し、無理をしないようにしています。
年々暖冬になってきているとはいえ、やはり冬の間に体力を消耗しているようで、ここ数年、春先はいつも調子がわるいなと、書きながら気づきました。

ブログの更新がちょっと止まっていますが、これは、急ぎの優先すべき事柄があって、失礼しています。
気力はあるのですが、体力がないと無理はできませんね。
【2010/03/16 22:23】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/211-71b357ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード