心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
猫日記「ハオ&ミューの日々」39回
 8月29日(土)
朝夕涼しくなり、毛皮族の猫たちにとっては過ごしやすい季節がやってきました。
夏の間ずっと大理石の敷物の上に眠っていたハオも、木の床の上に少しずつ移動したりしています。
ミューは、夏の間もずっと私にくっついて、暑くて熱い夏を私に提供してくれました。フーッ…。
おとなしいハオとやんちゃなミューの関係は変わらず、昨日もミューはカナブン二匹を捕まえてご満悦でした。

IMG_4225hao0908.jpg

京都の河井寛次郎記念館にて

「おどろいて居る自分におどろいて居る自分」
「此世は自分をさがしに来たところ此世は自分を見に来たところ」
「新しい自分が見たいのだ ― 仕事する」

        IMG_4231myu0908.jpg

近所で見かけた中学生のTシャツの背中に

「エッ、なんて?」 「だから、軟テ!」

おお、きみは軟式テニス部なんだね。さすが、大阪の中学校 。ボケと突っ込みが背中で決まってました。

IMG_4271haomyu0908.jpg

竹内まりや『人生の扉』から
だいぶ前のことになりますが、ベンジャミンさんのブログに紹介してあり、そこからyou tubeに入り、特に英語の歌詞になる直前の歌詞が素晴らしくて、思わずメモをとりました。

どんな小さなことも覚えていたいと心が言ったよ。
ひとりひとり愛する人たちのために生きてゆきたいよ。
長い旅路の果てに輝くものが誰にでもあるさ。

        IMG_4272hao0908.jpg

映画『女の子ものがたり』(西原理恵子原作)の中から二番目のお父さんが亡くなったときの主人公の言葉


「知らんことは、恥ずかしいことなんよ。
             知ろうとせんことは、恥ずかしいことなんよ。」


「お前は人と違う人生を歩むかもしれないな。」と言ってくれていた父親のことを何も知らなかったことを悔いて、泣きながら友だちに言う場面。この辺りから私は泣きっぱなし。冨士山(とみすやま)、肱川、長浜…懐かしい風景、持田香織の歌、幼なじみとオーバーラップして心に沁みたいい映画でした。もちろん深津絵里さんもGOOD!

IMG_4258myu0908.jpg

新聞文筆家の文章より
オバマ大統領就任演説2009年1月20日「HOPE OVER FEAR」
ロシアの諺「最後に死ぬのが希望だ」

 誰もが絶望をせず生きていける世の中になりますように。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

この記事に対するコメント

お忙しいですか?
昨日は夏日、今日は長袖でいいほど涼しいです。

ミューちゃんのジャンプ力はすごいですね。
ハオちゃんはおっとり構えていますね。

「人生の扉」の歌詞は本当にいいです。
耳から聴くより、目で読むほうが心に響きます。
でも、良く聴いています。

「女の子ものがたり」はいい映画のようですね。
「知らんこと・・・」
知りたい事が山のように押し寄せてくる時があります。
頭の引き出しは飽和状態です。
でも知ろうとしている、その時の気持ちを大事にしたいです。
たとえすぐに忘れても頭の片隅に「見たことがある、聞いたことがある」が残っている事を願います。

季節の変わり目、インフルエンザ騒ぎもあります。
ご自愛くださいね。

【2009/09/02 09:28】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
今晩は。
陽射しが変わってきましたね。夕方からは、とっても涼しいです。

いい言葉を見つけると、すぐメモしたくなります。
今日は「関心は尊重につながる」という、いい言葉に出会いました。
図書館で借りた本だったのですが、とてもよかったので、いつでも読めるよう中古で注文しました。
皆さんにぜひ読んで欲しい本なので、後日、紹介したいと思います。

竹内まりや(あ?)の歌は、心にぴたっと来ますよね。大好きです。
『女の子ものがたり』主題歌の持田香織の声もいいですよ。

>でも知ろうとしている、その時の気持ちを大事にしたいです。
人、もの、何でも無視してしまう人は、見えてないんだろうと思います。
見えている、聞こえているから、知りたい気持ちが出てくるんですよね。
知りたいってことは、ここの始めに書いた「関心→尊重」の第一歩なのだと思います。

ベンジャミンさんのところにあった踊り、私はどちらも本場で見たことがないのです…。
阿波踊り、よさこいソーラン、富山風の盆、郡上八幡…見てみたいのがいっぱい!!
【2009/09/02 20:57】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


再び、こんばんは

亀さんはいい言葉をすぐにメモされるのね。
「関心は尊重につながる」
関心を持たれなくなったら悲しいわね。

私は忘れちゃうんだからメモすればいいのにそれさえ忘れてしまいます。
ネット上で見つけた言葉はコピーしてメモ帳に張り付けるけど書いていないという事はなかなか覚えませんね。



「疾走」を読んでいます。
もうすぐ終わりだけどあまりのきつさに辞めたくなります。
下巻を取りに行った時にそう言うと、図書館の方も同じような事をおっしゃってたわ。
「希望が丘の人びと」を書かれた同じ方とは思えません。

でも「涙の理由」の実像の重松さんはちょっと「疾走」に近いのかな。
この本は今夜、日記にします。


かなり以前「風の盆恋歌」高橋 治著を読んでからいつか見たいと思っています。
【2009/09/02 22:22】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
コメントありがとうございます。
今までよくコメントを下さっていた方が、ブログを止められたり、更新の期間をあけられたりで、コメントを下さる方が少なくなり、私のブログも寂しくなりました。
ベンジャミンさんのブログは、コメントがいっぱいでお返事も訪問も大変でしょうに、まめに書き込んでくださってありがとうございます。励みになります。

関心、無関心って、あんまり考えたことなかったのですが、本を読んでいて、先に書いた言葉に出会ったとき、ハッとするものがありました。
そういえば、話したことに無関心な態度をとられて、「ああー、この人とは親しくなれない。」と思ったことを思い出したのでした。
無関心というのは、相手に失礼だし、傷つけてしまいますね。改めて、思い至りました。

『疾走』きついですよね。ずっと前に映画化され、その時、犬塚さんの映画評で取り上げてありましたが、原作から考えて、とても見られないと思いました。
そういえば、先に書いた本にも最後に、重松清さんの対談がありました。大活躍ですね。

「風の盆恋歌」高橋 治著、私も昔読んで(もう忘れてますが…)、ベンジャミンさんと同じように見たいと思ったことは、覚えています。いつか…。
私はたぶんメモ魔。予定と現実がごちゃごちゃのいい加減な手帳なので、肝心なことがわからなくなったりもしますが、心にピッと来た言葉は残せてるかな。
【2009/09/03 18:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/360-d0e03392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード