心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-北京旅行(5)
【3日目-頤和園(いわえん)
西太后の避暑地として再建された庭園。広大な敷地で、海軍予算を再建費用に流用したため、日清戦争敗北の原因の一つとなったと言われています。

        IMG_4039090804.jpg

「頤和園」という庭園名の額字を西太后から書くように言われた息子は、OKが出るまで1年間、字の練習をしたとか。額字は、ぽっちゃりとした真面目で誠実な印象の楷書です。
その額がかかっている手前に置かれている獅子。足の下の獅子の子は、押さえつけられているのではなく、遊んでもらっているそうで、これは子育ての上手な獅子。(という説明だったはず…)

        IMG_4051090804.jpg
床暖房の工夫もしてある建物など、敷地内には数えきれないほどの楼閣があり。観光客も多くて、とても見きれませんでした。広すぎて、多すぎて、ただ見るだけなのにエネルギーが要ります。

        IMG_4056090804.jpg
京劇が大好きだった西太后のために作られた立体劇場。24日連続上演させたこともあるとか。舞台裏も、劇を見るために向かい側に作られた建物も、通路に飾ってある衣装や各国からの贈り物も、何もかも贅沢!

IMG_4069090804.jpg
人工的に造られた湖では、藻をとる清掃作業が続けられていた。すべてが見渡せないほど大きい湖。

IMG_4077090804.jpg
孫娘を連れたこのおばあさん、疲れたんだろうな。世界遺産という堅苦しさはなく、中国の人はみんな気楽に建物の手すりに座ったり凭れたりしている。ちょっと羨ましい光景でした。

        IMG_4088090804.jpg
700m以上ある長い廊下には、物語の絵が描かれている。ところどころに、この写真のようなアクセントになる空間があって、ずっと歩いても飽きない工夫がされている。

IMG_4105090804.jpg
長い廊下の手すりでは、座ってお茶やお菓子を食べる人、トランプや麻雀をする人、ぼけっ~と景色を眺める人、それぞれの避暑の過ごし方が伺える。左手には、大きな湖がある。

IMG_4110090804.jpg
「海軍用の船は造れなかったけれど、永遠に沈まない&動かない船はできました!」とは、ガイドさんの弁。

IMG_4100090804.jpg
立派な建物や庭園、レストランなどの入り口には、たいていこのような門が設置されています。字は、どれもきっちりぼってりした素直な楷書。                    続きはまた明日。


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント
懐かしいです
体調はよくなられましたか?
日中の暑さはきついですね。
冷房は苦手ですが熱中症対策に今年は付けることが多いです。




楽しみに写真や説明を読ませて頂いています。
私が行ったのは3年前の9月半ば過ぎでした。

オリンピックが開かれた鳥の巣は完全には完成されてなく、あちこちが工事中でした。

「頤和園」ではバケツの水で大きな太い筆で文字を書かれている人が何人かいらっしゃいました。
すぐに消えてしまう文字を何度も練習されていました。


続きを楽しみにしています。
【2009/08/17 22:23】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
お早うございます。
>体調はよくなられましたか?
はい、やっと。
今回は、今まで経験したことのないしんどさでした。
今もあまり根をつめると辛くなるので、気をつけています。
冷房のあるところに行くのが恐怖です。

>私が行ったのは3年前の9月半ば過ぎでした。
北京は秋がベストシーズンだそうです。いい時期に行かれましたね。
今も、古い町並みの胡同は、建て替え中のところがありました。
故宮など有名なところは、オリンピックに間に合うように必死できれいにしたそうです。
鳥の巣は、バスから見ただけですが、面白い建物ですね。

>「頤和園」ではバケツの水で大きな太い筆で文字を書かれている人が何人かいらっしゃいました。
私の行った日は、午後だったせいか「頤和園」はすごい人で、残念ながら見ることができませんでしたが、翌日の天壇公園で、練習されているのを見ることができました。
売店で、スポンジ状の筆を売っていたので、思わず買いたくなりましたが…。

中国の公園では、皆さんに見てもらったり、聴いてもらったりして、自分の趣味を楽しんでいる様子が、ほんとにのどかでいいなと思いました。
中国の人たちの雰囲気が、昔の日本を見るようで、なんか懐かしい感じがします。
【2009/08/18 08:41】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/357-66a16749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年7カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード