心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く言葉&音楽&映画
                012sagawa0808[1]syou 【蒲の穂と夏空】

 北京オリンピックが閉幕しましたね。私は、余り熱心に見たわけではないのですが、それでも、水泳の北島康介さんの金メダル、女子ソフトの金メダル、陸上男子の400Mリレーの銅メダルなどは、その瞬間を運良く目にすることができ、自分のことのように嬉しく、かつ、ほっとしました。日本の選手だけでなく、多くの競技で、感動的な場面があったでしょうが、外国の選手の活躍ぶりはほとんど知らなくて、申し訳ない思いです。メダルや入賞に関係なく、選手たちの人間ドラマを新聞で読んでは、心を打たれていました。

★ 陸上男子の400Mリレー(塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治の各氏)は、佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』で、バトンの大切さを読んでいたので、大変感動しました。リレーが、運動会などで花形種目になるのは、ひとえにバトンがあるから、そこに、ドラマも奇跡もあるから。そんなふうに思います。彼女が、彼らに取材をして書いたドキュメント『夏から夏へ』も、ぜひ読んでみたいです。ハラハラドキドキしながら、でも、こちらまで気持ちよくなる、素晴らしい、彼らの走りでしたね。

★ 女子ソフトボールの金メダルは、チームみんなの力で獲得したのは勿論ですが、やはり投手の上野由岐子さんの力投が素晴らしかったです。表情も魅力的ですよね。新聞に載っていた彼女の言葉「才能なんかじゃない。それだけの練習をしているから勝てるのに。」「自分の24時間を、どれだけソフトボールのために使っているかが結果につながる。」に、その通りだと思いました。スポーツも、それ以外のものも。

     018murinsou080721[1]syou
     【山県有朋の別荘-京都東山にある無鄰菴(むりんあん)】

 8月は、原爆記念日、お盆、終戦記念日と、死者のことを思い哀悼する月でもありました。新聞の落合恵子さんの文章&長田弘さんの言葉が心に残りましたので、少し引用します。
「・・・生けるものがこの世に遺せる最後のものは、いまわの際まで生き切るという そのプライドなのではないか・・・。(詩人 長田弘さんの一節)  母を見送った日から心にできた喪失の洞は、わたしが生きている限り丸ごと抱きしめていく。それがわたしにできる、悲嘆の「克服」の形だと思う。」
すでに逝ってしまった親族、友人、知人、いろんな人を思い浮かべました。そして、逝く者、残る者、それぞれの思いをこんなに的確に述べてくださって、ありがとう、そんな気持ちになる文章でした。

 今年は、宮崎駿監督のアニメを見ることができました。 『崖の上のポニョ』。 5歳の男の子「宗介」と、魚の子「ポニョ」のお話ですが、動きが滑らかで、全部手描きにこだわったという良さが出た、制作者の渾身の力を感じた作品でした。見終わった後、館内の男の子たちが、実に晴れやかな表情をしていたのが印象的でした。男の子たちは、自分たちの力に自信を持ったのではないかしら。
このジブリの成功に欠かせないのが、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫さん。とても爽やかな顔をされているのですが、彼の母親の言葉「肩書なんていらない。偉くなるな。体を壊さないように大事なのは要領だよ。」あっての、彼なのだと思いました。そして、彼の「何かやるとき大切なのは二つ。普遍的にいいものをつくる。今なぜやるのか。その両方を満たさなければ。」という言葉あっての、ジブリだとも思いました。

            028murinsou080721[1]syou 【無鄰菴】

 懐かしい歌を聴きました&お知らせ

 8月21日大阪フェスティバルホール「大阪芸術大学特別演奏会」無料招待券

プロと芸大生の混成で、演奏や歌を楽しみました。クラシック、唱歌、ジャズ、ポップスと盛りだくさんでしたが、どれも知っている曲ばかりだったので、リラックスして聴けました。ベテランの熟練した技と、若い子たちの頑張りに、感心しました。中でも、島田歌穂さんの歌声と背中の美しさには、うっとり。
サーカスの4人組のハーモニーもきれいでした。前から3番目でよく見えた上、隣の席には、とても気さくなお母さんと息子さん。「私たち、サーカスと同年配ですよね。私たちも頑張って、あんなドレスが着られるようになりましょうね!」ですって。楽しい方でした。また、秋と冬に無料コンサートがあるそうです。

 8月26日大阪城ホール「君と歩いた青春」4500円券

チケットは完売。会場は、1万人を超える同世代の人で埋まり、まるで同窓会のよう。どの曲もどの曲も歌詞を見ずに歌える曲ばかりで嬉しく、隣の人の邪魔にならないように、ずっと口ずさんでいました。
南こうせつ-夏の少女、好きだった人、神田川
イルカ(昨年ご主人逝去)-海岸通、なごり雪、いつか見る虹~モルダウより~(新曲)
杉田二郎-戦争を知らない子どもたち、男どうし、ANAK(息子よ)
尾崎亜美-天使のウィンク(松田聖子に提供)、オリビアを聴きながら(杏里に提供)
山本潤子-中央フリーウェイ、卒業写真、翼をください
伊勢正三-22才の別れ、君と歩いた青春(南こうせつは、高校コーラス部の先輩だそうです。) 
スペシャルゲスト加藤和彦-帰ってきたヨッパライ(ボサノバで。)、悲しくてやりきれない(三線で。40年間に3000曲作った中で、最も大切な曲の1つだそうです。)、イムジン河(原語で。)
アンコール-みんなで。伊勢正三の「ささやかな人生」、イルカの「まあるいいのち」、加藤和彦の「あの素晴らしい愛をもう一度」。
懐かしくて、切なくて、ちょっと涙も出そうな、でも、とっても幸せな3時間でした。出演者の「ありがとう」という声を、何度も聞き、それがまた、何とも言えない温かいものを心に残してくれました。

 8月31日には、応援しているaoki takutoが、京都の地球環境保護団体GAEA(ガイア)の野外イベントで歌います。詳しくは、右列リンク先のaoki takutoコーナーへ。


 この夏は、映画をたくさん観ました。

蒼井優さん主演の 『百万円と苦虫女』、 押井守監督の 『スカイ・クロラ』、 宮崎駿監督の 『崖の上のポニョ』、 フィラデルフィア管弦楽団のドキュメント 『オーケストラの向こう側』、  ビートルズのヒットナンバーで綴る 『アクロス・ザ・ユニバース』 の5つ。どれも、それぞれに感じるところがありましたが、何と言ってもオススメのが最後の2つ!一部の映画館でしかやっていないのが、何とも残念。

  オーケストラの向こう側08          across0808omote.jpg   across0808ura.jpg  【映画のチラシ】

 左端の写真は、 『オーケストラの向こう側』 のチラシ。クラシックのコンサートで必ず眠り、ドキュメント映画で必ず眠るという私が、犬塚さんからのアドバイスで、熱心にメモを取りながら観た映画です。「音楽とは何か?」という問いに答える、フィラデルフィア管弦楽団員の言葉一つ一つが、真摯で心に残りました。
一緒に観た夫も息子も、「いい映画だった」と感心しきり。見終わった後、遠い存在に見えていた演奏家たちが、とても人間味豊かで、身近な人たちに変わっていました。これからは、クラシックコンサートも、楽器の一つ一つに、人間を感じながら聴けそうです。生き方を考えさせる、とてもいい映画でした。

 今年の8月までに観た映画で、一番面白く、最高によかったのが、 『アクロス・ザ・ユニバース』。 (真ん中と右側の写真)これも、夫と息子と一緒に行ったのですが、二人とも大満足!監督は、ミュージカル『ライオンキング』で、有名になったジュリー・テイモア(1952年生まれ・女性)で、創造性あふれる映画に、131分間ずっとその世界に入り込みました。ビートルズの歌33曲で構成されたワンダーランドです。
ビートルズを知らない世代にもよく聞いた世代にも、ぜひ観て欲しい、とってもとっても上手く作ってある映画です。ミュージカル映画というと、ちょっとためらう人もいるかもしれませんが、歌の入り方が驚くほど自然で、60年代の雰囲気がよく出ていて、映画作りに関わった人すべての豊かな才能が感じられる、楽しく、そして、心に残る映画でした。ビートルズの曲が、この映画で精神的に深まったという気がします。
すっかりこの映画にはまってしまった家族皆のリクエストで、帰宅後すぐ、サントラ盤 (輸入盤) を注文しました。こんなに面白くて素晴らしい映画を上映するところが、全国で数えるほどというのが信じられません。

この記事に対するコメント

こんばんわ、沢山の映画を見たのですね。
私は今年はあまり見に行っていません、見たかった作品もいくつかあったのですがなにせ
体調が思わしくなくて行かれませんでした。
ジブリ作品は娘が好きなのでほとんどは映画館で見ていましたが「ゲドセンキ」辺りから娘の方が忙しくなり見にいけなくなりました。
来年はもう私の側には居ないんです。

友達を誘ってもね…
息子でも誘ってみようかなぁ。
【2008/08/27 21:31】 URL | 夢詩@管理人 #- [ 編集]

夢詩さんへ
>沢山の映画を見たのですね。
そうなんです。今年は、見たい作品が多くて、忙しく&充実していました。

ジブリ作品、私はファンで、ほとんど欠かさず見に行ってるんですよ。
小さい子が多いので、孫でもいたら一緒にと思いますが、いないので、大人だけで。
「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「耳をすませば」が、特に好きです。
小さい子が主人公のもいいけど、思春期の子が主人公で、精神的に成長していく話の方がもっと好きです。
「ゲド戦記」は、原作がよかっただけに、なぜあの部分を映画にしたのかな?と、残念でした。

夢詩さん、お体、気をつけて下さいね。
【2008/08/27 22:44】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


大空の亀さん、こんばんは(^・^)
パッと目に飛び込んできたのは、目に優しい緑…
綺麗ですね、一枚目の夏空の写真も素敵です。
映画、たくさんご覧になられたのですね♪
私も観たいのがたくさんありますが、いつ行こうかな?と。
大阪城ホール「君と歩いた青春」・・・曲目を目にして、
あぁ~懐かしい歌がたくさん!生で聴いたら、私も泣きそうです。
歌はいいですよね?懐メロを聴くと、その時のことが走馬灯のように思い出す。
素敵なことも、悲しいことも、片想いをしていた切ない恋心も。
私も通勤のなか、CDプレーヤーが活躍しています(#^.^#)
【2008/08/27 23:15】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

ノロタンさんへ
ノロタンさんへ
お早うございます。
>映画、たくさんご覧になられたのですね♪
そうなんです。時々、やたら、はまることがあるのです。

>あぁ~懐かしい歌がたくさん!生で聴いたら、私も泣きそうです。
どれも懐かしいでしょ。プログラムがなかったので、曲目を覚えておけるか心配だったのですが、若いときに聞いてしっかり歌える歌ばかりなので、大丈夫でした。
イルカさんは、昨年、ライブツアーなど仕事の伴侶でもあったご主人を亡くされたそうですが、歌の仲間がいたわり励ましてくれたそうです。
普段から仲良くしていて、もう30年以上もの付き合いになるという歌仲間のコンサートでしたので、ツーカーぶりも楽しく、温かい雰囲気でした。
よみうりテレビ協賛(主催?)でしたので、10チャンネルで放映されるかもしれませんね。
【2008/08/28 07:25】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

もうすぐ秋・・・
こんにちは~♪

私の大雑把なブログ記事と違って、
丁寧な記事にいつも感心しています。

私も幾つか映画を見たかったのですが、
この暑さにとうとう行かずに終わってしまいました。

特に『オーケストラの向こう側』と『崖の上のポニョ』

美術館通いもしかりですが、涼しくなってきたので、
ぼちぼち再開しようかな~と思ってます。

行かなかった理由は、
病気と暑さのセイばかりではなく、
あまり認めたくはないですが、
年をとるのも出不精になる元でもあるようです(>ω<)ゞ

行ける時に、行きたい時に、それが一番でしょうか(^▽^#)
【2008/08/28 13:48】 URL | まり #N2y2xK1c [ 編集]


こんにちは。

「無鄰菴」のみどり。やさしくって素敵ですね。
7月の終わり頃に箕面で食事をしたのですが、2階の席で、ちょうど同じようなみどりに出会いました。
若くっていいみどりですよね。

山本潤子さん・・・ってハイファイセットの方かしら?
彼女の声、大好きなんです。
聴きたいなぁ。
車で、今でも、ハイファイセットのカセットをかけている私です。
うちのもびちゃんは「ナビ」をはずしてまで「カセット」の聴けるカーステをつけてもらったんです。車屋さんは嫌がってましたけれど。。。

夏休みも、そろそろ終わり。
楽しかったなぁ・・・v-299
 
【2008/08/28 17:32】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

まりさんへ
今晩は。
>行ける時に、行きたい時に、それが一番でしょうか(^▽^#)
そうです、そうです。心にも体にも無理は禁物。
現状で、一番快適な状態を作り出すのが一番です。

私は、出かけなかったら、ほんと一歩も外に出ないでも平気。
でも、外に出ると、受ける刺激の度合いが違い、感動も大きいですね。
これだけ出かける元気が出たってことは、体調のいい証拠と嬉しく思っています。
といっても、若いときは、キャンプに登山に海水浴にの夏でしたから、エライ差です。

まりさんも、お体に無理のない範囲で、映画に美術館にと、素敵な秋を送って下さいね。
私も、楽しく充実した秋を迎えたいなと、思っています。
といっても、夏好きの私には、まだまだ燃えたい夏ではあるのですが…。
暮れるのが早くなると、寂しくって寂しくって。
【2008/08/28 20:50】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

kimicoさんへ
今晩は。
>「無鄰菴」のみどり。
実はねえ、今日また行ってきたのです。この夏最後?のイベント。
毎年恒例の高校時代の友人とのデートです。(といっても、女性ですが…)
ここは、紅葉の木が多いので、秋もステキだと思います。
ここも含めて、素敵なデートコースがありますので、またいつかご紹介しますね。

>山本潤子さん・・・ってハイファイセットの方かしら?
そうですよ~。彼女は、昔と全然変わってなくて。優雅な雰囲気ですよね。
いい声ですよね。「卒業写真」なんて、ほんと泣けてきます。
イルカさんも、最後は、いつものつなぎのジーンズ姿を見せてくれました。
女性陣は、特に年をとりませんね。自分まで、青春時代に戻ったようでした。

kimicoさんのところのモビちゃんは、カセット付き!すごいなあ。
>夏休みも、そろそろ終わり。 楽しかったなぁ・・・
いい夏休みだったんですね。
子どもさんと一緒に過ごせる夏休み、ほんとに素敵な時間ですよね。
自分が子どもだったときの夏休み、子どもたちと過ごした夏休み、拓郎の歌の「夏休み」…。
いい時間でした。年をとるというのは、切なく寂しいです。
【2008/08/28 21:03】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

おはようございます
楓のみどりがまぶしいです。
柔らかいみどりですね。

いろいろな映画を観られてますね。
「ポニョ」は私も観ましたけど、知らないのばかりだわ。

「三鷹の森ジブリ美術館」は遠くもないのに未だに行っていません。
前をバスで何度も通っているのに、近いとダメですね。

「行けるときに…」そうですね。

【2008/08/30 09:59】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミンさんへ
こんにちは。
今日は、夕方からウルフルズの野外コンサートを万博でやっているので、
その音や、駅前でやる阿波踊り大会の音を、遠くからかすかに聞きながら、
夏の名残りを、耳で楽しんでいます。(しかも!久しぶりに手芸の用意をしながら…)

>「ポニョ」は私も観ましたけど、知らないのばかりだわ。
私はへそ曲がりだから、すごく宣伝しているのや、大きいところでやるのを避ける傾向があって…。でも、結構いいのが多いですよ。ぜひ。

>「三鷹の森ジブリ美術館」は遠くもないのに未だに行っていません。
この夏、本当は、そこを第一候補に考えていたのですが、宿舎との関係で諦めました。
また、いつかいってみたいなと思っています。
今度(来年1月)神戸大丸で白洲次郎と正子展があり、チラシに、この夏、武相荘で見た写真を発見し、嬉しかったです。
【2008/08/30 17:47】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


男子リレーでは、日本チームのアンダーパスの話が出ていましたが、
他国が採用していないと知って、実は驚きました。
国内の中高生レベルでもやっているのにと。
水泳、陸上とも、リレーは国を背負って戦う観の強い種目だけに、
個人のメダルと違う感覚なんでしょうね。
【2008/08/31 22:40】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]

こもれびさんへ
今回は、バトンミスによって、上位3カ国が抜けましたから、バトンの確実性を選んだ日本が、うまくいきましたね。(以下、新聞記事から転載しました。)

世界の主流が上から下への腕の動きでバトンを渡すオーバーハンドパスのところ、日本はここ数年アンダーハンドパスにこだわってきた。地面の方向、下側に向けた次走者の手のひらに、前走者がバトンを下から上に動かして渡し込む。前走者と次走者がある程度接近しないと渡せないので距離が稼げないのが難点だが、確実性を重視した方法だ。

子どもの時から、リレーはワクワクドキドキする花形種目でしたね。
【2008/09/01 18:08】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/300-f8b0dd35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年4カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード