心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-近藤雄生著『旅に出よう』
IMG_71151004.jpg

「岩波ジュニア新書」のモニターに応募したところ採用され、この4月から1年間、毎月3冊の新刊が送られてくることになりました。「ジュニア」とついているものの、内容は充実しているし、大人も充分読み応えのある新書なので、以前から気に入って時々読んでいました。実際送られてみると、普段は手にしない分野のものもあり、自分の偏った読書傾向を補うのにもってこいだなと感じました。「本のソムリエ」を友達に持ったようで、わくわくしています。毎月、その一部を、このブログで皆さんにお裾分けできればと考えています。

近藤雄生 著 『旅に出よう 世界にはいろんな生き方があふれてる

      tabinideyou.jpg  (2010年/820円)

大学卒業目前の2000年3月インドへの一人旅がきっかけで、旅に興味を持った著者は、結婚直後の2003年6月から2008年秋まで、夫婦で世界旅行に出かけます。この本には、オーストラリア、インドネシア、ビルマ・タイ国境地帯、雲南省昆明市、上海、イラン、スイスでの出会いが書いてあります。著者の人を見る目が好ましく、日常生活では得られない刺激的な体験を、本を読みながら追体験でき、大変興味深い時間を過ごすことが出来ました。
以下、色つきの部分は、本からの引用です。

P108・109
昆明は「春城」と呼ばれ、年中春のような気候で知られる都市。昆明は物価がとても安く、借りていたマンションの部屋は、とてもきれいな3LDKで100平方メートルぐらいあるのに家賃はわずか15000円ほど。食事は、100円以下でも十分に満たされるぐらい食べることができるし、大学の授業料も、週4回1年通っても10万円ほどでしかありませんでした。

*このくだりを読んで、とってもとっても昆明市に行きたくなりました。1年間滞在して、中国語を習いたいです。人生1回きりですもんねえ、いろいろやってみたいです。

P152
場合にもよるけれど、警戒ばかりしていては旅は表面的に終わってしまいます。もちろん危険はゼロではないけれど、旅をしているとだんだん、この相手は大丈夫そうだとか、ちょっとこの展開は危なそうだな、というのが分かってくるものです。そういう判断を繰り返した結果、いまではぼくは、世の中圧倒的にいい人が多いものだと感じています。

*この著者の結論が、私はすごく嬉しかったです。旅の基本は、これですよね。

P157
イランでは25年働くと定年で年金をもらえるらしく、15歳から働きだしたマクスッドは来年40歳でもう定年とのこと!その後は一生涯年金がもらえるという、羨ましい状況なのです。

*この部分を読んで、日本って何て貧しい国なんだろうと思いました。25年働いたあと安心して暮らせるなら、その後はボランティアや趣味も楽しめるし、若い人たちの採用も増えますよね。

P162
イスラムの教えを厳格に守る人から、そうでない人まで、イランにはさまざまな人が暮らしています。しかし自分がそれまでいかにその一側面しか知りえていなかったかを、ぼくは実際に来てみて強く実感したのでした。・・・相手がその内側をそっと開いて見せてくれるのは、やはり現地にいったときだけであるように感じます。もちろん旅で見られることも限られてはいるものの、実際に見たものはその後、各自心の中で成長していきます。そうして人は、相手への関心を強め、理解を深めていくのだと思います。

*私たちが見聞する情報は一部分だと頭ではわかっていましたが、イランのことが書いてある章を読んで、ほんとにそうだと思いました。狭い世界で暮らしている自分自身が、正直情けなく、寂しく感じました。もっとたくさん知らないと…。

おわりにP194
ぼくは、人生でもっとも大切なことは、個々人がそれぞれ自分の人生を最大限に楽しむことだと考えています。もちろんそこには現実的な制約がいろいろとあり、それは自分だけが楽しければいいということでは全くありません。・・・それを前提とした上で、人はみなそれぞれ楽しんで何かをするときにこそもっともいいものを生み出せるし、いいエネルギーを放出できるのではないかと思うのです。

*大変共感を覚えた部分です。「楽しんで」本を読む、「楽しんで」仕事をする、「楽しんで」家事をする、「楽しんで」文章を書くなどなど、惰性に流されず、「楽しんで」生きたいと思いました。

IMG_71041004.jpg
【水色の花はネモフィラ】

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

モニター採用おめでとうございます・・・うらやましいです。

キレイなお花ですね~まさか大阪市内?
【2010/04/30 19:05】 URL | 中村ケンジ #- [ 編集]

中村ケンジさんへ
こんばんは。
いよいよ連休ですね。ご予定は?私はのんびり片付けでもしようかな…。

本は読み終わったら、職場の図書室に寄贈する予定です。
写真は、いつも行く近場の万博公園ですが、ちょっと別の場所みたいでしょ?
【2010/04/30 19:52】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんばんは。

昨日から黄砂で体調が・・・v-12

「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきました。
IMAXの3Dで、1回目は吹き替えで息子たちとv-265
観終った後で下の子は「不思議の国のアリス」を読んでなかったことに気づきました。
でも、充分楽しめたみたいです。
ジョニー・ディップ ファンの私はどうしても彼の声で、もう一度観たくって翌日上の子とふたりでもう一度字幕でe-226
贅沢しちゃったけれど、英語の方がセリフをより楽しめました。
ストーリーがわかっているので、字幕を追わなくてもよかったし・・・

「岩波ジュニア新書」のモニター・・・いいなぁ。
紹介してくださっている「旅に出よう」読んでみたいですね~。

>世の中圧倒的にいい人が多いものだと感じています。

こんな風に感じられるのは、作者がきっといい人だからなのではないかしら?
自分に似た人に、やっぱり、多く出会うもの・引き合うもの・・・のような気がしています。
素敵な人・いい人にもっともっと出会いたい、ふれあいたいから、がんばらなくっちゃ!って思っています。



先日、履歴書を書いているときに「趣味」を記入する欄があって、以前なら迷わず「旅」と書いていたのですが、今回は「読書かなぁ?でも・・・ちょっとわざとらしすぎる?」と応募する職種を考えて躊躇していたら、夫が「子育てってかいたら~?」と。
彼の目からみたら、私は子育てを楽しんでいるように見えるのね。
まぁ楽しんでいますけれど。
ふたりともお勉強とはかなり相性がよくないようなんですが、「おはようございます」「ありがとう」「ごめんなさい」をきちんと言える子なので、よし・・・かなぁ?

高校生になった上の子は「高校は図書室がスゴイ!ぜんぜんちがう!!」と本を借りてきていました。朝読のある学校で読む時間も確保されています。
ただ、気になったのは本についているバーコードに「○○高校図書館 消耗品」と表示してあったこと。
消耗品?予算にいろんな種類があるんででょうけれど、びっくりしました。



もっともっと、「楽しんで」毎日を生きていきたいですね。
 

10日からお仕事再開です。
楽しもう~っと。
 
【2010/05/01 23:25】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
こんばんは。
>昨日から黄砂で体調が・・
えっ?!黄砂が飛んでましたか。気をつけて下さいね。
私は、今年は花粉症も出ず、快適に暮らしているのですよ。
昨日に続いて今日は、CD・DVDなど音響機器の周辺を整理し、すっきりしました!
あと、衣替えが残っているのですが、これはもう少し後の方がいいかな。

>ジョニー・ディップ ファンの私はどうしても彼の声で、もう一度観たくって翌日上の子とふたりでもう一度字幕で。
幸せな休日でしたね。ティム・バートン監督と組んだ作品は、ジョニー・ディップの魅力満開ですね。

>紹介してくださっている「旅に出よう」読んでみたいですね~。
kimicoさんもオーストラリアに滞在されてたことがあるから、きっと共感を覚えるところがたくさんあると思います。
よかったら、特別ルートで回しましょうか?

>自分に似た人に、やっぱり、多く出会うもの・引き合うもの・・・のような気がしています。
言われたら、確かにそうですね。興味のあることが同じ人、価値観の合う人、ステキな出会いは、そんなところから始まっていますね。
人生、究極は「出会い」だと思うから、私もいい出会いがいっぱいあるよう、そして、今までの出会いも大切にして、生きていこうって思います。

>夫が「子育てってかいたら~?」と。
すごいなあ!こんなふうに言ってもらえるお母さんがいたら、家族みんな幸せですね。

>高校生になった上の子は「高校は図書室がスゴイ!ぜんぜんちがう!!」と本を借りてきていました。
よかったですねえ。いい青春時代が過ごせそう!羨ましいです。

>10日からお仕事再開です。楽しもう~っと。
こちらも、よかったですねえ。楽しい人がいっぱい増えそう!いい情報があったら下さいね。
【2010/05/02 19:25】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/03 10:21】 | # [ 編集]

こっそりさんへ
こんばんは。
お返事遅くなって、ごめんなさい。
一人暮らしの兄の所に一泊で遊びに行ってきました。
渋滞が心配だったのですが、早めに出て早めに帰ったおかげで大丈夫でした。
いつも義姉と一緒にあちこち出かけていたので、連休は嫌だろうなと思って…。
蕗の葉の味噌炒めやうどの酢味噌和えなど手作りの山菜料理を、逆に教わってきました。
ご近所から届いた筍もあっという間に炊いてくれ、手際の良さに驚きました。

新緑が目に優しく、山菜の天ぷらを食べたときのように、自然の元気をもらってきました。
千年藤も見に寄ったのですが、今年は花が遅く、見頃はまだでした。
周りでバザーをしていて、甥の子供用に手作りの幼児の夏服を買いました。
その方が「買ってくれてありがとう」と、すごく喜んで下さったので、幸せでした。

どんな山奥に行っても、どこにでも人が暮らしていて、それがすごいなと思いました。
連休が終わって世間が落ち着いたら、ぜひ自然と温かい人に会いにお出かけ下さい。
私は、五月最後の金・土と東京に行くことになりそうです。大都会は不安です…。

世の中には、なんで!?と思うような人や出来事があって、落ち込みますよね。
私の対処法は、
嫌な人は避ける、「馬に蹴られて死んじまえ。」と秘かにののしる、もしくは、「あなたのこういう部分で困っている。」「あなたのこの部分を直してもらえないか。」と直接言うか書くかする(難しいですけど)。
嫌な人は、たいていどの人も嫌な人だなと思っているので、皆で結束して対処するのも一つですね。
嫌な人って、人から嫌われたまま一生を終えるんですね。寂しくて悲しいね。
せっかくの人生なのに、もったいないですよね。そういう人は、お馬鹿ちゃんだあ~!
【2010/05/04 20:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/400-6e212cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年8カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード