心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
初めての台湾旅行3日目前半
 3日目前半3月29日。今日も9:10集合。毎回、メンバー全員5分前集合でスムーズ。

IMG_2061090329.jpg

二二八和平公園は広くてお花がいっぱい。一人で、グループで、太極拳をする人の姿があちこちに見える。
台北二二八紀念館で、悲しかった過去の話を聞く。日本語の上手な80歳の方のお話は、心がこもっていて、みんな熱心に耳を傾けていた。「台湾を統治していた日本人は、ダムを造って農業を盛んにしてくれたし、木を一本伐ったら十本植えてくれたが、中国はそうではなかった・・・」など、台湾の人が日本人に親密であるのは、過去の日本人の業績のおかげであることが、よく分かった。

     IMG_2058090329.jpg   IMG_2043090329.jpg   IMG_2053090329.jpg

写真左から①②③・・・
総統府。日本が統治していた時代に建立された大変大きく立派な建物で、周辺の警戒も厳重。
国父史蹟紀念館(中華民国の父、孫文が滞在した旅館で梅屋敷と呼ばれる。)の庭から見える駅。
③②の屋敷には、もう梅の実がなっていた。周りのフェンスの模様も梅がポイント。並んだバイクが壮観。

IMG_2070090329.jpg

衛兵の交代式を見るために、忠烈祠へ。抗日戦争や中国共産党との内戦で殉死した約30万人の英霊を祀ってある廟。怖い感染症、サーズの治療で犠牲になった医療関係者も祀ってあるそうだ。
入り口から正面の大殿まで、毎日1時間毎に往復するため、茶色の線ができている。

     IMG_2069090329.jpg   IMG_2074090329.jpg   IMG_2086090329.jpg

写真左から④⑤⑥・・・
④入り口の大きな門。ここに若い衛兵が二人立っていて、ぴくりとも動かないため、かっこうの撮影対象になっていた。台湾は1年間(かつては3年)の徴兵制度があって、最終学校を卒業した段階で軍に入るそうだ。やりたくない人は、年齢制限の45歳まで学生でいればいいらしいけど、現実には難しい・・・。
⑤バシッバシッという靴音を響かせながら、足を直角に上げて行進する。その周りをみんなが取り巻いて見学し、ぞろぞろとついていく。行進の邪魔にならない限り、私たち見学者は、とても自由だ。
行進の最後には、向き合った二人が、銃剣をジャグラーのように放り投げたりするパフォーマンスをするので、びっくりする。顔はもちろん、ずっと硬い表情のまま。
⑥建物は大きく立派で、天井・回廊も含めて、極彩色の装飾が施され、ただただすごいなあという感じ。こちらの建物「大殿」にも、衛兵が二人立っている。


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/338-51c3e723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード