心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
手作りが好き!-友だちの作品です。
 このところ、俳句と短歌の勉強?に忙しく、布を使った手作りが全然できていない私。
   従って、今回も(最近ずっと…?)ご紹介するのは、私以外の方の作品です。
   クリックしたら画像が大きくなりますので、よろしければ拡大してご覧下さい。

 先週末から、田舎にお墓参りなどを兼ね、数日間の帰省をしてきました。その折に、高校時代の友人夫妻と我が家の五人で飲んだのですが、その時、友人の奥さんが、手作りのリースをプレゼントして下さいました。
とても素敵なリースですが、ご本人は、もっともっと美しく可愛い方でした。( I くん、いい方と結婚できて、よかったねえ。)早速、我が家の一番目立つところに飾り、楽しかった時間を思い出しています。

    リース    リース横    リース全体


 昨夜、四国から戻って、メールを開くと、keikoさんからたくさんの写真が送られてきていました。先日、キルト展があって作品を出したとかで、「見せてね」という私の依頼に、パソコンの得意な息子さんが帰省したら写真を送るねという話になっていました。
以下に、keikoさんの解説を引用させてもらって、写真のアップをします。

出展したのは銀婚記念に作った「絆」(アーミッシュの町で買った紫の布を生かそうと作った作品なので、アーミッシュのヘックスサインという図柄をキルトラインに取り入れました。)と、季節はずれでしたが「紅葉」です。
その他タペストリー「薔薇」や「紫陽花」「寿ぎ」と、娘に作ったバッグも撮りました。
 「薔薇」「紫陽花」とバッグはキルト誌に載っている作品を参考に、4~5人で相談しながら布を分け合って作りました。(オリジナルではありません。) 


  kirutokizunazentai.jpg   キルト展hanatyu   キルトhanadai  「絆」全体。順に拡大。


  キルト紅葉3   キルトkouyou2tyu   キルト紅葉1dai 「紅葉」全体。順に拡大。


  baradai.jpg    kirutoazisaizentai.jpg   azisaidai.jpg
         「薔薇」                        「紫陽花」全体と拡大。

  キルトkotohogi   kirutobag.jpg   bagwahu.jpg 「寿ぎ」。「バッグ」2点。


 会場の様子
   2008年7月18日~7月22日キルト展の様子。 正面左がkeikoさんの大作「絆」。「紅葉」も大作。

 私は、この間、京都の駅ビルにキルト展を見に行って、「この根気…、私には絶対できないわ。」とため息をついてばかりだったので、keikoさんの頑張りにただただ感心しました。前に、ベッドカバーとこたつかけの写真も携帯で送ってもらったのですが、それも大作でした。前に訪ねたとき、お家にもさりげなく飾ってあって、keikoさんの温かい人柄が、家中にあふれている感じがしました。彼女も、作品同様、とっても美しくて可愛いのですよ。

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

四国行きは帰郷だったのですか?
きのうから関西地方も局地的な集中豪雨で、大変ですね。
鉄砲水というか、急な川の増水で犠牲になった方々はかわいそうな事故でした。
ご冥福をお祈り致します。
【2008/07/29 22:26】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]


大空の亀さんの周りには手作りが好きな方が多いのですね。どちらも素敵です。リースのオレンジの花は紅花かな?当時はまだ細々と資生堂が口紅用に栽培していただけで、花が含む染料の研究が卒論だったので、わざわざ山形まで見に行ったもののです。キルトも凄いですね。映画で知ったアーミッシュの村に一度行ってみたいと思っていたけれど、そこの布が見れて感激!
【2008/07/29 22:31】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

こもれびさんへ
四国へは、義姉の納骨やお墓参りなどがメインでしたが、友人知人にも会えました。
帰りは倉敷に寄り道をしたため、集中豪雨のことは知りませんでした。
神戸の川の事故は、帰宅途中の車中で知り、ビックリしました。
六甲山から海に至るまでの距離が短いため、洪水になると大変です。
あんなに一瞬に増水し濁流になるなんて、想像できませんよね。
我が家も、子どもたちを昔、学童保育に預けていましたので、他人事とは思えませんでした。
可哀想でなりません。

【2008/07/30 17:36】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

犬塚さんへ
>リースのオレンジの花は紅花かな?
そうです。ドライフラワーに向いていますよね。
紅花という名前、字面も響きもいいなあと思います。
学生時代に見に行かれたのね。一面に栽培されている情景というのもいいですね。

>アーミッシュの村に一度行ってみたいと思っていたけれど
keikoさんは、昔、ご主人のお仕事の関係で、アメリカに住んでいたから、
確か訪ねたことがあったのではないかしら?昨年?だったかも行かれたような…。
私は、この辺の情報に疎くて。犬塚さんとkeikoさんも会える機会があるといいですね。

>大空の亀さんの周りには手作りが好きな方が多いのですね。
ホントにねえ。みなさん、マメで、センスがあって、感心してばかりです。
私は、この夏、篆刻で簡単な印を彫りました。久しぶりに書がしたいです。
【2008/07/30 17:47】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

今日は少しだけ暑さが楽でした
同姓のkeikoさんの作品はどれも色が素敵ですね。
紅葉、アジサイ、ハワイアンキルトの黒とブルーのバッグはとても色鮮やかだわ。

キルト展にはよく行きますが、いつも感心してくるだけです。
私は色彩感覚がないのと根気がないのでキルトは出来ません。


亀さんの周りは素敵な方がいっぱい。
8日、少々気おくれしています。
【2008/07/30 21:45】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミンさんへ
今晩は。
私も、キルトは、できません。
すご~くアバウトな性格なので、絶対できないと思います。
keikoさんのは、「薔薇」の配色が一番、彼女の柔らかなイメージに近い気がします。

>8日、少々気おくれしています。
大丈夫ですよ~。みんな、すご~くおっとりしていて、お人好しだから。(自分で言うのもなんですが…)
みんな、それぞれにとっても楽しみにしているので、それまでに緊張しすぎたり、無理なダイエットなどして、倒れないでくださいね。
私は、四国への旅行で、ご馳走を食べてばかりで、ま~た体重が増えてしまった…。
実は、我が家で一番体重が重くなってしまった…。背は一番低いのに…。
ベンジャミンさんの気おくれ、少し和らいだかしら?
【2008/07/30 22:34】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


明日から 8月ですね。亀ちゃん 四国でのご用、いろいろとできてよかったですね。
たくさんの心のお土産もできて何よりでした。Iくんの奥様からのプレゼント素敵ですね。
お部屋がより素敵になっていいですね。keikoさんの作品は彼女の人柄や真面目さ、上品さが伺えて満喫させて頂きました。
 さて 神戸の河川での痛ましい出来事、びっくりしました。最近、神戸市内のああいった河川は整備され、とても奇麗になっています。うちの近くの川も汚い水が流れていたのが工事後きれいな水がながれるようになりました。これからは市内 警報を鳴らすようにすると言っていました。
 ところで 最近は あまりにも暑いので クーラーなしの我が家での暑さ対策に必死でした。重たい本立てに隠れていたドワを使えるように開けたり、網戸の張り替え、木々の伐採、草引きなどなど。疲れました。でも庭のとまとは おいしいです。今年初めて遅くにゴーヤを植えたのですが、どうにか取れそうです。
 夏、 頑張って乗り切っていきましょう。
【2008/07/31 10:51】 URL | よりやん #- [ 編集]

びっくり
こんにちは。
久しぶりに一日何にも予定のない日です。

本当に久しぶりにブログを覗いてびっくり。
同級生(私も知っている人?)の手作りリースとkeikoさんのステキなキルト。
本当に根気のいる作品ですね。
銀婚記念の絆は♡がいっぱい、素晴しいご家庭なのでしょうね。
いつかのスタジオパークでキャッシー中島さんがハワイアンキルトのことを話されていたけど、センスと根気と共にない私にはとてもとてもできません。

びっくりついでに、私たちも急に思いついて28・29日と松山の伯母を見舞いがてらに行ってきました。
初めて高速バスを利用した旅はなかなか快適でした。
見晴らしの良いゆったりした座席、飲み物サービスまであって、半数以上の空席が悪いみたいでした。
ホテルに荷物を預け、レンタサイクル(ないだろうと思って聞くとあったので)を借りて年齢も忘れて、颯爽と風を切って街を走り抜けました。
残念ながら月曜日で「坂の上の雲ミュージアム」などが定休日でしたが、子どもの頃お出かけで連れて行ってもらった松山の街並みを懐かしく思い出しながら走れて、面白かったです。
自転車を利用する人の多さにも驚きました。
夕方の堀ノ内は自転車がいっぱい。
CO2削減のために県で推奨されているのかもしれませんね。

29日はJRで大洲方面へ。
海回りの1輌の普通車でゆっくり貸切状態で景色を楽しみながら乗っていると、下灘駅から女優の真野響子さんたちが乗って来られ、すぐ横に座られて親しくおしゃべりしました。
今回寅さんシリーズの特集をするので、30年前にマドンナ役で撮った寅さんのロケ地を回っているとか。
これから大洲に行くとか、思わず「私も実家は大洲なんですよ」
夫も一緒に話している間もカメラは回っていて、テレビ大阪で少し映像で流れるかもしれません、ですって。
「あなた何歳?」
「きっと私のほうが年上ですよ」
「若く見られるけど、私結構いっているのよ」
とか、初対面でしかも女優さんとは思えないような会話、27年の2月生まれだそうで、私とはちょうど1年上、夫とは同じ年月生まれでした。
神戸大使と六甲山森林植物園の名誉園長もされているそうで、なんだかとっても親しみを感じましたよ。
最後に3人で写真まで撮ってもらって、美しい景色を楽しんだ上にこんなおまけまでついて
嘘のような本当のことでした。







【2008/07/31 11:22】 URL | GANKO #- [ 編集]

いいな~(*^▽^*)
どれもこれも、素晴らしい~(^▽^#)

私もやってみたい気持ちはやまやまですが、
病気と歳、どっちを考えても、もう~絶対に無理o(`⌒´*)o
今は、ささやかに小物つくりを楽しんでます。

そんなことを自分に言えるようになったことに感謝(^▽^#)
一時期の悔しかったことが嘘のようです。
【2008/07/31 17:58】 URL | まり #N2y2xK1c [ 編集]

よりやんへ
お早う。出かけていて、お返事遅くなりました。

四国からの帰りの車で、南海放送を聞いていたら夏の気温の話をしていました。
30年前の最高気温は、33.9度で、30度を超えたのは確か?1回だけと言っていました。
夜も20度を割る日が何日もあったそうです。
人間が快適に暮らそうとしては、快適さを失う悪循環の結果が出ていますね。
病気をやっつけようとして薬を開発すると、また強い病気が出る…のと同じみたい…。

>最近、神戸市内のああいった河川は整備され、とても奇麗になっています。
普段は快適だけど、人工的になりすぎて、自然の一部であることを忘れてしまっていますよね。
プールや人工の流れだけしか知らないと、川や海は、結構怖いとうことが体験できません。
楽しいはずの夏休みに、こんな事故が起こってしまって、辛いですよね。

我が家もクーラーはつけず、扇風機フル活動で、夏バテせぬよう過ごしています。
8月の立秋やお盆を過ぎると、秋の気配がしてくるので、夏好きにとっては寂しいです。
【2008/08/01 11:18】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

GANKOちゃんへ
お久しぶりです。
相変わらず忙しくしてるんですね。

わぁ、同じ頃、松山にいたのね!
事前に知っていれば会えたのに、残念…。
GANKOちゃんたちが自転車で松山を回っているとき、
我が家は松山の「伊丹十三記念館」を見学して、倉敷経由で車を走らせていました。

>同級生(私も知っている人?)の手作りリースとkeikoさんのステキなキルト。
同級生は、GANKOちゃんと同じ自転車通学だったから、よく知っていると思うよ。
奥さんは、5歳ほど下のチョー美人さんで、すごく生き生きとしていて、しっかりした方です。
keikoさんとは、この夏、短歌の会で東京に行くので、その前日に横浜で遊びますよ。楽しみ!
この夏は、懐かしい出会いがいっぱいあって、私も幸せなんですよ。

>下灘駅から女優の真野響子さんたちが乗って来られ、すぐ横に座られて親しくおしゃべりしました。
なんと、素晴らしい!彼女がマドンナ役だった「寅さん」は、大洲高校辺りの風景が嬉しく、何度も見ました。
大好きな女優さんの一人です。あの話し方がいいよね。私もこんな幸運に出会いたかったなあ。
昔の同僚に彼女の大ファンの人がいます。この話を知ったら、羨ましくてたまらないだろうなあ。
「寅さん」も好きだし、テレビ放映、楽しみにしてるね。
【2008/08/01 11:36】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

まりさんへ
>病気と歳、どっちを考えても、もう~絶対に無理o(`⌒´*)o
>今は、ささやかに小物つくりを楽しんでます。

まりさんの小物も楽しそうで、ステキですよ。
私も、無理はしないと、病気の後決めたので、大作は見るだけに徹しています。

それぞれに、自分のしたいと思うことがあり、それを楽しめるのが一番。v-290
自分のしていることを楽しんでいたら、他の方がされていることも「楽しいんだろうな」って、共感を持って見ることができますものね。
「無理に」とか「嫌々」とか「強制されて」というのが、人生の中で減っていくのは幸せです。
【2008/08/01 11:43】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんにちは。
キルトを紹介して下さってありがとう。
大々的に扱って頂いているので、ドキドキしました。
長い間コメントも入れずごめんなさい。(例の息子、今日無事退院しました。)

根気強くなくても、いいキルト仲間がいれば、結構楽しく作れるものなのですよ~。
私の場合は月2回。
2時間ほど縫ったあとには、楽しいお茶の時間が待っています。
10年以上続けられたのは、こういうお仲間あってのこと。
家でも、いつまでに仕上げなければという重圧はないので、無理のない範囲でやっています。それでも、不思議といつの間にか出来上がっている・・・。

私は自然体で普通に使えるキルトが好きなのに、今回の「絆」にはちょっと力が入りすぎたかもしれません。「記念」と思うと・・つい。
心豊かに、究極のエコ生活を送っているアーミッシュの人たちの「精神」を分けていただくつもりで、紫の布を使って表したかったのは「家族の絆」。
先日のブログでベンジャミンさんが書かれていた「人の縦のつながり」です。
下絵を描いているうちに、「多くの優しい人たちに支えられて今の私たちがあるのだわ。」と「横のつながり」のことも強く思うようになって、
キルトラインを描く頃にはハートの数がどんどん増えていきました。だから、あのハートの一つは亀さんでもあるのよ!そして、よりやんでもGANNKOちゃんでもKANEGONでも、Eちゃんでもあるの。
25年経つと夫婦愛は人類愛へと昇華(?!)。願わくば更に25年、発酵はしても腐敗しないように暮らしていけたらと思っています。

ここ数年、雨の降り方が荒っぽくなっていますよね。
今回の水難、よりやんのところに近いな~とニュースを見ていました。
元気だった子供を突然なくしてしまわれた親御さんの辛さは計り知れませんね。

それから、GANNKOちゃんの偶然の出会いは本当にラッキー!
いつか写真を見せてくださいね。
松山ー大洲間の鈍行列車は、私も大好きです。
春、桜や菜の花の季節もいいですね。瀬戸内海を眺めながら、至福の時が過ごせます。(電線がなければもっといいのに!)
海のない国の人たちを、あの列車に乗せてあげたいとよく思います。
愛媛の観光課の人たちは気づいていないのかしら、
美しいところがいっぱいあるのに。

では、近々皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
犬塚さんにもいつか会えますように!

【2008/08/01 16:28】 URL | keiko #- [ 編集]

keikoさんへ
息子さん、スムーズに退院できてよかったですね。
ここに写真がアップできたのも、優しい息子さんのおかげ。ありがとうございます。

>根気強くなくても、いいキルト仲間がいれば、結構楽しく作れるものなのですよ~。
そうなんだ。そこで布を分け合ったり、アイディアを出し合ったり、いい刺激を受けているわけですね。
終わってからのお茶の方が楽しみという方も、おられるかもしれませんね?

「絆」は、銀婚記念ということで、ハートがいっぱいだから、仲良しのご夫婦なんだなあと、感心していました。
>25年経つと夫婦愛は人類愛へと昇華(?!)。
下絵を描いていくうちに、「家族の絆」「縦のつながり」「横のつながり」と、深まり広がりしていったという過程が、大変興味深く思えました。
書くこと、描くことが、人の気持ちに働きかけ、新たなものが沸き、さらなる気づきへと発展していくんですね。一つの真理ですね。

>愛媛の観光課の人たちは気づいていないのかしら、 美しいところがいっぱいあるのに。
愛媛にいるとき、南海放送が「愛媛の観光として全国に誇れるものを」募集していました。
あの海岸線は、人の心を揺さぶるものがあります。下灘の夕陽は既に有名ですけれどね。
今回は、車でしたが、前に列車で帰省したときは、胸にこみ上げるものがありました。

あと1週間後には、楽しい出会いが待っていますね。体調を崩さぬよう、お互い気をつけましょう。
私は、明日は、大学の友人三人と、奈良で過ごします。毎年夏の恒例です。
【2008/08/01 21:40】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


keikoさん、いい仲間がいるって素晴しいですね。
くじけそうになった時、お互いに支えあっていける、良い刺激をし合っていける、そんな仲間はとってもありがたいですね。
分野は違うけど私にもいい仲間がいて、感謝しながら活動しています。
ありがたいことです。
おかげで「継続は力」・・・読み手や聞き手の心に少しずつ文化の力(もしかしたら生きる力かもしれないけど)が育っているように思えて喜んでいます。(私の場合)

ところで今回の旅行で愛媛の海の美しさに見とれてしまいました。
向井原駅からしばらく続く緑のトンネルを抜けると、瀬戸内海の美しい景色、車窓から見下ろす海水の澄み切って美しいこと。
以前車で走ったことはあったけど、走りながらでは海水が澄み切っているのはなかなか見られませんから。
春先に姫路の海岸の遊歩道を歩いて、ゴミの多さや海水の汚れに驚いた記憶があっただけに、対照的に美しい愛媛の海に感激したのです。
機会があれば、またあの列車に乗りたいです。
今度は春に。

【2008/08/02 21:38】 URL | GANKO #- [ 編集]


手作りの作品・・・どれも素敵でうっとり。。。
「薔薇」が一番のお気に入りで拡大して眺めさせていただきました。

本当に暑い毎日で、子どもたちが宿題をしている間だけはエアコンをつけているのですが、あとはなるべく自然のままで・・・と思っていると、うんざりするばかりの暑さに蝉時雨。
プールに行ったら、水からあがれなくなる位にプールサイドは暑い・熱い!

この夏は、今までと少しかえて、私の趣味の美術館にも子どもを連れて行こうかな・・・と計画中です。

 
【2008/08/03 11:20】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

GANKO ちゃんへ
>対照的に美しい愛媛の海に感激したのです。
きっと見えないところで、多くの方が努力されているのでしょうね。
須磨の海岸も、地元の人の巡回などさまざまな努力で、過ごしやすい所にと、頑張っておられるようで、時々ニュースで見たりします。
それぞれの人が、それぞれの場で、精一杯、誰に評価されるわけでもなく、自分の納得のいくよう誠実に生きている、そういった力が、今の生活を支えていると思います。
「馬鹿馬鹿しいや」と、決して投げやりになることのない人々。つくづく、人間って、立派だなあと感動します。動物や植物も同様に。

四国の春は、菜の花、桜、のどかな地域にふさわしい、幸せな季節ですね。
【2008/08/03 20:12】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

kimicoさんへ
>「薔薇」が一番のお気に入りで
一緒ですね。私もあの優しい色合いが、とっても気に入りました。

私は、今年は、プールも海も、たぶん行かないでしょう。
子どもが大きくなると、大人だけで泳ぐというのも、なんだか…。
それでも今までは何とか泳いでいたのですが、さすがにもうダメですね。

自宅のクーラーはつけてないけど、美術館や電車、クーラーの効いているところは結構利用しています。
昨日は、友人たちと国立国会図書館を見物に行きました。お金がかかってて、すごかったです!
残念ながら18歳以上の人しか入れないのですが、税金の使い道として、一度は見ておきたい場所です。
ものすご~く静かで、昔、先生が私に「司書は黙っとかないけんのぞ。亀さんには向いとらん。」と言われたのに、納得!でした。
【2008/08/03 20:23】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

国立国会図書館関西館ですか?
亀さんが昨日見学されたのは、国立国会図書館関西館ですか?
もしそうだったら、私も2月に図書館の館外視察で見学しました。
視察だったので、関西館の職員から説明を受けましたが、お金がかかっていて聞けば聞くほど税金の無駄使いでは?と思ってしまいました。
利用者は多い日で1日200人、職員はバイトも含め250人。
資料はコピーで提供し、貸し出しはしないのだったように記憶しています。
平均1日1000人の利用者があり、半数のバイトを含めて12人で図書館運営をしている小野市立図書館の大変さを感じて帰って来ました。
どんな目的で国会図書館を視察場所に決められたのかは分かりませんでしたが。

以前に行った大阪府立国際児童文学館はとても良かったですけど。
橋下知事が閉館すると言われて、残念に思っています。
素晴しい資料が集められているから何とか上手く残す方法はないのでしょうか?
【2008/08/03 23:12】 URL | GANKO #- [ 編集]

GANKOちゃんへ
>国立国会図書館関西館ですか?
そうなのですよ。
本だけでなく、全国の地方紙や外国の新聞まで揃っていて、器も中身もすごかったです。

>聞けば聞くほど税金の無駄使いでは?と思ってしまいました。
全く同感です。
素晴らしい建物だし、材料も抜群にいいものを使っていましたが、何もあそこまで税金をかけなくても…と思いました。
設計士、建築関係、資材関係、電気関係…にお金は入ったでしょうが、その後の維持費を考えると、ぞっとしました。
こうやって箱物を作っては失敗する行政、いつまでこんなことをし続けるのでしょう。

>利用者は多い日で1日200人、職員はバイトも含め250人。
とても不便なところだし、一体誰のために作ったのかしら?と思いますよね。
出版された本を保管するだけなら、350ある閲覧席にあるパソコンは、全く要らないだろうし。

>大阪府立国際児童文学館
長い間かけて貴重な資料を集め寄贈された方がいるのにねえ。
本だって、文学館ということで、出版社からタダで頂けているのにねえ。
中身を見ずに、数字だけ見ると、大切な文化が失われてしまうことに、なぜ気付かないのかしら。
隣の民博は、宮崎駿さんも時々訪れるそうだから、そばにジブリの森美術館を造ってもらって、児童文化の拠点にすればいいのになあ。
【2008/08/04 07:52】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/296-57f7c080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード