心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-奈良公園の紅葉と鹿たち
 「ぼちぼちいこか」
「-亀の歩みで」と書こうとして、前に新聞で読んだ小学1年生の男の子の言葉を思い出しました。
連休前に出たたくさんの宿題を、子どもが必死になってやっているので、お母さんが「そんなに焦ってやらんと、亀さんみたいにゆっくりやりや。」と言ったところ、その子が「お母さん、亀はのろいかもしれへんけど、亀なりに一生懸命全速力なんやで。」と言ったという話。
「負うた子に教えられ浅瀬を渡る」ということわざがありますが、この話を読んだときは、「あっ!」と思いました。先入観で物事を見てしまう思い込みの激しい大人に比べ、何と柔らかい頭。こういう視点や発想を、何歳になっても持ち続けたいものです。
というわけで、「-亀の歩みで」は無しの、「ぼちぼちいこか」。冬眠中も訪ねてきてくださった方、ありがとうございます。つい一生懸命になる悪い癖に、セーブをかけながらぼちぼちやっていきますので、これからもよろしくお付き合い下さい。

 今日は、大好きな奈良に行って、鹿の写真ばかり撮ってきました。小さいサムネイル版も大きくなりますので、よろしければ、拡大して可愛い鹿たちを見てやって下さい。

017nara071202.jpg 【大仏殿裏】 

019nara071202.jpg  053071203nara.jpg  084071203nara.jpg  087071203nara.jpg

076071203nara.jpg 【大仏殿東塔跡】

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

こんばんは。

今年は・・・なぜだか紅葉が胸にしみる想いです。
奈良もこんなに素敵な紅葉が楽しめるのですね。
職場の運動場にも見事な紅葉を楽しませてくれる木があって、うれしい毎日です。

大学生だった頃に、一人で京都を訪れていて、どこかに迷い込んだようなところで鹿に出会いました。
澄んだ瞳で、そして哀しい声で鳴いていたのを思い出しました。
私も迷子だったのだけれど、鹿も迷子だったのかしら?
法然院の、そう遠くは離れていないとこらへんだったように記憶しているのですが、そんなところでなぜ鹿に出会っちゃったのか?不思議でなりません。
可愛い写真を見て、思い出しちゃいました。


>亀はのろいかもしれへんけど、亀なりに一生懸命全速力なんやで。

母になって、子どもと付き合うようになって、これでものんびりとできるようになりました。
それでもやっぱり、長男にはつい・・・・・・。
亀なりの、自分なりの・・・一生懸命をキチンと受け止めて認めてあげられるように、ならなくちゃ。

亀さん、お身体、大切になさってくださいね。
 

【2007/12/03 01:06】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

こんにちは
紅葉と鹿の雰囲気が奈良らしいですね。
なんて、奈良をよく知りません。

奈良=鹿、東大寺、興福寺、そして阿修羅像
この程度の知識ですが一昨年の3月、奈良に住む友人に知らない奈良を案内してもらいましたた。
『奈良町』
雪が舞って寒い日でしたが、大好きになりました。


亀さんの写真、歌、文からお人柄を想像すると、
聡明な、感受性の豊かで、想像力(創造力)のおありの方ですね。
私のように深く考えずに元気に生きているものとは違います。


どうぞ、お身体をいといながらゆっくりと亀さんらしい歩みで進んでくださいね。
【2007/12/03 14:31】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

kimico さんへ
>今年は・・・なぜだか紅葉が胸にしみる想いです。
私も同じ思いです。年を重ねるにつれ、紅葉の方が花より心に響くような…。
今年は、紅葉が遅れましたが、どの木もきれいに色づいて、惚れ惚れします。

迷い人と迷い鹿、懐かしい思い出ですね。
百人一首の猿丸太夫の歌みたい。
「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞くときぞ秋は悲しき」
奈良公園の鹿は、すっかり人に慣れて、賢くモデルになっていました。

昨日の新聞の「おやじのせなか」に、榊原郁恵が書いていたことが印象的でした。
「花開くかはわからないけど、親でも芽をつぶす権利はない。応援してあげよう。」という、お父さんの言葉。特に、太字のところ、心に沁みました。

親はつい先のことを考えて、お膳立てをしたり取り越し苦労をしたりするけれど、
紆余曲折、暗中模索…、時間はかかるだろうけど、待てる親でありたい。
世間から見たら、相当な親ばかだと思われているでしょうけれど、私はこうありたいです。

自分の体や心から目をそらさず、無理をしないでいこうと思います。ありがとう。v-290
【2007/12/03 19:24】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ベンジャミンさんへ
>奈良=鹿、東大寺、興福寺、そして阿修羅像
私も、この四つ、大好きです。東大寺は、二月堂・三月堂を含めて、ね。
奈良はいろんなところに行きますが、結局、「好き!」で落ち着くのは、この四つ。

これらを全部含めた奈良公園は、私の庭のように、地図無しでぶらぶらするのが大好き。
奈良にお住まいのお友達が居られたら、ベンジャミンさんも心強いですね。
奈良町など、最近は、昔の建物を生かして、面白いスポットも増えているので、行くたびに、新しい発見もあり、自然は豊かだし、人も京都より少ないし、ほっとします。

>聡明な、感受性の豊かで、想像力(創造力)のおありの方ですね。
ありがとうございます。ピンポ~ン!その通りです!と、言いたいところですが、
「憧れ」としては、その通り。「こうだったらいいのにな~~~」ですよ。
でも、現実は、自意識過剰で、要らぬ心配ばかりして、勝手に疲れています。

ベンジャミンさんのように、おいしいものをさりげなく作り、人生を上手に楽しみたいです。
頭でっかちの私は、実生活が苦手で…。無理せずいきます。ありがとうございます。v-290
【2007/12/03 19:38】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


うわーっ素晴らしいv-34
京都は何度か訪れているのですが、奈良は高校の修学旅行以来行ったことが
ありません。

紅と黄に緑があってこそ良い風景になるのですね。
落ち葉がまた美しい。
奈良、、、行きたくなっちゃいました。

今年ほど紅葉がこんなにすてきなものだと感じた年はありませんでした。


>一生懸命になる悪い癖

ほんとは悪い癖なんかじゃないですよね。
一生懸命って素晴らしいですよ。私はてきと~にやっちゃう方なので
たまにはしっかりやらなくっちゃ。
でも娘がなんでも一生懸命になりすぎるのを見ると、ぼちぼち、、、と
思ってしまいます。

亀さん お身体労わってくださいねv-22
【2007/12/04 22:56】 URL | nao #SFo5/nok [ 編集]

naoさんへ
naoさん、嬉しいコメントをありがとうございます。v-290

>今年ほど紅葉がこんなにすてきなものだと感じた年はありませんでした。
naoさんもですか?!
一度に真っ赤になる紅葉も素晴らしいのですが、今年のように、一つの木にあらゆる色が含まれているという紅葉も素晴らしかったですね。
また、いわゆる「もみじ」だけでなく、いろんな木がそれぞれの黄葉紅葉を見せてくれたのも、すごく美しくて心引かれました。

奈良は、銀杏の葉が散る頃が、鹿とマッチして素敵です。
楓並木も、ちょうどよい紅葉でしたが、マラソンが行われていたので、写真は諦めました。

奈良は、若いときは地味で寂しくて物足りませんでしたが、今は身の丈に合ってる感じで、私は気持ちが安らぎます。
naoさんもぜひ。人の少ない裏道を探して歩くと、「奈良好き」になりますよ。
【2007/12/05 18:39】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


大空の亀さん、冬眠からお目覚め…嬉しいです!
すごーく心配しておりましたよ(^・^)でも、良かった…
それにしても、日本情緒あふれる写真!素晴らしいですね。
特に最後の写真は、日本を代表する風景…
この目で、こんな素敵な風景を見て、ゆっくりしたいと思います。
イルミネーションの美しさより、ずっと素晴らしいです。
大空の亀さん、くれぐれもご自身のお体を第一に!そして、ご自愛下さいね。
私も冬眠したり、雲隠れしたりと忙しいブログです(#^.^#)
【2007/12/06 10:54】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

ノロタンさんへ
ノロタンさん、ありがとうございます。v-290
こうやって優しいコメントを頂いて、とっても励まされています。
季節の変わり目は、心身ともに新しい季節へ入っていくのに時間がかかるようで、不調が生じます。(認めたくないけど、更年期って言うのでしょうかね?)
特に、寒い季節は、体の芯から冷えるような気がして、辛いです。

それでも、この写真のように、自然がいっぱいのところに行くと、元気が出てきます。
田舎で、ずっと農業をしているいとこが、「ストレスゼロよ。」と言うのを聞いたりすると、やっぱり田舎が、私には向いているのかなあなんて思ったりもします。

まあ、でも、今の場で頑張るしかないですものね。
こんなふうに助けてもらいながら、ぼちぼちやっていきますね。
【2007/12/06 19:44】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


鹿は銀杏でもついばんでいるんでしょうか?
子供は大人の先生です。省エネ、キャップハンデetc.子供が体験して親に教えてくれます。
【2007/12/06 23:36】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]


こんにちは。

冬眠からのお目覚めが早くてよかった!
でも、体調が思わしくない時は「ムリせずぼつぼつ」いきましょうネ。

私の場合は、3年ほど前のある日、まるで風船に穴が開いたかのように、体からシュ~ッとエネルギーが抜けていって何もできなくなったことがありました。
病院で処方してもらった「加味逍遥散料(カミ ショウヨウサン リョウ)」という漢方薬を飲んでいるうちに元気が戻ってきましたが、あれは「あなたは更年期ですよ~、気をつけて!」というお知らせだったのだなあと思います。
お互い、ゆっくりペースでいきましょうね。(最近忙しすぎるので、自戒をこめて)

奈良の紅葉と鹿、素敵ですね。
亀さんにとっては特に、思い出のいっぱいある風景の一つなのでしょうね。
いろいろなことに思いを巡らせながら、ゆっくり楽しませてもらいました。
ありがとう。



【2007/12/07 12:54】 URL | keiko #- [ 編集]

こもれびさんへ
鹿は、たぶん銀杏を食べています。
鹿せんべい、食パン、アイス、何でも好きなようです。

>子供は大人の先生です。
確かに。大人だからって、慢心してはいけませんね。
【2007/12/07 18:08】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

keiko さんへ
「冬眠」というのが恥ずかしいほど、早い目覚めでした。
なんでも大げさに考える私の性格が、出ましたねえ。これぐらいなら、昼寝?仮眠?

>まるで風船に穴が開いたかのように、体からシュ~ッとエネルギーが抜けていって何もできなくなったことがありました。
そうか…、あんなに東奔西走、皆さんのお世話に忙しくしているkeikoさんでも。
何でもやろうと思えばできた時代があり、真面目な部分が相変わらず幅を効かしているから、脱力することに後ろめたさを感じてしまうけれど、もういい加減頑張ったのだから、肩の力を抜いて、たまには気を抜いてあげないといけないんですよね。
これからは、もっともっと上手に脱力しよう~と、思ってます。

>「ムリせずぼつぼつ」いきましょうネ。
ありがとう。長生きしたいから、そうします。keikoさんもネ。v-290
【2007/12/07 18:16】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんにちは。
冬眠からお目覚めのようで^^
お目覚めの目に映る景色は鮮やかな紅葉、ステキですねぇ。
それとも紅葉が眩しくて寝てられなかったとか^^

写真をしていなかったら空も紅葉も、こんなに気にしてなかったと思います。
やっぱり都心部は季節感ないですから、どこか余所の出来事のように感じていたかもしれません。
そう思うとカメラとの出会い、blogというツールとの出会い、皆さんとの出会いに感謝なのです(^^9
大空の亀さんのポストカードのような素晴らしい紅葉を見せていただいて、今年の紅葉も満足して見納めが出来そうです。

昨日、子供がおこりんぼの私に懇々と怒って自分の気持ちを語ってました。
話しを聞いているととても6歳とは思えず・・・子供なりに深くいろんな事を感じながら気持ちを租借して我慢して、そして言葉にしてそれを伝える・・・子供に色々教えられてしまいました。
(何度目でしょう?)
【2007/12/07 18:24】 URL | bianca #cK8v8HAk [ 編集]

biancaさんへ
>それとも紅葉が眩しくて寝てられなかったとか^^
どっちかというと、この紅葉のせいかもしれませんね。アップしたくて…。

>そう思うとカメラとの出会い、blogというツールとの出会い、皆さんとの出会いに感謝なのです(^^9
ほんとに、そうですねえ。私の場合は、軽薄短小のみを優先したカメラですが、それでも、blogに載せると思うと、張り合いが出るし、皆さんに喜んでもらえると、さらに楽しみが増えます。
前から写真を撮るのは、下手なりに好きでしたが、写したままで終わっていたのが、こんなふうに形に残すことができ、整理もできるし、意識して撮るようにもなりました。
見てもらえるというのは、ありがたいことですね。v-290

自分の言葉で、きちんと思いを伝えるガンコちゃん、偉いなあ。感心しました。
言葉で伝えられないと、暴力をふるったり、押し黙ったり、泣いたり、ということになりますものね。
【2007/12/08 20:11】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


余談ですが…
『ぼちぼちいこか』といぅ絵本があるんですよv-87
かばが自分の夢を次々と語るんですが…最後は
「ま、ぼちぼちいこか  と いうことや。」で終わります。
子ども達も普段聞きなれない関西弁の絵本に
とても喜んでいました♪
【2007/12/08 23:03】 URL | lunaはちこ #- [ 編集]

lunaはちこ さんへ
v-290初めまして。コメントありがとうございます。
>『ぼちぼちいこか』といぅ絵本があるんですよ。
そうなんですよね!
私も、この文章を書いた後、親戚の子に本をプレゼントしようと、いろいろ調べているときに見つけて、「おおーっ!」って、偶然にビックリしました。
そこにまた、lunaはちこ さんからの、このコメント。
私の、この文章の題「ぼちぼちいこか」にヒットして、訪ねてくださったんですね。

瀬戸内海を挟んだ地域にお住まいでしょうか?
ブログの言葉が、懐かしい故郷の言葉に近くて、嬉しかったです。
また、お邪魔します。こちらも、どうぞご訪問下さい。

【2007/12/09 09:57】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/261-36ea658b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード