心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌(歌集)-山下れいこ歌集『水たまりは夏』
山下れいこ歌集『水たまりは夏』 (青磁社刊/2006年/2500円)をご紹介します。

          mizutamarihanatuhyousi.jpg 【カバーと帯文】    mizutamarihanatuhontai.jpg 【本体】

以前から短歌結社「塔」誌で、愛媛の方だなと思いつつ、「保育園の先生なんだな。ご夫君は革新政党の議員さんなんだな。」と、親しみを感じながら、歌を読ませてもらっていた山下れいこさん。一度お話ししたいなという願いが叶ったのは、昨年夏、東京であった全国大会の休憩時間でした。それ以来、いろんな部分でご縁のあることが分かり、急に近い存在となりました。今回は、そんな山下れいこさんの歌集をご紹介します。


IMG_49331011.jpg
【家から駅までの並木道】

あとがきに「子ども達を詠いたいとの一心から短歌を始めました。」とあるとおり、歌集には保育園の子どもたちがキラキラと輝いています。まずは、そんな歌から。

おはよーと駆けてくる子を一人づつ両手で受けとめ今日の始まる

歌集の最初の歌です。山下さんは、他の歌から推察するに、どうやら園の代表のようです。この歌から、私は我が子が通っていた保育園の園長先生の姿が浮かんできました。優しくて明るくて穏やかなんだけれど、一本筋が通っていてスマートなN先生と、山下さんとがすっと重なり、「ああ、あんな感じでお仕事をされてたんだな。」と嬉しくなった一首です。

母親の勤務どほりに子らは来る日勤・深夜・準夜・半日

二首目で「あれ?」と思いました。ここに来る子どもたちは、主に看護婦さんの子どもたち。だから、お泊まりもあるのです。国立病院院内保育所という、ちょっと特殊な保育所ですが、子どもたちが無邪気で可愛いのはどこでも同じ。預かる時間が不規則な分、愛おしさは募るかもしれません。

をさなごと目線の揃ふやはらかさ保ちてゐたし今日一日を

歌集の中ほどに、怪我をされ車椅子で仕事をされていたときの歌があります。

車椅子漕げば目線は子と同じ、なるほどおばけだこの壁のしみ

どちらの歌にも、子どもの側に立つ作者の優しく柔らかい心が出ていて、その余裕ある温かさがとてもいいなと思いました。

IMG_50661011.jpg
【ドングリを拾う園児たち】


お茶碗を割りし子指を二本たて「まだ二歳だもん」と言ひつつ泣きぬ

全身で語りかけくるみどり児と喃語の会話つづく雨の日

「見て!ママ」とうつかりわれを呼びし子とつくりし砂山まだ残りたる

先生と園児達の信頼関係がしっかりできているからこその光景だなと思って、読みました。まるで母と子のような、もしかしたらそれ以上に丁寧に創り上げられてきた関係が、互いを支えている、そんな愛情を感じる歌群です。


子どもらにせがまれ雪の玉作るたくさん作る 標的はわれ

豆を撒く棒でたたくキックする このりりしさは鬼が来るまで

泥だんごを光らせるんだと磨きゐる子らはすつぽり夕日に包まる

こちらの歌は、少し大きい子どもたち。みんな元気いっぱいで、何にでも夢中になる、ちょっとやんちゃなお年頃。でも、やっぱり鬼は怖いんだね。そんな子たちを「可愛いなあ」と微笑ましく見ながらも、対する先生も全身で相手をしないと、子どもたちは満足しない。なかなかの肉体労働だ。時間の経つのも忘れて、ぴかぴかの泥だんごを作っていた我が子のことも懐かしく思い出しました。


保育園の間は守ってあげられた子も、卒園するとそういうわけにもいかない。優しい作者だけに、そんな苦しみが出ている次の歌が切ない。

準夜・深夜月八回の母の留守一人で守る小三の子は

「あづからうか」の一言を押さへたりどこまでだらう手を出せるのは

それだけに、卒園というのは、「もう守ってあげられない」という、悲しみを伴うのだ。

「ちよつとだけだつこして」と去にぎはに抱かれに来る子よ明日は卒園

わがあだ名呼びつつ背なにもたれ来る卒園せし子の確かな重み

        IMG_50481011.jpg
        【万博公園の思いがけないところに紅葉の名所発見!】

愛情いっぱいに子どもたちを見てきた保育園が、必死の反対行動虚しく、国の政策で〈法人〉となり、民間業者に一括業務委託されることになります。

次年度は〈法人〉となる我が職場守らむと撒く「朝ビラ」100枚

夜勤明けの二時間後には羽田にをり日帰り交渉普通となりぬ

灯をすべて点けても暗しホテルの部屋に次期園長の推薦文書く

誠実に守り育ててきたものが、上からの政策転換で簡単に切り捨てられてしまう、その悔しさ・情けなさが伝わり、私も辛くてなりませんでした。


主の祈り唱へて眠らむ人責むる激しき思ひ消しがたき日を

赦せない人の数はかぞへない土手にそよぎぬどくだみの花

つけつけともの言ひしこと淋しくて高音伸ばし讃美歌うたふ

山下さんは、キリスト教の信仰厚い方で、地元の教会でオルガンも弾いておられます。実は、この部分で、私の母方と縁の深いことが分かりました。伯母とは、同じ教会でお祈りされたこともあるようです。先日は、オルガンの楽譜(中村証二のCDに入っている曲)の件で、行き来がありました。

また、この教会が、父方の親戚とすぐ近くということも、つい最近分かり、驚いているところです。山下さんが働いておられた保育園に、姪もお世話になっていました(直接担当ではありませんが)。同じ町内の叔父は、ご夫君のことも、よく知っていました。保守的な県で、革新議員として長い間活動を続けられる、その心労は、ご家族も含め、どんなに大変だったろうかと思います。

眠れない日々もありたり「志」も持てず議員の妻たる三十二年

電柱にも頭を下げて歩くことが候補者の妻の心得の一

腰低く頭も低く暮し来てたうたうわたしは猫背になりぬ

041091115nara.jpg
【赤い太鼓橋の上にとてもかわいい女の子がいました。】

肱川を抜き手をきつて渡りたる父の頭の白き手ぬぐひ

かぎかつこは点訳済みの印らし父の残せし愛媛の歳時記

思いがけない事故で亡くなられたお父上のことを詠まれた歌の中から、ふるさとの香りがする歌を引きました。正岡子規ゆかりの愛媛の人らしく、俳句をたしなまれるお父上であったのですね。お父上の得意な神伝流古式泳法も、確かO市に伝わる泳法だったと思います。
小学生の時、私のふるさとの町に住まわれていたこと(毎週土曜日にあった夏の夜店で、並んで金魚すくいをしていたかも!)や、ご実家が、私が通っていた高校のある市にあることなど、関わりの多さに驚くばかりです。


退職後半年を経て聞かれたりいつ辞めたのかとおとなりさんに

コーヒーのポットと歌集、電子辞書背負ひて日課の図書館通ひ

角取れしミシンの音のやはらかく風とほる午後Tシャツを縫ふ

退職をしてますますお元気な山下さん、短歌、ウォーキング、ヨーガ、ピアノ…、とフットワーク軽く、あちこちお出かけです。そのおかげで、私もいろいろお話できました。

ふるさとの町出身の歌人、久保斉さん(私の従姉と高校の同級生)や大江昭太郎さん(大江健三郎さんの兄上)の死を悼む歌が、大好きな高野公彦さんの歌集に載っていて、山下さんにそんな話をしていたら、お二人とも地元の短歌結社「にぎたづ」の主宰をされていたと教えていただきました。山下さんも、今そこで大事な役目を持っておられます。

どれもこれも短歌結社「塔」に入ることで始まった出会い…、つくづく人のつながりの不思議を思います。これからも、ステキな先輩の活躍を楽しみにしています。

IMG_5310091115.jpg
【毎年見たい奈良公園の大公孫樹。】



テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
懐かしい!
退職して早7年が経とうとしています。
山下さんの歌に、在職中の楽しかった思いがよみがえって来ました。
「おはよーと駆けてくる・・・
「お茶碗を割りし子・・・
「見て!ママ」とうつかり・・・
「泥だんごを光らせるんだと・・・
が特に大好きで、生き生きとした子どもの目や仕草、姿が浮かんで来ます。

今は孫たちに元気をもらっているので、影響されて少し詠んでみようかと
思いました。

山下さん?・・・新居浜にある養父の実家が山下だった様な気がします。
【2009/11/27 22:21】 URL | れんげ草 #JalddpaA [ 編集]

れんげ草ちゃんへ
今晩は。
コメントをありがとう。

>山下さんの歌に、在職中の楽しかった思いがよみがえって来ました。
そうだよねえ、れんげ草ちゃんも同じ仕事だったから。
私も子どもを預けていた保育園時代のことが、ありありと浮かんできました。
写真もいいけど、こんなふうに歌にしておくと、動きや表情や声などまでが甦ってくるよね。

>今は孫たちに元気をもらっているので、影響されて少し詠んでみようかと思いました。
ぜひぜひ。田舎の伯母たちも(私にとっては従姉ですが)、今も時々詠むそうです。
先日、れんげ草ちゃんが訪ねた伯母さんも、証二さんや孫のことなど詠んでますよ。
古いアルバムに、母は写真に添えて俳句を書いていました。
愛媛には、そういう文化が身近にあったのね。

こんだけいろいろつながったら、山下さんつながりもあるかしらね?
【2009/11/27 23:01】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/375-3ff1ff35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード