心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-ガンの治癒について書かれた本2冊&空の本あれこれ
4年前の1月23日、高校時代からの友人ふみさんが末期ガンで亡くなりました。当時、高3、中3、小4だった息子さんたちの成長と、多忙なご主人の健康、愛犬のレモンちゃんのことを気にしながらの他界でしたので、この4年間、彼女はずっと天から祈り続けていたことでしょう。また、世の中のことも気にかけ、少しでもよい社会にと、入退院の合間を縫って活動していた彼女なので、今も多くのことを祈り続けてくれていると思います。
私たちは、よく神さまや仏さまに手を合わせお祈りをしますが、「祈られているのは、私たちの方である。」というのを、聞いたことがあります。だから、神さまや仏さまに、いろいろお願いする前に、まずは今までのことを感謝するのが、道理なのだそうです。私は、特定な宗教に熱心なわけではありませんが、過去の人たちに守られ育てられているなと感じることは多々あります。自然も含め、多くの命への感謝は忘れないでいたいなと思います。
末期ガンの友人の様子を見て、様々なことを考えさせられました。今回ご紹介する本は、いくつか読んだ中で、納得できる内容のものです。自分が、末期ガンの渦中にいたら、なかなか冷静には読めないかもしれませんが、一度は目を通しておきたいと思う本でした。

生きたい患者 『がん 生きたい患者と救いたい医者』
(三省堂・1500円・2007年刊)

著者は、諏訪中央病院名誉院長で、チェルノブイリの救援活動にも積極的に関わっておられる鎌田實先生と、東大放射線科准教授、緩和ケア診療部長である中川恵一先生のお二人。お二人とも、患者さんの心に寄り添うことのできる、素晴らしいお医者さんです。現在の医療の実態が(もちろん一部分ですが)、よくわかりました。以下、簡単な箇条書きで、内容を羅列しますが、ご自分で、一度は読んでおかれることをお勧めします。

医療崩壊。在宅医療とホスピス。医者の言葉や態度の違い。
長時間労働の現場―週平均64時間。研修医92時間。(40時間を目指している国なのに)
がん治療の現在―手術・抗ガン剤・放射線治療の特徴。「がん難民」からの脱出。
がん治療の三つの目標―根治・延命・緩和。「治癒」の「治」と「癒」のバランス。

あとがきにかえて~
「がんばらない」「あきらめない」は、「がんを治し、人を癒す」ということそのもので、どちらも同時に必要。


がん治療丹羽療法 『がん治療「究極の選択」 抗ガン剤を超えた丹羽療法』
(講談社α新書・800円・2005年刊)

職場の同僚がリューマチの治療でお世話になったと聞き、初めてこの著者のことを知りました。著者の丹羽靱負(ゆきえ)先生は、土佐清水病院の院長で、ご子息を白血病で亡くされています。抗ガン剤での治療が絶対とされた時代に、小学生の息子さんが、その副作用に苦しむ姿を見、抗ガン剤に疑問を持ち、様々な治療法を試みられました。いわゆる民間療法と違って、西洋医学と東洋医学の両方を、患者さんの病状に応じ、的確に判断し冷静に取り入れながらの治療です。病院のHP(http://www13.ocn.ne.jp/~tshp/)に、詳しい事情が書かれていますので、ここでは、裏表紙の項目を一部、ご紹介します。抗ガン剤の効くガン、そうでないガンなど、資料も詳しく、得心のいく内容の本でした。

・抗がん剤では治らないがん  ・がんの縮小率と延命率は違う
・末期がん患者のQOLを改善  ・天然の生薬を活性化する
・病気とは自分で作り、自分で治す  ・患者と苦しみを分かち合う医療

以下のことは、わかっていることですが、自戒を込めて、本文より引用します。今、手元に本がないので、少し言葉が間違っているかもしれません。
P106 肉と乳製品は、ガンの栄養になるので、厳禁。腹八分目。
P149 ガンの因子を持っている人は、寝不足・過労・ストレスが重なると発病。
のんびりゆっくり楽しくが大事。

1月の空朝夕


1月25日(金)追記: 「空」の本、あれこれ

「あっ、今、きれいな空だなって、うっとりしたでしょ。」一緒に歩いている人に、よく言われる。いわゆる「上の空」で、人の話が聞けていないというわけではないのだが、気がつくと、空を仰いでいる。これは、一人のときも同じ。つくづく空に惚れ抜いている自分だなと思う。小さいときから、空に心を吸われるのが好きだった。解き放つのも好きだった。短歌や詩を読んでいて、「あっ、この人も空が大好きなんだ!」ってわかると、仲良しを見つけたみたいで嬉しくなる。というわけで、気づいたら、空の本が何冊か集まっていた。今回は、古いのも含めて、ご紹介。見つけるとすぐ欲しくなるので、セーブしてセーブして購入したもの。

kumonokotoba.jpg     soranosaiziki.jpg     kumonokao.jpg

『雲の言葉』  Photography by HABU (P・I・E BOOKS/1280円) ポストカード集
『空の歳時記』 平沼洋司著 (京都書院アーツコレクション/1000円) 写真とエッセイ
『雲のかお』 武田康男著 (小学館文庫/600円) 千葉在住の地学の先生が撮った雲の写真集。

sorairotuusin.jpg     soranoname.jpg

『空色通信』 高橋健司著 (光琳社出版/2600円・BOOK OFFで1350円) 写真と短文。
『空の名前』改訂版 高橋健司著 (角川書店/2500円) 写真と季節や天気の言葉の解説。

どうしてこんなに空が好きなのかなと考えて、出てきたのは、「空には何もないから。」という答え。もしも、この大好きな空を、ドラえもんの竹コプターをつけた人々や戦闘機が飛び交うようになったら、私は怒りと嘆きで、発狂し、悶死してしまうだろう。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

 4年前は寒い雪が降っていましたね。ふみさんは天国からご家族を見守っていることでしょう。一度だけうちに遊びにきてくれました。そのとき 名物の近所の水ようかんを持ってきてくれました。私はその入れ物を大事に置いています。シャイでやさしい人でした。
 病気に関しては本当にいろいろと考えさせられます。情報も大事ですし、こころの持ち方も大事ですし、そのときそのときで自分なりの処理の仕方も変わってきますし。
どういろいろな困難な山を越していくか?ひとつの山を越えれたら、すこしやすらかな気持ちになれるとストレスへの対応が増えるように思えるし。
のんびりゆっくりと思えるよう おだやかに過ごせたらと。 
【2008/01/23 21:03】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやん へ
今日は、午後からあの日のような雪が舞っていました。
ふみさんは、松山千春の歌が大好きでした。
昨日今日と、いろんなことを思い出しています。

>情報も大事ですし、こころの持ち方も大事ですし
そうなんですよねえ。
様々な分野で、大変なスピードで、新しい情報が増えています。
うかうかしていると、一人取り残されているという感じで、改めて忙しい時代に生きているなあと思います。
どちらかというと、仙人のように、自分のやり方を守って、マイペースで暮らしていきたいのですが、こと、それが命に関わる情報だったりすると、そうも言ってはいられないですもんね。
でもまあ、基本はのんびりゆっくり自分のリズムで気持ちよく、です。
【2008/01/24 19:09】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんにちは。

亀さんは本当に空がお好きなんですね~。
私は海です。

>空に心を吸われるのが好きだった

私は海に心を溶かすのが好きです。
ぼ~っと眺めたり、砂浜をただ歩いたりしてとりとめもないことを考えたり、なにも考えていなかったり・・・。
ただ、海がそばにないので会いにいかなくちゃなんない。
ここが残念なようで、でも、特別なようでもあって。
インド洋にあこがれて、パースに出かけたことがあるのですがそのときは冬。
夏の顔もみたい!ってもう一度出かけたりもしました。


亀さんが紹介してくださる空を見るようになってからは、空もよく眺めるようになりました。
同じ空には一度も会えない。
今日の空は、今日だけ、今だけのもの。
そんなことも、最近になってようやく気がつきました。
職場の窓から見える空、建物は同じなのにその向こうの空はいつも違う。
気分や心境や・・・自分の中身を映し出すように思えることもしばしば・・・・・。
いろんな時間にいろんな方向の空を眺める楽しみを、教えてくださってありがとう。
 

【2008/01/26 17:46】 URL |  kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

 kimico さんへ
今晩は。
先ほどの帰り道、もう暗いはずの空に、雲がはっきり見えて、素敵でした。

>私は海に心を溶かすのが好きです。
>ただ、海がそばにないので会いにいかなくちゃなんない。
kimico さんは、海が好き。
私も、海も好き。
寄せる波、遠のく波、その繰り返しがずっと続くだけなのに、見飽きませんよね。
明るい時間には、光にきらめく水に、暗い時間には潮の香に、うっとりします。
そして、ずっと聞こえてくる潮鳴りに、心が不思議なほど安らぎます。
海が近くにあったら、私も毎日会いに行っているだろうなあ。
せめて近くに、きれいな水の流れる川があれば、どんなに幸せでしょう。

>同じ空には一度も会えない。
そうなのです!これも空が好きな理由の一つ。(本文に書き忘れてました…)
息苦しかった中学生の頃は、空に吸われることをよく夢見ていました。
クラブの練習で外に出かけては、草原に寝転がって空を仰いでいました。
こんな、何もしない時間を持てた中学時代が、今思えば大切な時間でした。
【2008/01/26 19:10】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

こんばんは
寒いですね。

私も先日、ガンのことを書いたばかりです。
14年前の3月6日に浪人生と高校生のお嬢さんを置いて友人が肺がんで亡くなりました。
度々、見舞っていましたが、ガンと言う事をご主人はどなたにもおっしゃらずたった一人で半年間苦しみ耐えたそうです。
彼女はお嬢さんの合格を知っていたのでしょうか?
いつも私たち仲間を纏める役割をしてくれたサッパリした人でした。

『がん 生きたい患者と救いたい医者』
是非、読んでみたいです。
鎌田先生の本は読みましたし、テレビ化されたときも観ました。
このような先生がもっともっと、育って欲しいと願います。


【2008/01/27 21:44】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミンさんへ
今晩は。お久しぶりです。お元気そうでほっとしました。
ブログの更新がないので、ご病気かな?と心配したり、それとも海外旅行かな?と思ったりしていました。

受験期の子どもさんを持っているときに、がんで亡くなられる方が結構多いです。
ベンジャミンさんのお友達も、私の友人も、ご近所の方も、職場で関わりのあった方も、
片手では足りないほど、皆さん、子どもさんが受験の年に、亡くなられたり発病されたりでした。
受験生本人の大変さももちろんあるのですが、周りの気苦労も相当ありますからね。

今日のテレビで、よいイメージを持つことの大切さを言っていました。
私なども心配性で、つい取り越し苦労などしてしまうのですが、どうせ想像をするのなら、いいふうに想像して、素敵な未来が開けるようにしたほうが、人生、幸せですね。
人間の脳は、限りなく発展していくそうです。明るい未来を描きたいですね。
鎌田先生みたいにすごくはなれないけど、ほんのわずかでも見習いたいです。
【2008/01/27 22:37】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


ご友人の小学生だったお子さんはとりわけ悲しく、さびしかったことでしょうね。
今は元気に学校に通って友達とも楽しくやっているでしょうか。
冬になって目線の高さから見る空は目にはいるのですが、見上げて空そのものを見ることがめっきり少なくなっています。
【2008/01/27 22:55】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]


大空の亀さん、おはようございます。
すっかりコメントを書くのをご無沙汰致しておりました。
そっと、覗いておりました(^・^)
私の息子の親友のお母さんが現在癌と闘っております。
私も大変お世話になった大切な友人の一人。
彼女は私には告白しませんが、息子から聞かされました。
年賀状に遊びに来て下さいねと書いてありましたので
今度、行ってみようと思います。
知らないふりをして彼女の顔を見るのは辛いです…
「雲の言葉」この本、気になります。今度、本屋さんを覗いて見ます(^・^)
【2008/01/28 09:52】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

こもれびさんへ
>ご友人の小学生だったお子さんはとりわけ悲しく、さびしかったことでしょうね。
そうですね。
しばらくしてお墓参りに行ったとき、松ぼっくりが並べてあって、ご主人が、
「家から近いので、下の子が毎日来ているようです。」と言われ、胸にじんと来ました。
残念ながら今は、年賀状のやりとりだけですが、元気で頑張っていることと思います。

前から空を仰ぎ見るのが大好きだったのですが、十数年前から10階に住むようになり、目線は、ほとんど鳥状態です。
【2008/01/28 20:14】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ノロタンさんへ
お久しぶりです。お元気でしたか?
>そっと、覗いておりました(^・^)
ありがとうございます。

>今度、行ってみようと思います。
ぜひ。
懐かしい人、大切な人と会えると、新たな元気が出てくると思います。
笑顔や笑い声の出る、楽しいお話などもできるといいですね。
決してあきらめないで、いい時間を少しでも多く持つことができますように。

>「雲の言葉」
2006年に、美術関係の本を扱っている所で買いました。
「とりあえずリラックス」とか「急がないから見えるもの」など短い言葉と、素敵な空の写真の組み合わせで、ポストカードが25枚綴じてあります。
ピエ・ブックスという会社が発行している本で、著者は羽部恒雄さんです。
【2008/01/28 20:29】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんにちは。
4年前、ご友人が子供たちへの気持ちを残したまま旅立たれたことを思うと胸が痛みます。
自分だったら・・・そう思うコトが色々な場面で何度もありますが、とても耐えられそうにありません。
想像するだけで気持ちが凹み、胸がざわざわします。
全く心の弱い人間です。

カメラを持つようになって数年前の何倍も空を見るようになりました。
小さく切り取られた狭い空ばかりですけど、それはそれで青空であるだけで気持ちが良いものです^^
生かされているんだなぁ、ありがたいなぁと感じずにはいられませんね。
生きている今こそが奇跡のような素晴らしい時間ですものね!
【2008/01/29 18:32】 URL | bianca #cK8v8HAk [ 編集]

biancaさんへ
今晩は。
>想像するだけで気持ちが凹み、胸がざわざわします。
ほんとに。子どもさんが小さいと、その思いはさらに強いですよね。

自己満足ですが、病床の友人に、最後に二つだけいいことができたと思っています。
一つは、可愛がっていた犬(ミニチュア・ダックスフント)そっくりのぬいぐるみを、プレゼントできたこと。
もう一つは、彼女が家族とよく行って懐かしがっていた公園の写真を、アルバムにして渡せたこと。
彼女が、こちらを思い出すときの手助けになっているといいなと思います。

>生かされているんだなぁ、ありがたいなぁと感じずにはいられませんね。
>生きている今こそが奇跡のような素晴らしい時間ですものね!
その通りですね。素敵な言葉です。大切に生きていきたいと思います。
【2008/01/30 18:17】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんばんは

試してみました。
パジャマの上下とも、裏返しに着て名前を書いた紙を・・・

2日続けてみましたが、出てきてくれません。
あちらの世界で楽しんでいるのかしらね。
私もこちらの世界で楽しんでいますけどねv-7

もうすぐ4回目の命日です。
【2008/01/31 21:54】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミンさんへ
>あちらの世界で楽しんでいるのかしらね。
そうですよね、きっと。
せっかく二日も、しかも名前まで書かれたのに…残念でした…。
何か、秘策を思いついたら、お教えしますね。
それにしても、ベンジャミンさんの所は、ほんとにご夫婦仲がよかったのですね。

私は、「夢を見ません」と書いてから、すごいの!毎晩見ているのです!
昨日なんて、コレステロール値が少し下がっていたもので嬉しくて、
ジャージの上下を着てジョギングをして「もっと下げよう!」って、張り切っている夢でした。
【2008/01/31 22:28】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/269-3544ee56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード