心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-北京旅行(6)
【3日目-京劇鑑賞】
3日目は、のんびりコースで時間の余裕があったので、オプションで夕食後、京劇鑑賞に出かけた。舞台のすぐ下にテーブルが用意してあり、私たちの席はそこ。役者さんの表情もよく見え、とても面白かった。

        IMG_4138090804.jpg
           村娘が恋をするちょっとコミカルな話。動きも表情もとても可愛かった。

        IMG_4141090804.jpg
          『白蛇伝』の一部を、殺陣を交え、とても軽やかにかっこよく演じていた。

        IMG_4147090804.jpg
         同じく『白蛇伝』の一部。登場人物は白と青の二人がメイン。表情も動きもステキ。
たくさんの役者さんが出てきて、闘いの場面をスピーディーに演じるのだが、速すぎて写真には撮れず。
テーブルの上には、お茶とお菓子が用意されていて、楽しく豊かな時間を過ごすことができた。

【4日目-天壇公園】
午前中、天壇公園を見学して、あとは帰国の途に。今日は私たち夫婦のみのため、またもやセダンで優雅に移動。ガイドは、ホウレイさん。お土産を買うとき、凄い迫力でお店の人に値切り交渉をしてくれた。

IMG_4165090805.jpg
太極拳をする集団、社交ダンスを衣装も本格的に楽しんでいる集団、指揮者もいる合唱団などいろいろ。

IMG_4166090805.jpg
ひょうたんのようにふくらんだ面白い笛を吹く人たち、マイク持参で歌を聴かせる人、民族衣装を着て踊る人、京劇のセリフを二胡の演奏をバックにうなる人、そして、それらを囲む人たち。

IMG_4167090805.jpg
賭け麻雀らしい。といっても、賭けるのは1元(15円)の10分の1の1角。トランプをする人も多い。その周りに、勝負の行方を見守る人たちが必ずいるのが面白い。
別名「老人公園」とも言うんですよと、ガイドさん。女性は55歳から、男性は60歳から年金生活に入るそうで、この公園には時間のたっぷりある人たちが、一日を過ごしにやって来るそう。趣味の合う人を見つけ、自然に仲間になって、ゆるいゆるい時間を過ごす様子が、とても幸せそうでした。

        IMG_4174090805.jpg
皇帝が天に五穀豊穣の祈りを捧げた「祈年殿」。瑠璃色の屋根瓦は、天を表している。深い青色がとても美しい。この円形の木造建築、釘が一本も使われていないそうだ。

IMG_4208090805.jpg
天壇公園は、国家の祭祀を行う神聖な場所だったので、声の響くミステリアスな場所が何カ所かある。

        IMG_4213090805.jpg
    水をつけて字の練習に励む人。筆は、毛ではなくスポンジ。持っている紙がお手本。上手だった。

IMG_4214090805.jpg
これはエンジュの並木。エンジュは、枝の形が「龍の爪」に似ていると言われていて、いろんなところで見かけた。公園や高速道路の両側には、必ず長い並木道があった。しかも、どの木もびっくりするぐらい大きく育っている。樹齢300年以上の木には、赤い札が貼ってあり、人々が木を大切に思っている様子が伺える。

 今回の旅行で、北京にある世界遺産(六つ)のうち、北京原人の化石が発掘された周口店を除く五つを見ることができました。今回は、「大中国!」という場所を訪問できて、大満足でした。  
私たちの泊まったノボテルホテルは、室内も広くゆったりとしていて、王府井という繁華街も近く、とてもいいところでした。フランス系のホテルのため、宿泊客は欧米系の人がほとんどで、朝食のバイキングは洋食が中心でしたが、美味でした。スペインからの旅行者が「日本は美しい!」とほめてくれました。
北京の街は、高層の立派なビルが並び立ち、行き交う人も中国人だけでなく、欧米系の人が結構目立ち、今やアジア一の国際都市という印象を持ちました。「ホームレスがいませんね。」と尋ねたところ、「10月に国慶節60周年のお祝いが控えているので、施設に入っていると思う。」との答えでした。
日本ではほとんど感じることのない「国力」や「政治力」を、中国では様々な場面で見聞し、いい部分・悪い部分ともに感じることができ、いい勉強になりました。次は、ガイドさんお勧めの大連かな?        再見!


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント
おはようございます
私は雑技団を観ました。
まだ子供の演技に驚きましたが、この子たちは学校に行ってるの?と心配になりましたが素晴らしい演技でした。

京劇の方のお化粧は綺麗ですね。
よく撮れているわ。

天壇公園は最後の観光地でした。
沢山の人がいますね。 夏休みだからかな。

「中国のお年寄りは家族が働きに行っている間、このような所に集まって楽しんでいる」と説明がありました。

気になって街を見回しましたが車いすマークを付けたワゴン車を一度も見かけなかったの。
ガイドさんに尋ねると、そんなものはない!と返事でした。
寿命が日本よりずーっと短いらしいです。

【2009/08/18 10:12】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
こんにちは。
>私は雑技団を観ました。
雑伎団、すごいですよね。
私も、前に上海で観て、感心しました。
今回は、ホテルのテレビが30チャンネル以上あって、
その中の一つで、「新雑伎団」というのをやっていたので、それで楽しみました。
イケメンの男の子が出てきて、外見が今風でした。

>京劇の方のお化粧は綺麗ですね。
昔は、京劇も、日本の歌舞伎と同じで男性だけだったらしいですが、
今は、女性の役者さんも活躍されているそうです。
写真の人たちは、みんな女性かな?と思っているのですが…。
今使っているカメラが、暗いところが得意みたいで、
ここの写真は、どれもフラッシュをたかずに撮りました。
衣装も化粧もきれいで、うっとりしました。
雑伎団も京劇も、また機会があったら観たいです。

>沢山の人がいますね。 夏休みだからかな。
夏休みと国慶節の1週間休みの時期、土・日はすごい人みたいです。
もともと人口が多いから、旅行の時期はうまく考えないといけませんね。

>寿命が日本よりずーっと短いらしいです。
まだ生活が厳しい人が多いのでしょうね。格差が広がっているみたいでした。
私は、55歳から年金生活というのが、羨ましくてなりませんでしたけれど…。
【2009/08/19 17:37】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


めちゃくちゃお久しぶりでーーす。
亀ちゃん 、中国旅行、良かったですね。楽しく 読ませていただきました。漢字好きな亀ちゃんそして中国語を勉強しておられるし、最高でしたでしょう。
私は最近、 大地の子を初めてDVDで全部観まして、いろいろと感じるところがありましたが、万里の長城での親子のシーンを思い出したりしました。
私はいつになるかわかりませんが、イタリアやドイツ、オーストリアへ行って演奏会を生で聴きたいなあと・・・・。
 お盆はいかがでしたか?私は少しいつもより楽でしたが、コーラスで歌詞を覚える宿題があり、この年になると大変でした。まだまだ 暑くて大変ですが、しっかり食べて乗り切りましょうね。
【2009/08/20 10:28】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやんへ
お久しぶりで~す。お元気でしたか?
「漢字フェチ」の私にとっては、看板を見るだけでも楽しい中国です。
中国語の会話は、ぼーっとした頭には速すぎ、まだまだ修行が足りんというところです。
九段の階段が多く、一から九までガイドさんと一緒に数えていたら、「発音がきれい」とほめられました。それぐらいが唯一、中国語学習の成果かな。

私は、「大地の子」見たことがないのですが、昔、テレビでやっていたとき、知人が、「主人公の男の子が、亀さんの長男に似ている」と言っていたので、一度見たいものです。
今年の春頃にテレビでやっていた、鈴木杏さん主演の、中国残留孤児のドラマは気に入って、ふだんドラマを見ない私ですが、熱心に見ました。再放送があるみたいですね。

>イタリアやドイツ、オーストリアへ行って演奏会を生で聴きたいなあと・・・・。
ステキな夢ですね。イタリアは、そこらへんのスーパーで売ってる食材が抜群に美味しくて、「素人でもシェフになれそう」と思ったと、留学した人が言ってました。
夢が早く実現することを祈っています。私は、長時間の飛行機がダメだからなあ…。
【2009/08/20 19:57】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/358-787997b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード