心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く言葉&秋の写真
 「心に残る言葉」と題して、ノートに書きためているものから、いくつか。(前にも書いたかもしれませんが…)

          024beranda081113.jpg
           【朝の光を受けて~ベランダのナンキンハゼを入れながら~】

作家 マルセル・プルースト
「真の発見航海とは、新しい陸地を探すことではなく、新しい眼を持つことである。」

作家 チェホフ
「人間の眼は、失敗したときにはじめて開く。」

国語教師 大村はま
「教育とは、ことばを育てること。ことばを育てるとは、人間を育てること。」

          tosyositu081113.jpg
           【秋の光の中の幸せな図書室】

作家 村上春樹
「物語という通路をとおして、ある場合には我々は静かに心を結び合うことができる。目には見えないところで、震動をひっそりと分かち合うこともできる。物語にできるのはそれくらいのことでしかないのだが、それはおそらく物語にしかできない種類の心的結託ではあるまいか、と僕は考えている。」

  094musikuiha081113.jpg
  【虫たちと命を分け合った葉っぱたち~テニスコートに映えて~】

版画家 名嘉睦稔(なかぼくねん)
沖縄には本来「自然」という言葉はなくて、「木」や「山」や「海」などの個別の言葉だけで、ひとくくりにする言葉はなかったのですよ。それは、人間だって「自然」だったからなんです。

           tugakuro081113.jpg
            【自転車通学の女子高生~秋の陽射しの中を~】
        
俳優 寺田農(みのり)
芝居のやりがいは誰か一人が「ああよかった」と感動してくれること。ワン・ターゲットでいいんです。その人がきちんと理解して受けとめてくれたら周りに波及するんです。最初から不特定多数に発信しようたってうまくいきません。
  
  028sansikisaidou081113.jpg
  【三色彩道は今年もきれい!】

河合隼雄『大人の友情』より
「やさしさ」や「信じること」が友情の原点である。

詩人・歌人 寺山修司 
どんな鳥だって想像力より高く飛ぶことはできない。

  055zuionike081113.jpg
  【水遠池に鴨たちが戻ってきました。】

作家 湯本香樹実
頭と心をめいいっぱい使って話して、読んで、書いて…すると言葉って、使う人の心を広く深くしてくれる。言葉のいっぱいつまった心は、どんなときもしぼまないのだ。

          hao0811142.jpg
          【ハオ~なんだか涙をためてるみたい…】


           hao0811141.jpg
           【ハオ~フラッシュを切ったら、ソフトなイメージになりました。】

以下は、『東西名言辞典』より(東京堂出版)

ジョージ・ワシントン(1732~1799)アメリカ・初代大統領
その席にいない人を非難するな

ロダン(1840~1917)フランス・彫刻家
美はあらゆる所にある。われわれの眼がそれを認め得ないだけだ。

ラ・フォンテーヌ(1621~1695)フランス・作家
力よりも優しさの方が効き目がある。

夏目漱石(1867~1916)小説家
真面目とは実行するということだ。

トルストイ(1882~1945)ロシア・作家・思想家
確実に幸福な人となるただ一つの道は人を愛することだ。

          haokikku081114.jpg
           【ハオ~お得意の猫キックで、朝から超元気!】

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

どの写真も素敵だけれど、窓辺にのどかな光の差す図書館の写真に何より惹かれます。自宅のような日常性で、ここで日がな一日本を読んでいたいですね。瀬尾まいこさんの小説もこんな場所で生れたのでしょうか。
【2008/11/15 09:57】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

犬塚さんへ
今晩は。自分で言うのもなんですが、きっと犬塚さんの好みは、2枚目のだろうなあと思っていました。
私も、2枚目~4枚目が、なんか映画のワンシーンみたいで、自画自賛で図々しいですが、気に入っています。
特に、自転車に乗ってる女子高生のは、『幸福な食卓』を思い出して、胸がキュンとします。
【2008/11/15 18:08】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


大空の亀さん、こんばんは。
ご無沙汰致しておりました。やっと、食いしん坊の私に戻りました(微笑)
図書室の写真、とっても素敵ですね。大好きな一枚です(#^.^#)
美しい風景の写真、そして、プチプチに包まれているハオちゃん!
おまけに、ハオちゃんのキック!
もう、たっぷりと心を癒していただきました♪
【2008/11/15 23:24】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

ノロタンさんへ
お早うございます。
体調、戻ったのですね、よかったです。
ノロタンさんも、図書室の写真好きですか?嬉しいです。
机が、こんなに鏡のような役目をするとは思っていなかったので、私も心動かされました。
秋は、池の面、ガラス張りのビルの壁などが、鏡のように周りの風景を映したのに、心ひかれます。
どの季節も鏡のように映っているだろうに、不思議です。気持ちの反映かな?

プチプチ、もう遊ばないし要らないなと捨てようとすると、もぐって遊ぶんですよね。
猫は、ほんと面白くて可愛いわ。ノロタンさんちの姫も!!!
【2008/11/16 08:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

おひさしぶりです。
ハオちゃんおっきくなってますね~☆
うっとりしちゃうくらいチャーミングv-238

どの写真も、あそこだって思えるので、なつかしさやいろんな気持ちも一緒に楽しませていただきました。

先週、月・火と二日続けて虹に出会いました。
どちらも夕方、息子②と歩いているときで。
月曜日は西に向かって歩いていて「ママ、夕焼けがオレンジできれい~♪」との言葉にふたりでの~んびり眺めていて・・・ふと、亀さんのスカイビルに映りこんだ空の写真を思い出して、振り返って家やマンションは?と見ているときに、虹e-491に出会いました。
眺めている間に、淡く、夕方の空にとけてしまうように消えてしまいました。
火曜日は西の空に発見。
夕焼けには少し早い時間で、「ま~るくないね」と息子②。
幅広で円を描いていない、不思議な虹。
もしかしたら虹ではなかったのかしら?

図書室・・・恋しい気持ちで拝見しました。
箕面は学校図書館の机も椅子も、予算をしっかり使っていただけて木製のしっかりしたものが置かれています。
教室の机や椅子はどこも同じようなものなのに、図書室はちがうんですね。
そういえば高校も・・・。

自治体がどう考えているのかがあらわれているのかしら?
予算は大きな壁になっちゃうんだけれど、窓がどちらの方にあるかでも、ぜんぜんちがっちゃうんですよね。
日差しや雰囲気や、あたたかさも。

でも、どんな風にアレンジするかでも、ぜんぜん違っちゃう☆
緑がたっぷりあって、素敵な空間になっていていいですね~。
もう少ししたら・・・クリスマスの飾り付けをされるんですよね。
楽しんで、楽しませてなごませてあげてくださいね。
【2008/11/16 18:51】 URL | kimico #- [ 編集]

kimicoさんへ
今晩は。
いろいろお騒がせしましたが、原因がわかり、無事、こちらにアップできました。
知らせてくださって助かりました。ありがとう。詳しくは、メールの方に。

月曜日の夕焼けは最高にきれいでしたね。
あの夕焼けを、早速、詩にして届けてくれた子がいます。
虹のようなものも見えましたね。
夕焼けにも気付いてない人がいっぱい居ましたから、はかない秋の虹はなおさらでしょう。
小さい子どもといると、虹や夕焼けに気付くことが多いのは、なぜでしょうね?
Rちゃんとのお散歩は、楽しいだろうな。
O池にも、鴨がたくさん戻ってきていますね。
O池に映る家々が、朝夕魅力的で、暗くなって灯りが映ると幻想的です。

図書室など、市によって、施策が違いすぎるのもどうかと思いますね。
私たちの住む街も、もっと文化面でレベルアップして、充実させてほしいですね。

それにしても、緑があると、ほっとして、優しい気持ちになれるのは、どうしてでしょう?
新緑や紅葉は目立って、気になるのに、普段の緑は当たり前のように見過ごしているのも不思議です。
人間と緑の関係について、誰か研究してみてくれないかなあ?

>ハオちゃんおっきくなってますね~☆
そうなのですよ。性格やすることは全然変わっていないのですが、体重はだいぶ増えたかもしれません。
食べることは私に、散歩は夫に、と上手に使い分けて甘えています。
また、どさっと布団の上に乗って眠る季節になりましたので、足がしびれそう…。

今日は、知らせてくださって、ほんとに助かりました。では、またね~。
【2008/11/16 19:17】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


図書館の写真、素敵ですね。
でも、どのお写真もみんな好き。
スクロールしていてピンク色が見えてきた時はチョットびっくり。
青い空に移すと紅葉もこんなにきれいなピンクなのね。


「心に残る言葉」
どの言葉も心に響きますが、もし亀さんが一つ選べとおっしゃるなら(おっしゃらないわね)

作家 チェホフ
「人間の眼は、失敗したときにはじめて開く。」


かしら。
失敗だけでなく「辛いことがあったとき」「窮地に立たされたとき」
はじめて見えることがいっぱいありました。

常に陽の当たった道だけを歩いてきた人には他人の痛さを想像できないでしょう。
【2008/11/17 20:00】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]


毎日、文字に触れ、いろいろと勉強になる言葉や考えに出会うものですが、
目もする癖がなく、その場限りで終わることがほとんど。
いくらかは記憶をしていても、だんだん忘れていってしまいます。
メモをして残しておくことも必要ですね。
【2008/11/17 23:36】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]


大空の亀さんこんにちは!

心に残る言葉・・・も本当に素晴らしいですが
今回のお写真は言葉が出ないほど素晴らしいですね!
私は3枚目にびっくりしました。
写真だとは思わず、麻などの素材のランチョンマットとか、そんな風に見えましたよ。
自転車のお写真も図書室の光も、素晴らしいです。
そして柔らかい表情のハオちゃん^.^

どの言葉もこころにズシン!と来ますが、今回はどの言葉よりも
写真が伝えるメッセージを強く感じました。
素晴らしいです。
【2008/11/18 10:34】 URL | bianca #cK8v8HAk [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
今晩は。
今日は、冷えました。
暖かかったり寒かったり、極端ですから、お互い風邪に気をつけましょうね。

>図書館の写真、素敵ですね。
ありがとうございます。読書好きには、大好きな空間ですよね。

>もし亀さんが一つ選べとおっしゃるなら(おっしゃらないわね)
ふふふ、言うとしたら、私もベンジャミンさんと同じ言葉に、ドキッとしました。
逆境に置かれて初めて、人は真剣に物が見え始めるのだなと、確認した感じでした。

もう一つ選ぶとしたら、
寺山修司と夏目漱石。
それぞれの作家の生き方を彷彿とさせて、しかも真実をついてるなあと共感を覚えました。
作家というのは、さすが言葉で生きているだけあって、上手だなあと感心しました。

今日読んだ精神科医の香山リカさんの本にも、言葉が助けてくれることがあるという話が書かれていました。
今日の朝日の夕刊の増田明美さんと黛まどかさんの往復書簡のコーナーにも。
言葉が、人を励ますなんて、考えたら不思議ですよね。
【2008/11/18 22:08】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

こもれびさんへ
今晩は。急に寒くなりましたね。
>メモをして残しておくことも必要ですね。
そうですね。だんだん物覚えが悪くなって、というか、新しいことをすぐ忘れるもんで、私は、メモ用の手帳が欠かせません。
今はまだどこに書いたか覚えていますが、いずれ、それも分からなくなるときが来るのでしょうねえ。
それでも残る物だけが、本物と言えるのでしょう、きっと。
もともとは、書にしたいなと集め始めた言葉たちですので、いつか作品にしてみたいです。
【2008/11/18 22:16】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

biancaさんへ
今晩は。
写真がとっても上手なbiancaさんに、こんなにほめてもらって嬉しい限りです。
>写真が伝えるメッセージを強く感じました。
これは、きっとbiancaさんのところで、ステキな写真を見せてもらって、知らない間に学んできたものがあるからだと思います。

一昨日、マンションの文化祭に、A4の大きさにプリントアウトした(biancaさんのおすすめに従って)写真を、2枚ずつの組にして、3セット出しました。
共通点と相違点を考えて組み合わせるのが面白く、写真って、楽しいなあと思いました。
会場で、写真が趣味の方からほめていただき、アドバイスももらったりしたのですよ。
それぞれの視点の違いが、個性となって、それが写真の一番の良さかなと思いました。

ブログをやってなければ、ただ写して終わりの写真だったのに、このように皆さんに見ていただけて、幸せなことです。
俳句や短歌と、写真のコラボをやるのも夢なのですが、まだどちらも発展途上です…。
【2008/11/18 22:27】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ありがとうございます。
はじめまして、名嘉睦稔の常設ギャラリー
ボクネンズアート東京スタッフです。
ボクネンさんは作品も良いけど、言葉も響きますよね。
ご紹介ありがとうございます。

【2008/11/21 13:49】 URL | さおり@ボクネンズアート東京 #IM9XWU7E [ 編集]

さおりさま
初めまして。コメントをありがとうございます。
「ボクネンズアート東京」のスタッフの方からのコメントとあり、びっくり&とても嬉しく思っています。

何年か前、ボクネンさんの版画展に行き、とても気に入って、絵はがきをたくさん買いました。
今年の10月には、京都でボクネンさんの版画展があったので、家族で見に行きました。
沖縄の大好きな我が家族は、どの作品にも見入りました。とても良かったです。

ボクネンさんの版画は、色合いがとても好きですが、書かれている言葉にもひかれ、(確か、ネーネーズの作詞もされている?)手帳に書き留めました。
ここに載せるにあたっては、メモが正しくとれていたか不安だったので、「版画芸術116号」を買って、確かめました。いい言葉ですよね。
もう一つ、「風」という作品に書かれた詩が大好きで、これも手帳に書き留めました。
読むたびに大好きな物語『ゲド戦記』の、風の吹く場面が浮かんできて、二重に味わっています。かっこよくてステキな詩で、風の見方を教えてもらいました。

この間、林隆三親子の旅番組で、ボクネンさんの創作過程を見ることができ、そのスピードに驚きました。

【2008/11/21 15:07】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/314-4d169054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード