心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
猫日記「好(hao3)の日々」第25回
009hao070712.jpg
 【6月30日ハオは避妊手術をしました。】

 7月12日(木)皆さん、今晩は。今回は、母さんからです。

6月下旬、ついにハオに発情期が訪れました。突然の「恋鳴き」。夜も寝ず大声でオスを求め続け、腰を床にこすりつけんばかりに身をよじり、可哀想でなりません。子孫を残したいという本能に涙が出そうで、こちらも辛くて申し訳なくて、でも、この発情期をずっと続けさせるのは忍びなく、ついに避妊手術をしました。
家に飼うことで、ねぐらと食事は安心な身にしてやったわけですが、一方で猫としての生殖本能や野生の自由さは奪ってしまいました。仕方ないけれど、人間である我が身の傲慢さに心が痛みます。

011hao070712.jpg  007hao070712.jpg  006hao070712.jpg
【枯れた猫草の上が落ち着くらしい・今まで飲まなかった水入れから初めて飲む・少しずつ食欲も回復】

本当は、3ヶ月前に避妊手術を予定していたのですが、先生の「困ったら、いらっしゃい。」という言葉に甘え、先延ばしにしていたのです。そうか、「困る」とは、こういうことかと、初めて気づきました。
猫を飼っている先輩の方々からは、「早く行った方がいいわよ。」と言われながら、「まだまだ子供」と思いたくて、結局、可哀想なことをしてしまいました。

それまで元気いっぱいに暴れ回っているハオでしたが、さすがにこの手術はショックだったようで、痛みもまだあるのでしょう、静かな静かな週末でした。今やすっかり赤ちゃん返りをし、すりすりべたべた。夜も私の腕を枕にして、体を密着させて眠っています。明日は、いよいよ抜糸をします。また、野生児丸出し&ご近所の方への愛想振りまきのハオに戻ってくれると嬉しいのですが…。

004070630.jpg  070630huro3.jpg  006070630hao.jpg
【手術前-家具を動かしたら、ネズミのおもちゃが7匹も!・お風呂のふたからチョチョイチョイ・箱が大好き!】

 ところで、ご近所に、「ハオ」をとても気に入っておられる方がいて、いつも「この猫は賢い!」と言って下さいます。「小型の座敷犬は、脳みそが2gしかないけど、猫は3gもあって、トイレの失敗もない。」等々、小型犬(飼っている方、ご免なさい。)と比べながらの猫ほめ談義です。
加えて、友人より借りた、米原万里さんの本『終生ヒトのオスは飼わず』(文藝春秋)に、猫の賢さについて、興味ある内容がありましたので、引用します。

「脳の構造が驚くほど人間のそれに似ている、という話は、以前、
マイケル・W・フォックス著『ネコのこころがわかる本』(朝日文庫)で読んだことがある。
人間の脳から前頭葉を取り除いた脳が、そのまま猫の脳である。あるいは、猫の脳プラス前頭葉イコール人間の脳である。だからこそ、人間の大脳生理学は、脳のおかげでこの間長足の進歩を遂げた、つまりはたくさんの猫たちの脳が実験に供された、ということだ。
・・・(中略)・・・猫と脳の構造が似ているおかげで、人間は言葉が通じなくても猫の心の動きが手に取るように分かるし、猫も人間の心が読める。」


この本、猫だけでなく、犬への愛も深く強く感じられる本で、今更ながら、才能ある人の早世を惜しむ気持ちでいっぱいになりました。ハオそっくりの赤ちゃん猫の写真が何枚もあって、そんな楽しみ方もできた本でした。
他にも、何冊か猫関連の本を読みましたので、以下に紹介します。

20070630175152.jpg  20070630175214.jpg  20070630175236.jpg  20070630175301.jpg

『海ちゃん』 (岩合光昭・写真/岩合日出子・文)新潮文庫-とっても美人猫の雑種の海ちゃん。赤ちゃんを産んだときの写真も素晴らしいです。
『綿の国星』全4巻 (大島弓子)白泉社文庫-何年ぶりに読む漫画でしょう。とても可愛い猫の女の子が主人公です。後の解説も楽しめます。
『作家の猫』 平凡社コロナ・ブックス-1997年の別冊『太陽』特集「猫と作家の物語」に加筆し再構成したもの。表紙は「中島らものとらちゃん」。

 本文が長くなりましたので、今回の中国語のレッスンは、一文だけ。
祝大家周末愉快!」(zhu4 da4 jia1 zhou1 mo4 yu2 kuai4)→「皆さん、よい週末を!」

008070630hao.jpg  007070630hao.jpg  070630tettyan.jpg
【明日からは、包帯がなくなりこんなふうに戻るはず・中国語&猫仲間のTさんちのテッちゃん】
【小さい写真は、どれも拡大できます。】

 7月14日追記
昨日、ハオは「傷口、きれいに治ってますよ。」と、優しい美人の先生に抜糸してもらいました。全身包帯をとってもらって伸び伸びしたのでしょう、すっかり元のハオに戻り、またもや家の中を子馬のように駆け回っています。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

この記事に対するコメント

ハオちゃんはずいぶん大きくなったのですね。例えばサルとですが、人間との遺伝子情報の一致は99.9・・と何かの本で読んで、サルと人間の差と、動物間の雄と雌の差はどっちが多いのだろうと、種の壁を越えて考えてしまいました。男女差に悩んでいた時だったので。
【2007/07/14 09:16】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

犬塚さんへ
こんにちは。脳が最近話題ですね。
>サルと人間の差と、動物間の雄と雌の差はどっちが多いのだろうと
時々、私も考えるときがあります。愚痴になりそうですけれど…。

昨日の夕刊には、カンヌグランプリの河瀬直美監督と脳科学者茂木健一郎氏との対談広告が載っていて、興味深い内容でした。

今朝の新聞には、「脳トレ」開発者の川島隆太教授の特集があり、これも面白かったです。
「脳からみると、人間とは何か、この哲学的な問いの答えは極めて単純。前頭前野が発達している動物が人間、なんです。」とのこと。この前頭前野が「音読」と「計算」で活性化することがわかり、「脳トレ」ゲームになったそうです。

しかし、先日の新聞には、愛媛大学で研究した結果、「音読」よりも「計算」よりも脳が活性化していたのは「俳句を作っているとき」だったそうです。
この研究結果は、さもありなんと大変共感を覚えるものでした。
【2007/07/14 11:53】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


病気でないのにお医者さんにかかるというのは、本来の姿じゃないですよね。
可愛そうでしたが、それに見合う以上にかわいがってあげてください。
【2007/07/15 00:45】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]

こもれびさんへ
>それに見合う以上にかわいがってあげてください。
ありがとうございます。
そうですね、責任を持って、幸せにしてやりたいと思います。
全身ネット包帯の時は、とてもおとなしかったのですが、もう大丈夫。
いつものハオに戻り、食欲旺盛・運動活発の「元気印」で過ごしています。

犬や猫に服を着せると、動き回りたい本能を抑えてしまうなということが、
今回の全身包帯でよくわかりました。
ハオはもちろん着ていませんが、犬や猫に服は要りませんよね。
【2007/07/15 20:42】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


「ネコのこころがわかる本」の前頭葉のことは興味がわきますね。
夫が病気になるまで前頭葉とはどんなところ?でした。
全く関係のない世界でしたから。

夫の腫瘍は前頭葉に出来ました。
生命を左右するところではないし、運動神経にも関係ありません。
医師に最初に言われた事が「自発性がなくなります」でした。
まさにそのとおり、、、他にもいろいろありましたね。
でもネコちゃんて自発性はありそうですが。

痛々しい ハオちゃんの姿を写真に収める亀さんの心が伝わってきます。
【2007/07/16 21:36】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミンさんへ
「脳トレ」を開発した人の話によると、
考える力・創造する力・我慢する力は、前頭前野からわき起こるそうです。

私は、理系にめちゃくちゃ弱いので、前頭葉が、どのような働きを担っているか、正確にはわからないのですが、そこに腫瘍ができるというのは、ご本人にとっても、周りの家族にとっても、私には想像できない辛さだっただろうなと思います。

ハオは、もうすっかり元気で、食欲ももりもり。
窓辺でまたご近所さんに愛想を振りまき、可愛がってもらっています。

ハオに自発性があるかどうか…?
ネズミのおもちゃに関しては、かなりあるような?でも、本能かな?
一カ所に隠していた7匹ものネズミを、私に発見されてしまった時の顔!
お見せしたかったです。まさに呆然という感じ。

それからまた慌てて別のところに隠していましたが、
今度は、1~2匹、私のよく見えるところに生け贄のように置いています。

術後のスリスリべたべたも終わり、いつものように私から1~2mの距離を置いて横座り。
食事が欲しい時は、お皿の横に正座をして、用意するまで私をじっと見つめ続け、
食べる時は、私を呼んで横に侍らせ、
トイレが済んだら、片付けるまで走り回って、
う~ん、他の猫も同じなら、本能でしょうかね?
【2007/07/16 22:02】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/231-e6bdceaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード