心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-黒田三郎の詩と空の写真
003sora071012.jpg

ある日ある時

秋の空が青く美しいという
ただそれだけで
何かしらいいことがありそうな気のする
そんなときはないか
空高く噴き上げては
むなしく地に落ちる噴水の水も
わびしく梢をはなれる一枚の落葉さえ
何かしら喜びに踊っているように見える
そんなときが

006071017.jpg

紙風船

落ちてきたら
今度は
もっと高く
もっともっと高く
何度でも
打ち上げよう
美しい
願いごとのように

024sora071012.jpg



駆け出し
叫び
笑い
手をふりまわし
砂をけり

飼いならされた
小さな心を
海は
荒々しい自然へ
かえしてくれる

048071017.jpg

出発

どこか遠くの方から見ていたい
感動している自分を
感動して我を忘れてとんでゆく自分を
どこか遠くの方から見ていたい

息を切らしてしまってはいけない
よそ見をしてはいけない
心ひそかにそう念じながら
どこか遠くの方から見ていたい

あおいじつにあおい
その遠くの空の彼方へ
今はそれだけが私の仕事だ
荒々しく私は私を投げつける
紋白蝶のようにかるがると行ってしまうようにと
眼をとじながら私は私を投げつける
足元に落ちて高雅な陶器のように砕けないようにと

*最近撮った空の写真と、黒田三郎さんの詩をアップしました。
 秋の空の美しさに、一日に何度も空を見上げているこの頃です。

テーマ: - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
素敵!
こんばんは。

どの空もとっても素敵ですね。
3枚目の夕焼け、この前の火曜日に下の息子と見た空とそっくりです。
たいそう教室の帰りにジャスコの屋上で、ふたりして思わず足を止めて見入ってしまった、不思議な美しい雲。
ふたりで味わうことのできたしあわせな時間でした。


先日、偶然、ネットの仮想タウンの中で、上の子が女の子の掲示板に詩をいくつも書いているのを見つけてびっくりしました。
センチメンタルだったり、ふんわりとやさしかったり、ひとりぼっちだったり・・・。
生意気なことばかりしか言わなくなったと思っていたのに、ロマンチストな一面を見てしまい、こっそりコピーして保存してしまいました。
いつのまに、そんな心が育っていたのか不思議でなりません。


【2007/10/17 21:40】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

こんにちは
とても心に響きました!
詩もそうですが、この素晴らしい空の写真に。
まさに大空の亀さんの大空でっすね(^^)
この空を見て撮影してまた空を見て・・・というお気持ちや姿まで見えてくるような、そんな気持ちで眺めております。
秋の空は輝きがありますよね。
雲がメレダイヤのように細かく散らばるときがあって、その時の空がとても好きなんです。
丁度二枚目のような空です^^
とても心癒されましたよ、ありがとうございます☆
【2007/10/18 12:55】 URL | bianca #cK8v8HAk [ 編集]

kimicoさんへ
今晩は。
3枚目の写真、kimicoさんがRちゃんと一緒に見た夕焼けだと思います。
あのあともっと燃えるような朱色になっていましたね。
あっという間の変化なので、お互い同じ頃に見ることができて、幸せでしたね。
昔、とっても落ち込んでいるとき、夕焼けに思わずひざまずいたことを、夕焼けを見るたびに思い出し、祈りたくなります。

中学生の男の子が詩を書いているなんて、想像しただけで嬉しくなります。
お母さんが、心を込めて本を読んであげたりしたから、優しい気持ちや豊かな感受性が育っているんですね。素敵ですね。
どんな詩なんだろう?読んでみたいな。
昔、やなせたかしが出していた「詩とメルヘン」。廃刊になったけれど、
この19日(明日だ!)あらたに「詩とファンタジー」が創刊されるそうです。
ちょっと楽しみ…。
【2007/10/18 20:34】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

biancaさんへ
今晩は。
秋の空は、見るたびに雲の形が変わって、ホントに楽しみです。
その奥にある青空は、透明感があって、うっとりしてしまいます。
>秋の空は輝きがありますよね。
そうそう、いいですよねえ。人に会うたびに「きれいな空ですねえ。」と言ってます。

2枚目の写真の雲、私も大好きです。
夕方は、ずっと歩いて帰宅するのですが、この日は同僚も一緒。
この少し前の、まだ下の方に靄のかかっていないときの雲が、美しくて美しくて。
「ほら見て、きれい!」を連発しながら、大急ぎで帰りました。
ベランダにたどり着いたときは、ちょっと靄がかかって、この写真のようになりました。
やっぱり毎日カメラを持ち歩かなくてはいけないなと、かなり残念に思いました。
【2007/10/18 20:45】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


大空の亀さん、こんばんは。
どれも素晴らしい写真…どれがいいかな?なんて
選べないほどです。綺麗な夕焼けですね。
あぁ~夕焼けが見れる時間帯は仕事。哀しいな…
今、こんなに素晴らしい夕焼けが見れてるんですね?
詩もいいですね (v^ー°)
【2007/10/18 23:52】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]


おはようございます。

亀さん、素敵!
素晴らしい空です。

空が好き、真っ青な空も夕焼け空も、秋は特に好きです。
2枚目のお写真は明日への希望が感じられます。
美しい空と雲を見て『美しい』と感じられることに幸せを感じます。


周りに辛い友人が多いです(殆どが老親の介護です)。
彼女たちは空を見る余裕があるのかしら?
「たまには空を見て」と言いたいけど…

この秋は東京は青空が少ないです。
【2007/10/19 09:08】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

ノロタンさんへ
こんにちは。
今日は一日お天気が悪く、まるで晩秋のような気配でした。
>あぁ~夕焼けが見れる時間帯は仕事。哀しいな…
都会のどこかにも夕焼けはあるのでしょうが、忙しいと、その余裕もありませんね。

私がいつも行く美容院は、窓がたくさんあります。
そこのご主人が若いとき、デパートの中の窓のない美容室に勤めていたので、
自分が開室するときは、窓に一番こだわったそうです。

そんな話を聞くと、つくづく「人間は自然の一部」だなあと思います。
ノロタンさんも、お休みの日には、秋の空を満喫して下さいね。
【2007/10/19 16:35】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ベンジャミン さんへ
こんにちは。
ベンジャミンさんも、以前に、とても素敵な夕焼けを見せて下さいましたね。

>美しい空と雲を見て『美しい』と感じられることに幸せを感じます。
そういう心の余裕をもてる日々は、なんて豊かなのでしょう。
電車に乗るなり居眠りをして、自分の後ろにきれいな夕焼けが広がっているのに気付かない人…。
疲れてるんだろうなあ、でも、この夕焼けを見たら、心が元気になるよ!って言ってあげたいけど…。

ベンジャミンさんのお友達も、せめて一日に一回空を見上げることができたらいいですのにね。
私は、息苦しかった中学時代、週末になると、寝っ転がって空を見上げ、ほっとしていました。
空は大きいから、気持ちをすべて受け入れてくれるようで、疲れた自分の心が、ずいぶん救われたものです。
【2007/10/19 16:50】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


亀さんのブログをお借りして・・・


kimicoさんへ (読んでいただけるかしら)

拙ブログにコメントを入れて下さって有難うございます。
うっかり者の私は今日まで気付かずにいました。
懲りずにまた、いらしてくださいませね。

【2007/10/19 19:35】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]


秋のきれいな空、黒田さんの詩が添えられると、一層魅力が増します。
【2007/10/19 21:14】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]


きれいな空ですね。
写真の撮り方もとても上手だなあ~。
空はあまりにも広すぎて、私などどこをどう撮ったらよいのかわからないけれど、
亀さんに見せてもらう空はどれも詩的で、素敵です。

【2007/10/19 21:27】 URL | keiko #- [ 編集]

こもれびさんへ
お早うございます。今日もいい青空になりそうです。
黒田三郎さんの詩は、全部が好きって訳じゃないのですが、ここに挙げた詩は「上手いなあ」、「さすがプロは深いとこまで感じてるんだなあ」と思ったものばかりです。
【2007/10/20 08:06】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

keiko さんへ
お早うございます。
そうやってほめてもらうと、また調子に乗って、空ばかり撮りそうです…?!

今日は、近くの公園で「竹あかり」という、幻想的な催し物があって、友人が来ます。
ご持参のおかずを、皆で頂いてから、ぶらぶら見に行く予定ですが、昨日と一転、よいお天気になってよかったです。
たくさんの竹を切って、中にロウソクのあかりを灯すのですが、かぐや姫の竹も、こんなふうに輝いていたんだろうなと思わせる美しさです。
【2007/10/20 08:13】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/252-1ca3789a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード