心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く音楽-「ジョン・レノン」の歌&ベランダから
12月初めの休日の朝、家のベランダから見下ろす紅葉の景色を、もっと見える所から撮ろうと、同じ階の西側にある階段に行きました。
既に先客の女性が居て、階段に座って携帯を覗き込んでいました。「きれいですね。」と声を掛けたところ、慌てて立ち上がり、バツの悪そうな顔のまま、傍にある洗い場で、モップを濡らし、廊下を掃除し始めました。
デジカメを手に、景色を撮りにやってきた私は、彼女も「同類だ!」と思って、嬉しげに声を掛けたのですが、彼女は写真を写したのではなく、メールをチェックしていただけのようです。
清掃の仕事をさぼっているという後ろめたさが、「きれいですね。」という言葉を、嫌みを言われたと受け取らせたのでしょう。もしかしたら、その日一日、会社に「さぼってますよ。」という連絡がいくのではないかと、ドキドキしながら過ごされたかもしれませんね。
それぞれの思いの中での、こんなすれ違い、結構ありそうです。

以下の写真は、すべて、その日のものです。

023beranda2071130.jpg

030beranda1071130.jpg   024berannda3071130.jpg   027beranda4071130.jpg

左端は「三色彩道」と名づけられた、駅までの唐楓と台湾楓の並木道です。先月末、夕方のニュースで紅葉の特集があったとき、京都東福寺・有馬瑞宝寺公園・箕面の滝・奈良公園・嵐山と並んで放映されたのには、感激でした。
左端、今回大きく載せた写真、真ん中、右端と、景色はつながっています。遠くには、色づいた箕面の山々が見えます。よろしければ、拡大してご覧下さい。

001071130sora.jpg

 66年前の12月8日、日本がハワイの真珠湾を攻撃して、太平洋戦争が始まりました。まだ、115万人の遺骨が帰ってきていないそうです。多くの悲しい犠牲者を生み出した戦争、人類はその愚かさを学んだはずなのに、未だに世界では争いが絶えません。
27年前の12月8日、ジョン・レノン(当時40歳)が、凶弾に倒れました。米政府の圧力の中、世界平和を願い行動した、レノンのドキュメンタリー映画が、今、公開されています。
ちょうど先月下旬、朝日新聞の「アスパラクラブ」コーナーに、ジョン・レノンの好きな曲を読者にアンケートした結果が載っていました。ベスト3は、『イマジン』・『スタンド・バイ・ミー』・『ハッピー・クリスマス』。私も全く同じだったので、なんだかとても嬉しくなりました。今回は、その3曲の歌詞を、日本語訳で、一部分ですが、載せますね。平和を願うレノンの思いが伝わる歌詞です。

 『イマジン』
想像してごらん 国境なんてないんだと そんなに難しいことじゃない
殺したり死んだりする理由もなく 宗教さえもない
想像してごらん すべての人々が 平和な暮らしを送っていると


 『スタンド・バイ・ミー』
キミが傍に寄り添っているだけで 僕は強くなれるんだ
だから ダーリン いつもいつも僕の傍にいておくれ

 『ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)』
今宵はクリスマス
弱い人たち 強い人たち 金持ちの人たち 貧しい人たち
世界はこれでいいとは思わないが ともかく ハッピー・クリスマス
肌の黒い人たち 白い人たち 黄色い人たち 赤い人たち
さあ この辺で争いはやめようじゃないか


 応援しているaoki takutoが、新しい曲 『話の途中』 をアップしました。
今回は、日本語の歌詞です。よろしければ、リンク先より、聞いてみて下さい。

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

大空の亀さん、こんにちは。
ジョン・レノンは私も大好きです。彼の歌の中で一番すきなのは
「イマジン」この曲は、何度聴いても飽きなくて大好きです。
「スタンド・バイミー」も好きです。
懐かしい曲ばかり。昔の歌は良かったかな・・・
今日は今から仕事です。
大空の亀さんは、体調が大丈夫ですか?私もノロノロしています。
お体を大事にして下さいね(^◇^)
【2007/12/09 14:39】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

ノロタンさんへ
今晩は。 ご心配ありがとうございます。

ノロタンさんも、同じ曲がお好き!いいですよねえ、歌詞もメロディも。
この間、ラジオからポール・モーリアの音楽が流れていました。
懐かしくて…、その時代の空気感まで味わったような気分になりました。

ノロタンさんもノロノロ…って、どう考えても働き過ぎですよ。
お仕事ハードすぎて、体も心も心配です。
ほんとに気をつけて下さいよ。なんとかならないのでしょうか?

私はノロノロやってますので、ご安心下さい。
無理はしない。これを第一に据えて、やっていきます。
ノロタンさんも、どうか無理をなさらないで下さいね。
v-255
【2007/12/09 22:41】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

こんばんは
ここ数日、パソコンボランティアのお仕事?で入力、グラフ作りで目を酷使しています。
ボランティアにはご年配の方が多いです。
89歳の方が自分史を何年もかけて作っていらっしゃいました。
戦争のお話が多いの。
その方は半年ほど前にがんを宣告され、私たちはご自分でやって頂くのが基本ですが完成させたくてかなり手を出してしまいました。
でも、ご本人は戦争の話になると2時間ぐらい話し続けます。
話を聞くのもボランティア、お勉強だと思いますが…この方に限っては何とか…
半月ほど前にお亡くなりになりました。
自分史はどうなったのか皆、気になっています。

太平洋戦争のことが書かれていたので余計な事を書いてしまいました。

セントラルパークの『IMAGINE』と書かれた記念碑を思い出しました。

寒くなりましたね。
お風邪をひかないようにお気をつけ下さいね。
【2007/12/11 20:27】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミンさんへ
今晩は。v-273
>セントラルパークの『IMAGINE』と書かれた記念碑を思い出しました。
ベンジャミンさんのブログで、見せていただきましたね。私も思い出しました。

>89歳の方が自分史を何年もかけて作っていらっしゃいました。
母が生きていたら、ちょうどそのくらいです。
父や母に昔の話をあまり聞いてなかったので、このように自分の体験を残して下さること、とてもありがたく思います。
生で聞けるとさらに心に届きますが、語る方も聞く方も辛い話が多いですよね。
それを頑張って残そうとされて、とても偉いなと思います。完成してるといいですのにね。

ベンジャミンさん、ボランティアで、こんな素敵な関わりを持たれていて、いいですねえ。
私も、仕事を完全にリタイアしたら、やってみたいボランティアがいくつかあるのですよ。
知り合いのSさんは100歳ですが、ボランティアでお習字を教えておられます。憧れます。
【2007/12/11 22:40】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


本当はこの際だからもう少しゆっくりしていただきたかったと、コメントを控えていたのですが、私が思ったところで、大空の亀さんの情熱はとまりそうにないですね。でも回復し始めた時こそが大切、暫くゆっくりと思われたときのことを忘れないでください。人生は長い、ご自愛を!
ジョン・レノンの訃報は確かエフエム放送の中で聴きました。当時は洋楽が全盛で、D.Jさんが突然声を改めて、臨時ニュースを伝えた事を思い出します。暫くの間イマジンが繰り返し流れましたね。その日は火曜日で夜教会でヌードクロッキーをしていたら、まだ彼の死を知らなかったらしい事務局の方が途中で知って、残り5分になると白いボードにクロッキーの残り時間を書いて上に上げるシステムだったのですが、そのボードを使って目を真っ赤にして彼の死を伝えました。私はもう知ってたけれど、知らない人もいて暫くクローッキーの手が止まり隣同士眼と眼で会話。一人それに気付かなかったのが、中央のモデルさんで、クリスマス会の相談をしていた、会の後の居酒屋での何気ない会話の中で知り、仰天していました。「PEASE BED」もまだ世界を見渡せなかったあの頃の私たちの視点を補ってくれます。私はどうしてレノンがヨーコを好きになるのか長い間解らなかったんだけれど、彼女が彼の枠組みをやすやすとぶっ壊したんですね。アバンギャルドに憧れながら、コンサバの尾っぽを捨て切れなかったレノンを一気に新しい世界に連れて行った。後半のレノンはヨーコが生んだような物だなあと、改めて気付きました。
【2007/12/12 21:38】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

犬塚さんへ
>人生は長い、ご自愛を!
ありがとうございます。v-290 突っ走らないよう気をつけます。
次々と書きたいことは出てくるのですが、1週間に1度というペースを、今度こそ守ろうと…。

ジョン・レノンの訃報、私は、仕事中だったのでしょう、あまり鮮明な記憶がないのです。
でも、またいつか4人の歌を聴きたいと思っていた夢が、一瞬にして崩れた無念さはよく覚えています。
犬塚さんの場合は、とてもはっきりと、一つの大きな事件として把握できているんですね。
「PEASE BED」、もう見られたのね?私も、ぜひ見に行きたいです。
イギリスで生まれ、アメリカで活躍したビートルズのメンバーにとって、日本人であるオノ・ヨーコという存在は、受け入れがたかったでしょうに、私もなぜ?と疑問でした。
レノンの心が柔軟で、ヨーコの神経が強靱だったのかなあなんて思いますが…。
レノンはもちろん魅力的なのですが、ヨーコの自信は一体どこからくるのかしら?と、ずっと不思議でした。
映画からは、そんな答えも見えてきそうですね。
ちなみに、私はちょっと遠慮がちなジョージ・ハリスンが、一番好きでした。

今年の朝日映画ベストテン1位「天然コケコッコー」2位「河童のクゥと夏休み」3位「それでもボクはやってない」だそうですね。
1位をまだ見てなかったのですが、近くでやるようなので、楽しみです。
外国映画部門は、1位2位とも中国映画なので、これも見逃せません。
佐藤真さんの撮ったエドワード・サイードの映画も、今度京都で上映されるんですね。
犬塚さんのところで、今週紹介してあった映画は、友だちと見に行く予定です。
見たいものがいっぱいです。
【2007/12/13 18:48】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


きょうの佐世保のスポーツ事務での銃撃事件。
戦争という名が付いていなくても戦争のようなことが隣り合わせにあるということを改めて思わされました。
国と国が戦っても、国の中で戦う内戦も、戦争ということには変わりはない。
昔言われた交通戦争もやはり戦争。
暴力団同士の抗争もやはり戦争。
すべて哀しみを生むことが共通しています。
【2007/12/14 23:14】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]

こもれびさんへ
銃社会は、アメリカの話と思っていましたが、最近、銃の事件が増えてきました。
昨日は、佐世保で二人が殺され、先日は、家で手入れしていた銃で、幼子が犠牲に。
アメリカでは、この間も、ショッピングセンターで大きな事件がありました。
交通事故、自殺、年間何万人もの人が、かけがえのない命を失っています。

先日テレビで、余命3ヶ月を宣告された方のことを報道していましたが、
「余命3ヶ月」と言われて、「生きたい!」と思う気持ちでいっぱいだと話されていました。
病気で早く亡くなるのも、事故で突然命を奪われるのも、辛く悲しく、それは言葉以上のものです。
誰もが、「健康で長生きできてよかったね。」と言えるような世であってほしい…。
【2007/12/15 10:51】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/262-5cf0c69b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年8カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード