心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
恩師の俳句[12]
 5月11日追記:お知らせ
本日午後7時より朝日系の「報道発ドキュメンタリ宣言 さらば警察!」で、このブログでも何回かご紹介してきた、現職警官として警察の裏金づくりを告発し、たたかってきた「仙波敏郎さん」の特集があります。
昨日の朝日新聞「ひと」欄にも、仙波さんが取り上げてありました。取材のまとめが簡潔で的確でした。

 4月26日、S先生から俳句の定期便の電話がありました。お声は、お元気そうでしたが、この春の寒暖の変化の激しさに、体がついていかないと言われていました。それでも、教え子一人一人の近況を尋ねられ、皆の元気な様子に安心しておられました。故郷の町役場に勤めている同級生が、この春、副町長(昔の助役)になったというBIG NEWSも伺いました。

073090504.jpg

春雨に煙る天守の見え隠れ
病院帰りに必ず寄られるという全日空ホテル。14階から眺める松山城は、季節ごとに異なる魅力がありますね。

菜の花を咲かせ鎮(しづ)もる漁(れふ)の村
双海町の辺りに菜の花がたくさん咲くところがあるそうです。漁を仕事にしている人たちの暮らす村の、ひっそりと静かな様子を詠んだ句です。

        031090504.jpg

孫連れて桜日和を歩きけり
3月の終わりに大洲城へ。松山はまだ蕾なのに、大洲は満開だったそう。「昔は、入学式のあと、夜桜見物を楽しんだんよ。」とのこと。私たちの入学式のあった日も楽しまれたのかな?
「桜日和」という季語が気に入ってと言われていましたが、確かに優しい雰囲気のする言葉ですね。ちなみに「お孫さんを連れて歩いている」のは、奥さまだそうです。

        057090504.jpg

写真撮る少女さはやかチューリップ
ベッドから外を見ていると、若い娘さんが二人、先生のお宅の花壇を背景に写真を撮っていたそうです。病床の先生を慰めようと、奥さまが育てられたチューリップが、とても美しかったのでしょうね。育てた人、見る人、たくさんの嬉しい心が見える俳句です。


        046090504.jpg

温かき友の手に触(ふ)る若葉風
数日前、高校時代の友人が、取れたての苺と枇杷を持ってきてくださったそうです。「帰り際に握手した、その手が温かくて…」と言われていました。高校1年の時から60年以上の付き合いになる友人。爽やかな若葉風に青春時代のすがすがしさを重ね、手の温かさに厚い友情を感じ、聞きながら思わず涙が出そうでした。

062090504.jpg

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

微妙な距離を保ちながら調和して素敵です。

今の時期綿帽子がきれいで、私も群生しているあたりにしばらく立ち止まってしまいました。こんなにタンポポが咲いていたのかしらと・・・。奥様とお孫さんの歩く姿を温かいひとみで眺めるお姿が目に浮かぶようですね。

此の間大洲生まれの素敵な俳人の句集に出会いました。お知らせしようと思いながら、・・・。今ここにと思ったら職場らしく手元に無くて・・・・。また今度。
【2009/05/07 20:53】 URL | 犬塚 #- [ 編集]


大空の亀さん、こんばんは。(#^.^#)
とっても素敵な風景。新緑が眩しいですね。
一枚目の写真、綿毛がまるで優しさがたくさん詰まったシャボン玉。
大空の亀さんが写される写真には、いつも日本の情緒があふれて
すごく優しい気持ちを思い出させていただけます。
力の入った心が、ときほぐされるようです(^・^)
【2009/05/07 21:54】 URL | ノロタン #B7q/.fmY [ 編集]

犬塚さんへ
今晩は。今日は一日雨でしたね。
この連休は、兄のところに一泊。あとは、家の片付けに専念し、かなり快適になりました。
暖かいと体を動かすのも気持ちよくて、かなり根を詰めましたが、楽しかったです。&まだまだ続きそうな気配…。
特に、5月5日は、NHKFMで1時から11時まで「拓郎三昧」だったので、それをBGMに張り切りました。
予想どおりリクエストトップは「落陽」。2位は中島みゆき楽曲提供の「永遠の嘘をついてくれ」という、嬉しい結果でした。

>今の時期綿帽子がきれいで、私も群生しているあたりにしばらく立ち止まってしまいました。こんなにタンポポが咲いていたのかしらと・・・。
そうそう。私も全く同じことを思って。
綿毛のタンポポを摘んでいた女性(大人)がいましたが、帰り着く頃には全部飛んでいるかも…。
タンポポの作戦は大成功。また、タンポポが広がりますね。

句集、楽しみにしています。
【2009/05/07 22:39】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ノロタンさんへ
今晩は。コメントをありがとうございます。
昨日NHKテレビで、とてもステキな歌番組をやっていましたね。
気付くのが遅くて、後半の少ししか見られなかったのですが、徳永英明、竹内まりあ、高橋真理子などのいい歌が聴けました。

>一枚目の写真、綿毛がまるで優しさがたくさん詰まったシャボン玉。
ありがとうございます。ノロタンさん、とても上手く表現してくださったわ。
実は、これ、赤信号で止まった交差点から見えた原っぱのタンポポなんです。
よっぽど下車して近づきたかったのだけれど、それは無理。
仕方なく、かなりズームで、ボケボケになるのを覚悟して撮りました。

他にも何枚か、別の場所で近くから撮った、ピントの合った透明感のある綿毛もあったのですが、なぜかこの通りすがりに撮った1枚が気になって…。
そうなのです、まさにノロタンさんと先のコメントの犬塚さんとが書いて下さったような印象を私も受けたからなのです。
お二人が、きっちりそこに気付いて下さって、私、とっても嬉しいです。
【2009/05/07 22:54】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


訪ねたとたん目に飛び込んできたタンポポの綿毛にビックリしました。
こんなにたくさん、お花もこのようにびっしり咲いていたのよね。
綿毛、可愛いですね。
間もなく一本一本、それぞれに風にまかせて旅に出るのね。


亀さんのお写真は相変わらず世界が大きくていいですね。
写真に収まりきれなった景色も想像できそうです。


母の日です。
娘からもらった大きな大きな百合がいい香りを放っています。


【2009/05/10 14:48】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さま
今晩は。
母の日ですね。ベンジャミン(keiko)さんは、日頃とっても母らしくしているから、ステキなプレゼントが届くのね。いいなあ。
私なんか、先週、花屋さんが定期便に混ぜてくださったカーネーションだけ…。

ただ「母の日」らしいことと言えば、今日の夕食の準備中、指を切ってしまい、かなり出血したもので、息子が心配して薬や包帯の用意をし、料理を続けてやってくれて完成させてくれたことくらい。まあ、「災い転じて福となす」ということで…。

>間もなく一本一本、それぞれに風にまかせて旅に出るのね。
そうかあ、少し遅ければ、こんなにたくさんの綿毛に出会えなかったんですよね。ラッキー!
最後の写真は、田舎暮らしの兄の家の近くにある有名な棚田です。今頃は、水が入って美しい眺めになっていますよ。
連休は、一人になった兄のところに、子どもたちや私たち妹・弟が訪ねて一緒に過ごしました。
【2009/05/10 20:58】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんにちは。お元気でしたか?
時々読ませてもらってはいたのですが、
コメントはほんとに、ほんとにお久しぶりです!

こうして、ゆっくりブログを読める日が来て嬉しいです。
しかも、S先生の俳句を読んでまったりできるなんて!

今も先生は、病院帰りに全日空ホテルで、いいひと時を過ごされているのですね。
カーペンターズの Top of the World ではありませんが、高いところから見晴るかす街の様子は格別でしょう。
今回の句のように「春雨に煙る」眺めにはまた、別の魅力がありますね。
旧友とのことを詠まれた句や、「・・・咲かせて鎮まる・・」の「鎮」の文字使いがとても印象的でした。

副町長になられたとのBig News、
この場をお借りして「おめでとうございます!
責任の重い職、頑張ってくださいね。」

それから前後しますが、亀さんご夫婦の「真珠婚おめでとうございます!」。
楽しい台湾旅行をされたのですね。
Eちゃんのパッチワークのことなど色々、
会ってお話できるといいのですけどね。

最後に私の近況ですが、
3月末に娘が帰ってきて9年ぶりの同居が始まりました。
生活のペースはつかめてきましたが、勤労学生なので忙しく、片付かない荷物がまだ数個廊下に置きっぱなしです。
それから4月初めに伯父が他界し、
半ばには親戚の結婚式。
そして連休前に帰省して、
いつものように義父母と過ごし、庭の雑草と格闘して帰って来ました。

悲喜こもごも・・慌しく時が過ぎてしまいました。
アメリカ行きは取り止めにしましたが
(キャンセル不可のチケットだったのですけれど、
全日空に全額払い戻してもらえたのでほっとしました)
6月初めまで、まだ何かと忙しい日々です。

大汗かいたり・・・年齢的な症状が時々出るので、
気をつけなくてはと思っているところです。
亀さんもお体大切にね!






【2009/05/11 14:59】 URL | keiko #- [ 編集]

keikoさんへ
お久しぶりです。
コメントがしばらくなかったので、また東奔西走、忙しくしているのだなあと思っていました。
弔事に慶事に、娘さんやご両親のことなど、人生の縮図のような日々だったのですね。
アメリカ旅行の取りやめは、今回の新型インフルエンザのせいですか?
いろんなところに影響がありますね。ひどい状態にならないことを祈るばかりです。

娘さんと再び一緒に過ごせるのは、安心だし嬉しいことですね。
我が家は無口な息子なので、娘さんのような楽しみは薄いのですが、
それでも、子どもが近くにいるというのは、嬉しいものがありますね。


>「・・・咲かせて鎮まる・・」の「鎮」の文字使いがとても印象的でした。
先生も、この字にこだわってられたので、keikoさんが気付いて喜ばれますよ、きっと。
昨日、たまたま見ていたテレビに、桜の頃の松山城が出、嬉しかったです。

ダブルIくんは、それぞれの仕事で、重鎮となられているようで、同級生として、何だか誇らしい気分です。そういう年齢なんだねえ。

「真珠婚」というのも言われて気付くようなお粗末さなのですが、記念に「中国語のできる電子辞書」を夫がプレゼントしてくれるそうです。
でも、「替わりに、今使っている電子辞書を頂戴」と言われ、これはこれで「歳時記」が入っていて重宝しているので、「中国語と歳時記」の入っているのが見つかるまで、保留です。

私は、暖かくなると俄然元気になるので、今が一番活動的で快適なんですよ。
何かを始めると、完成するまで止まらなくなるので、それに気をつけないと…。
keikoさんも、無理しないよう、気をつけて下さいね。また、一緒に遊びましょう!
【2009/05/11 18:11】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


「鎮まる」ではなく「鎮もる」でしたね。
感じがぐっと違ってくるものだと、改めて思いました。
S先生、ごめんなさい!

去年は3月に京都で、そして8月にはベンジャミンさんや
れんげ草ちゃんと一緒に遊びましたよね。
今年もまた、遊べるといいわね!





【2009/05/12 14:15】 URL | keiko #- [ 編集]

keikoさんへ
今晩は。丁寧に読んでくださったのね。
>感じがぐっと違ってくるものだと、改めて思いました。
ほんとだ!「鎮まる」だと、それまで音声が聞こえていたみたいだけど、
「鎮もる」だと、ずっと静かで深く沈み込んでいくような静けさがありますね。
たった十七文字のうちの一字、確かに大きいですね。

元気なうちに悔いなく遊んどかなくっちゃと、この頃強く思うのであります。
また、機会を作って遊びましょうね。
【2009/05/12 21:48】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


仙波さん関係の本が新しくはっかんされて、また話題に上るようになりましたね。
一方、北海道警の裏金事件は、あの北海道新聞が裁判で負けたり(控訴したはずですが)と、裏金があっただろうと言うことは歌が言えないのですが、ジャーナリズムを巡る司法判断が気になるところです。
北海道警察の裏金事件とその後を題材とした佐々木譲さんの警察小説は、今年になって初めて読みましたが、なかなかおもしろいです。
ドラマ化された「警官の血」の作者です。
個人的には時代小説の「駿馬」で気になっていた作家ではありました。
【2009/05/12 22:28】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]

こもれびさんへ
今晩は。情報をありがとうございます。
仙波敏郎さんの本は『現職警官「裏金」内部告発』ですね。
仙波さんの盟友の東玲治さんが書かれたドキュメントで、詳しいことを知ったのですが、今回はご本人なので必ず読まなくてはと思っています。
読み終わったら、本の紹介をする予定ですが、多くの人に読んで欲しいです。

北海道警の裏金問題は、疑いようのない事実でしょうに、ややこしいことになっているんですね。小説にもなっているのですね。読んでみます。
こもれびさんが書いて下さった『警官の血』、私は全然知らなかったのですが、ブックレビューですごくほめてあり、興味深い内容でした。
『駿女』も面白そうですね。佐々木譲さんという方、私の読書の範疇にはない方だったので、新たにチャレンジしてみたいと思います。
【2009/05/13 18:21】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


お久しぶりです。気温が急に上がったりと身体に堪えそうですが、元気しています。
先生の俳句、楽しみにしています。愛媛の風景や先生のご様子がわかりうれいしいです。
双海町の海は随分前に両親に連れていってもらい、感激しました。その時 イリコをたくさん買って神戸に持って帰りました。高校時代に離婚寸前だった母を今治に迎えに行った両親が今は二人でよく双海の海を見に行っているようです。すごく好きなところらしいです。
あの時には 想像もつかなかった光景です。はい!
四国はほんまに いいですね。知り合いの方がイギリスから帰国してすぐ 以前から松山に是非に行きたかったので旅行に出掛けたそうです。やんわりとした言葉使いや温泉、最高でしたとおっしゃってました。
 同級生のご活躍、両親から 聞いていました。みなさん  すばらしいお人柄で
いろいろと大変なこともたくさんおありでしょうけど  こころから  ささやかながら エールを送りたいです。
【2009/05/13 20:16】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやんへ
今晩は。
今日はまた打って変わって、涼しい夕方となりました。
体温の調節が大変ですが、この季節はさわやかで暖かくて、好き!

>今は二人でよく双海の海を見に行っているようです。
よかったね。双海は、確か夕日がきれいで、有名なんですよね。
夫婦の危機は、結婚後15年ぐらいの40歳代辺りが多いらしく、それを乗り越えると、同志のような関係になって、落ち着くそうです。
ステキなご両親にも、危うい時代があって、よりやんは思春期に辛い思いを味わったんだね。

>やんわりとした言葉使いや温泉、最高でしたとおっしゃってました。
人柄が、言葉同様やわらかくておっとりとしているので、四国に渡ると私もほっとします。
気候も食べ物も自然も、離れて暮らすと、ほんと、良さがしみじみと…。

同級生の活躍も嬉しい限りですよね。田舎に帰るのが楽しみです。
なんか、できの悪い学年だと言われてたけど、その分奮起したのか、それまでの枠に入らない人が多かったのか、みんな魅力的になってるよね。
私たちも、ステキな人生送ろうね。
【2009/05/14 18:49】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんにちは・・・いつ見ても写真がキレイで文章も分かりやすいので癒されます。いつも更新を楽しみにしています。また今年も松山旅行したいな~と思います。次の大阪歌会は多分出席できると思いますのでよろしくお願いいたします。では、また・・・
【2009/05/15 18:56】 URL | 中村ケンジ #- [ 編集]

中村ケンジさま
今晩は。
いつも見て下さって&ほめて下さってありがとう。勇気づけられます。
今月の歌会、「中村くんはどうしたのかなあ?」と皆さん言われてましたよ。
今月は、二次会の日本酒仲間が居なくて、お医者様ちょっと寂しそうでした。
また来月よろしくお願いします。松山も内子も気に入って下さって、嬉しいです。
【2009/05/15 20:27】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/343-5e210fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード