心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く音楽-吉田拓郎
 若い時から一貫して好きなのは、吉田拓郎!歌詞も曲も声も、そしてちょっといたずらっこっぽいところも。
彼のコンサートは、半分ぐらいが男性で「たくろー」のだみ声が、時々かかる。
隣にいる人のことを忘れて、私は拓郎の歌にのめり込むので、一人で行くに限る。

6年前の夏は、神戸国際会館で前から3番目というすごい席が取れたのに、乳ガンの手術で入院のため、断念。しかし、本気で、病院を抜け出して、会場に行きたいと思っていた。
3年前には、拓郎が肺ガンを手術。復帰して最初の大阪でのコンサート、「サマータイムブルース」を歌った時、ぐっと詰まって泣いた拓郎に泣いた。
一度も休憩せず、自らに挑戦するかのように歌い続けた拓郎が、かっこよくもあり、切なくもあった。

 吉田拓郎の歌は、本人の作詞以外に多いのは岡本おさみ。作曲はほんの一部を除いて、拓郎自身。
一番好きなのは「落陽」。今回は春らしい曲を紹介する。珍しく、どちらも女性の作詞である。

 「春だったね」 (田口叔子作詞) 

僕を忘れた頃に  君を忘れられない  そんな僕の手紙がつく  
くもりガラスの窓をたたいて  君の時計をとめてみたい  あゝ僕の時計はあの時のまま
風に吹きあげられたほこりの中  二人の声も消えてしまった  あゝ あれは春だったね  ……



 「春の風が吹いていたら」 (伊庭啓子作詞)  

ひとりで空を見ていたら  やさしい風につつまれた
春の野原の菜の花を  あなたにつんであげたいの
……
明るい朝の光より  ゆうやけ雲の色がすき
空ゆく鳥に身をかえて  ゆうやけおっていきたいの
……


 昨日の番組表に拓郎の名前があったので、NHKクローズアップ現代「団塊世代と音楽ブーム」を見た。
団塊世代の定年後のイメージで、一番多いのは「新たな出発」、中でも「音楽」に関心があり、フォーク酒場なども出現しているそうだ。酒場という呼び名は趣味に合わないが、ビートルズやフォークソングを歌うことで、「素の自分」に帰れるという気持ちは、わかる。

吉田拓郎60歳。飾らない言葉でのメッセージを歌に託し、「その時の自分が最高」という。
そういう彼に惹かれる54歳の男性は「自分の人生の主役になるため、早期退職した。」と語る。
コメンテーター曰く「これからは世代間のコラボレーションが実現する。」と。楽しみだ。

29歳のとき朝まで歌った「つま恋」で、拓郎は、今年の9月23日に野外コンサートを開く。
行く気満々だったが、体力と金銭面で諦めた。けれど、未練も……かなり。


テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

昨日そんなのがあったのですか。
見逃してしまった!
私は好きなんだけど、コンサートはいけないの。
ひとりの部屋でターンテーブルが回るのを見ながら聞いた思い出が強く、そのほうが拓郎を身近に感じられるのです。自分一人に歌ってくれている様な気分になれて。
だから、今は(レコードを処分してしまい、CDを買う気にになれない)聞く事もないけれど、好きです。拓郎を好きで繰り返しレコードを回した頃の自分も好きなのかもしれないですね。
歌詞を読むと、拓郎の歌声が聞こえました。今度何処かで彼のレコードを探してみよう。
【2006/04/20 22:58】 URL | 犬塚 #- [ 編集]


ご無沙汰してます。ブログ公開のメールをもらったのに,返信もさぼったままでスミマセンでした。2,3回アクセスしてましたが,コメントは初めてです。
昨日のクローズアップ現代,見ました。
拓郎は,昔はさほど好きではなかったけど,団塊世代のシンボル的に取り上げられる機会が最近何度かあって,この頃なにかと気になっていたところでした。あの,ひたむきさを持ちつつ,肩の力は抜けてるという感じがなんだか羨ましい境地のように思います。昔の歌の歌詞を改めて聴くと,また違った受け止め方が出来そうな気もします。静岡からつま恋(掛川市)はすぐ近くだから,行ってみるか・・・
このブログへのアクセス,また楽しみしてます。
【2006/04/21 00:42】 URL | kenzo.f #- [ 編集]

犬塚 さん&kenzo.fくんへ
犬塚 さんへ
持っているLPはつぎのとおり。希望のがあれば、今度お会いする時持っていきますよ。
「たくろうベスト・コレクション」「LIVE‘73」「元気です」「伽草子」「大いなる人」「ぷらいべえと」「明日に向かって走れ」「今はまだ人生を語らず」
私が一番聴いたのは「LIVE‘73」です。最後の二つも好きです。CDもいろいろありますが…。

kenzo.fくんへ
お久しぶり!同窓会は残念でしたけど、ここにアクセスしてくれてありがとう!
http://www.takuro-kaguyahime.com/で、「吉田拓郎 & かぐや姫 in つま恋2006」コンサートのHPにつながりますよ。
先行予約は終了。4月29日から一般発売です。静岡なら近いし、行けるといいですね。
こちらからは、朝早く出て、当日は宿泊。案内を早くに送ってもらったのですが…。



【2006/04/21 18:09】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]



あの日、子どもを寝かしつけてから珈琲飲みながら新聞読んで、拓郎 の文字を見つけてなんとかBSの方で番組を見ることができました。

見ていて血が騒ぎました。

拓郎は何枚もアルバムを持っているのですがLPだから、ターンテーブルをなくしてしまって
今では宝物・・ってだけになっています。

コンサートで一緒に歌う は普通だったから、ずいぶんたくさんの曲覚えています。
私は記憶力をここらへんに使いきってしまったのかも?

1番好きな曲は マーク2 
若くて思い上がった?感じが今でも大好きなんです。

やっぱりいきたいなぁ・・・ライブに!
【2006/05/13 22:08】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimico さんへ
「若くて思い上がった?感じが今でも大好きなんです。」わかるわあ、この感じ。
拓郎の歌を弾き語りで歌ってくれる人が、傍に居てくれたらなあ…。
マーク2もリンゴも、どれもみんな大好き!!

最近まで、拓郎好きが、近くに居ないと思っていたのに、この1年で3人発見!
今度、大阪でライブをやる時、一緒に行って盛り上がりたいね。
前に行った時は、ファンがおとなしくなっちゃってて、少し残念だった。
kimico さんの子育てが、早く一段落しますように。

【2006/05/13 23:52】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/31-06bcd20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード