心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-桜を詠んだ俳句・短歌Ⅱ
   syokubutuentate.jpg
   (京都府立植物園で撮影)

桜の季節に、真っ先に思い出すのは、次の芭蕉の句である。作者名を伏せれば、現代の人が作ったと言ってもおかしくない、いつの時代にも誰にもあてはまる句だ。

さまざまの事おもひ出す桜かな   松尾芭蕉

同じく、人生のさまざまな事を思わせる句や短歌に、次のようなものがある。
馬場あき子さんの歌には、桜に心を寄せ、ついに桜と一体化した作者の姿が見える。

夕ざくらけふも昔に成りにけり  小林一茶
ちるさくらのこるさくらもちるさくら  良寛
花あれば西行の日とおもふべし  角川源義
白髪の悪童になるはなびらの数だけ淡き思い出がある  三枝之
さくら花幾春かけて老いゆかん身に水流の音ひびくなり  馬場あき子


こちら関西では、この二日間雨だったが、花が咲くのが遅かった分、桜も踏ん張っているのか、思ったほど散らなかった。今週末も、まだ満開の花が楽しめそうな気配だ。

ふり返り見て花の道花の中  稲畑汀子
咲き満ちてこぼるる花もなかりけり  高浜虚子
本丸に立てば二の丸花の中  上村占魚


花を追いかけるのに忙しく、次の句のような気分になることもあるが、考えれば贅沢なことである。「桜、桜」という思いが、今年は雨のおかげで、ちょっと一休みできた気がする。雨で残念とか散らないか心配と思わずに済んだのは、このブログで、いっぱい写真を載せたせいかもしれない。

坐りたるまま帯とくや花疲れ  鈴木真砂女
花衣ぬぐやまつわる紐いろゝゝ  杉田久女


天からの光に乱反射する桜は、美しく輝き、「桜は光あふれる青空の下で見るのが一番」と思うのが常だったが、今年は少し違った。雨に濡れた花びらの色が濃さを増し、存在感が際立っていたからだ。それに加え、週末の人出に疲れていた桜が、週明けの雨で、ほっと一息つけているように感じたせいだろう。

さくらばな陽に泡立つを見守りゐるこの冥き遊星に人と生れて  山中智恵子
さくらのはなびらはわたしらの足もとをどこにもないひかりでてらす  片山文雄

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
いつ頃から・・・?
万葉の頃には、まだ、桜はあまり登場してはいなかったような・・・
いったい、いつの頃からこんなに愛されるようになったのかしら・・?

一輪でも可憐で、ひとつひとつが微妙に濃淡の違う色をしていて・・・
一輪でも、群れて咲いていても素敵な花。
木に咲く花なら、桜。
野に咲く花なら、コスモス。
・・・そういえばコスモスって「秋桜」って表記できるんでしたね。
【2006/04/13 23:47】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
書き込みありがとう。昨日は思いがけないところでお会いできて、嬉しかったです。
気になっていた枝垂れ桜を見るため、いつもと違うルートで帰宅中、「我が家と同じ車だ。色まで!」と見ていたら、あなたが飛び出してきたのです。驚きました。

桜が和歌に良く詠まれるようになったのは、やはり平安からですね。農耕文化の中で、農作業の目安には、かなり前からなっていたようですが。
次のアドレスに、詳しく載っていて、いい勉強になりました。http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/13/1329.htm

【2006/04/14 08:34】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/25-e3545f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード