心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-最近読んだ新聞などから
 『銀河鉄道999』のふるさと!

朝日新聞の夕刊に「ニッポン人・脈・記」という連載があるのですが、先日「心の鉄路④」という記事を読んで、びっくりしました。(以下に少し引用します。)
999telcard.jpg
【 このテレフォンカードは、近所の商店街の福引きで、ずいぶん昔に当たった物で、数少ないお宝の一つ。】

「銀河鉄道999」のふるさとを訪ねた。松山駅から予讃線で約1時間半のところに五郎駅がある。この近くに、漫画家、松本零士の親の実家があった。終戦前後、松本は幼少期をここで過ごした。夜、家からは満天の星の下を走る蒸気機関車が見えた。…そのイメージは後年、九州から上京した体験などとともに「999」に結実する。「五郎駅こそ、私に夢を与えてくれた場所でした」

今は、新しいルートができましたが、高校時代の通学に使っていた内子線と、予讃線の分岐駅がまさに、この五郎駅。松本零士氏の親御さんの実家が五郎で、疎開していたという話は、どこかで読んだことがありましたが、それが『銀河鉄道999』に影響していたとは、全く知りませんでした。
かつて通ったルートは、今は廃線になっているそうですが、07年10月にその跡を歩くウォークラリーがあったそうです。当時、台風の後の土砂崩れで運休になったり、斜面を登り切れず男子学生が降りて押したり、上京するときに車掌さんがお寿司を分けてくれたり…と、思い出がいっぱいの内子線。車内で宿題を写させてくれたよりやんや、おしゃべりをした仲間たちと、いつか出かけていって、廃線跡を歩きたいです。


 短歌結社誌「塔」2月号の特集「私の好きな絵本」

40名ほどの方の、絵本にまつわる文章と、それに関連した短歌が載っていて、自分自身との共通点も感じながら、興味深く読みました。
私も絵本が大好きで、子どもたちと一緒に読んだ中でも特に好きなのは、いつか読み直したいと、子どものベッドの下にしまってあります。今回は、そのなかでもとりわけ思い出に残っている絵本のことを書いて送り、載せていただきました。ここに転載しますので、よろしければお読みください。

butabutakun.jpg『ぶたぶたくんのおかいもの』  perenohuku.jpg『ペレのあたらしいふく』

題は、 『ぶたぶたくんのおかいもの』と息子たち  

 私が子どもたちに読みたくて買った、水色の表紙のきれいな絵本『ペレのあたらしいふく』は、いい内容なのに、息子たちには不人気だった。対して、癖のある絵と単純な繰り返しで、私の好みではなかった『ぶたぶたくんのおかいもの』は、息子たちの大のお気に入りで、毎晩リクエストがあった。二十年以上前のことである。
 寝る前の読み聞かせの時間は、昼間働いていた私にとっても子どもたちにとっても、宝物のように大切な時間だった。そこに、毎晩のようにしつこく登場した『ぶたぶたくんのおかいもの』。ぶたぶたくんが、お母さんに頼まれてお買い物に行くという話だが、お店の人が個性的でやりとりが面白い。しかし、あまりにもせりふが多くて、読んでいる私は口の辺りが疲れてくる。もういい加減終わりにして寝て欲しいのに、もう私は飽きているのに、何度も何度も同じ本を読んでくれと、子どもたちはせがむ。
 スピードを上げて読めば、早く最後のページにいけるな!私なりの作戦で、早口で読んだら、それがまた大受けしてしまい、「ブタブタカーコー」の大合唱。もうすっかり皆が、豚とカラスになってしまい、今度は「もっとはやく!」とせがまれる。やけくそ読みが、だんだん私を支配して、声を出す心地よさに浸り、夢中になってしまう。もうこれ以上速くは読めないというほど速く読んだのち、私は絨毯の上にバタンキュー。その後、子どもたちがどんなふうにして眠ったか、それは今でも曖昧なままだ。

詠んだ短歌は、 もう一回もう一回とせがまれて「ブタブタカーコー」早口によむ


PS:先日読んだ本に、私の好きな作家の一人、森絵都さんが、小さいとき 『ぶたぶたくんのおかいもの』 が大好きだったと書かれていました。おかげで、ますます忘れられない絵本となりました。


 2月25日の朝日新聞夕刊の記事

日頃思っていたことがそのまま書かれていて、大変共感を覚えましたので、転載させていただきました。
裏の字が透けて見えて、かなり見づらいですけれど、読んでくださると、嬉しいです。

asahiyukan090225.jpg

多くの社員の首を切った某会社には、内部留保の資金がたくさんあり、株価も下げていないと聞きます。内部の本気の努力で、首にならずに済む人は多いはずなのに、経営者は自身の責務を感じているのでしょうか。素人の私が言える立場ではないかもしれませんが、もうかったときだけでなく、そうでないときも含めての経営を忘れて欲しくないと思います。弱い立場の人を作り、そこから真っ先に切っていくという、今のような世の中では、未来への展望がありません。


テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

こんばんは。

「ペレのあたらしいふく」は地味ですけれど、とっても素敵ですよね~☆
絵も美しい風景がていねいに描かれていて、大好きです。
みんなの協力を得て、出来上がった「ペレのあたらしいふく」
やさしい気持ちがていねいに書かれていて、私も好きなのに、息子は・・・・・・。

なのに。
「ぶたぶたくんのおかいもの」は息子たちも大好きで、口真似してました。

みんな、そうなのかな?

韻をふんでいるものや同じ語の繰り返しは、子どもにウケがいいような気もします。
「ぐりとぐら」も、うちでは・・・

 私「ぼくらのなまえは 」
息子「ぐりとぐら!」
 私「この世で一番好きなのは 」
息子「おりょーりすること!たべること!!」

  ・・・といった感じでした。
【2009/03/01 23:48】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]


こんばんは
とっても寒い東京です。

どちらの絵本も知りません。
私が印象に残っている好きな絵本は「とりかえっこ」です。
子供連れのお出かけ、通院時は必ず絵本を持って行きました。


新聞、読ませて頂きました。
定額給付金に対しては柳井さんと同意見です。
政治家の考えていることが信じられません。
私たちが選んだんですよね。
【2009/03/02 20:42】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

kimicoさんへ
>「ペレのあたらしいふく」は地味ですけれど、とっても素敵ですよね~☆
kimicoさんも好きなんだ!きれいな本ですよね。
表紙が空色っていうところが、さらに気に入ってる理由かな。

>「ぶたぶたくんのおかいもの」は息子たちも大好きで、口真似してました。
>「ぐりとぐら」も、うちでは・・・
ああ、やっぱり一緒なんだ!楽しいのね。
「さんびきのやぎのがらがらどん」も好きだった。きっと、それも、ね?
お母さんの読み方が上手いせいもあるのよ、きっと。
kimicoさんの読み方のステキな感じが浮かんでくるもの。

絵本は、親子で読めるから、いい思い出になるよね。
いつか、孫にも読んでやりたいけど…。
【2009/03/02 21:40】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
昨日のぽかぽか陽気とうって変わって、こちらも寒い一日でした。
先週末は、おすすめの『マンマ・ミーア』を観てきました。楽しかったです!!!

>私が印象に残っている好きな絵本は「とりかえっこ」です。
私の記憶にはないので、男の子より女の子が好きそうな絵本かしら?

>定額給付金に対しては柳井さんと同意見です。
有権者にお金をばらまけば、票が集まると思ってるんでしょうね。
そう思う政治家も情けないし、そう思われて馬鹿にされてる国民も悲しいわ。
あれだけ、反対の声が多く、税金の使い道としてよくないと、皆が言っているのに、多数に乗っかって、実現するところに、怒りを感じます。

それ以外にも、私たちの税金を、実にいい加減に使っていることが、次々出ていますよね。
構造改革とか言って、劣悪な労働環境を作ったのも、小泉内閣。
私たちは、雰囲気に飲まれないで、きちんと見極めないと、ね。
マスコミの責任も大きいと思います。
【2009/03/02 21:53】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にもモチーフになったといわれる鉄道があったというのが定説です。
でも同じ銀河鉄道の「列車」の話でもモチーフは四国と東北と、離れたところに遭ったというのは
原体験を考えれば当然と思う一方、同じじゃなかったのは意外に思ったり。
【2009/03/02 23:17】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]

こもれびさんへ
>宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にもモチーフになったといわれる鉄道があったというのが定説です。
そうなんですか!
「銀河鉄道の夜」は、いろんな方が絵にされていて、昨年「宮沢賢治展」でたくさん見ました。どれもステキでした。
私は、『銀河鉄道999』は、てっきり宮沢賢治のお話から連想したと思っていたので、松本零士氏の話は、意外でした。
彼のマンガは、昔、「男おいどん」(でしたっけ?)をよく読んだ記憶があります。
【2009/03/03 18:30】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


懐かしい駅、五郎ですね。以前田舎の兄が松本零士さんが愛媛に縁があるんだと話ししてました。そうだったんですね。五郎の駅はとても静かで時間が止まっているような感じでした。夜の星と蒸気機関車の姿・・・とても幻想的で美しかったでしょうね。
 高校時代も懐かしく思い出しています。不真面目なわたしが亀さんに宿題写さしてあげたなんて・・わたし忘れてる。 私は家に帰ってから疲れてて いつも少し寝て夜中に勉強しようと毎日決心してるんだけど、起きたら朝になってて。いつ宿題をしていたかようわからないのです。でもディーゼルカーでの通学、楽しかったね。思えばよく歩いてたよね。
亀さんのかわいい制服姿よく覚えてます。
 今の日本の社会、ほんまにどうなるんでしょう。いろいろな要因が複雑に絡み合ってなにから手をつけたらいいのかわからない状態ですよね。われわれも確かな判断できる目をなんとかして養っていかないといけませんね。
【2009/03/03 20:04】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやんへ
今晩は。
寒い一日でしたね。
毎年、この3月初め(昔、国立一期の入試があった頃)は、必ず雪になりますね。
さすがに温暖化が言われ暖冬の今年はないだろうと思っていたけど、やはり散らつきました。
気候で思い出し、地形で思い出し、なんだか昔のことが涙が出るほど懐かしくてなりません。

よりやんには、数学をよく見せてもらいました。
>私は家に帰ってから疲れてて いつも少し寝て夜中に勉強しようと毎日決心してるんだ>けど、起きたら朝になってて。
えっ?!よりやんもそうだったの!私は毎日そうでした。唯一やっていた勉強?が読書。
よりやんは、スポーツもできて元気いっぱいだから、全然疲れてるなんて思ってなかった。

五郎の駅は乗換駅だったから、そこで降りて遊ぶということがなかったのが、今から思えば残念です。
1時間に1本しかなかった列車のおかげで、時がゆっくり流れていた気がします。

政治家の資質が問われる問題ばかりが起こっていて、肝心の国民のための政策論議がされていない、ひどい有様ですよね。
政治家や官僚が(なかには立派な人もいるのでしょうが、)もっと展望を示してくれないと、今の混迷状態から抜け出せませんよね。
【2009/03/03 22:27】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんばんは。

久しぶりに覗いてみると「五郎駅」と絵本の話題で嬉しくなってしまいました。
私は自転車通学だったのですが、母の実家が春賀だったもので時々ディーゼルカーで「五郎駅」を通過して行っていました。
幼い頃の懐かしい日々をふと思い出しました。

「ペレのあたらしいふく」は1976年に日本で発行されたのですが、実際には100年ほど昔の1910年代に作られたものだそうです。
でも、今読んでもちっとも古く感じないところがすごいですよね。
スエーデンの絵本作家のエルサ・ベスコフは1874年生まれで1953年没、ピーターラビットの作者のビアトリスク・ポターに匹敵する絵本作家だといわれているそうです。
地味だけど幸せな気持ちになる絵本ですね。
子どもたちが進んで手に取りにくい絵本なので、幼稚園や小学校低学年のお話会のプログラムによく入れます。

「ぶたぶたくんのおかいもの」は結構文章量が多いけど、面白い絵本ですね。
会話文の読み方に工夫がいるかな?と思いますが、これを早口で読んだという亀さんを想像して笑ってしまいました。
1970年発行の絵本です。
絵の雰囲気からもっと古いと思っていたので、それほど古くないなと思ったけど、でも約40年ですね。

「とりかえっこ」も面白い絵本ですね。
私も以前にはよく読んでいました。

政治については腹立たしいことばかりです。
本当に国民のことを思っている政治家はいるのでしょうか??
【2009/03/04 23:08】 URL | GANKO #- [ 編集]

GANKOちゃんへ
お久しぶりです。
お母さんのご実家が「春賀」だったの!
「春賀」とか、「五郎」とか、人名みたいな地名だよね。すごくのどかな感じがします。

>「ペレのあたらしいふく」は、実際には100年ほど昔の1910年代に作られたものだそうです。
さすがGANKOちゃん、詳しいわ!そんなに昔の絵本なのね。
大人が好きなものと、子どもが好きなものは、なかなか重ならなくて、悩みの種ですが、絵本でもやはり、そういう工夫が必要なんですね。

>「ぶたぶたくんのおかいもの」は結構文章量が多いけど、面白い絵本ですね。
あの文章量には、ほんと口が疲れちゃって、今思い出しても口がだるくなります。
もう一つ「あくまのクライネ」といういたずら悪魔の子の絵本が、これは親子共々大好きでした。

絵本がすごいなと思うのは、ロングベストセラーが多くて、今も現役で読まれていて、古くさくならないところ。
小説などは、なかなかそういう具合にはいかないわ。
児童文学は、まだ長く読まれるものもあるけれど、時代背景や人物設定に違和感が生じて、読むのに抵抗のあるものもあります。
絵本は、エッセンスだけで、シンプルなのが幸いしているんでしょうね、きっと。

>本当に国民のことを思っている政治家はいるのでしょうか??
ねえ。政治家の資格検定を考えている人がいるみたいだけど、やってほしいわ。
政治家というのは、本来、自分の身を捨てても皆のために、という潔癖な志の人がなるものだったと思うのだけれど…。


【2009/03/05 20:36】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/331-10e99e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード