心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く言葉-「命より大切なものはない」
berandaharu.jpg   turipyoko.jpg   himeringo.jpg
   (我が家のベランダ-春編・クリックすると少し大きくなります。右側は姫りんご)

 2005年4月25日のJR宝塚線(福知山線)の脱線事故から1年目の昨日、106(107)人の犠牲者の追悼慰霊式が行われた。テレビのニュースでも、新聞記事の中でも、私の心に強く響いてきた言葉があった。
あの事故で、一緒に乗っていた母親と叔母さんを亡くされた浅野菜穂さん(33歳)の言葉である。
 
 命より大切なものはないのです。
 命はお金で買えないのです。
 乗客ではなく、命を運んでいるということを、
 それを胸に刻んで電車を動かしてほしい。


一人残された苦しみの中で、この一年間、様々なことを考え続けたであろう彼女の言葉は、実にシンプルだが、人生の中で一番大切な真実を述べている。
乗客・運ぶ・電車を、この社会のいろんな言葉に置き換えたら、すべてのことに当てはまる、そんな言葉だ。
この一番大切なことが届かない出来事の多い日々。責任ある立場の人にも、事件を起こした少年にも、生き辛い毎日を送っている人にも、今一度刻み込んでほしい言葉だ。 

テーマ:朝日新聞 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

我う家のベランダは蔦がメイン。植えてからじっと待たないといけないチューリップは、もっぱら鉢植えを買うか切花を買うかです。でも、こんな写真を見ると来年は一列に植えてみたくなりますね。平和な光景です。
あ、でも姫りんごは我家でもたくさん花をつけましたよ。別の種類の花の花粉をつけると、実が出来ると聞いて、毎年夫が丁寧に受粉をしています。
【2006/04/27 01:14】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

お花 きれいですね。
 福知山線の事故は本当に許されない事故でしたね。会社で運営に携わっている人間のそれぞれが感じていた負の実体が想像をはるかに超えた大きな負の実体となって現れてしまった。会社は重い責任を背負って犠牲になられたすべての方々とこれからずっと歩んでいくべきでしょう。
 余談になりますが、私は山陽本線の小さな踏切を毎日渡って26年になりますが、この何年かは、列車の数が急に増えて踏み切りで長いこと待っていました。その変化にびっくりしていました。どことも便数をかなり増やしていたのですね。事故から、少し元ののんびりが帰ってきました。無理はいけません。
v-22お花、たくさんでかわいいですね。うちは20年置いていた小さな蘭に初めて花がつき、感激しています。蘭、サツキはひととおり、独学で勉強しましたが、今は事が多くて適当にやっていました。でも花が咲くとほんまにうれしいです。
【2006/04/27 11:26】 URL | よりやん #- [ 編集]

犬塚さん&よりやんへ
犬塚さんへ
姫りんごの受粉をされている、あの格好いいご主人の姿を、想像してしまいました。
のどかな春の日ですね。我が家では、私ほめる人、夫世話する人ですが、そちらは?
帰宅するなり、重い如雨露を下げて、何往復もしている夫、それで、やせているのかな?

よりやんへ
20年置いていた蘭に花がついたなんて、驚きです。蘭、サツキは独学で勉強!すごいなあ、難しいんでしょう?こういう花は。よりやんの性格が現れてるなと思います。
我が家はベランダは夫が専門に。私は手入れの楽な室内の観葉植物が専門です。
【2006/04/27 17:42】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ベランダ考
 チューリップと姫りんごのベランダって窓を開けるたびに鮮やかなんでしょうネ。かたやオランダをイメージするチューリップの華やかなベランダ、かたや蔦の絡まーーるベランダで・・・振り返って、我が家のベランダは、遠くは坊ちゃんスタジオが見えます。更に遠くは皿ヶ峰が見えます。眼下には、行き場をなくした明日出すプラスチックごみがガシャガシャ鳴いてます。前にも書いたと思うけど、土音痴な私にはベランダはちょいと便利な物置と化してます。窓を開けてポイ、窓をあけてポイ  その隙間を縫うようにダーリンが洗濯物を干してくれます。更にその足元をマル(我が家のお座敷犬で、たれ耳のMIXです。14㎏)が、 His Master’s Voiceのように首をかしげて、外を眺めています。
 
 昔、小学生の息子とチューリップの球根植えを敢行し、ドキドキの生物実験体験だったのだけど、土をかぶせてもかぶせてもマルが掘り出しました。黒い湿った鼻と、鼻の周りを土だらけにして・・・それ以来ベランダにある土を見ると鼻を突っ込みます。そう、ベランダに花は、何度かのチャレンジの後、挫折してしまったのです。
【2006/04/27 20:58】 URL | KANEGON #- [ 編集]

KANEGONへ
KANEGONちのワンちゃん、「マル」って言うの?びっくりしちゃった!
私が赤ちゃんの時から、乳母車で一緒に育った犬、「まる」って名だったの!
名犬ラッシーとスピッツを掛け合わせたような雑種で、猫の「たま」とも仲良しだった。
KANEGONちも高い階なのね?我が家も遠く、大阪梅田の空中庭園などが見えます。
どこのお家も、ダーリンは優しいようで…ふふふ。
【2006/04/28 10:19】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/37-47315a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード